ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「横浜ベイスターズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「横浜ベイスターズ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

片岡安祐美、妊娠5カ月を報告「少しずつお腹も出てきた」 2017年に元・横浜DeNAの小林公太さんと結婚
仕事はセーブしていくもよう。(2022/1/19)

メルカリ、NFT事業参入 パ・リーグ試合映像をNFT化
メルカリは12月16日、パ・リーグのネット配信サービスなどを手掛けるパシフィックリーグマーケティングと共同で、NFT事業に参入すると発表した。パ・リーグ6球団の名場面などの映像をNFT化して販売する。(2021/12/16)

元プロ野球・佐々木主浩、芸能界引退した妻・榎本加奈子さんの“実業家”としての姿を紹介 こだわりカレーに「うまい!」
榎本さんはスープカレー屋を経営しています。(2021/11/15)

板野友美、「スワローズ」6年ぶりの優勝に感動 夫チームの快挙に0歳娘と記念ショット 「夫婦にとって感慨深い年」
うれしいことづくしの1年。(2021/10/27)

ベイスターズ選手のプレイを10以上の視点から視聴 野球観戦アプリをKDDIが開発 
KDDIがプロ野球球団の横浜DeNAベイスターズとともに試合観戦専用のアプリを開発した。同球団の本拠地に設置した10台以上のカメラによる多視点映像を実現し、自宅でもバックネット裏など好きな視点から試合観戦ができるという。(2021/9/6)

プロ野球の試合を好きなアングルで視聴 auが「ベイスターズプライムカメラ」提供
横浜DeNAベイスターズとKDDIは、9月7日にアプリ「ベイスターズプライムカメラ powered by au 5G(β版)」をリリース。球団独自の10台以上のカメラが撮影した試合の多視点映像を、好きな視点に切り替えながら視聴できる。(2021/9/6)

日ハムの中田翔、同僚選手への暴力行為で出場停止処分 ファンも「何やってんねん」とショック隠せず
先日、第4子となる次男が誕生していました。(2021/8/11)

田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
「侍ジャパン」は野球が正式競技となって初の金メダル獲得です。(2021/8/9)

クラウドニュースフラッシュ
ゲーム「五等分の花嫁」が、AWSやAzureではなく「Alibaba Cloud」で動く理由
「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)の新しい割引プラン「Oracle Support Rewards」の発表やゲーム会社enishの「Alibaba Cloud」導入事例など、主要なニュースを紹介する。(2021/7/31)

元横浜DeNAの中後悠平さん:
3度の戦力外通告を受け、営業部へ 「異例」のキャリアを選択した理由は
プロ野球選手の現役期間は短い。セカンドキャリアに悩む人が多い中で、元横浜DeNAベイスターズの投手・中後悠平さんは、同球団の営業部へ転身した。現役引退後すぐに営業部に配属するのは、とても珍しい。なぜ異例ともいえるキャリアを選択したのかというと……。(2021/6/20)

横浜DeNA国吉佑樹投手がトレードでロッテへ 何度もチームを救った右腕放出に「心が追いつかないよ」と衝撃広がる
先発強化を目的に有吉優樹投手が横浜DeNAに入団します。(2021/6/14)

西武・平良海馬、プロ野球タイ「開幕31試合連続無失点」達成 入団4年目の躍進に「今シーズン無失点で」とさらなる期待
昨シーズンは沖縄県出身初の新人王を獲得しています。(2021/6/11)

プロ野球の始球式で初々しい“珍プレー”に「可愛らしいボケ!」 鳴海唯「緊張してしまいました」
始球式で投球をするはずが、使用するボールを持たずにマウンドへ。(2021/6/4)

官製値下げで窮地に:
いずれはNTTが買収も? 楽天・郵政タッグに透けて見える、「楽天モバイル」の“賞味期限切れ”感
楽天と日本郵政が資本提携も、提携による具体的なメリットが見えづらく、実質的には窮地の楽天モバイルに対する国からの資本注入ではないかと筆者は指摘する。当初は業界の閉塞的な状況を打破することを期待され、鳴り物入りだった楽天モバイルは、今後どうなってしまうのか。(2021/3/26)

NewsPicks Studios金泉俊輔CEOに聞く【前編】:
“自前主義”で固有の世界観を創出 有料会員を増やし続けるNewsPicksの「垂直統合型ブランド戦略」とは
ビジネスパーソンを中心に500万人以上の会員を擁する経済ニュースメディア「NewsPicks」。他メディアのニュースを選別して配信する「キュレーション」のほか、独自で経済ニュースや経済番組を制作しインターネットで配信し、右肩上がりで有料会員を増やし続けてきた。独自のビジネスモデルやブランド戦略はいかにして成功したのか。NewsPicks執行役員で「NewsPicks Studios」CEOの金泉俊輔氏にインタビューした。(2021/3/3)

