ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「横浜ベイスターズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「横浜ベイスターズ」に関する情報が集まったページです。

あなたの声はどんなフォント? スマホに話すとAIが声質を分析 DeNAが開発
スマートフォンに話しかけると、AIが声質を分析してグラフィックを生成する──そんなサービスをDeNAが公開した。(2019/9/13)

au UNLIMITED WORLD:
KDDI高橋社長「5Gを主語で話す人を信じてはダメ」 auは“体験の創造”を重視
KDDIが8月28日、5G時代を見据えた戦略「au UNLIMITED WORLD」を発表。5G時代を見据えた料金プランやサービスを提供していく。同社は5Gの特徴というよりも5Gならではの体験の創造に重きを置く。(2019/8/29)

KDDIと横浜DeNAベイスターズ、5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」で協業
KDDIと横浜DeNAベイスターズは、8月27日に5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」の構築に向けたパートナーシップ契約を締結。スマホ決済サービスなどスタジアムでの利便性向上をはじめ、5GとXRや自由視点を組み合わせて新たな野球観戦の提供を目指す。(2019/8/27)

ベイスターズとKDDI、5G活用「スマートスタジアム」で協力 「好きな視点でリプレイ視聴」実現へ
横浜DeNAベイスターズとKDDIは、5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」の構築に向けたパートナーシップ契約を結んだ。5GとXR、自由視点を組み合わせた映像技術を活用し、ファンが好きな視点でリプレイ視聴できる新たな野球観戦を、2020年春以降に提供することを目指す。(2019/8/27)

DeNAの1Q、純利益53%減 ゲーム事業が不調 任天堂と組む「マリオカート」で挽回へ
DeNAの2019年4月〜6月期連結業績は、減収減益。前年度に他社に譲渡したペイジェントとDeNAトラベルが連結から外れたことや、屋台骨であるゲーム事業の減収が響いた。(2019/8/8)

セ・パ交流戦名物「マリーンズの挑発ポスター」、ロボアニメ路線復活 ベタなダジャレでセ球団ロボを吹き飛ばす
丸選手を獲得できなかったくやしさがにじんでいるような。(2019/6/4)

減収減益のDeNA、“ポケモンとの協業”でゲーム事業の巻き返し図る
ディー・エヌ・エーの2019年3月期の連結決算は減収減益で、主力のゲーム事業などで苦戦した。今期は新たにポケモン社と協業。世界的に人気のあるIPとのコラボレーションでゲーム事業の収益増を狙う。(2019/5/10)

園長に聞く:
展示と“幸せ”は両立するか V字回復した動物園が向き合い続ける「矛盾」
閉園危機から復活し、注目されている大牟田市動物園。動物の生活の質を高める取り組みを強化し、動物を取り巻く社会問題について広く発信している。一方で、そこに潜む“矛盾”とも向き合い続ける。動物園の在り方について、園長にインタビューした。(2019/3/1)

“動物の幸せ”が集客に:
「ゾウはいません」と掲げる動物園が、閉園危機から復活できた理由
地域産業の衰退とともに閉園危機にあえいでいた動物園の“復活”が注目されている。福岡県の大牟田市動物園だ。「ゾウはいません」と掲げ、大規模改修もしていない同園に人が集まる理由は、職員の「知恵」と、動物への「愛情」だった。(2019/2/26)

最大の“売り”が裏目に:
「ねるねるねるね」が再成長 “健康に悪い”イメージを払拭できたワケ
発売から30年以上経った今も、多くの子どもから親しまれるお菓子がある。これまで8億個以上も売り上げてきた「ねるねるねるね」だ。そんなねるねるねるねがいま、再成長を遂げてる(2019/2/22)

勝っても負けても満足:
初の200万人動員 横浜DeNAベイスターズを地域に根付かせた仕掛け
横浜DeNAベイスターズのビジネスが右肩上がりの成長を遂げている。2018年は球団史上初の観客動員数200万人を突破。DeNAが親会社になる前と比べて1.8倍に増えた。成長の背景には「勝っても負けても満足できる」体験を提供する仕掛けがちりばめられていた。(2019/2/20)

