ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  8

  • 関連の記事

「814T」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「814T」に関する情報が集まったページです。

CEATEC JAPAN 2007:
発売間近の「X01T」、新色「W53T」もお目見え──東芝ブース
ハイビジョンテレビ、レコーダー、ビデオカメラ、PCでにぎわうCEATEC JAPANの東芝ブース。携帯はほぼ発売済みの夏モデルを中心に展示し、発売間近の「X01T」や「“新色”W53T」、分解丸裸の「W54T&814T」展示などに人が集まっていた。(2007/10/3)

704iシリーズや「EXILIMケータイ」「FULLFACE 913SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、ドコモの「SH704i」「F704i」「SO704i」、auの「W53SA」「W53CA」「W54T」、ソフトバンクの「913SH」「812SH s」「814SH」「815SH」「814T」「815T」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/7/30)

チタンボディの「814T」発売――新規、新スパボ加入時の実質負担は約1万円
国内初のチタンボディを持つソフトバンクモバイル端末「814T」の販売が始まった。新スーパーボーナス契約で購入する場合の、実質総負担額は1万1520円から。(2007/7/17)

ソフトバンクのおサイフケータイ、ANA、JAL、NECのアプリをプリセット
ソフトバンクモバイルは、同社のおサイフケータイにANA、JAL、トクトクポケットの3つのS!アプリをプリセットする。7月14日から発売する「814T」を皮切りに、今後投入する機種にも搭載するという。(2007/7/11)

国内初の“チタン”携帯「814T」、7月14日発売
ソフトバンクモバイルは、東芝製の“チタン”ボディ携帯「814T」を14日に発売する。国内で初めて携帯のボディにチタン素材を採用し、最薄部12.9ミリの薄型化を実現。S!FeliCaやPCサイトブラウザなどの機能も備える。(2007/7/11)

写真で解説する「814T」(機能編)
国内初となるチタンボディを採用した「814T」。その操作系はフレンドリーデザインや子ども向け端末も投入する東芝機おなじみのインタフェースを採用し、前モデルから継承した使いやすさを実現する。(2007/5/24)

写真で解説する「814T」
圧倒的な存在感、鈍く輝く金属パネル。筐体に国内初となる“チタン”を採用する高級志向の3G端末が「814T」。厚さ12.9ミリのスリムボディと相まって、“持つことの喜び”がより得られる端末に仕上がっている。(2007/5/24)

うっとりする“チタン”の手触り、12.9ミリのスリムボディ──「814T」
国内の携帯として初めてボディに“チタン”素材を採用するのが東芝製の「814T」。軽量で強靱なチタンで厚さ12.9ミリの軽量スリムボディを実現し、S!FeliCaやAF付きカメラ、PCサイトブラウザなど、昨今の携帯に求められるトレンド機能も装備する。(2007/5/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。