ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハイパーバイザー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイパーバイザー」に関する情報が集まったページです。

失敗、成功事例に学ぶクラウドネイティブセキュリティの勘所(2):
「クラウド活用は万能薬ではない」――2つのクラウド移行事例で起きたセキュリティ課題とその原因
セキュリティに対する不安からクラウド移行に踏み切れない企業や、クラウド移行したもののクラウドセキュリティに依然として懸念がある企業に向けて、クラウドで実現するセキュリティ対策を事例とともに解説する本連載。今回は、セキュリティに関する課題が生じた2つのクラウド移行事例を解説します。(2024/2/20)

セキュリティニュースアラート:
VMwareが「ESXi無償版」の提供を終了 移行先の有力候補は?
VMwareがユーザーに永久ライセンスからサブスクリプションプランへの移行を促している。2024年2月に入ってからVMware vSphere Hypervisor無償版の提供も終了となった。(2024/2/14)

日本市場に対応したバックアップを提供 ヴィームが製品アップデート状況を解説
ヴィームは事業戦略説明会を開催し、データ保護における4つのトレンドを踏まえて、レッドハットとの協業や自社製品アップデートの最新状況を発表した。(2024/2/14)

車載ソフトウェア:
車載ソフトウェア開発向けバーチャルコックピットを発表
BlackBerryは、Stellantisと共同で、車載ソフトウェア開発向けのバーチャルコックピットを発表した。Stellantisが構築するバーチャルコックピットプラットフォームで、BlackBerryの「QNX Hypervisor in the Cloud」を使用する。(2024/1/22)

無償版VMware ESXiも対象 VMware、サブスクリプション移行に伴い複数製品を販売終了
VMwareは複数の製品の販売終了を発表した。販売終了製品にはESXiの無償版であるVMware vSphere Hypervisorも含まれている。同社は永久ライセンスからサブスクリプションモデルへの移行を進めている。(2024/1/19)

パススルーと仮想GPU【第4回】
仮想マシンで「GPU」を無駄なく使うためのモニタリング方法
「GPU」の貴重なコンピューティングリソースをできるだけ無駄なく使うには、その使用状況を適切に把握することが欠かせない。仮想マシンでGPUを使う場合のパフォーマンス測定方法とは。(2024/1/18)

セキュリティニュースアラート:
保護すべきデータは今後5年で7倍に Rubrikが2024年のサイバーセキュリティ動向予測を発表
Rubrikは2024年のサイバーセキュリティ動向5大予測を発表した。デジタルデバイスやAI、SaaSなどの拡大によって組織が保護すべきデータ量が増加すると予想されている。(2024/1/11)

パススルーと仮想GPU【第3回】
「仮想GPU」を使い始めるには? インフラや準備の流れは?
仮想マシンでGPU(グラフィックス処理ユニット)のリソースを使う場合は、当然ながらそのための下準備が必要になる。GPUのリソースを使う2つの方法を基に、その準備の流れについて説明しよう。(2024/1/11)

パススルーと仮想GPU【第1回】
「GPU」を「仮想マシン」で使う その理由と割り当て方法
企業のインフラでは、従来使われてきたCPUに加えて「GPU」の役割が重要になりつつある。同じくインフラにおいて重要な仮想マシン(VM)でGPUを使う理由とは。具体的な方法と併せて解説する。(2023/12/21)

VMware製品の注意すべき脆弱性【後編】
ESXiなど「狙われるVMware製品」が明らかに 要注意なのは?
VMwareのクラウドサービス管理ツール「VMware Cloud Director」の脆弱性が発見されるなど、VMware製品が狙われる状況が明らかになった。ユーザー企業にどのような被害が及ぶ可能性があるのか。(2023/12/15)

2023国際ロボット展:
TwinCAT×ROSで何ができる? ベッコフのロボットモジュールが日本初上陸
Beckhoff Automation(ベッコフオートメーション)は「2023国際ロボット展」において、ロボットモジュール「ATRO」を日本初公開した。(2023/12/4)

リアルタイムOS列伝(41):
UNIXを逆順で読んだ「Xinu」は教育向け、RTOS開発者のレファレンスにも
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第41回は、パデュー大学 教授のDouglas Comer氏が開発した、教育向けのRTOS「Xinu」はを取り上げる。(2023/12/4)

