ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「23andMe」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「23andMe」に関する情報が集まったページです。

「同性愛は遺伝子だけで決まらない」 約47万人対象の研究結果、米ハーバード大などが発表
“同性愛遺伝子”は確認されなかった。(2019/9/2)

従業員の健康管理は重要な経営課題
次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり
少子高齢化の時代、従業員の健康管理は企業の重要課題といえよう。チャットbotやウェアラブルデバイス、DNA検査キットなど、テクノロジー主導の健康増進プログラムについて、次に来そうなトレンドを紹介する。(2018/2/20)

ARMと提携し、SoC開発へ:
バイオ分野でもIoTを、米新興企業が本腰
米国のスタートアップ企業が、バイオロジーの分野でもIoT(モノのインターネット)を加速させようとしている。分子データなどを販売、購入、共有できる、これまでにないデジタルマーケットプレースの構築を目指すという。ARMと協業し、こうした市場を実現するための新しいSoC(System on Chip)も開発中だ。(2017/11/29)

ITはみ出しコラム:
Amazonプライムデーの売れ筋にみるお国柄(日本は例外?)
過去最高の売り上げを記録した2017年のAmazonプライムデー。日本ではプロテインが最も売れたそうで、海外からはなぜ? という声が聞こえてきそう。(2017/7/16)

「ウイルス」が本来の意味に立ち戻る日
不正なコンピュータプログラムを「ウイルス」と呼びますが、その由来とは? 生物学的検知から考えてみます。(2016/12/27)

「義手をメガネのようにしたい」――誰もが自由に設計できる、オープンソース電動義手の狙い
「電動義手」の設計データから使われている部品情報、プログラム、ソースコードまで全てを無料で公開するイクシー。彼らには、腕をなくした家族がいるわけでも自分が義手を必要としているわけでもない。なのにどうしてここまでやるのだろうか?(2016/6/21)

医療機器ニュース:
遺伝子データも扱えるようになったオープンソースフレームワーク
Appleは、オープンソースフレームワーク「ResearchKit」の新モジュールを発表した。産後うつやぜんそく、心血管疾患などの研究に役立てられているResearchKitに、遺伝子データも組み込めるようになる。(2016/4/5)

同性カップルに「子ども」が誕生する日 遺伝情報を基に遺伝データを生成
2月3〜14日、国立新美術館で展示。(2016/2/3)

血縁鑑定や結婚相手探しも! こんなこともできる遺伝子検査
先ごろ、離婚した俳優夫婦が長男のDNA鑑定をめぐって出生騒動を起こしたことは、記憶に新しいでしょう。父親は「裏切られた」と激怒。このDNA鑑定もまた、遺伝子を活用してできることの1つです。(2015/7/30)

10歳若い! 童顔遺伝子の秘密
ハーバード大学が発表した内容によると、童顔遺伝子は本当に存在するようです。(2015/6/18)

「遺伝子検査」体験記:
寿命も分かる? 「遺伝子検査キット」で自分の体質や疾患リスクを調べてみた(前編)
自分の先天的な体質や疾患リスクを調べられる「遺伝子検査」。以前は手軽に試せるとは言いづらかったが、近年ではずいぶんと身近な存在になってきている。(2014/12/23)

Google出資の遺伝子検査企業23andMeにFDAが販売停止命令
米食品医薬品局(FDA)が、唾液を分析することで潜在的な病気などの遺伝子情報を調べる23andMeのサービスが販売許可・承認を得ていないとして販売停止を命じた。(2013/11/26)

Google、老化と病気に取り組むバイオテクノロジー企業「Calico」設立 Apple会長がCEOに
自動運転カーや気球式インターネット網などの“ムーンショット”を手掛けるGoogleが、老化と病気に取り組む新企業「Calico」を設立し、Apple、Genentech、Rocheの会長を務めるアート・レビンソン氏をCEOに迎えた。(2013/9/19)

Adobe、Creative Cloud強化に向けデザイン会社Ideacodesを買収
Adobeが、“Creative Cloudを世界のクリエイターに不可欠なものにするために”、デザインコンサルティングのIdeacodesを買収する。(2013/5/29)

マーク・ザッカーバーグ氏、サーゲイ・ブリン氏らと“生命科学のノーベル賞”立ち上げ
Facebookのザッカーバーグ氏夫妻、Google創業者のブリン氏夫妻、Appleのアーサー・レビンソン会長、ロシアの投資家ユーリ・ミルナー氏が「Breakthrough Prize in Life Sciences」を創設し、まず11人に1人300万ドルの賞金を贈った。(2013/2/21)

Googleのサーゲイ・ブリン氏夫妻、Wikimediaに50万ドル寄付
Googleの共同創業者、サーゲイ・ブリン氏とその妻のアン・ウォジツキ氏が創設した財団が、Wikipediaを運営するWikimedia Foundationに50万ドルを寄付した。(2011/11/21)

Google創設者、Creative Commonsに50万ドル寄付
サーゲイ・ブリン氏夫妻がCreative Commonsに寄付した資金は、Science Commonsプロジェクトに使われる。(2009/9/1)

Google創設者、ブリン氏がブロガーになる
Google創設者の1人であるサーゲイ・ブリン氏の個人ブログが始まった。(2008/9/19)

海外ダイジェスト(9月10日)
ソニエリが新端末「G705」を発表、AMDがメディアプロセッサ「Imageon M180」をリリース、など。(2008/9/10)

Google出資の23andMe、カナダと欧州でも遺伝子情報サービス開始
DNA情報や祖先についての情報を提供する23andMeが、カナダと欧州でもサービスを開始した。(2008/1/23)

Google出資のゲノム企業立ち上げ――Webベースの遺伝子情報サービス開始
米23andMeのサービスは、1件999ドル。唾液のサンプルを送付して、自分のDNA情報や病気のリスクなどのほか、祖先についての情報などを知ることもできる。(2007/11/20)

Googleの遺伝子プロジェクトが問題に
Googleは人間の遺伝子、約3万セットの詳細にアクセスしていることが明らかになり、プライバシーをめぐる論議を呼んでいる。(2005/11/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。