ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「細菌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「細菌」に関する情報が集まったページです。

三菱重工がマスク生産、「ビーバーエアコン」のフィルター技術を活用 自治体への無償配布も
三菱重工サーマルシステムズが使い捨ての不織布マスク「ビーバーマスク」を年内に発売する。1箱30枚入りで3900円(税込)。(2020/12/18)

エレコム、ロングバッテリー設計を実現したワイヤレスマウス 抗菌筐体を採用
エレコムは、抗菌性を備えた筐体を採用するワイヤレスマウス計2シリーズを発売する。(2020/12/17)

医療技術ニュース:
カテコールを微生物で発酵生産する技術を開発、環境に配慮した生産に期待
新エネルギー・産業技術総合開発機構と地球環境産業技術研究機構は、香料などの原料となるカテコールを微生物で発酵生産する技術を開発した。スマートセル技術を活用し、初期生産株の約500倍となるカテコール生産濃度を達成した。(2020/12/17)

プロジェクト:
延べ6万m2超えの高層マンションが渋谷で竣工、三井不動産ら
三井不動産、三井不動産レジデンシャル、日本設計が開発を進めていた“渋谷区役所建て替え計画”の住宅棟「パークコート渋谷 ザ タワー」が2020年8月に竣工した。現在、総販売戸数のうち約半分を販売しており、2021年1月に住人が入居を開始する。(2020/12/16)

医療機器ニュース:
MA-Tの認知拡大や応用技術開発促進に向け、工業会を設立
日本発の触媒技術「MA-Tシステム」の認知拡大や応用技術の開発促進などを目的とし、「一般社団法人 日本MA-T工業会」が2020年11月2日に設立された。現在38社が参加し、代表理事にはアース製薬 社長の川端克宜氏が就任した。(2020/12/16)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
除菌に有効な室内空間向け噴霧器、NSFエンゲージメント
NSFエンゲージメントは、ベンチャー企業の空間除菌が開発した「クロラス酸水を用いた噴霧器」のビジネスモデル構築を進めるとともに、2021年1月の正式発売に向けて積極的な提案を行っている。(2020/12/9)

世界初の製品化:
新型コロナもノロも予防! ノンアル除菌成分「クロラス酸」の優位性は?
新型コロナの感染者が広がる中、バルサンを製造・発売するレック株式会社は、ノンアルコールの除菌剤を発売した。シリーズ名は「バルサンプラス クロラスバリア」。どんな特徴があるのかというと……。(2020/12/4)

紙幣を1枚ずつ除菌する装置、日立オムロンが開発 1分で1000枚に対応
紙幣1枚1枚に紫外線を照射し、細菌やウイルスを除菌・不活化する「紙幣除菌装置」を日立オムロンターミナルソリューションズが開発した。(2020/11/16)

腸内細菌を擬人化、うんこの報告でガチャが引けるゲーム「うんコレ」正式リリース 毎日のログインが健康管理に
擬人化された腸内細菌が、謎の新生物と戦います。(2020/11/16)

排便報告で敵と戦うスマホゲーム「うんコレ」 日本うんこ学会が開発
便の状態を報告してキャラクターを入手し、敵と戦うスマホゲームアプリ「うんコレ」が登場。大腸がんなどの予防を啓発する非営利団体の日本うんこ学会が開発した。(2020/11/16)

マスク専門店などで販売:
コックス、細菌増殖を99%抑える「清(さや)マスク」を発売 多様化するマスクニーズに対応
イオングループのコックスは、細菌の増殖を抑制する加工を施した新商品「清(さや)マスク」を発売した。抗菌防臭機能を備えるなど、機能性と快適性を高めた。多様化を続けるマスクのニーズに対応する。(2020/11/14)

電動ファン付きマスク、フィリップスが発売 呼吸が楽でメガネも曇らない
フィリップス・ジャパンが電動ファンが付いた高機能マスク「フィリップス ブリーズマスク」を発売する。息苦しさやメガネの曇りを解消。顎のラインを美しく見せる効果も期待できるという。(2020/11/13)

GUに高機能フィルター採用マスクが登場! ファッション性のある3タイプ展開です
トレンドのくすみカラーも。(2020/10/30)

【限界徹夜の体験談】絵がうまくなりたくて初めての同人誌制作→徹夜3日間でお風呂で2回死にかけた、というお話
眠気覚ましの定番にして危険なスポット、お風呂。(2020/11/19)