「忍耐・協力・礼節」だけでは何も変わらない:
「組織の中で我慢」を強いる教育とは決別せよ
「固定担任制」廃止、宿題も廃止――。公立とは思えない改革を続けている麹町中学校の工藤勇一校長と、働き方改革の先頭を走るサイボウズの青野慶久社長に、これからのあるべき教育の姿や組織論を語ってもらった。(2019/2/18)

バッティングフォームが完璧すぎる プロ野球とガンダムがコラボ、12球団カラーのガンプラが登場
アムロ・レイも星飛雄馬も声は同じだと思えば、相性は良いかもしれない。(2019/1/30)

ガンプラ、プロ野球12球団やユニクロとコラボ 「機動戦士ガンダム」40周年で
プロ野球12球団やユニクロとコラボした“ガンプラ”が登場。アニメ「機動戦士ガンダム 40周年プロジェクト」の一環。(2019/1/30)

『俺たちの「戦力外通告」』著者が綴る:
私はこうしてプロ野球をクビになった
元プロ野球選手で、『俺たちの「戦力外通告」』著者が、自身の体験をもとに“クビ”になった経緯を語る。(2019/1/30)

“型破り”な人生:
元プロ野球選手の古木克明さんが起業してまで成し遂げたいこと
「松坂世代」の強打者として甲子園を沸かせ、ドラフト1位でプロ野球の世界に飛び込んだ古木克明さん。その後、野球を辞めてプロ格闘家となり、そして再びプロ野球選手を目指したのを知る人も多いだろう。そんな古木さんは現在、自ら事業を立ち上げて日々挑戦を続けている――。(2019/1/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ日本のプロ野球選手に、愛煙家が多いのか
世の中は「禁煙」の動きが広がっているのに、なぜかプロ野球界はどこ吹く風といった感じ。ベンチ裏では主力選手だけでなく、スタッフもプカプカと吸っている。一方、大リーグでは禁煙化の動きが進んでいて……。(2018/12/14)

「テロップは全て人力でした」 史上初の「パワプロ風野球中継」 実現の陰にあった3つの壁とパワプロ愛
プロ野球の試合中継をゲーム「実況パワフルプロ野球」風に配信し、大きな反響を呼んだAbemaTV。実現までにはさまざまな苦労が――プロデューサーの押目隆之介さんに話を聞いた。(2018/10/21)

知られざる球団応援セールの仕組み:
そごう・西武内でライオンズVS. カープ? 優勝セールの真っ向勝負が生まれそうなワケ
そごう・西武でライオンズの優勝セールを実施してない店舗がある。どうしてそのようになっているのか広報担当者に聞いてみると、「非常に稀(まれ)」な状況になりそうだという。(2018/10/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
試合後の会見を拒否した、巨人・高橋由伸監督の「過ち」
巨人の高橋由伸監督が、試合終了後の会見を拒否した。この行動に対して、多くのメディアは優しく報じているが、本当にそれでいいのだろうか。指揮官の会見拒否には意味がなければいけないのに、高橋監督は何を考えているのかよく分からなくて……。(2018/9/21)

「自分には競技しかない」は本当か:
元阪神タイガース投手の公認会計士が「アスリートの人生設計」を本気で手伝う理由
アスリートデュアルキャリア推進機構(ADCPA)の奥村武博代表理事が、9月20日に会見を開催し、今後の戦略を発表した。同機構はスポーツ選手のキャリア形成を支援している。これからどのようなことに取り組んでいくのだろうか。(2018/9/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
高橋由伸監督は続投しなければいけない、巨人の苦しい事情
巨人の山口壽一オーナーが、高橋由伸監督の来季続投を要請する意向を示した。チームの成績は低迷しているのに、なぜ続投なのか。疑問を感じたファンも多いかと思うが、続投を要請しなければいけない球団の事情があるようだ。それは……。(2018/9/13)

PR:横浜DeNAベイスターズの“良質な非常識への挑戦”をチームワークが支える
プロ野球セントラル・リーグの人気球団、横浜DeNAベイスターズ。同社は横浜ベイスターズのオーナーがDeNAに切り替わった2011年12月1日に誕生した。誕生後の2012年シーズン以降、次から次へとユニークな集客施策を打ち出し、ホームゲームの観客動員数を急伸させたことで広く知られる。その躍進を支えているのは、組織の縦横を貫くチームワークであるという。(2018/9/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神タイガースが低迷している“元凶”は誰か
今季もまた阪神タイガースがリーグ優勝を逃そうとしている。リーグ優勝は2005年を最後に今季も含めて、もう13シーズンも縁がない。弱い虎にイライラを募らせているファンは多いだろうが、チームの低迷を招いている元凶は誰か。(2018/8/30)

