ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「細菌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「細菌」に関する情報が集まったページです。

広がるメタバースの活用例18選【後編】
熱狂が冷めた「メタバース」にまだ期待したくなる“10種の活用例”
仮想空間「メタバース」への熱狂的な関心は薄れているが、メタバース関連の市場が今後拡大する可能性を秘めていることは変わらない。これから期待が持てるメタバースの活用例を10個紹介する。(2024/6/13)

医療技術ニュース:
プロバイオティクスによる菌血症の発症を確認
大阪大学は、大阪大学医学部附属病院で発生した菌血症患者を後方視的に調査し、入院患者5例にプロバイオティクス由来のClostridium butyricumという細菌が存在していることを確認した。(2024/6/10)

ゲオが3278円の「ゲーミング完全ワイヤレスイヤホン」発売 音ズレを抑えるモードを搭載
ゲオストアは、ゲオ限定「ゲーミング完全ワイヤレスイヤホン(GRSPL-TWS 9086B)」を発売。音ズレを抑える低遅延のゲーミングモードを搭載し、環境ノイズも低減するENCマイクも備える。価格は3278円(税込み)。(2024/5/23)

3Dプリンタで作ったコップに熱湯を注ぐと…… “まさかの変化”が950万再生を突破する反響
お湯を入れたらコップが動き出した!?(2024/5/24)

敷島製パン、食パン「超熟」に混入はクマネズミの子どもと調査経過を報告 「新たな巣穴が工場外部で確認」
該当ラインは再開時期は未定。(2024/5/22)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
負荷に対処することでポテンシャルを上げる!「リーダーのための超回復講座」
日本人の87.8%が普段から「疲れ」を感じているという。日々の中でたまった疲れやストレスが、負荷となってあなたのパフォーマンスを下げてはいないだろうか。これらの負荷に適切に対処して超回復することで、今まで以上のポテンシャルを獲得することができる。(2024/5/21)

医療機器ニュース:
深紫外線LEDを利用し、細菌やウイルスを除去する空調システムを製品化
鹿島建設と日機装は、感染対策に配慮し、ダクト接続型の深紫外線LEDユニットを組み込んだ空調システム「Stela UVC」を製品化した。循環する空気に深紫外線を直接照射し、細菌やウイルスを除去する。(2024/5/8)

BAS:
ウイルス除去や温度調節、除じんも可能な空調システム「Stela UVC」を製品化、鹿島と日機装
鹿島建設と日機装は、細菌やウイルスの除去から、温度調節、除じんまでに対応し、新築/改修を問わずに導入できる空調システム「Stela UVC」を製品化した。(2024/4/30)

研究開発の最前線:
中赤外フォトサーマル顕微鏡で原理限界を超える約100nmの空間分解能を達成
東京大学は、約100nmの空間分解能を有する中赤外顕微鏡を開発した。微細な構造を持つ物質の非破壊、非標識、非接触での分子振動イメージングが可能となり、生物学や医学、材料工学などへの応用が期待される。(2024/4/26)

材料工学への応用も期待:
空間分解能が約100nmの中赤外顕微鏡を開発
東京大学は、中赤外フォトサーマル顕微鏡に新たな技術を導入し、約100nmという空間分解能を実現した。開発した顕微鏡を用い、細菌内部のたんぱく質や脂質といった生体分子の分布を観察することに成功した。(2024/4/22)

天然水に「カビ臭」で564万本回収 “トップバリュ天然水”の製造元……「お詫び申し上げます」
岐阜のメーカーが謝罪しました。(2024/4/20)

イオンのトップバリュ天然水「カビ臭」問題、原因は「外箱のカビ」だった 約86万本出荷で自主回収
大規模な自主回収が進められていました。(2024/4/16)

【獣医師監修】猫が首をかしげる7つの気持ち 知っておきたい病気の可能性も徹底解説
猫が首をかしげる7つの理由と病気の可能性について獣医師が解説します。(2024/4/12)

天然水“カビ臭”問題で大手ホームセンターも自主回収…… 「トップバリュ」と同じ製造元、対象107万本に拡大
細菌、カビともに検出されず。(2024/4/11)

【獣医師監修】猫の鼻が乾燥しているけど大丈夫? 知っておきたい考えられる原因と病気を獣医師が徹底解説
猫の鼻が乾燥している原因と病気について獣医師が解説します。(2024/4/11)

水槽のエビがすぐに死んでしまう意外な原因とは? プロが教えるもう失敗しない対策に「ためになりました」「水質悪化すごいんだなと実感」
そういうことだったのか……!(2024/4/6)

