ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CEE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Converged Enhanced Ethernet

Ethereumではじめる“スマートコントラクト開発”(終):
「Quorum」で学ぶ、“トランザクション”と“プライベートトランザクション”の発行方法
Ethereumをベースに、企業向けに改良されているスマートコントラクトプラットフォーム「Quorum」を使った、“トランザクション”と“プライベートトランザクション”の発行方法を紹介する。(2018/9/4)

ショーケースのガラスに透過映像を映し出せる「透明サイネージ」
impactTVは、透過映像の表示機能を備えた店頭販促用サイネージ「透明サイネージ」を発表した。(2018/4/9)

あのキャラに花束を:
話題の「バーチャルYouTuber」はなぜ突然ブレークしたのか? 今、このバーチャルYouTuberを見逃すな!
バラバラに出たのに、みんなで1つに見える不思議。(2018/1/7)

「忍者ージ」を着て忍者になろう! ネーミングは脱力系だけどスポーティな本格ジャージだよ
忍者風のジャージだから「にんじゃーじ」。(2016/12/8)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
データセンターのイーサネット、パイプが太ければ十分か?
身近な存在であるイーサネットですが、データセンターでのイーサネットはその厳しい環境下で常に変化し続けることを求められています。単純に“パイプを太くする”ことでは生き延びることは難しいでしょう。(2016/6/23)

スマホを振り回すとオリジナルの3Dコースが作れるレースゲームアプリ「GT Ride」
超くねくねコースも作れます。(2014/8/20)

すっぴん肌をスマホで撮るだけ、「キメ」「シミ」「毛穴」を数値で評価 肌チェックアプリ「Hada more」
スマホに装着した専用レンズで肌を撮影するだけで、「キメ」「シミ」「毛穴」など6つの指標で客観的に肌状態を判断できるサービス「Hada more」がリリースされた。(2013/12/12)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第2回 Hyper-Vと最新のストレージ・テクノロジの併用
Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する設計ガイド。今回はHyper-Vの性能を引き出すストレージ技術のトレンドや機器選択ガイド、設計上の注意点などについて解説する。(2013/9/26)

Tech TIPS:
FATとexFATの違い
exFATは、FATをベースにして、より大きなボリュームサイズやファイルサイズをサポートした、パーソナルストレージ向きのファイルシステムだ。NTFSよりもシンプルで実装しやすく、SDXCメモリカードやデジタル機器などでのサポートも進んでいる。FATとの具体的な違いをまとめる。(2013/7/29)

世界の再生可能エネルギー(4):
原子力大国ウクライナはどこに向かうのか
東欧の大国ウクライナは、原子力発電への依存度が約5割に達する。今後さらに依存度を高めていく計画だ。一方、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)にも力を入れており、風力発電や太陽光発電の普及を目指す。(2012/1/6)

LED/発光デバイス LED照明:
「前世紀の照明を一掃」、CreeがEnergy Star準拠の60W級LED電球を発表
(2011/2/2)

NEWS
日本HP、クラウド型統合に向けたブレードサーバ新機種を発表
日本HPはインテル Xeonプロセッサ搭載ブレードサーバ製品群の新機種を発表。I/O仮想化を実現するモジュールに対応し、より柔軟なITインフラ統合を実現する。(2010/10/14)

日本HP、ネットワーク仮想化機能を強化したブレードサーバを発表――バーチャルコネクトの新版も
日本HPは同社の第7世代に属するブレードサーバ製品を発表。ネットワーク仮想化機能の強化が主眼だ。(2010/7/15)

すべてはプライベートクラウドへ:
EMC、ネットワーキング戦略を発表――Cisco、Brocadeとの提携も推進
EMCはプライベートクラウド戦略を拡大し、多数のストレージネットワーキング製品をリリースする計画だ。(2010/5/11)

ネットワーク統合にも有効なCEE/FCoE対応10GbEスイッチ「Brocade 8000」
信頼できるデータセンタースイッチを見極めるための5つの要素
仮想化によるサーバ統合が進むデータセンターにおいて、ネットワークにはこれまでにない新たな役割が求められている。では、仮想化環境に最適化されたデータセンター向けスイッチに必要な条件とは何だろう?(2010/4/26)

