ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新井里美」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新井里美」に関する情報が集まったページです。

鳴っているか分からないぐらいでいい―― 名曲を生み出してきた下村陽子がアニメ「ハイスコアガール」で目指した意外な曲作り
「キングダム ハーツ オーケストラ ワールドツアー」中の下村陽子さんを直撃しました。(2018/9/14)

最新作「蒼穹のファフナーTHE BEYOND」、2019年に劇場先行上映 主題歌はangelaが続投
8月18日開催のイベントで明かされました。(2018/8/19)

「ハイスコアガール」がアニメになるまで 制作統括・松倉友二のこだわりとJ.C.STAFFの挑戦
初挑戦となったフル3DCG。そして、アニメの中にゲーム画面を組み込む難しさとは。(2018/8/10)

冗談ではない! AIロボット「ハロ」との会話がディープ過ぎた件
バンダイの「ガンシェルジュ ハロ」は、AI(人工知能)技術を駆使したコミュニケーションロボット。ガンダムに関するうんちくを披露したり、クイズを出したりと多彩な対話を楽しめる。バンダイ本社を訪ね、詳細を聞いた。(2018/7/2)

AIを利用したガンダムのコミュニケーションロボ「ガンシェルジュ ハロ」 7月下旬予約開始、価格は約15万円
作品にまつわる会話が楽しめます。(2018/6/5)

ガンダムのAIロボット「ハロ」 7月下旬に予約開始 15万円
AI搭載ロボットになったガンダムのペットロボット「ハロ」の予約受け付けが7月下旬に始まる。価格は約15万円。(2018/6/4)

CEATEC 2017:
あの卓球ロボットが進化 ハロもしゃべった
「CEATEC 2017」取材レポート第2弾をお届けする。会場では、オムロンが開発した卓球ロボット「フォルフェウス」や、バンダイナムコグループが展示するコミュニケーションロボット「ガンシェルジュ ハロ」が注目を集めていた。(2017/10/4)

声優・佐藤利奈、ブログで結婚&第1子出産を報告「世の中のお父さん、お母さんを尊敬致します」
おめでとうございます!(2017/1/1)

快挙だぜアニキ! 緒方恵美、アニメ「魔法少女育成計画」で初の魔法少女役に
森の音楽家クラムベリー役で出演、10月放送開始。(2016/9/8)

ガチャを777回引く権利をやろう! スマホゲーム「セブンナイツ」のプレゼントキャンペーンが突き抜けてる【PR】
やりすぎだろ!(2016/4/28)

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」の放送日が2016年4月に決定! 原作は6000万PV突破のWeb小説
キービジュアルやキャスト&スタッフ情報も解禁されました。(2015/12/18)

ねとらぼレビュー:
中村悠一×杉田智和がダラダラとゲームで遊ぶだけの番組「東京エンカウント」がなぜこんなに面白いのか
薄い本が出せるくらい濃い絡みを堪能!(2015/11/20)

東京ヴェルディが「とある科学の超電磁砲」コラボデー開催 キャラのユニフォーム発売
御坂美琴、白井黒子、初春飾利、佐天涙子の名前と番号が入ったコラボユニフォームがかわいい。(2014/7/29)

佐藤利奈さんや豊崎愛生さんの人に負けない能力とは!? 「とある科学の超電磁砲」アフレコインタビュー
人気コミック「とある科学の超電磁砲(レールガン)」のアニメ化に際し、佐藤利奈さん、新井里美さん、豊崎愛生さん、伊藤かな恵さんといった主要キャストにインタビューを行った。(2009/10/6)

「東京魔人學園剣風帖」テレビアニメ化決定――拡大する魔人學園の世界
アミューズソフトエンタテインメントは、「東京魔人學園剣風帖」のTVアニメを製作していると報じた。放送はアニマックスにて来年1月からを予定している。(2006/11/13)

メッセサンオーで「水の旋律2〜緋の記憶〜」限定版を購入するとオリジナル原画集がもらえる
(2006/10/3)

海の上には美女だらけ!? テレビアニメ「タクティカルロア」
2006年1月より放映開始予定のテレビアニメ「タクティカルロア」。その内容は、美少女満載の海戦アクションが展開されるという。声優陣のコメントも交えつつ、その実態に迫ってみよう。(2005/12/26)

「英雄伝説 空の軌跡」CDドラマの収録現場におじゃましました
日本ファルコムからのリリースが予定されている「英雄伝説 空の軌跡 セカンドチャプター」。この発売に先駆けて、CDドラマが登場する。ITmedia Gamesでは、その収録現場におじゃましてみたので、その模様をお届けしよう。(2005/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。