断水時でもシャワーが使える 能登半島地震の「水不足」問題を救った、WOTAの水循環システム
新年に能登半島を襲った地震。その影響は大きく、現在も断水が続く地域が存在する。そんなエリアで活躍しているのが、WOTAの水循環システムだ。断水時でもシャワーを浴びられる、画期的なシステムとは……。(2024/4/4)

【獣医師執筆】犬の呼吸が早い・息が荒い原因は? 愛犬のために知っておきたい病院に連れていくべき症状や対処法を解説
犬の呼吸が早い・息が荒い原因について獣医師が解説します。(2024/3/20)

材料技術:
パナソニックがインドネシアの水事情改善へ、水浄化機と軟水機をワンストップ提供
パナソニック 空質空調社は、2024年4月に独自技術で井戸水の鉄分を除去する「セントラル水浄化機器」の新モデル(FP-15AM1)を、8月に水質を硬水から軟水に変える「軟水機(FP-RS10V1C)」をインドネシアで発売すると発表した。(2024/3/14)

医療技術ニュース:
口臭を増強させる特定の口腔細菌の共生を発見
大阪大学とマンダムは、特定の口腔細菌が共生するだけで、強い臭気を発する口臭原因物質であるメチルメルカプタンの産生量が増加する「口臭増強機構」を発見し、そのメカニズムを解明した。(2024/3/5)

楽天の「Rチャンネル」で手塚治虫アニメを無料配信 鉄腕アトムやブラック・ジャックなど
楽天グループの運営するリニア型動画配信サービス「Rチャンネル」は、専門チャンネル「手塚プロダクションTV」を配信開始。「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」「ジャングル大帝」などを無料配信する。(2024/2/28)

医療技術ニュース:
口腔内細菌が放出する細胞外小胞が大腸がんの発症に関わることを解明
東京大学は、口腔内細菌の1種A. odontolyticusが大腸がんの初期発がん過程に密接に関与することを明らかにした。A. odontolyticus由来の細胞外小胞が大腸上皮細胞で炎症やDNA損傷を引き起こしていた。(2024/2/26)

マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
65歳とは思えない俊敏な動きにも注目が。(2024/2/20)

ベルキン、iPhone15向けプライバシー保護フィルムとクリアケース発売
ベルキンは、iPhone15シリーズに対応した強化ガラス使用のプライバシー保護フィルムとMagSafe対応の抗菌コーティングを施した保護ケースを発売。Amazon.co.jpで数量限定の5%オフクーポンを配布する。(2024/2/2)

やさしいデータ分析:
[データ分析]単回帰分析による予測(線形回帰、指数回帰) 〜 排気量から中古車の価格を予測しよう
データ分析の初歩からステップアップしながら学んでいく連載の第14回。既知のデータから未知の値を「予測」する回帰分析の式の可視化や、求め方、実際の予測を、Excelを使って手を動かしながら学んでいきましょう。直線の式だけでなく指数関数の式での予測や時系列分析についても触れます。(2024/2/1)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(7):
省エネで有価物も得られる新たな窒素循環技術の開発
窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。今回は筆者がプロジェクトマネージャーとして進めているムーンショット型研究開発事業の概要をご紹介します。(2024/1/24)

65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
普通の65歳ならこの動きはすごいと思う。(2024/1/9)

研究開発の最前線:
カーボンナノチューブを微生物で効率的に分解する手法を開発
フレンドマイクローブは、日本ゼオンや名古屋大学 大学院 工学研究科 教授の堀克敏氏の研究グループとともに行った共同研究によって、カーボンナノチューブ(CNTs)を微生物で効率的に分解する手法を開発したと発表した。(2024/1/5)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(6):
排水中の窒素化合物を除去/回収する技術の現在地
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。前回から、現在利用されている窒素廃棄物の処理技術を紹介しています。今回は廃水処理用技術を説明します。(2023/12/20)

「5大栄養素」は炭水化物、糖質の他には何がある? 解説
基本となる5つの栄養素は「5大栄養素」と呼ばれています。(2023/12/19)

コメダ珈琲店の“とろみ”つきコーヒーに称賛 飲み込みに不安がある高齢者のために2年半以上かけ開発
介護職の人から「コメダでおいしいとろみコーヒーを作ってくれないか」と相談されたことが開発のきっかけ。(2023/12/9)

医療技術ニュース:
カテキンとフッ化物の相乗作用でむし歯予防効果が向上
東北大学は、カテキンとフッ化物を併用することで、口腔内微生物による酸の産生を効率良く抑制できることを明らかにした。カテキンとフッ化物の相乗作用を利用した、新しいむし歯予防法の開発が期待される。(2023/11/29)

「糸を引いていた」とSNSで報告のマフィン、販売店は閉業で営業再開の予定なし SNS削除後Webサイトで対応説明
保健所と警察の指導に従って対応すると説明しています。(2023/11/22)