人がいない時を狙って熱交換器を除菌するエアコン、富士通ゼネラルが発売
富士通ゼネラルが人がいない時をAIが判断し、室内機の熱交換器を自動で加熱除菌するエアコン「nocria Xシリーズ」を発表した。(2020/10/12)

ゲノム編集の女性2人にノーベル化学賞 難病治療などへの応用に道
スウェーデン王立科学アカデミーが、2020年のノーベル化学賞をゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」を開発したジェニファー・ダウドナ教授とエマニュエル・シャルパンティエ教授に授与すると発表した。難病治療など幅広い応用への道を開いた功績を評価した。(2020/10/9)

CAEニュース:
紫外線照射のシミュレーション技術でウイルス対策や殺菌装置開発を支援
サイバネットシステムは、照明、流体解析技術を活用し、紫外線照射によるウイルス対策や殺菌装置の開発を支援する。紫外線による殺菌、ウイルス不活化の最適なプロセスを予測するシミュレーション技術を提供する。(2020/10/9)

住宅ビジネスフェア2020:
自動走行で室内のウイルスを99%除菌するロボ、コロナにも有効
デンマークのロボットメーカーUVD Robotsは、自律走行型のロボットと「UVC 光除菌ランプ」を組み合わせた自動殺菌ロボット「UVD Robots」を開発した。2019年秋には、国内販売代理店のカンタム・ウシカタがUVD Robotsを発売し、新型コロナウイルス感染症の拡大以降、大手ゼネコンからの引き合いも増えている。(2020/10/5)

90%以上減少:
シャープが実証、プラズマクラスターに空気中の新型コロナウイルス減少効果
シャープは、同社の空気浄化技術「プラズマクラスター」について、空気中に浮遊する新型コロナウイルスの減少効果があることを実証した。長崎大学などと実験を行い、プラズマクラスターイオンの照射によってウイルスが90%以上減少することを確認したという。(2020/9/7)

直径約1ミリの内視鏡で「涙目」を治す! 涙道の閉塞部位をモニターで見ながら開通
内視鏡は胃や大腸、膀胱などの検査、がんなどの病変を切除する手術に使われている。近年では「眼科」でも内視鏡が用いられるようになってきた。直径0.7〜0.9mmの内視鏡で患部を確認することで安全に適切な治療が行える。(2020/8/31)

医療機器ニュース:
新型コロナへの不活化効果も確認、有人環境で使用可能な殺菌用紫外線ユニット
ウシオ電機は2020年9月1日、有人環境下でも使用可能な波長域の紫外線を用いるウイルス不活化/殺菌技術を搭載した「Care222 U3ユニット」を発売する予定だ。同技術は細菌への殺菌効果の他、新型コロナウイルスをはじめとするウイルスも不活化効果を持つことが確認されている。(2020/8/31)

ウィズコロナ時代の新しい旅を提案:
HIS、スカイマーク・星野リゾートと連携し「3密対策特別ツアー」を販売
エイチ・アイ・エス(HIS)は、スカイマーク、星野リゾートと連携し、3密対策を追求した「北海道特別ツアー」を8月19日から販売する。各社の取り組みに加え、3人掛けの航空シートを2人で利用するなど、3密対策を追求した。HISでは今後も3社で連携し、ウィズコロナ時代の新しい観光スタイルを提案したいとしている。(2020/8/19)

なんば日本橋店:
くら寿司、新型コロナ対応型の新店舗オープン 特徴は?
回転ずしチェーン大手のくら寿司は27日、新型コロナウイルス対策を強化した新店舗「くら寿司なんば日本橋店」をオープンした。(2020/7/27)

【うっかりおうちで死にかけた】忙し過ぎてトイレに行かなかったら、真夏に猛烈な寒気を感じて意識がなくなった……というお話
病名は「腎盂腎炎(じんうじんえん)からの敗血症」だったそうです。(2020/8/18)

FAニュース:
銅コーティング速度を6倍に、青色半導体レーザー複合加工機を共同開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、従来比6倍の速さで銅コーティングができる青色半導体レーザー複合加工機を共同開発した。200Wレーザーを3台装着した600W級マルチビーム加工ヘッドを搭載している。(2020/7/22)

サービスロボット:
コロナ禍で見直される遠隔操作ロボットの価値、普及は進むのか?
WHILLは2020年6月17日、with/afterコロナ時代のロボティクスをテーマとしたセミナーを開催した。東京大学 名誉教授の佐藤知正氏、及びMiraRoboticsのパートナー兼ストラテジストの羽田卓生氏はコロナ禍を契機に遠隔操作ロボットが普及する可能性を指摘する。(2020/6/19)