ブレードサーバの出荷は6月中に:
米シスコがラックマウントサーバ発表、ユーザー拡大狙う
(2009/6/4)

IBM、新ブレードサーバでQLogicとEmulexを採用
IBMはXeon 5500番台搭載の新ブレードサーバ「BladeCenter HS22」のオプションとして、QlogicのCNAとEmulexのファイバーチャネル拡張カードを扱う。(2009/5/27)

ファイバチャネルスイッチとしても使える:
ブロケード、FCoE対応製品は既存インフラの移行を重視
(2009/5/11)

サーバ仮想化のカギはストレージ・ネットワークにあり:
PR:基幹系サーバ統合に適したストレージ・ネットワーク要件を探れ!
ITリソースの利用効率を高める手法として、サーバ仮想化を導入する企業が増えている。小規模な環境でその効果を実感し、今後より大規模なサーバ統合を目的に、さらなる導入を進めようと考えているIT部門担当者も多いのではないだろうか? しかし、より多くのサーバを仮想化によって統合しようとしたとき、あるいはより重要度の高いアプリケーションのためのサーバを統合しようとしたとき、新たに考慮すべき要件はないのだろうか? サーバ仮想化のメリットを最大限に得るためのストレージ・ネットワークの姿を探ってみよう。(2009/3/23)

サーバ仮想化環境のためのプラットフォームを志向:
シスコの新ブレードサーバは「イーサネット命」
(2009/3/17)

FCoEの活用でデータセンターの統合インフラへの進展狙う:
BLADEとネットワールドがタッグ、仮想化に適したスイッチを推進
(2009/1/27)

日本のユーザーにSay Hello! 「グランド・セフト・オートIV」発売前夜祭
10月30日に発売された「グランド・セフト・オートIV」の前夜祭が、前日の10月29日渋谷のクラブで開催。開発会社のRockstar Gamesの社長 サム・ハウザー氏やゲーム中に登場するDJ・Mister Cee氏も駆けつけていた。(2008/10/30)

ファイバチャネルは今後も成長する:
FCoE製品は年末に、ブロケードが描くデータセンターの将来
(2008/7/5)

ラックレベルのネットワーク最適化を訴求:
スイッチブレードのOEMベンダが自社ブランドで新製品発表
(2008/6/30)

GreenIT: User's Case Study IIJテクノロジー × ITR 生熊アナリスト:
PR:「グリーンIT」で無駄のない賢いIT活用の第一歩を踏み出せ
「グリーンIT? また一過性のブームでは?」── そう考えている人が多いかもしれないが、企業にとってグリーンITは、明確なメリットをもたらすものだ。CSRの一環として取り組む企業も多いが、機器のサイズや消費電力は直接ランニングコストに影響するという。また、アプリケーションごとに個別に構築したシステムは無駄も多い。IIJテクノロジーは、データセンター全体の効率を高めるべく、サーバやストレージといったITリソースをプール化し、必要に応じてサービスとして顧客に提供している。また、省電力設計で冷却効率に優れた機器を採用するなど、グリーンITに向け先進的に取り組んでいる。調査会社アイ・ティ・アールのシニアアナリスト、生熊清司氏が「賢いIT活用のススメ」を同社に聞いた。(2008/5/28)

ブロケード、新フラッグシップ「Brocade DCXバックボーン」を投入
ブロケードは、新アーキテクチャのスイッチングプラットフォーム「Brocade DCXバックボーン」を発表した。McDATA統合後の新生ブロケードのフラッグシップにあたる製品。(2008/1/30)

ストレージ関連ベンダ それぞれの戦略(13):
[メラノックス]次のデータセンター接続技術は何か
学術分野などにおけるハイパフォーマンスコンピューティングや、金融、石油・ガス業界などでサーバやストレージの高速接続技術として利用されているInfiniBand。コンポーネント・ベンダとしてこの分野で確かな地歩を築いているメラノックスは、次のデータセンター接続技術をどう見るのか(2007/12/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。