ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ベアメタル型ハイパーバイザー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベアメタル型ハイパーバイザー」に関する情報が集まったページです。

中国のハッキングコンペ「天府杯」開催、主要ブラウザなど相次ぎ陥落
「Pwn2Own」のような海外の大会への出場を禁止された中国のセキュリティチームが、中国独自の大会「天府杯」でハッキングの腕を競った。(2019/11/19)

モノづくり×ベンチャー インタビュー:
組み込みベンチャーが決断、「自動運転のAI止めます」の真意
組み込み機器向けのセキュリティとAIで存在感を発揮しているのが、2009年創業のベンチャー企業・SELTECH(セルテック)だ。創業時から組み込みセキュリティに注力してきた同社は、車載関連での実績を基にAIソリューションにも展開を広げている。SELTECH 社長の江川将偉氏に話を聞いた。(2018/5/24)

PR:テレワークが危ない!? 最新の標的型攻撃やIoTマルウェアから学ぶワークプレイスのセキュリティ対策──情報セキュリティの権威、横浜国大の吉岡准教授に聞く
(2017/4/20)

車載半導体:
ARMの最新リアルタイムプロセッサ「Cortex-R52」、自動運転車の機能安全を実現
ARMは、高度な安全機能が求められる自動車や医療機器、産業機器向けとなるプロセッサコア製品「Cortex-R52」を発表した。既に、STMicroelectronicsが、車載分野で高度に統合したSoC(System on Chip)を開発するためライセンスを取得済み。デンソーもCortex-R52の投入を歓迎するコメントを発表している。(2016/9/28)

SDN時代の幕開け(2):
データセンターに訪れる“新たなステージ”の話
「VMware」や「OpenStack」の登場により、大きく変化しつつあるデータセンターインフラの世界を探訪する本連載。第2回では、初回のSDNからさらに視野を広げ、「SDDC(Software-Defined Data Center)」をめぐる動きをたどる。(2016/4/11)

車載半導体 ARM インタビュー:
車載分野への浸透広げるARM、大手車載マイコン3社も採用へ
スマートフォンや汎用マイコンのプロセッサコアとして最も広く採用されているARM。車載分野では長らく苦戦していたが、ついにルネサス、フリースケール、インフィニオンという車載マイコントップ3の採用にこぎつけた。車載分野での浸透と拡大を着実に続けるARMの取り組みについて、同社のリチャード・ヨーク氏に聞いた。(2015/11/11)

車載半導体:
ARMが放つ車載プロセッサ市場への刺客、「ARMv8-R」は仮想化でECU統合を実現
ARMが新たに発表したプロセッサアーキテクチャ「ARMv8-R」は、車載システムや産業機器の市場を意識した機能拡張が施されている。リアルタイム処理が可能なプロセッサコアとして初めてタイプ1ハイパーバイザをサポートしたことにより、1個のECUで複数の車載システムを制御するECUの統合が可能になるという。(2013/11/29)

ET2013:
車載システムの仮想化に最適、メンターのタイプ1ハイパーバイザ
メンター・グラフィックス・ジャパンは、「ET2013」において、車載情報機器やディスプレイメーター、運転支援システムなど複数の車載システムを1つのハードウェア上で運用する仮想化技術の導入に最適なハイパーバイザ「Mentor Embedded Hypervisor」を紹介した。(2013/11/27)

米TechTarget調査から見える仮想化の最新動向【前編】
VMwareはなぜ選ばれるのか? 仮想化上位3製品の動向をひも解く
多数の仮想化ベンダーがひしめきあう中、今日のハイパーバイザー市場における主要プレーヤー3社を確認するとともに、自社のインフラに最適な製品を選択をする上での基準を示す。(2012/8/29)

Windows 8で機能拡張されるHyper-V【前編】
Windows 8クライアント版に搭載されるHyper-Vの重要な新機能とは?
Hyper-Vは、Windows 8でクライアント版に搭載されるだけでなく、機能が大幅に拡張される。米Microsoftのブログ「Building Windows 8」に記載されたHyper-Vの重要な新機能を紹介する。(2011/10/28)

