ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AmebaPico」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AmebaPico」に関する情報が集まったページです。

アメーバピグが中国進出、その名も「小人国」 中国SNSからのラブコール受け
アメーバピグの中国語版「小人国」がオープン。中国最大級のSNS「Kaixin001」でプレイできる。(2011/8/24)

サイバーエージェント、米サンフランシスコにスマートフォンアプリの開発拠点
サイバーエージェントが、米サンフランシスコにスマートフォンアプリの開発拠点を設置。2012年9月末までに100人体制とする。(2010/12/3)

年内に300万人超え アメーバピグ英語版「Pico」人気の秘密
仮想空間サービス「アメーバピグ」の英語版「AmebaPico」が年内に300万人を超える見込みだ。米国に並んでインドネシア、フィリピンでも人気という。(2010/11/24)

アメーバピグがAndroidアプリに Adobe AIR活用
アメーバピグのAndroidアプリが登場した。Android版Adobe AIRを活用して開発した。(2010/11/1)

アメーバピグ英語版「Pico」快進撃 2カ月で60万ユーザー突破
アメーバピグ英語版「AmebaPico」が、開始から2カ月で60万ユーザーを突破。Facebookの広告や口コミ経由でユーザーが増えているという。(2010/5/7)

Facebookと連携:
ソーシャルグラフ志向?――「AmebaPico」の狙い
AmebaPicoはアメーバピグの海外版――と、とらえられがちだが、その実、目指すところには違いもあるようだ。(2010/3/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。