ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「工事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「工事」に関する情報が集まったページです。

CIM:
トンネルシールド工事に“CIM”導入で計画立案の時間を半減、鹿島
鹿島は、CIMを山岳トンネル工事に採り入れ、地中のシールドトンネル線形を3次元モデル化することで、掘進管理の強化と生産性の向上を実現する新システムを開発した。既に茨城県那珂郡のガス導管シールド工事に適用し、有効性が確認されたという。(2019/11/8)

新工法:
大林組が「ハイスペックマイクロパイル工法」改良、適用範囲拡大へ
大林組は、同社が開発した構造物基礎を補強する高性能小口径杭工法「ハイスペックマイクロパイル工法」を改良し、適用範囲を拡大した。適用可能な杭径の拡大や硬い岩盤への適用、土留め杭タイプの新たな開発により、既設構造物の補強工事の合理化が進む。(2019/11/7)

山岳トンネル工事:
世界最高級強度で50%の工期短縮、トンネル支保工の超高強度吹付けコンクリート
大成建設ら3社は、山岳トンネル工事におけるトンネル支保工を対象にした世界最高級の強度を有する吹付けコンクリート「T-HPSC 100」を開発した。新材料を用いることで、脆弱な地山条件に適用する二重支保工などの対策が不要となり、従来の約半分の工期で施工が完了する。(2019/11/5)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
工事中の駅の「フォント」を集めてみた
駅の「仮設」デザインをコレクションしている筆者が、その意図を読み解く。(2019/10/31)

小池都知事の森会長への私怨でこじれた?〜五輪マラソン札幌移転問題
舗装工事などにかかった費用は300億円超。(2019/10/30)

第14期 第11回出展技術発表会:
「淺間山噴火」でも導入、建機の機種を問わない遠隔操作の人型ロボ「KanaRobo」
建機に搭載して遠隔操作が可能になるカナモトの双腕双脚ロボット「KanaRobo」は、災害時の危険エリアでの復旧作業以外に、平常時の工事現場でも適用することで、省人化や省力化につながることが期待されている。(2019/10/30)

トンネル山岳工事:
トンネル発破の適正火薬量を自動算定「きれい ni 発破」を現場初適用
三井住友建設がSMC-Tunnelingシリーズ「きれい ni 発破」を三陸沿岸道路気仙沼1号トンネル工事に初適用した。(2019/10/30)

スマート化:
注文住宅向けWebサービスに新システム、顧客と建築事業者の“直の意思疎通”
ランディックスは、注文住宅向けWebサービス「sumuzu Matching」に、建築主と工務店が直接コミュニケーションを図れるチャット機能などを追加し、戸建て住宅の建築にまつわる土地の購入から、設計提案、打ち合わせ、工事請負契約までを完全IT化させた。(2019/10/29)

ロボット:
照明の照度測定を2秒で完了、鹿島が開発した自律走行ロボ
鹿島建設は、建築工事で竣工直前に多くの手間と時間をかけて実施する照明の照度測定や調整作業を自動で行うロボットを開発した。愛知県と大阪府で施工中の現場に適用して、有用性を確認したという。将来的には、改良を施し、騒音・温湿度の測定にも対象を広げ、設備機器に関する性能検証の省力化・効率化を目指す。(2019/10/28)

モバイル版「Googleマップ」に新しい事故報告機能 iOSでもネズミ捕り報告が可能に
iOSおよびAndroid版「Googleマップ」のナビで報告できる問題の種類が増え、従来の「渋滞」「スピード違反取締」に加え、工事中、車線閉鎖、障害車両、道路上に破片などの物体があるという項目が追加される。(2019/10/18)

耐震:
技研製作所のジャイロプレス工法現場見学会、外工事案件関係者80人が参加
技研製作所は、東京都中央区晴海で行われている朝潮運河内部護岸の耐震対策工事において、海外工事案件関係者を対象とした現場見学会を開催。国際協力機構(JICA)を始めとする海外工事案件関係者80人が参加した。(2019/10/15)

ハイウェイテクノフェア2019:
「地形状況監視システム」を路面形状のモニタリングで訴求、変状を体積差分で“見える化”
三菱電機は、2018年から河川掘削工事の現場で試験的に運用していた3Dレーザースキャナー一体型カメラ「FV-2100」と専用のサーバを組み合わせた「地形状況監視システム」を拡販している。ハイウェイテクノフェア2019に出展し、高速道路における路面状況や法面のモニタリング用途という新たな需要を開拓している。(2019/10/10)

