ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  8

  • 関連の記事

「815SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「815SH」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、3Gケータイ「814SH」「815SH」「816SH」でソフト更新を開始
ソフトバンクが、シャープ製ケータイ3機種で通信接続の不具合を解消するアップデートを開始した。(2013/6/10)

704iシリーズや「EXILIMケータイ」「FULLFACE 913SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、ドコモの「SH704i」「F704i」「SO704i」、auの「W53SA」「W53CA」「W54T」、ソフトバンクの「913SH」「812SH s」「814SH」「815SH」「814T」「815T」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/7/30)

HSDPA+VGAの「815SH」「814SH」、新規・新スパボ加入時の実質負担は1万6320円
エレガントな“グリッターメイクデザイン”が特徴の「814SH」と、輝きを放つ“ストロングメタルデザイン”のボディを持つ「815SH」が発売された。どちらもVGA液晶を装備し、下り最大3.6Mbpsの3Gハイスピードに対応するシャープ製端末だ。(2007/7/9)

男ハイスピード「815SH」と女ハイスピード「814SH」、7月7日から発売
3Gハイスピードに対応した、ソフトバンクモバイルの「815SH」と「814SH」が7月7日から店頭に並ぶ。2.4インチVGA液晶、音楽を楽しめるBluetooth、200万画素カメラなどの基本機能は同等で、それぞれデザインに特徴を持たせた。(2007/7/5)

写真で解説する「814SH」「815SH」
VGA液晶、3Gハイスピード、国際ローミングに対応する「814SH」「815SH」は、2006年の秋冬モデルとしてリリースされた「810SH」「811SH」の後継機にあたる。814SHは女性向け、815SHは男性向けといえるデザインだ。(2007/5/23)

「814SH」の双子モデル──ストロングメタルデザインの「815SH」
機能は「814SH」と同等ながら、デザインが異なる「815SH」。輝きを放つメタルカラーのボディにVGA液晶を装備し、下り最大3.6Mbpsの3Gハイスピードに対応する。(2007/5/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。