夏の暑さも吹き飛ばす! 夏コミを彩るコスプレイヤーさんたちにシャッターを切る指が止まらない 
2日目も暑いけど夏コミは大盛り上がりです!(2018/8/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
本当はいい人の村田修一が、引退に追い込まれた背景
横浜ベイや巨人で活躍し、現在はBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの村田修一内野手が事実上の引退を明らかにした。輝かしい成績を残した村田に対して、なぜ球界は“スルー”したのか。その背景には誤解があるようで……。(2018/8/3)

常にハイライト:
プロ野球選手からビジネスマンに “生涯現役”貫く江尻慎太郎さんの人生
2001年にドラフトで日本ハムファイターズに入団。その後、横浜ベイスターズ、福岡ソフトバンクホークスでプロ野球選手としてのキャリアを過ごした江尻慎太郎さん。現役引退後、彼が選んだ道はビジネスマンだった。江尻さんの仕事観、人生観に迫った。(2018/7/3)

キャンプしながら働く:
スノーピークの社員がテントの中で会議する意味
新潟にある約5万坪のキャンプ場に本社オフィスを併設するスノーピーク。テントの中、あるいは焚き火を囲んでミーティングを行うような同社の働き方が今注目されていて、既に取り入れている企業も出てきているのだ。(2018/6/29)

DeNAラミレス監督もユーザー:
口コミで国内50万ユーザー突破 ビジネスチャット「Slack」が支持されるワケ
日本語版リリースから半年で、ビジネスチャットツール「Slack」のDAUが50万人を突破した。6月26日開かれた会見にSlack経営陣とユーザー企業が登壇し、国内で支持される理由とユースケースを解説した。(2018/6/26)

「Slack」利用の過半数が非IT企業 日本のユーザー数は世界2位 スチュワートCEO「全てテクノロジー企業になる」
米Slack technologiesのスチュワート・バターフィールドCEOが来日。日本におけるSlackの現状や、将来の展望を話した。(2018/6/26)

ひっくり返すと「交流」が「挑発」に 交流戦名物の挑発ポスター、「アンビグラム」でタテマエと本音を表現
対阪神バージョンは、「六甲」を逆さにすると「334」に読めるデザイン。そろそろ忘れてあげて。(2018/5/29)

横浜 DeNA ベイスターズ、電子地域通貨「BAYSTARS coin(仮)」開発へ 横浜スタジアムなどでの買い物に利用
横浜 DeNA ベイスターズが電子ギフトサービス「giftee」を運営するギフティと横浜スタジアムなどで利用できる電子通貨「BAYSTARS coin(仮)」の開発に取り組むと発表した。観戦客の利便性向上や対象エリアの加盟店への送客で、地域経済の活性化を目指す。(2018/5/28)

阿部寛、ちょんまげ姿で「必死のパッチ」な人生初の始球式 この侍ノリノリである
イケメンは何をしてもイケメン。(2018/5/17)

過熱する“AI人材争奪戦” 「報酬以外の魅力必要」 DeNAの戦略
ディー・エヌ・エーが、優秀なデータサイエンティストを獲得するため「Kaggle社内ランク制度」の導入を始めた。国内外で加熱するAI人材の争奪戦。同社はどうやって優秀な人材の獲得競争に勝とうとしているのか。(2018/5/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
4241日ぶりに勝利をつかんだ、松坂大輔と倫世夫人の絆
平成の怪物、松坂大輔投手が12年ぶりに白星をつかんだ。勝利を手にした日は母親の誕生日だったのにもかかわらず、ウイニングボールは「家族」に渡すという。なぜ妻や子どもに渡すのかというと……。(2018/5/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
鉄人・衣笠祥雄氏は、なぜカープの監督になれなかったのか
元広島東洋カープの衣笠祥雄氏が死去した。71歳だった。2215試合連続出場記録の金字塔を打ち立てた名選手だったのに、なぜカープの監督になることができなかったのか。複雑な人間模様と舞台裏のドラマが激しく交錯していて……。(2018/4/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
巨人の上原は、なぜ叩かれ始めているのか
巨人の上原浩治投手が岐路に立たされている。10年ぶりに古巣の巨人に復帰したところ、まずまずの結果を残したものの、その後はボロボロである。筆者の臼北氏は「上原に待っているのは天国か地獄である」と指摘する。どういう意味かというと……。(2018/4/19)

