ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブルックスの法則」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブルックスの法則」に関する情報が集まったページです。

山浦恒央の“くみこみ”な話(40):
ついに登場! 究極の見積もり技法(その3:最短開発期間)
「ソフトウェア技術者の最高の能力は、見積もりだ!」――今回は、パラメトリックス法の1つ「SLIM」のトレードマークといえる“最短開発期間”の概要を解説する。(2012/2/22)

山浦恒央の“くみこみ”な話(38):
ついに登場! 究極の見積もり技法(その1:解説編)
「ソフトウェア技術者の最高の能力は、見積もりだ!」――今回は、パラメトリックス法の1つ「SLIM」を取り上げます。上司からのムチャな開発期間の短縮要求をはねのける“究極の反撃法”が、このSLIMによる見積もりです。(2011/12/22)

情マネ流マーフィーの法則(39):
情報科学の法則を復習しよう
IT分野にも数多くの素晴らしい法則が存在する。今回は、ITに関する法則を筆者なりに解釈して紹介する。(2011/7/27)

山浦恒央の“くみこみ”な話(32):
今でも簡単に適用できる30年以上前の見積もり技法
「ソフトウェア技術者の最高の能力は、見積もりだ!」――“見積もり”をテーマにした新シリーズ「見積もり:ソフトウェア技術者の最高の能力」の第2回。今回は、過去30年以上ほとんど進歩していない、“今でも使える”見積もり技法について紹介。(2011/6/16)

情マネ流マーフィーの法則(33):
“バカ・マジメ”をメンバーに入れるな!
プロジェクトの成否はメンバー選定で大部分が決まると言っても過言ではない。そんなメンバー人選で決して選んでは人種がいるという……。今回はチームメンバー人選に関する法則を紹介する。(2010/12/15)

オープンソースソフトウェアの育て方:
コミュニケーションを促進する技術的な仕組み
フリーソフトウェアプロジェクトを運営していくには、さまざまな情報を取捨選択する技術が必要です。本稿では、ソフトウェアを用いていかにプロジェクト内のコミュニケーションを円滑にするかを考えます。(2009/9/1)

山浦恒央の“くみこみ”な話(8):
「ブルックスの呪い」から逃れるために
プロジェクトの遅延回復策として行われる人員投入。しかし、単に人員投入をしただけではさらなる遅延を招いてしまう……。その打開策とは?(2009/6/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(7):
震災地ボランティアと遅延プロジェクトの回復
開発スケジュールの遅延を回復するために行われる増員。今回は、人員投入による遅れを最小にし、助っ人の効果を最大にするコツを解説(2009/1/20)

山浦恒央の“くみこみ”な話(6):
ソフトウェア開発で1本10万円のワインを造る方法
スーパー・プログラマの生産性は平均的プログラマの10倍もスゴいってホント!? ブルックスの法則をひもとき、その「真実」と「誤解」に迫る(2008/12/19)

山浦恒央の“くみこみ”な話(5):
ソフトウェア開発やプロジェクト管理が進歩しない理由
なぜ、ソフトウェア開発の生産性が上がらないのか? ブルックスの法則から、組み込みソフトウェア開発が抱える“根本的な課題”を読み解く!!(2008/11/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(4):
30年前の本がいまでも売れている理由
今回は話題を変え、超ベストセラー本「ソフトウェア開発の神話」から、現代のソフトウェア開発に通じる“ブルックスの法則”を2つ紹介する(2008/10/15)

ソフトウェア開発をちゃんと考える(3):
口に出す前に考える、「システムって何?」
われわれは日常的にたやすくシステムという言葉を使ってしまうけれど、システムって何だ? システムズ・エンジニアって誰だ? 「最近システムがよく落ちるんで困るっすよ」ってどーゆーことだ?。(2006/2/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。