HPCとML向けにアーキテクチャを強化:
機械学習アプリ向けに強化されたオープンソースハイパーバイザーの「Xen Project Hypervisor 4.18」が公開
Xen Projectは、オープンソースハイパーバイザーの最新版となる「Xen Project Hypervisor 4.18」をリリースした。(2023/11/28)

拝啓、インシデント対応の現場より:
なぜランサムウェア対応は難しいのか? “復旧”できても“安心”できないワケ
インシデント対応の現場で長年働いてきた筆者が、ランサムウェア対応の難しさや現場で見てきた被害事例、対応する上で特に重要な考え方を解説します。(2023/11/30)

Edge Tech+ 2023:
デジタルコックピットを1個のSoCとLinuxだけで統合制御、AGLがデモを披露
Automotive Grade Linux(AGL)は、「EdgeTech+ 2023」において、コンテナ技術を用いてカーナビゲーションとメータークラスタのアプリケーションを1個のSoCとLinuxカーネル上で動作させるデジタルコックピットのデモンストレーションを披露した。(2023/11/21)

大手クラウドはクラウド専用チップで戦う時代へ 各社がクラウド基盤に専用SoC、サーバにArm、AI処理に独自プロセッサを相次いで採用
AWS、Microsoft Azure、Google Cloudの3大クラウド事業者は本格的にクラウド専用チップで戦う時代に。各社におけるチップレベルの取り組みをまとめる。(2023/11/20)

車載ソフトウェア:
BlackBerryはQNXでSDVをつなぐ、非自動車分野の展開も強化
BlackBerry Japanは、組み込みシステム向けソフトウェアプラットフォーム「BlackBerry QNX」のプライベートイベント「BlackBerry QNX/TECHForum JAPAN 2023」を東京都内で開催。QNXの事業進捗や「BlackBerry IVY」の採用状況などについて説明した。(2023/11/8)

設置後すぐにクラウドサービスを利用できるラックスケールシステム:
Oxide、オンプレミスで簡単に運用できる“クラウドコンピュータ”を発表
Oxide Computer Companyは、世界初の商用“クラウドコンピュータ”を発表した。「オンプレミスでクラウドコンピューティングを利用できるように設計されており、ハードウェアとソフトウェアが完全に統合された真のラックスケールシステム」とうたっている。(2023/11/1)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第2回】
VMware vSphereのバージョン6、7、8の違い バージョンアップの利点とは?
「VMware vSphere 6.0」のサポートが終了する。vSphereのバージョンアップをすることでユーザー企業はどのようなメリットが得られるのか。移行先のハードウェア選びのポイントと合わせて説明する。(2023/11/22)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第1回】
サポート切れの「vSphere」はなぜ危険なのか? “安定稼働”に油断できない訳
「VMware vSphere」のバージョン6.5と6.7のテクニカルガイダンスが2023年11月に終了する。一見安定稼働しているように見えても、サポート切れのvSphereを使い続けることにはリスクが伴う。そのリスクとは何か。(2023/11/21)

さよならVMware Broadcomによる買収完了で、企業としての存在に幕 VMwareブランドは引き続き残る
米Broadcomが、10月30日に米VMwareの買収を完了する予定だと発表している。VMwareがたどってきたこれまでの歩みを振り返る。(2023/10/30)

VPN機器だけが問題ではない
自社のデータセンターを狙う「ランサムウェア」の被害を最小限に抑えるには
ランサムウェアをはじめとしたマルウェアの被害を防ぐには、エンドポイントだけでなくデータセンターも守る必要がある。自社サーバのセキュリティを強化し、仮想化インフラを保護するためのヒントを探る。(2023/10/24)

リアルタイムOS列伝(39):
“組み込みUNIX”を目指した「ChorusOS」は企業買収の波に飲まれて消えた
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第39回は、“組み込みUNIX”を目指したものの企業買収の波に消えた「ChorusOS」を取り上げる。(2023/10/2)

会長兼CEOが語る戦略:
新興企業がシスコやジュニパーに仕掛けるゲームチェンジとは
CiscoやJuniperを「古いネットワークベンダー」と呼び、こうした企業の牙城を崩そうとする新興企業がある。どういう根拠があるのか。ネットワークの世界にどんな変化をもたらそうとしているのか。会長兼CEOに直接聞いた。(2023/9/21)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(203):
「トラステッド起動」が既定になり、Azure VMはデプロイ時点で“安全”に
Azure仮想マシンの「トラステッド起動」は、2021年11月から一般提供されているセキュリティオプションです。このオプションが数カ月前からAzureポータルでのAzure VMデプロイ時の既定になっていましたが、2023年8月末に一般提供開始が発表されました。(2023/9/12)