XenClient 2技術プレビュー版レビュー
大規模運用を実現するクライアントハイパーバイザー「XenClient 2」誕生
米Citrix Systemsは2011年5月末、クライアント向けベアメタル型ハイパーバイザーの新バージョン「XenClient 2」の技術プレビュー版をリリースした。対応ハードウェアを拡大すると共に、企業利用に必須の管理サーバ機能を拡充している。 (2011/7/5)

マイナー製品を選んだ米ユーザーの事例
クライアントハイパーバイザーのメリットと製品選定のポイント
クライアントハイパーバイザーは、従業員のPCを集中管理するのに有効な技術である。さまざまなベンダーがクライアントハイパーバイザー製品を提供しているが、どこに着目して選べばよいのだろう。(2011/6/17)

VMwareとKVM、導入の決め手は何?
ベアメタル型か否か──KVMをめぐるハイパーバイザー論争
KVMがタイプ1とタイプ2のどちらのハイパーバイザーなのかで議論が割れている。一方で、そもそもハイパーバイザーの導入の決め手は、タイプ論争にないという意見もある。(2011/5/31)

XenClientのHCLはなぜvProのみ?(後編)
クライアント型ハイパーバイザーの課題と選択肢
XenClient 1.0のHCLに登録されているチップファミリーは1種類、vProだけだ。しかし、クライアント型のハイパーバイザーを実行するのにvProは必要ない。(2011/4/1)

XenClientのHCLはなぜvProのみ?(前編)
クライアント仮想化にIntel vProは価格に見合う価値があるか?
XenClient 1.0のHCLに登録されているチップファミリーは1種類、vProだけだ。しかし、クライアント型のハイパーバイザーを実行するのにvProは必要ない。(2011/3/23)

開発中のMinWin
MinWinとHyper-VクライアントハイパーバイザーがWindows 8で登場か?(後編)
Hyper-VクライアントとMinWinの組み合わせは、開発の利便性やセキュリティ対策、レガシーアプリケーション対応などで多くの可能性を秘めている。(2011/2/8)

選定基準はスペックだけではない
失敗しないハイパーバイザーの選び方
効果的なサーバ仮想化を実現するためには、目的に合ったハイパーバイザーを選ぶことが重要だ。ハイパーバイザー選択の基準を幾つか紹介する。(2010/11/11)

シトリックス、モバイルPCのデータ保護を強化する新機能を発表
シトリックスは、オフライン環境で利用できるクライアントハイパーバイザーと、データ暗号化機能の提供を発表した。(2010/9/27)

Citrix Synergy 2010 Report:
クライアント・ハイパーバイザーはPCセキュリティの次なる一手
Citrixが発表したクライアント・ハイパーバイザー「XenClient」は、PCセキュリティに新たな方法を提供するのが狙いだという。(2010/5/19)

これで仮想化オールマイティーに:
OracleがVirtual Iron買収で得るもの
Oracleはこの買収により、「Oracle VM」用のツールセットを獲得し、VMwareなどへの“仮想化税”から解放される。(2009/5/14)

セキュリティと管理性の強化:
IntelとCitrix、デスクトップ仮想化で協業
IntelとCitrixは、デスクトップ仮想化技術を広範な企業ユーザーに提供する計画だ。Intelの管理/セキュリティ技術であるvProとCitrixのXenハイパーバイザーおよび仮想化アプリケーションを組み合わせることにより、企業のデスクトップ/ノートPC上で仮想マシンを容易に実行、管理できるようにする。(2009/1/23)

VMwareが「ESXi」ハイパーバイザーを無償提供へ
VMwareでは、「VMware ESXi」ハイパーバイザーの無償バージョンを提供しようとしている。同社の新CEOは、クラウドコンピューティング分野への進出にも力を入れるとともに、VMwareの仮想化技術の勢力範囲を拡大する考えだ。(2008/7/24)

基礎から学べる仮想化技術
選択肢が広がった仮想化技術。自社に最適なのはどれだろうか? ここでは、仮想化技術の基礎から各製品の概要まで、仮想化に関するコンテンツを集めてみた。(2008/7/7)

ホスト・ベアメタル・OS・ハイブリッド
4つの仮想化アーキテクチャと今後の展望
ホスト仮想化、ベアメタル仮想化、OS仮想化、ハイブリッド仮想化のそれぞれの特徴を解説するとともに、2008年のMicrosoftの計画が仮想化分野にどのような影響を及ぼすかも展望する。(2008/5/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。