医療技術ニュース:
巨大ウイルスは遺伝子組成の変化で寒冷域に適応した
京都大学は、真核微生物を宿主とする海洋巨大ウイルスが保持する遺伝子の種類を解析し、巨大ウイルスが進化の過程で寒冷な海域に進出した際、遺伝子組成を変化させることで適応してきた可能性を明らかにした。(2023/11/6)

EXILE・ATSUSHI、“一酸化炭素中毒”後に体調不良の元が次々判明 うっ屈し「死んじゃうかもしれないなって思うくらいどん底感」
原因が分かって良かった。(2023/9/28)

「AIが人類を支配したら?」が現実味を帯びてきた件 加速する“AIアライメント”議論の現在地
(2023/9/27)

マドンナ、34年前に抗議殺到→“即放送中止”のコーラCMが解禁 謝辞述べるも「アーティストは平穏を乱すためにいる」
CM曲を収めたアルバムは日本でもオリコン初登場1位に。(2023/9/14)

医療機器ニュース:
AIでハミガキや洗口液の防腐効果を予測するモデルを開発
サンスターは、AIを活用して、ハミガキや洗口液の処方情報を基に、製品の細菌類、真菌類に対する防腐効果を予測するモデルを開発した。製品開発の短期化や効率化につながることが期待される。(2023/9/11)

大規模施設向けワイヤレス通信端末:
PR:必見!構内PHSのリプレースとして最適なDECT方式のIP電話 小型で軽く、安定した通信ならコレ!
2023年3月の公衆PHSサービスの終了を受けて、構内PHSのリプレース問題に特に製造業をはじめとするさまざまな企業が直面している。置き換えに伴う課題を解決できる、日本HPのワイヤレスIP電話ソリューション「Poly Roveシリーズ」を紹介しよう。(2023/9/11)

「子どもの虫歯予防、親子で食器は別々に」は正しい? 日本口腔衛生学会が見解表明「気にしすぎず歯磨きをしっかり」
結局は歯磨きが一番。(2023/9/6)

食中毒で入院したときのご飯が衝撃的な見た目 “カラフルな流動食”ばかりの食事に「絵の具?」「ディストピア飯」と驚きの声
鶏肉にはよく火を通そう……!(2023/9/5)

療養明けのマドンナ、65歳の誕生日迎え喜び「生きててよかった!」 顔面“無加工”の近影も話題に
誕生日は友人たちとポルトガルを訪れたマドンナ。(2023/8/19)

医療機器ニュース:
菌株レベルまで解析できる腸内細菌検査サービスが本格展開
キリンホールディングスは、腸内細菌を最小単位の菌株レベルまで解析できる、腸内細菌検査サービス「MicroBio Me」の本格展開を開始した。ショットガンメタゲノム解析を採用しており、菌の種や株レベルまで分析できる。(2023/8/3)

“深刻な細菌感染症”でICUのマドンナ、退院から1カ月で生還の喜び “世界的ポップスター”の亡き友思い出す贈り物に「むせび泣いた」
元気になってよかった……。(2023/7/31)

「クイーンが帰って来た」 マドンナ、“深刻な細菌感染症”から回復した元気な姿を見せる「ラッキースターって気分!」
一時はICUに入院していたマドンナ。(2023/7/28)

ICU入院のマドンナ、退院後初の近影公開「なるべく早く皆さんの前に」 “深刻な細菌感染症”で救急搬送
延期されたワールドツアーにも言及。(2023/7/11)

約8割が悩んでいる:
グンゼ「ちょいモレ防止」ボクサーパンツ発売 50代以上の悩みにフォーカス
グンゼ(大阪市北区)は7月5日、男性の「ちょいモレ」悩みを解消するボクサーパンツを、クラウドファンディング「Makuake」で発売した。(2023/7/10)

医療機器ニュース:
腸内環境を再現した細胞培養装置のテスト販売を開始
島津製作所は、ヒトの腸内環境を再現した細胞培養装置「腸内細菌共培養デバイス」のテスト販売を開始した。1つの培養容器内で、酸素が必要な腸管上皮細胞と酸素のない環境を好む腸内細菌の共培養が可能だ。(2023/7/6)

マドンナ、“深刻な細菌感染症”により急きょICU入院 「ツアーを含む全予定を中断」マネジャーが告知
早くよくなりますように。(2023/6/29)

メルカリ、3Dプリンターで作ったハンドメイド商品の出品について注意喚起
メルカリが、3Dプリンターで製造したハンドメイド商品について注意喚起している。食器類やキッチン用品などで衛生面に問題があるという。(2023/6/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。