SDSの利点と落とし穴【第4回】
業界標準がない「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)を使う場合の注意点
SDSにはメリットもあるが落とし穴もある。現状、SDSの仕様は標準化されていないため、実際に企業がSDSを購入する前には幾つかの内容を確認する必要がある。(2023/9/11)

Google、AWS Nitro対抗のクラウド基盤システム「Google Titanium」投入
米Google Cloudが、同社専用に開発したカスタムチップやソフトウェアなどにより構成されるクラウド基盤システム「Titanium」の投入を、発表した。(2023/9/8)

「VDI」はまだ役立つのか【第2回】
VDI(仮想デスクトップインフラ)が嫌われる“これだけの理由”
「VDI」(仮想デスクトップインフラ)にはメリットだけではなく、幾つかのデメリットが存在する。それは何なのか。主要なデメリットを整理しよう。(2023/9/8)

犯罪者が狙う「ESXi」【後編】
ESXi攻撃に使われた脆弱性「CVE-2023-20867」の危険度は? ESXiArgsとの関係は
VMware「ESXi」のセキュリティを脅かす、同社製品の脆弱性「CVE-2023-20867」。その危険性はどの程度なのか。ESXiを襲ったランサムウェア「ESXiArgs」との関係とは。(2023/8/31)

ExcelのセルにPythonコードを入力し、高度な分析が可能:
Microsoft、ExcelでPythonを使える「Python in Excel」のプレビュー版を公開
Microsoftは、「Microsoft Excel」でプログラミング言語「Python」を利用できる「Python in Excel」のパブリックプレビュー版をリリースした。(2023/8/28)

スマート工場:
PR:スマート工場実現に、スマートシティーのノウハウが生きる
スマート工場に向けた取り組みをPoCから先に進めるには、個別最適やサイロ化の状態から抜け出す全体最適の視点が必要だ。レノボ・エンタープライズ・ソリューションズとヴイエムウェアが、スマートシティーのノウハウを生かしたソリューションを提案している。(2023/8/25)

犯罪者が狙う「ESXi」【中編】
ESXi攻撃に使われた脆弱性は深刻度「低」――VMwareの判断根拠が客観的だった
VMware製品に見つかった脆弱性「CVE-2023-20867」を、サイバー犯罪グループUNC3886が「ESXi」への攻撃に悪用している。こうしたCVE-2023-20867の深刻度を、VMwareが「低い」と判断したのはなぜなのか。(2023/8/24)

SDSの利点と落とし穴【第1回】
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)とは? 何がメリットなのか?
企業が使っているストレージシステムはさまざまなアプリケーションやベンダーにひも付いており、サイロ化やロックインが起きている。現状を打開するツールとして期待が集まっているSDSとは何か。(2023/8/21)

犯罪者が狙う「ESXi」【前編】
ESXiを攻撃する犯罪者集団が悪用した脆弱性「CVE-2023-20867」とは?
犯罪者集団UNC3886がVMware製品の脆弱性「CVE-2023-20867」を悪用して、同社のハイパーバイザー「ESXi」を攻撃しているとMandiantは説明する。CVE-2023-20867とは、どのような脆弱性なのか。(2023/8/18)

k8sネイティブなアーキテクチャを採用、専用ハードウェア不要:
Canonical、OpenStack環境の構築を支援する「Sunbeam」発表 オープンソースで公開
Canonicalは、OpenStack環境の構築、提供を支援するプロジェクト「Sunbeam」をオープンソースで公開した。(2023/7/6)

管理、セキュリティ、可観測性、スケーリングなどの機能が向上:
GitHub、「GitHub Enterprise Server 3.9」を正式リリース GitHub Projectsの改良など新機能が追加
GitHubは、より深いコラボレーション、可観測性の向上、ワークフローの高速化を実現する「GitHub Enterprise Server 3.9」の一般提供を開始した。(2023/7/6)

「ESXiArgs」再燃 ESXi防御策は【後編】
VMware「ESXi」はこうして攻撃される――専門家が明かす「手口」と「防御策」
「ESXi」を狙ったランサムウェア攻撃に対抗するには、どうすればいいのか。まずは攻撃の手口を知ることが重要だ。どのようなものなのか。(2023/7/4)