カギは「付加価値型」へのシフト:
コロナ禍で崩壊する「日本式・壁ビジネス」 改革途上の地銀が「統合」だけでは乗り切れなさそうなワケ
コロナ禍でデジタル化が加速している。その影響で、日本式な「壁ビジネス」も崩壊しつつある。多くの業種で変革が迫られる中、「統合」を前提に改革が語られている地銀はどう対応していくべきだろうか。(2021/2/22)

水曜インタビュー劇場(プカ〜公演):
喫煙所でどんなビジネスが生まれているのか スキマ デパートの試みが面白い
東京都内で、喫煙所がじわじわ増えていることをご存じだろうか。設置しているのは、自販機などを扱っている「スキマ デパート」。喫煙所を増やすことで、同社は何を狙っているのだろうか。話を聞いたところ……。(2021/2/10)

24時間営業、垂直統合をどう変える:
日本が「世界の下請け工場」になる日――2021年、「曲がり角」に立つ2つの産業とは?
2021年、曲がり角に立つコンビニと自動車産業。コロナ禍の影響もあるが、長らく続く伝統的なビジネスモデルの歪な構造が明らかになり、刷新する必要性が出てきている。両産業にはどんな課題があり、どう立ち向かうのか。(2021/1/29)

シェアオフィスやビアカフェ:
コロナ禍にベイスターズが多角化戦略、狙いは?
新型コロナの感染拡大は、プロ野球界にも大きな影響を与えた。各球団が苦戦を強いられる中、本業以外でも奮闘していたのが、横浜DeNAベイスターズだ。どんな事業を行っているのかというと……。(2021/1/23)

マネジメントで振り返る2020年:
コロナ禍の経営悪化、企業の“既往症”が影響? 2021年に向けた、マネジメントのヒントを探る
コロナ禍が猛威をふるった2020年。さまざまな業界・企業が経営悪化に見舞われた。経営コンサルタントの大関暁夫は、経営悪化した企業は“既往症”が影響しているとみる。マネジメントを軸に、1年を振り返ってみよう。(2020/12/28)

「見てるだけで筋肉痛になりそう」 ラミレス、“笑わない男”稲垣啓太とのトレーニング対決が白熱すぎる
稲垣選手の肩幅どうなってるのよ。(2020/12/17)

大塚家具の二の舞か:
「2代目」が陥るワナ――大戸屋の、“愛言葉”を忘れた値下げ路線が失敗しそうなワケ
経営権を巡ってドタバタ劇を繰り広げる大戸屋。“愛言葉”を忘れた新体制による、祖業を見切った値下げ路線は成功するのか。大塚家具とともに、大戸屋でも起こっている創業家2代目が陥るワナとは?(2020/11/24)

「こんにちはラミちゃんです」 元横浜DeNA監督のラミレス、公式YouTubeチャンネルを開設
11月14日の巨人戦が監督として最後の試合になりました。(2020/11/14)

5G時代なのに……:
セコい値下げで喜んでいる場合ではない、NTTのドコモ完全子会社化ウラ事情
NTTがドコモを完全子会社すると発表。5Gや6Gのイニシアチブ奪還に向けて歓迎する声も多いが……(2020/11/4)

伊藤健太郎、始球式の事前練習を公開 本番ではノーバウンド投球しファンから「また始球式してほしいなぁ」
横浜スタジアムで投球した伊藤さん。(2020/10/25)

池田純のBizスポーツ:
Bリーグは、プロ野球とJリーグを超えられるか? 「B・J業務提携」の読み解き方
業務提携を発表したBリーグとJリーグ。しかし、業務提携は成功させるのがなかなか難しいと指摘するのが、さいたまブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏だ。Jリーグやプロ野球を超えるため、Bリーグに求められるものとは?(2020/10/20)

「第4のメガバンク」構想も難しそう:
本当に大丈夫? 菅首相の「地銀再編」発言が、再び“失われた10年”を呼びそうな理由
菅首相がしきりに口にする「地銀再編」。確かに苦境に置かれる地銀だが、再編はうまくいくのだろうか。筆者は過去の長銀破綻を例に出し、また「失われた10年」来てもおかしくないと指摘する。(2020/9/30)

池田純のBizスポーツ:
プロ野球とJリーグ、コロナ禍でより運営が厳しいのはどっち? カギを握る「コロナ回帰率」とは
感染拡大防止の観点から無観客試合を続けていたが、観客動員を始めたプロスポーツ。しかし、内情を見ると野球とサッカーで明暗が分かれたようだ。詳しく数字を見ると、コアなファンの数が命運を分けたようだ。さいたまブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏が解説する。(2020/8/28)

