ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  8

  • 関連の記事

「815SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「815SH」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、3Gケータイ「814SH」「815SH」「816SH」でソフト更新を開始
ソフトバンクが、シャープ製ケータイ3機種で通信接続の不具合を解消するアップデートを開始した。(2013/6/10)

704iシリーズや「EXILIMケータイ」「FULLFACE 913SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、ドコモの「SH704i」「F704i」「SO704i」、auの「W53SA」「W53CA」「W54T」、ソフトバンクの「913SH」「812SH s」「814SH」「815SH」「814T」「815T」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/7/30)

HSDPA+VGAの「815SH」「814SH」、新規・新スパボ加入時の実質負担は1万6320円
エレガントな“グリッターメイクデザイン”が特徴の「814SH」と、輝きを放つ“ストロングメタルデザイン”のボディを持つ「815SH」が発売された。どちらもVGA液晶を装備し、下り最大3.6Mbpsの3Gハイスピードに対応するシャープ製端末だ。(2007/7/9)

男ハイスピード「815SH」と女ハイスピード「814SH」、7月7日から発売
3Gハイスピードに対応した、ソフトバンクモバイルの「815SH」と「814SH」が7月7日から店頭に並ぶ。2.4インチVGA液晶、音楽を楽しめるBluetooth、200万画素カメラなどの基本機能は同等で、それぞれデザインに特徴を持たせた。(2007/7/5)

写真で解説する「814SH」「815SH」
VGA液晶、3Gハイスピード、国際ローミングに対応する「814SH」「815SH」は、2006年の秋冬モデルとしてリリースされた「810SH」「811SH」の後継機にあたる。814SHは女性向け、815SHは男性向けといえるデザインだ。(2007/5/23)

「814SH」の双子モデル──ストロングメタルデザインの「815SH」
機能は「814SH」と同等ながら、デザインが異なる「815SH」。輝きを放つメタルカラーのボディにVGA液晶を装備し、下り最大3.6Mbpsの3Gハイスピードに対応する。(2007/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。