ランサムウェアAkiraがLinuxを標的に追加 特にVMware ESXiを狙う
Bleeping Computerは、Windowsを標的としていたランサムウェア「Akira」がLinuxサーバへの攻撃機能を獲得したと報じた。特にVMware ESXi仮想マシンを標的にしているという。(2023/6/30)

「ESXiArgs」再燃 ESXi防御策は【中編】
犯罪者の「ESXi離れ」どころか“ESXi依存”が止まらないのはなぜ?
VMwareのハイパーバイザー「ESXi」が、引き続きランサムウェア攻撃者から積極的に狙われている。なぜESXiなのか。「ESXiArgs」攻撃活動の活発化の背景を説明する。(2023/6/27)

「ESXiArgs」再燃 ESXi防御策は【前編】
VMware「ESXi」狙いの世界的ランサムウェア攻撃が“謎の復活” 専門家が警告
2023年2月に被害を広げたランサムウェア「ESXiArgs」攻撃のリスクは、決してなくなったわけではない。それどころか、ここに来て再び攻撃活動が活発化していると専門家は警鐘を鳴らす。何が起きているのか。(2023/6/21)

VMwareとCitrixの「デスクトップ仮想化製品」を比較する【中編】
VMware HorizonとCitrix Virtual Apps and Desktopsを“コストとリスク”で比較
2大デスクトップ仮想化製品「VMware Horizon」「Citrix Virtual Apps and Desktops」。両製品をどのような観点で比較すればよいのか。ポイントになるのが「コスト」と「ベンダーロックインのリスク」だ。(2023/6/20)

VMware ESXiのゼロデイ脆弱性を悪用してEDRの検知を回避 攻撃手法の詳細は?
UNC3886と呼称される中国のサイバースパイグループは、VMware ESXiのゼロデイ脆弱性を悪用した最新サイバー攻撃を実行している。このグループはアクティビティーの痕跡を消し去るなど用意周到に立ち回っているようだ。(2023/6/15)

組み込み開発ニュース:
RTOSプラットフォームのSDKがBSPを拡張、NXPの「S32G」に対応
イーソルは、スケーラブルリアルタイムOSプラットフォーム「eMCOS」のソフトウェア開発キット「eMCOS SDK」に、NXP Semiconductorsのハードウェア開発ボード「S32G-VNP-RDB2」に対応したBSPを搭載した。(2023/6/5)

Dellが「APEX」のマルチクラウド対応を拡大 データポータビリティとセキュリティも強化
Dellがクラウド運用モデルをオンプレミス環境やエッジ環境に拡張した「Dell APEX Cloud Platforms」など「Dell APEX」の新たな製品とストレージ製品「Dell PowerStore」の機能を強化することを発表した。(2023/5/24)

VMware ESXiを狙ったRaaSが増加中 攻撃を回避するには?
CrowdStrikeはハイパーバイザーVMware ESXiを標的にしたランサムウェア・アズ・ア・サービス(RaaS)が増加していると指摘した。今後もこの傾向は続くと予測されている。(2023/5/17)

人工知能ニュース:
NVIDIAの最新AI開発環境を無償で試せる、マクニカの「AI TRY NOW PROGRAM」
マクニカ クラビス カンパニーは、最新のNVIDIAソフトウェアプラットフォームを自社への導入前に無償で検証できる「AI TRY NOW PROGRAM」を構築し、サービス提供を開始したと発表した。(2023/5/11)

サイバー攻撃の今 日本を含むアジア太平洋地域は今後も狙われる
活発化するサイバー攻撃。次は「どこが」「何が」狙われるのだろうか。IBMの調査レポートから今後とるべき対策が示された。(2023/4/28)

ITワード365:
【クイズ】「Webサーバが、指定したURLが現在存在しないことを意味する表示」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/4/27)

「ウマ娘」や「ウイコレ」をWindows PCで! 「Google Play Games」のβテストが日本で開始
海外ではβテストが始まっていたWindows向けの「Google Play Games」が、日本でもβテストを開始した。開始に合わせて、日本で人気のAndroidスマホ向けゲームタイトルも対象作品に加わった。【追記】(2023/4/19)

ESXiを狙ったランサムウェア攻撃の“不思議”な実態【第4回】
危険な「ESXi」を生まないためには“これ”が大事 VMwareの切実なお願いとは?
VMwareの「ESXi」を狙ったランサムウェア攻撃について、同社に具体的な対策を聞いた。同社が強調するのは特別なことではなく、セキュリティ対策の“基本中の基本”だ。(2023/4/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。