レビュー
» 2007年05月24日 19時59分 公開

写真で解説する「814T」(機能編)

国内初となるチタンボディを採用した「814T」。その操作系はフレンドリーデザインや子ども向け端末も投入する東芝機おなじみのインタフェースを採用し、前モデルから継承した使いやすさを実現する。

[青山祐介,ITmedia]
photophoto 東芝製の「814T」。ネイビー、チタンシルバー、ブラウン、ライトブルー、ローズピンクの5色を用意する

 2007年の春モデル「813T」の比較的柔らかいイメージから一転、厚さ12.9ミリのシャープなフォルムに生まれ変わった東芝製端末が「814T」。その外観の大きな変化とは裏腹に、UI周りは東芝製端末伝統の操作性を踏襲。新たに追加された「S! FeliCa」への対応によるメニューの追加などのほかは、ほとんど813Tと変わらないメニュー体系となっている。

photophotophoto メニュー画面はデザインこそチタンケースのデザインにふさわしいデザインだが、構成は従来の東芝製端末のものを踏襲し、使いやすさはほぼ同じ(左)。よく使う機能をあらかじめ登録して使える「ショートカットメニュー」機能。右下ソフトキーから呼び出せる。並び順なども任意に変更できる(中)。サイドキーに割り当てる機能を、マナーモード設定用/スポットライト(モバイルライト発光)/生活アプリ残高の3つから選んで設定できる(右)
photophotophoto 携帯に不慣れなユーザーでも容易に使えるようなUIにする「シンプルモード」。メニューで表示する機能を、使用シチュエーションに合わせて必要最低限のものだけに絞り、表示文字を大きくするなどの工夫を盛り込む
photophotophoto 日本語入力システムはMobile Rupo。予測変換のほか、タブ切り替えによりかな→アルファベット/数字への切り替え変換機能などを備える(左、中)。入力方式は標準方式のほか、ポケベル入力やT9方式、マルチタップ方式などから選べる
photophotophoto 今回の夏モデルから、同社製の端末全般で新たに乱反射を抑えるクリアスクリーン液晶を採用。屋外でもより画面が見やすくなったという(左)。おサイフケータイとして利用できる「S! FeliCa」にも対応。ICロックになどS!FeliCa関連の設定メニューが増えた

 そのほか、ソフトバンクモバイルの“T”端末専用となった3Dキャラクター「くーまん」もしっかり搭載。待受に設定すると、時や状況に応じてくーまんが話しかけてくる。

photophotophoto おなじみの「くーまん」は814Tにももちろん搭載(発表会会場に用意された端末は開発途中のものだったため、日時が異なっていたが……くーまんはなぜ紋付き袴を着ているのか。じつはこの画面からもくーまんのすごさが分かるのである。詳しくはこちらから)。くーまんからメールが届くこともある(右)

 カメラはAF付きの有効196万画素CMOSを搭載。813Tの324万画素からやや画素数は落ちるが、人物の顔を認識して肌の部分をよりきれいに補正する「美肌」モードの搭載をはじめ、細かな設定ができるようになっている。

photophoto カメラを起動。クリアスクリーン液晶の効果もあり、撮影画像がとてもクリアに見える。また、撮影画像は全画面となっており、アイコン類も透過デザインになっている(左)。サイズと用途で分類されたカメラモード(右)
photophotophoto 肌色をきれいに補正する「美肌モード」や構図を決めやすいグリッド線表示機能などを備える
photo 横位置の動画が撮れるムービーモードに切り替えると、UIも横向きに変わる。

この記事に関連するキーワード

着うたおサイフケータイFeliCaモバイルSuicaソフトバンクモバイル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー