ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アラフォー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

サダタローの「お仕事サボったろー」:
腰痛に苦しむ40代漫画家、ゲーミングチェアを求めてアキバを探索
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールやネットサービスを試していく、そんな連載です。(2019/10/10)

「お兄ちゃんも童顔」「20代カップルかと」 安達祐実、実兄・長谷川哲朗との“カラオケショット”に反響
こんな妹ほしかった。(2019/10/9)

今夜スタート「まだ結婚できない男」 セクハラ、モラハラ発言連発の阿部寛が帰ってきた? 前作のポイントをチェック、見どころを予想
53歳になった「結婚できない男」桑野信介(阿部寛)。(2019/10/8)

スピン経済の歩き方:
「日本経済が成長しないのは、中小企業が多いから」は本当か
少子化に歯止めがかからない。出生数は90万人割れが確実となっていて、これは推計よりも早いペースだという。このままだと日本経済がさらに悪くなりそうだが、“治療法”はあるのだろうか。筆者の窪田氏は「中小企業改革」を挙げていて……。(2019/10/8)

「思わず涙が」「私も幸せな気持ちでいっぱい!」 NANA、43歳での第1子妊娠に「MAX」メンバーが祝福
結婚から約3年4カ月、喜ばしい報告となりました。(2019/9/2)

今夜スタート「凪のお暇」 自分がない主人公とモラハラ男とメンヘラ製造機、予想外のキャスティングはどうなる?
実は結構重い話なんです。(2019/7/19)

憧れの美少女VTuberが父親だった 真実を知ってしまった少年の漫画が衝撃の連続だキュン!
もしかしたらあの美少女Vtuberも……?(2019/6/26)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
「アニメ塗りって何?」 アラフォーのデジタル漫画家が「塗り」を学ぶ
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールやネットサービスを試していく、そんな連載です。(2019/6/26)

「東京独身男子」7話のアラフォー男性の苦闘を読み解く AK男子とは“結婚や幸せ”の固定観念に縛られた最後の世代なのか
高橋一生の部屋はアラフォー男性の頭の中そのものだった。(2019/6/8)

ハッシュタグ「あなたのCLAMPはどこから」が大盛り上がりで緒方恵美さんら出演声優も反応 トレンドの“出発地点”はどこ?
ねとらぼ調査隊が調べてみました。(2019/5/24)

「ラジエーションハウス」3話 マンモグラフィだけでは見つからない乳がんがある――検査の大切さを訴えた神回
「現実がよくわかった」「検査の予約を入れた」の声。(2019/4/29)

「美人4人姉妹」「顔の小ささ異常」 吉川ひなの、ほしのあき、MALIA.ら“アラフォー女子会”にファンうっとり
吉川さん「LA帰る前にみんなに会えて嬉しかった〜」。(2019/4/23)

「今はお互いママになって」 新山千春&釈由美子、笑顔はじける“美人ママ”2ショットがアラフォーの星
本当キレイ。(2019/2/14)

学研『忍術・手品のひみつ』が電書で復刻! 宇宙人「ペコポン」との時間旅行が再び
アラフォーの忍者知識の大部分を形成したであろう名著。(2019/2/6)

個人投資家列伝(5):
筋トレも投資も、効率性よりも「続けること」が重要 虫とり小僧さん
投資マニア的に、最適なアセットアロケーションを計算したり、少しでも安い信託報酬のファンドを探したりとこだわってきた虫とり小僧さんだが、あることをきっかけに手間をかけずに「続けること」を再重視するようにスタイルが変わったという。(2019/1/29)

マジック界に現れた超新星! 中学生マジシャン「MH」が創り出す“不可能を可能にする”仕掛け
おそろしいまでの才能。(2018/12/30)

PR:DMM社員の愛が深すぎてまさかのデビュー “他人のネタをこすりまくる”新人VTuber「銀めくる」がだいぶ攻めてる
オンラインくじサイト「DMMスクラッチ」がなぜか全力で生み出してしまったVTuberについて取材しました。(2018/12/25)

「色気ありすぎ」「十代に見えちゃう」 矢田亜希子、7年越しのグラビア挑戦で“奇跡のアラフォー”ぶりに反響
ため息のでる美しさ。(2018/12/22)

心の準備が重要:
アラフォー世代の35%は「親の介護の経験あり」 事前に準備しておくべきだったことは?
総合情報サイト「All About」を運営するオールアバウトは12月21日、親の介護に関する実態調査の結果を発表。44歳以下で自身の親の介護を始めることになった人は35%いた。(2018/12/21)

「こんな大人になりたかった」 長谷川京子&井川遥の“奇跡のアラフォー”2ショットにファンもん絶
本当にキレイ。(2018/10/24)

何歳になっても全盛期 矢田亜希子&一色紗英&小沢真珠の3ショットにファン「変わらない美しさ」
美しさがまぶしい。(2018/10/3)

「大人の階段のぼってます」 永野芽郁、19歳の誕生日を迎え“ラスト十代”への思い語る
朝ドラでは40代の役を熱演中の永野さん。(2018/9/25)

日本のマジック文化を変える――900人の手品愛好家が集合した「マジックマーケット」潜入レポ
「コミュニティが形成されづらい世界」での、コミュニティ。(2018/9/7)

グラドル黄金メンバー! 安田美沙子、ほしのあき、熊田曜子の“ママ友”ショットが色あせない輝き
みんなキレイなまま。(2018/9/5)

「草食男子」「イクメン」「カリスマ○○」、いつ流行ったか覚えてる? 現在でも使われる“元流行語”
定着し過ぎて、逆に思い出せない。(2018/8/27)

「週刊少年ジャンプ展 VOL.3」漫画レポート! 2000年代の“最強”作品大集合
(2018/8/22)

仕事をサボりたい漫画家、AIの自動着色に目覚める
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールを試していく、そんな連載です。(2018/7/6)

「俺と接着(キス)しようか」 アラフォー男性が妄想爆発させた“アロンアルフアCM”が狂気の沙汰
アラフォー男性の妄想ここに極まれり。(2018/5/26)

井川遥&板谷由夏のアラフォー美女コンビが超クール! “ピンクハウスコーデ”とのギャップに「朝ドラとは服装が」
何を着ても結局かわいい井川さん。(2018/5/20)

メンタリストになってみたい! 観客の心理を操る「メンタルマジック」ができる道具6選
「ありえないんだけど、ありえるかも」がポイント。(2018/5/8)

年代・性別分析だけでは勝てない:
PR:ローソン史上最高の売り上げ・顧客分析が生んだ唐揚げ弁当
普段何げなく購入しているコンビニの唐揚げ弁当だが、その商品戦略の裏には緻密な売上・顧客分析があった。ご飯の量やおかずの種類を左右する最先端のデータ分析とは?(2018/4/23)

「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」──90年代ヒーロー勢ぞろいの「週刊少年ジャンプ Vol.2」展を漫画レポート!
90年代の週刊少年ジャンプ作品を集めた「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃」と、期間限定の「ジャンプ図書館」の見どころを漫画で紹介!(2018/3/26)

「何者なのか分からないものが面白い」 たばこのふりをしてトランプを売る「うそのたばこ店」潜入レポート
スカイツリーの足元に、うそと本当のあわいの店あり。名を「うそのたばこ店」という。(2018/3/9)

「義理チョコをやめよう」広告が話題:
「ゴディバは本命? それとも義理?」会社のおじさんたちに聞いてみた
「義理チョコはやめよう」広告で話題になったゴディバ。「ゴディバは本命用? 義理用?」といった議論も巻き起こった。社内のおじさんたちに、ゴディバへの思いを聞いた。(2018/2/7)

入院時に役立つグッズは……? 経験者85人が選んだグッズランキングがとても参考になる
全力でメモしました。(2018/2/4)