医療技術ニュース:
酵母由来の界面活性剤が耐性菌を防ぎつつバイオフィルムを効果的に除去
筑波大学は、生物由来の界面活性剤が細菌を死滅させることなくバイオフィルムを除去し、さらに石油化学系の界面活性剤と組み合わせることで、除去効果が100倍以上向上することを発見した。(2020/6/18)

3枚で990円:
ユニクロ、「エアリズムマスク」を6月19日発売 “3層構造”で着け心地と機能性を両立
ユニクロは6月19日、「エアリズムマスク」を発売する。独自の3層構造によって防御性能を高めた。感染予防が求められる新しい生活に沿った商品として、需要の獲得を狙う。(2020/6/15)

ユニクロ、「エアリズム マスク」6月19日発売  「防御性能」「つけ心地」などにこだわったハイブリッドマスク
オールシーズン用。【追記】(2020/6/15)

医療機器ニュース:
正しい手洗い動作を自動判定する映像認識AI技術を開発
富士通研究所は、カメラで撮影した映像から手洗い動作を認識するAI「行動分析技術 Actlyzer手洗い動作認識」を開発した。厚生労働省が推奨する正しい手の洗い方6ステップの実施と、各ステップで手をこすった回数を自動で認識できる。(2020/6/9)

材料技術:
ポリ乳酸の圧電特性を繊維に生かす、村田製作所と帝人フロンティアが合弁事業
村田製作所と帝人フロンティアは、力が加わることで電気エネルギーを生み出し抗菌性能を発揮する圧電繊維「PIECLEX(ピエクレックス)」を共同開発した。このPIECLEXの研究開発と販売を手掛ける合弁企業「株式会社ピエクレックス」を共同で設立し、アパレル企業をはじめとする顧客への提案を進める。(2020/6/5)

村田と帝人フロンティアがJV設立:
人の動きで発電、抗菌性能を発揮する繊維を開発
 村田製作所と帝人フロンティアは、2020年6月4日、人が動く力を電気エネルギーに変換し抗菌性能を発揮する圧電繊維「PIECLEX(ピエクレックス)」を開発したと発表した。両社は、PIECLEXの研究開発および製造、販売を行うジョイントベンチャー「PIECLEX」を設立。抗菌以外の機能開発も進め、2025年度に売上高100億円を目指す。(2020/6/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“アベノマスク”は不要? アパレル大手の夏向けマスクが軒並み好調なワケ
新型コロナの影響でアパレルチェーンが苦戦している。一方、各社は相次いでマスクの製造・販売に乗り出している。技術力を背景にした機能性が支持されている。(2020/6/3)

AI搭載の掃除ロボ「Whiz」、床の新型コロナウイルスを大幅に減少させる 第三者機関が実証
AIを搭載した清掃ロボット「Whiz」が、床面の新型コロナウイルスを大幅に減らせることが実証された。この結果を受け、Whizによる清掃と、薬剤による壁やドアノブなどの消毒を組み合わせた「除菌ソリューション」(β版)の提供を6月中旬以降に始める。医療機関などで感染拡大リスクを低減する狙い。(2020/6/2)

「洋服の青山」の青山商事、抗菌・消臭・抗ウイルス加工の「日本製布マスク」を抽選販売
紳士服販売チェーン「洋服の青山」を展開する青山商事は、特殊加工を施した国産布マスク「TioTioプレミアム 洗える立体マスク」を公式特設サイトで抽選販売することを発表した。サイズは3種類を用意し、1枚590円(税別)で提供する。(2020/5/27)

医療技術ニュース:
細菌やウイルスへの感染を防ぐ酵素の制御機構を解明、新規治療ターゲットに
京都大学は2020年5月15日、免疫応答や細胞死制御に加え、感染防御に重要な役割を果たす複合体ユビキチンリガーゼ(LUBAC)の新規活性制御機構を明らかにしたと発表した。(2020/5/22)

医療技術ニュース:
歯周病菌の5型線毛の構造と形成される仕組みを解明
大阪大学らは、歯周病の主要病原細菌であるジンジバリス菌の5型線毛の立体構造と、線毛が形成される仕組みを明らかした。ジンジバリス菌が関係する疾患に対する新薬開発への応用が期待される。(2020/5/8)