「証券いじめ」も今は昔:
半沢直樹を笑えない? 現実に起こり得る、メガバンク「倍返し」危機とは
7年ぶり放映でも好調の「半沢直樹」。「倍返し」に決めぜりふに銀行の横暴を描く姿が人気だが、どうもフィクションだけの話では済まない可能性が出てきた。現実のメガバンクに迫りくる「倍返し」危機とは?(2020/8/24)

「第3の試合観戦」を目指す――横浜DeNAベイスターズとKDDIが「バーチャルハマスタ」の無料トライアルを提供 収益化も視野に
横浜DeNAベイスターズとKDDIが、横浜スタジアム(ハマスタ)をバーチャル空間に再現したサービスの無料トライアルを実施する。新型コロナウイルスの影響により、経営面で苦しい状況にあるプロ野球チームの新たな収益源とすることを視野も視野に入れた動きだ。(2020/8/11)

コロナ禍で好対照:
「カメラ事業売却」の衝撃 業務提携中のオリンパスとソニー、祖業を巡る両社の分岐点とは?
カメラ映像事業の売却を発表したオリンパス。好対照なのが、業務提携関係にあるソニーだ。コロナ対応を巡る両社の分岐点とは?(2020/8/7)

自宅でリアルな球場を体験「バーチャルハマスタ」2020年8月11日の阪神戦で開催
横浜DeNAベイスターズとKDDIは、自宅にいながら野球場の雰囲気を味わい、試合観戦や応援ができる「バーチャルハマスタ」の無料トライアルとして、2020年8月11日の阪神戦で「バーチャルハマスタ 横浜DeNAベイスターズVS阪神タイガーズ」を開催する。(2020/8/5)

横浜スタジアムをバーチャル空間に再現 ファンのアバターが一緒に観戦 ベイスターズがコロナ対策
横浜スタジアムをバーチャル空間上に再現する取り組みを、横浜DeNAベイスターズとKDDIが行う。ファンはオリジナルのアバターを作成し、他のファンと一緒に観戦できる。コロナ禍の影響で球場への来場人数が制限される中で、自宅などから応援を楽しめるようにする。(2020/8/4)

池田純のBizスポーツ:
「超満員」がなくなった時代に、横浜DeNAベイスターズ初代球団社長が考えるスポーツビジネスの“ニューノーマル”
コロナでなくなった「超満員」のスタジアム。これまでスタジアムを満員にすることで経営を成り立たせてきた向きもあるスポーツビジネスは、今後どうすればよいのか。さいたまブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏が語る。(2020/7/13)

ダウンサイズ化は必至:
長期化するコロナショック レナウンの次に危ない有名企業とは?
新型コロナの影響はとどまらず、航空業界、観光業界を中心に甚大な影響を与え続けている。日本企業では、レナウンの破綻が話題となったが、経営に詳しい筆者の大関暁夫氏は、次に危ない企業として、2つの有名企業を挙げる。共通するのは、両社とも“時限爆弾”を抱える点だ(2020/7/3)

呉越同舟の地方創生:
都銀再編時に「ごみ箱」構想を持っていた金融庁と地銀救済で手を組むSBIホールディングスは天使か、悪魔か?
SBIホールディングスが仕掛ける「地銀救済」。陰には金融庁の影響も見え隠れするが、「証券界の暴れん坊」と目されるSBIと金融庁、それぞれの思惑とは? 過去、銀行勤務時代に大蔵省との折衝を担当していた筆者によると、90年代の都銀再編時に官僚は「ごみ箱」構想を持っていたという。(2020/6/23)

「感染対策」にとどめず成果へ結び付けるために:
「監視」や「名ばかり管理職」はもういらない 「ニューノーマルのテレワーク」に必要なものとは?
ニューノーマルの最たるものといえるテレワークだが、最近では社員の監視システムが登場するなど、旧来の「時間管理」の延長で運用する企業も少なくない。しかし、これでは新しい時代を企業が生き抜くことは難しいだろう。ようやく定着の兆しを見せるテレワークを「感染防止策」にとどめず成果に結び付けるには? 大関暁夫氏が解説する。(2020/6/4)

池田純のBizスポーツ:
ベイスターズ初代球団社長が語る、コロナ時代に必要な「変える力」とプロ野球生き残りの道
新型コロナウイルスの影響で窮地に立たされるプロスポーツビジネス。「コロナの時代」を見据えた経営に必要なものとは? 親会社や前例にとらわれない「変える力」こそ必要だと、埼玉ブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長、池田純氏が解説する(2020/5/21)

