ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BlackBerry 8707h」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BlackBerry 8707h」に関する情報が集まったページです。

写真と動画で見る「BlackBerry Bold」
ドコモから2008年度第4四半期(2009年1〜3月)の発売が決まったBlackBerryの最上位モデル「BlackBerry Bold」。その外観と、従来の「BlackBerry 8707h」とは変わったポイントを簡単に紹介しよう。(2008/10/2)

「BlackBerry 8707h」ロードテスト:
第3回 大量の受信メールを効率よく閲覧・管理――8707h独特の設計思想
スマートフォンなみの多機能さがウリの「BlackBerry 8707h」だが、主役はやはりメール機能。一般的な音声端末のメール機能とは設計思想も使い勝手も異なる。(2008/9/4)

「BlackBerry 8707h」ロードテスト:
第2回 文字入力以外は“トラックホイール”で――グルグル+押し込みで快適操作
BlackBerry 8707hの操作のカギとなるのは、端末の側面に搭載された「トラックホイール」。文字入力以外のほとんどの操作を“グルグル+押し込み”で操作できるのは、なかなか快適だ。(2008/8/25)

ドコモ、個人向けに「ブラックベリーインターネットサービス」を提供
NTTドコモが、8月1日から個人ユーザー向けに「ブラックベリーインターネットサービス」を提供すると発表した。合わせてインターネットとドコモショップ法人営業部門で「BlackBerry 8707h」の販売を開始する。(2008/7/7)

日本企業にもBlackBerryを──日本語にフル対応した「BlackBerry 8707h」
「BlackBerry 8707h」の日本語版は、端末からBlackBerry Enterprise Serverまで、ソリューション全体を完全に日本語対応させているという。今後は日本企業への導入も積極的に推進していく。(2007/7/18)

ドコモ、日本語対応の「BlackBerry 8707h」を7月23日から発売
NTTドコモは日本語対応の「BlackBerry 8707h」を7月23日から発売する。7月18日から東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2007」に出展する。(2007/7/17)

ドコモ、「SIMPURE N/L」「NM850iG」「hTc Z」「BlackBerry 8707h」に不具合──FOMAカードを交換
NTTドコモは3月12日、「SIMPURE N」、「SIMPURE L」「NM850iG」「hTc Z」「BlackBerry 8707h」と一部のFOMAカードの組み合わせで、海外での利用時に認証が正常に完了せず、帰国後も通話・通信ができなくなる事象があると発表。FOMAカードの交換を行う。(2007/3/12)

写真で解説する「BlackBerry 8707h」
米国&欧州ビジネスマン必携デバイスの「BlackBerry」を、ドコモが法人向けに展開する。今回導入される端末BlackBerry 8707hとはどのような端末で、何ができ、何ができないのか。写真で紹介する。(2006/9/26)

ドコモ、法人向けに「BlackBerry 8707h」を発売──9月26日から
ドコモは、RIM製のモバイル情報端末「BlackBerry 8707h」を9月26日に発売する。法人向け販売のみとなり、コンシューマー向けの店頭販売は行わない。(2006/9/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。