世界を「数字」で回してみよう(63) 番外編:
1ミリでいいからコロナに反撃したいエンジニアのための“仮想特効薬”の作り方
私は今、新型コロナウイルスに対して心底腹を立てています。とんでもなく立腹しています。在宅勤務が続くストレスと相まって、もう我慢ならん! と思っています。1ミリでいいから反撃したい。たとえ、その行為がコロナの終息に、直接的には少しも貢献しないとしても、自分が納得するための反撃の手段が欲しい――。そう考えていた矢先のことでした。あの“シバタ先生”から、予想の斜め上を行く提案を頂いたのは。(2020/5/3)

【指数関数的な増え方】数学の基本から理解する“新型コロナで外出自粛などが求められる理由”
ニュースでよく耳にする「指数関数的な増え方」、ちゃんと分かっていますか?(2020/5/1)

「生物としての人間」を無視してきたツケ:
新型コロナが暴露 この社会を真に破壊する「社畜根性」というウイルス
新型コロナ拡大が人や世界のありようを変質している。特に「生物としての人間」を無視してきた企業社会に打撃。この便利な社会生活を真に破壊するものとは?(2020/4/22)

パナソニックもクリーンルームでマスク生産へ、医療機関への寄付などを検討
パナソニックは、新型コロナウイルス感染症による医療物資のひっ迫した状況を踏まえ、医療用に転用できる物資を寄付を初めとする支援策を発表した。(2020/4/20)

自然エネルギー:
微生物燃料電池の仕組みでCO2をメタン変換、西松建設らが開発に成功
西松建設と群馬大学が微生物燃料電池の仕組みを利用したCO2のメタン変換に成功。温暖化ガスとなるCO2を再利用できる、カーボンリサイクル技術の実現につながる成果だという。(2020/4/15)

スマートフォンを清潔に保つには? 消毒方法や除菌グッズを紹介
新型コロナウイルスの影響で、スマートフォンのどう除菌すべきか、気になる人も多いだろう。スマホを簡単にアルコール消毒する商品や、UV除菌する製品に注目が集まっている。AppleもiPhoneの除菌方法をWebサイトで公開している。(2020/4/9)

「精製水どこにも売ってない」難病の子を持つ母親から悲鳴 品薄の理由は間違った「消毒液の作り方」
精製水は人工呼吸器付属の加湿器に必要不可欠で、不足は患者の命に関わります。(2020/4/9)

ミキハウス、子ども用マスクを発売 50回洗っても効果が続く生地を採用
ミキハウスブランドを展開する三起商行は、抗菌・抗ウイルス加工生地を使用した子ども用ガーゼマスクを4月6日に発売した。対象年齢は2〜5歳で、色はピンクとブルーの2色から選べる。本体価格は、柄違い2枚入りで税別1800円。ミキハウス公式オンラインショップで購入できる。(2020/4/7)

ベンチャーニュース:
AI圧縮や酸化ガリウム基板の製造、JEITAが新鋭ベンチャー8社を表彰
電子情報技術産業協会は「第5回JEITAベンチャー賞」の受賞企業を発表した。AI圧縮技術のアラヤや酸化ガリウムの薄膜結晶成長技術のノベルクリスタルテクノロジーなど8社が受賞。(2020/3/31)

世界を「数字」で回してみよう(62) 番外編:
ある医師がエンジニアに寄せた“コロナにまつわる現場の本音”
マスクは、「他人へのウイルス拡散防止」にはなっても、「他人から自分へのウイルス拡散防止」にはならない。こんな非対称的な論理が、なぜ成立するのだろうか――。今回のコラムは、私のこの疑問に対して、現役医師で、私の過去のコラムでも何度もお世話になっている「轢断のシバタ」さんが下さった、1万字以上にも及ぶメールを紹介するものです。(2020/3/25)

手は洗った、スマホはどうする?
新型コロナウイルスの感染予防対策として、手洗いやうがいの有効性が広く知られるようになりました。ただ、スマートフォンを持つとき、「もし、このスマートフォンにウイルスが付着していたら」と思った人も多いのではないでしょうか。(2020/3/23)

“いま”が分かるビジネス塾:
新型コロナ防止のため「働き方改革」できない企業に明日が無い、真の理由
新型コロナの影響が深刻化。企業やビジネスパーソンはどう立ち向かうべきか? 筆者は「働き方改革・IT化」が結局のカギになると分析。(2020/3/3)

トイレで手を乾かす「ハンドドライヤー」はウイルスを拡散させて不衛生? 2010年前後から囁かれるウワサ、メーカーの見解は
便利だから使いたいけど……。(2020/2/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。