全盛期の藤川球児選手と、ホームランバッター以外いなくなる? 「月面で野球をしたらどうなるのか」物理学で妄想してみた
月面からの試合中継、めっちゃ見たい。(2018/2/19)

「プロ野球」も手中に:
スポーツ中継の“黒船”DAZNが日本市場を制覇するのか
DAZNが、2018年シーズンからプロ野球のコンテンツ配信を本格化すると発表。11球団のオープン戦の一部と公式戦全試合をライブ配信する。残る読売ジャイアンツとも交渉中という。(2018/2/16)

「DAZN」がコンテンツ拡充 プロ野球11球団の放映決定
スポーツのライフ中継を楽しめる「DAZN」のコンテンツが拡充。読売ジャイアンツを除く11球団が主催する試合を視聴できる。海外サッカーの試合も拡充する。(2018/2/16)

ソフトバンクの「スポナビライブ」が5月で終了 「DAZN」にコンテンツを統合
ソフトバンクの「スポナビライブ」が5月31日で終了する。スポナビライブのコンテンツは「DAZN」に移管。DAZNを月額980円で利用できる特別プランも用意する。(2018/2/8)

「ちなみにですが顔も大好きです」 菊地亜美が一般男性との結婚報告
おめでとうございます!(2018/2/1)

「WELQ後のSEO」「横浜DeNAのマーケティング戦略」他:
2017年、ITmedia マーケティングで最も読まれた記事は? 年間アクセスランキングベスト10
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2017年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2017/12/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本ハムはどうする? 中田と清宮が同じポジション問題
北海道日本ハムが早実のスーパー高校生、清宮幸太郎内野手と正式に契約を結んだ。ただ懸念材料もある。それは、チームの中心である中田翔内野手の処遇だ。ポジションは同じ一塁なので、どのように……。(2017/11/24)

平均観客動員数は過去最高を更新:
19年ぶり日本シリーズ進出ベイスターズ DeNAへの貢献は?
19年ぶりに日本シリーズに進出した横浜DeNAベイスターズ。球団の好調はDeNAにどのような影響があったのだろうか。(2017/11/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本シリーズのチケットは完売したのに、なぜ空席が目立つのか
日本シリーズが盛り上がっている。しかし、ちょっと気になることがある。それは球場で空席が目立つことだ。チケットは完売しているのにもかかわらず、なぜ空席があるのかというと……。(2017/11/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
DeNAラミレス監督の采配力と人心掌握術に感動
横浜DeNAベイスターズが広島東洋カープを下し、19年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。ベイスターズのアレックス・ラミレス監督の采配は恐ろしいほどにさえ渡り、短期決戦の戦い方は「こうあるべき」という手本を示したわけだが、その裏でどのようなことが行われてきたのか。ラミレス監督の采配力と人心掌握術に迫った。(2017/10/26)

データマーケティングの請負人が語る:
横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越えてここに至るまでのマーケティング戦略について担当者が語った。(2017/10/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“泥試合”を強行した日本のプロ野球は、やっぱりおかしい
10月15日、甲子園球場がある兵庫県西宮市は雨。グラウンドに水たまりがたくさんあるなかで、阪神対横浜のクライマックスシリーズは行われた。レギュラーシーズンであれば「中止」レベルであるにもかかわらず、なぜ試合は行われたのか。その裏には……。(2017/10/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神タイガースの「超変革」がなかなか進まない、なぜ?
阪神タイガースがいまひとつパッとしない。下位とのゲーム差を考えれば2位の座は大丈夫だと思うが、広島や巨人に勝てない。昨季「超変革」のスローガンを掲げているのに、なぜチーム内で変革が進まないのか。(2017/9/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。