「名字が変わるかもと思って」 高橋真麻、パスポート更新で5年越しの “独身ネタ”が完成してしまう
1年で切り替えもありえる!(2018/1/22)

ヒロインの肩幅じゃねえな! ロバート秋山、清純派女優になりきるも風格がベテラン俳優レベル
一瞬だけかわいいと思ってしまった。(2018/1/12)

手品の種明かしはどこまで許されるのか? Web時代の「ネタバレ」と守られない「アイデアの価値」
古くて新しい、そしておそらくは「終わりのない」問題。(2017/12/15)

台湾の“安室奈美恵” 人気歌手・蔡依林のドレス姿に「まるで女神」と絶賛の声
2015年には安室奈美恵さんとMVで共演しています。(2017/11/26)

「この飲み会、手品道具2つ分だな」 手品よりも奇妙な“手品人”たちの世界
奥深くも奇妙な“閉じた”世界。(2017/11/1)

“ウィッシュ”が得意なフレンズなんだね! DAIGOの「けもフレ」サーバルちゃん仮装がかわいいー!
本気でドキッとするかわいさ。(2017/10/29)

PR:おじさんたちを性に目覚めさせた伝説の漫画『まいっちんぐマチコ先生』が無料読み放題 振り返ったら不覚にもほろりときた
「いや〜ん、まいっちんぐ」ばかりの漫画じゃなかった。(2017/8/30)

40代のツルピカ肌! さとう珠緒&小沢真珠の“ほぼすっぴん”写真がアラフォーの星
すっぴん美人!(2017/8/16)

若返っている……? はいだしょうこ、宝塚音楽学校の“同期一番の美人”と新旧2ショット写真に反響
アラフォーに見えない。(2017/8/8)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「若者の○○離れ」という誤解
若者のクルマ離れ、CD離れ、ビール離れ、恋愛離れ……。私はこの「若者の○○離れ」という言い回しが嫌いである。(2017/7/7)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(25):
鳥取編:ITの仕事って、ホントに田舎でもできるんですよね?
ITエンジニアならば、PCとネットワークがあればどこでも働ける――それが本当なら、もっと鳥取にIT企業があっていいはずだし、もっとITエンジニアがいてもいいはずだし、もっとITの教育機関があってもいいはず。なのに、現実は……。U&Iターンの理想と現実、鳥取編は、人口減少に悩む倉吉市で町工場を営むトライアスリートが、鳥取県の「現実」を誠実にお伝えします。(2017/6/9)

ファッション誌を中心に:
集英社がインフルエンサーマーケティング事業に参入
集英社はインフルエンサーマーケティング事業に参入すると発表した。出版社ならではの強みを生かして発信力のあるインフルエンサーがソーシャルメディア上で各企業の商品やサービスを投稿し、拡散を図る。(2017/5/24)

常見陽平のサラリーマン研究所:
上司は「ムリゲー化」する仕事に立ち向かっている
マネジメントの難易度が上がっている中で、上司の仕事が「スペランカー化(ムリゲー化)」している。部下は、このような「スペランカー上司」を支えなくてはならない時代となっているのだ。(2017/5/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
それでも42歳の上原浩治は納得していない
日本人メジャーリーガーの上原浩治投手が、ワールドシリーズを制したシカゴ・カブスに移籍した。1年約7億円の契約を結び、中継ぎ投手として期待されている。世界一の球団に高く評価されたわけだが、上原はきっと「納得」していないことがあるだろう。それは……。(2017/1/4)

Pepper導入で売り上げ増加:
営業に向いているのは人間ではなくロボット?
「Pepper for Biz」(法人向けモデル)の発売から約1年が経過した。販売台数は5000を超え、さまざまな場所でPepperを見かけるようになったが、導入企業にはどのような効果が出ているのだろうか。ソフトバンクロボティクスの事業推進本部、吉田健一本部長に話を聞いた。(2016/12/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。