DeNA、20年3月期は492億円の最終赤字に転落 ゲーム事業関連の減損響く
DeNAが2020年3月期通期の通期連結決算を発表。最終損益が492億円の赤字(127億円の黒字)に転落した。ゲーム事業で想定していた収益が見込めなくなったとして、計493億円の減損損失を第3四半期に計上したことが響いた。(2020/5/14)

危機が迫る「経済の大動脈」:
新型コロナ危機、ANAと日産の融資申し込みはどうなる? 政府は大企業、中小企業支援で今何をするべきなのか
新型コロナの経済影響が長期化・深刻化している。このまま続けば、大企業の破綻によって連鎖倒産が引き起こされる可能性もありえる。筆者の大関暁夫氏は、特に航空業界と自動車業界が危険だと指摘する。(2020/5/1)

バーチャル背景図鑑:
Web会議で使える「 #バーチャル背景 」配布がブームに 企業まとめ
企業や法人が配布しているバーチャル背景をまとめてみた。(2020/5/1)

池田純のBizスポーツ:
新型コロナで延期となった東京五輪 「無観客」でも分かれた各界の対応と問われる「スポーツビジネス」の本質
新型コロナウイルスの影響で延期が決まった東京五輪・パラリンピック。図らずとも、大相撲やプロ野球などの各スポーツが、どの方向を向いているのかが可視化された。埼玉ブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長、池田純氏が解説する。(2020/4/1)

SMAPは「長寿アイドル」の祖?:
元SMAP中居正広さんの事務所独立から考える、男性アイドルグループビジネスの「寿命」と今後
3月いっぱいで中居正広さんがジャニーズ事務所を退所する。これにより、男性アイドルグループビジネスは曲がり角を迎えたとみられる。そもそも、男性アイドルグループの寿命はどれくらいなのか。筆者の大関暁夫氏は、SMAPの登場が「長寿化」の遠因と見る。(2020/3/31)

マイナス金利、脱日本的金融……:
7年ぶりに新作の半沢直樹 1月放送の「エピソードゼロ」からメガバンクの生存戦略を読み解く
7年ぶりに続編が放映されるドラマ「半沢直樹」。当時から今までで、銀行界はどう変わった? メガバンクの生存戦略と作品を合わせて読み解く。(2020/3/9)

2020年がターニングポイントに?:
スマホ決済の勝者はこのまま「QRコード決済」になるのか? 一筋縄ではいかないこれだけの理由
キャッシュレスブームの主役ともいえるスマホ決済。ヤフーとLINEが経営統合を発表し、一方ではメルカリがOrigamiを買収するなど再編の動きが進む。業界「内」の淘汰は進むが、業界「外」にまだまだ強敵がいるようで……。(2020/2/28)

池田純のBizスポーツ:
ここにきて、プロ野球以外でもIT企業が続々とスポーツビジネスに参入するワケ 「ITスポーツ第2世代」の狙いに迫る
楽天、ソフトバンク、DeNAに続き、IT企業のプロスポーツ参入が増えている。メルカリ、ミクシィ、サイバーエージェントら「ITスポーツ第2世代」の狙いはどこにあるのだろうか? そして、どのような未来が待っているのか? 横浜DeNAベイスターズの初代球団社長、池田純氏が斬る。(2020/2/20)

DeNA、3Q累計で502億円の最終赤字 不調のゲーム事業で減損損失計上
DeNAが、2020年3月期第3四半期の連結決算を発表。ゲーム事業で約490億円の減損損失を計上した影響で、営業損益が441億6100万円の赤字に転落した。南場智子会長と守安功社長は、3カ月間にわたって役員報酬の月額50%を返上する。(2020/2/5)

DeNA、501億円の最終赤字に転落 低調のゲーム事業で減損迫られる
ゲーム事業は大幅減益。(2020/2/5)

里崎智也インタビュー【前編】:
WBCで日本を優勝に導いた里崎智也が語る「プロ野球ビジネスのオモテとウラ」
第1回のWBCで侍ジャパンを世界一に導いた里崎智也。現役時代から頭脳派捕手として知られ、組織論のスペシャリストでもある里崎は、将来、「千葉ロッテマリーンズの社長になりたい」と公言するほど、ビジネスへの感度が高い。そんな里崎に、スポーツビジネスの観点から、日本のプロ野球ビジネスの「オモテとウラ」を聞いた。(2020/1/31)

新連載 池田純のBizスポーツ:
ソフトバンク、楽天、DeNA ……IT企業とスポーツビジネス  “三社三様”の関わり方
スポーツとビジネスに詳しい池田純氏の新連載。昨今、IT企業が続々とスポーツに参入している。プロ野球ではソフトバンク、楽天、DeNAが球団を経営。他にはミクシィ、アカツキ、メルカリといった名だたる企業がスポーツ業界に参入し始めている。まずはプロ野球3球団の例から、背景を読み解く。(2020/1/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。