ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネスイノベーターの群像」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビジネスイノベーターの群像」に関する情報が集まったページです。

ビジネスイノベーターの群像:
「我が信条」の真の推進者であり続けたい――ジョンソン・エンド・ジョンソン日色社長
長引く景気低迷の中にあって、業績が今なお右肩上がりで推移しているジョンソン・エンド・ジョンソン。成長し続ける企業に秘訣はあるのか。(2013/2/1)

ビジネスイノベーターの群像:
おいしい食品でより多くの人を幸せにしたい―オイシックス 高島社長
今ほど食の安全に対する問題意識が広まっていない。食品をインターネットで注文する習慣もない。ましてや、農家が小規模な小売業者に対して農作物を直接販売するといったことも一般的ではない。そんな2000年に、オイシックスのインターネット販売は始まった。(2012/10/19)

ビジネスイノベーターの群像:
日本の働き方に革新をもたらしたい――アデコ 奥村社長
市場のグローバル化、少子高齢化など企業を取り巻く環境は明らかにこれまでとは違ってきている。アデコの奥村社長は人々の生活、働き方の多様化を実現するために「better work(よりよい仕事)、better life(充実した人生)」をサポートしたいと話す。(2012/8/24)

ビジネスイノベーターの群像:
革新を支える「現場力」――コマツ 野路社長
世界有数の建設機械メーカーであるコマツは、ICT(情報通信技術)を活用して顧客に付加価値の高い商品やサービスを提供し、好調を維持している。それを支えているのは全社員が仕事を改善し続ける「現場力」だった。(2012/5/7)

ビジネスイノベーターの群像:
ネット証券業界を先導し続けてきた革新者――松井証券 松井社長
今では一般的になったオンライン株取引だが、90年代後半、オンライン取引への特化を他社に先駆けて断行し、ネット証券業界を牽引してきたのが松井証券の松井道夫社長である。婿養子として四代目社長に就任以降、バブル崩壊に続いた金融自由化という経営環境の激変にいち早く適応するべく大胆に事業の刷新と創造を続けてきた。(2012/4/24)

ビジネスイノベーターの群像:
顧客や消費者の本音を徹底的に掘り下げる――イケア・ジャパンの成長を支える若き日本人幹部の比留間氏
北欧のシンプルなデザインと低価格で人気を集める世界最大の家具チェーン「IKEA(イケア)」。日本市場の進出は直営店として初めてで2006年から首都圏、関西などに5店舗を展開する。「快適な家」を切り口にした斬新なライフスタイル提案の源泉には、従業員の仕事と生活を尊重する真のワーク・ライフ・バランスの追求がある。(2012/2/21)

ビジネスイノベーターの群像:
既存市場でシェア争いはしない――個性あふれる商品でコンビニやスーパーの棚を占める安曇野食品工房の三原社長
2009年丸大食品グループとサッポロホールディングスの合弁会社として設立し、チルド商品という新たな市場に挑戦し続けている。今話題の「飲むデザート」の先駆けとなる新製品を次々と投入し、独自のポジションを築いている。(2012/1/25)

ビジネスイノベーターの群像:
データは分析してこそ価値――日本企業の苦手、情報活用に目を付けたブレインパッドの草野社長
情報活用は日本企業にとって「永遠の課題」といえる。草野氏はいち早く企業が持つ購入履歴などのデータ分析に目を付け、ブレインパッドを創業した。データ活用で日本企業が抱える課題を解決する。(2012/1/12)

ビジネスイノベーターの群像:
業界の常識を疑うことが変革の出発点――ソニー生命の橋本常務
イノベーションが起きにくいと思われている生命保険の世界で、業界の常識に疑問を投げかけるところから始まったソニー生命は今や業界大手の一角を占める。それは顧客の人生に寄り添う提案を続けてきたたまものだという。(2011/11/25)

ビジネスイノベーターの群像:
お客様に導かれ「勝てる構造」を研ぎ澄ます――アスクルを進化させ続ける岩田彰一郎社長
オフィスで日々使う文房具やOA用品から工場や研究所などで必要とされる工具・理化学用品などのいわゆる「間接材」にも着目、「明日来る」を掲げてワン・ストップ・ショッピングを実現させたのがアスクルだ。創業以来一貫して同社をリードし、イノベーションを意識的に生みだしている岩田社長が、「進化し続けるための条件」を話す。(2011/11/15)

ビジネスイノベーターの群像:
異業種同士のジョイントベンチャーで市場の活性化を――ネットや携帯の広告市場を切り開いてきた電通デジタル・ホールディングスの藤田明久氏
ゼロの状態から新しい市場を開拓するときに生まれるイノベーションほど劇的なものはないだろう。それをインターネットや携帯電話の広告の分野で実践してきたのが、電通デジタル・ホールディングスの藤田専務だ。今の日本で新市場を切り開き、ビジネスを成功させるためのカギは何か。(2011/10/4)

ビジネスイノベーターの群像:
コミュニケーション能力こそ生産性向上の鍵──SMBC日興証券でマネジメントの革新に取り組む軒名彰常務執行役員
証券会社といえば、上意下達の縦割り組織で軍隊式のノルマ営業というイメージがあったが、それも今や昔。証券各社は現在、多様化する顧客ニーズに応えようと、柔軟な組織づくりに知恵を絞っている。企業組織におけるコミュニケーションに着目し、マネジメントの革新に取り組んでいる軒名彰SMBC日興証券常務執行役員に話を聞いた。(2011/9/6)

ビジネスイノベーターの群像:
グローバル時代に勝ち残る理想のホテルを作りたい――横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズを「変革」する鈴木朗之社長
日本のホテルは、きめ細かなサービスで世界的にも評価が高い一方、グローバルレベルのコスト競争力を持ったホテルがなかなか育っていない。そんな中、他業界及びホテル業界でのグローバルな経験を生かし、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズで経営改革を進めているのが鈴木朗之社長だ。グローバル競争が激化するホテル業界で、求められるイノベーションとは何か、鈴木氏に聞いた。(2011/8/31)

ビジネスイノベーターの群像:
社会を見すえ、自分たちのミッションを考える――出版関連業界の再編を目指す 大日本印刷森野鉄治常務
市場規模の減少が進む出版業界にあって、印刷業界の雄、大日本印刷が業界全体のワークフローの革新に向けて走り出した。相次ぐM&A、電子書籍ビジネスへの果敢な挑戦。一連の取り組みはどのような青写真のもと、推進されているのか。戦略立案の中核にいる森野常務に話を聞いた。(2011/8/24)

ビジネスイノベーターの群像:
イノベーションはどんな遊びよりおもしろい――クレディセゾンを挑戦し続ける企業に変えた林野宏社長
後発ながら斬新なサービスを次々と打ち出し、今や3570万人(2010年3月現在)の会員を抱える日本最大級のクレジットカード会社となったクレディセゾン。今もその地位に安住することなく、新たな挑戦をし続けている。2000年から社長として同社を率いている林野宏氏に、イノベーションを生み続ける企業の条件を聞いた。(2011/7/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。