プロジェクト:
「旧九段会館」建て替え、AIカメラで次世代のセキュリティ実装
東急不動産と鹿島建設が出資した事業会社ノーヴェグランデは、東京都千代田区九段南の旧九段会館の建て替え工事に着手したことを明らかにした。歴史的建造物の旧九段会館を一部保存しながら、17階建てオフィスビルを新築する。新設するビルでは、働き方改革に応じた多様なオフィスを提供する他、制震構造やAIカメラの導入による安心・安全の確保、企業の健康経営やダイバーシティーについてもビル全体でサポートするという。(2019/10/9)

新工法:
工事進捗に合わせ堅牢な無線通信環境を簡単に構築、戸田建設
戸田建設と古野電気は、無線通信環境を簡単に構築できる「ウェーブガイドLANシステム」を開発した。(2019/10/8)

現地取材で覚えた「違和感」:
静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【後編】
静岡県が大井川の減水問題などを理由に、リニア中央新幹線の建設工事に「待った」をかけ続けている。なぜ静岡県知事はリニア建設を「妨害」するのか? 現地取材で浮かび上がった実態を前後編でお届けする後編。(2019/10/8)

ノーベル賞、7日から発表 選考過程は50年間公表されず 世界から推薦募る
7日から発表が始まるノーベル賞は、ダイナマイトを発明したスウェーデンの実業家、アルフレッド・ノーベルの遺志により1901年に始まった。ダイナマイトが土木工事だけでなく、武器としても使われたことに心を痛め、遺産の大半を基金とし、人類に最大の貢献をした人物に贈る賞の設立を遺言に記した。(2019/10/4)

現地取材で覚えた「違和感」:
静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【前編】
静岡県が大井川の減水問題などを理由に、リニア中央新幹線の建設工事に「待った」をかけ続けている。なぜ静岡県知事はリニア建設を「妨害」するのか? 現地取材で浮かび上がった実態を前後編でお届けする。(2019/10/2)

新工法:
鋼橋の床版取替工事で交通規制期間を65%に短縮する新工法
大林組ら3者は、道路橋の床版取替工事で、合成桁の床版撤去を工期短縮と安全性を確保して、工事中の交通規制を行う期間を短縮する新工法を開発した。(2019/10/2)

「県民のため」と本当に言えるのか?:
リニアを阻む静岡県が知られたくない「田代ダム」の不都合な真実
静岡県が大井川の減水問題などを理由に、リニア中央新幹線の建設工事に「待った」をかけ続ける一方で、「黙して語らない」大量の水がある。静岡県の地元マスコミも触れられない「田代ダム」の不都合な真実を追った――。(2019/10/1)

自然エネルギー:
岩手県八幡市で地熱発電所の建設がスタート、2024年に稼働を予定
三菱マテリアルらの共同出資会社が岩手県八幡平市でこの夏から地熱発電所の建設工事を開始。2024年4月の運転開始を目指す計画だ。(2019/9/30)

プロジェクト:
吹田市“健都”内アライアンス棟の整備・運営で、JR西日本不動産開発や大林組ら交渉権者に
吹田市が「健康・医療」の街づくりを進める健都で、アライアンス棟の施工予定者に大林組が選定された。同棟は、賃貸ラボ・オフィス、シェアラボ、クラスタ交流施設などの複合施設となる見通しで、2022年春の竣工を目指し、2020年冬に工事着手する。(2019/9/27)

ソフト開発者なしでもここまで簡単:
PR:建築地下工事のパイオニアが語る、AR業務活用、若手人材の確保の秘訣
(2019/9/24)

【お忘れなく!】11月16日、山手線と京浜東北線が運休 JR東発足以来初
「高輪ゲートウェイ駅」開業に向けた線路切り替え工事のため。(2019/9/18)

自然エネルギー:
建設現場で使う電力を100%再エネ由来に、戸田建設が国内初の取り組み
戸田建設が都内の超高層大型建築作業所の工事用電力を100%再生可能エネルギー由来に切り替えた。国内初の取り組みとしており、RE100の達成に一歩近づいた。(2019/9/18)

プロジェクト:
神戸市の“新長田駅南地区”で、ミサワホームらが病院とマンションの複合施設を2020年末に着工
阪神・淡路大震災で被災し、神戸市が震災復興の再開発を進める「新長田」駅南地区の大橋7第2工区で、ミサワホームらが特定建築者予定者に選出された。計画では、病院と分譲マンションの新たなランドマークの完成を2023年に目指し、2020年12月に工事に着手する。(2019/9/18)

建設テックで変わる解体業界:
解体工事の“多重下請け構造”を解消!施主と業者をLINEでダイレクトマッチング
愛知・名古屋に本社を置くベンチャー企業クラッソーネは、「豊かな暮らしで人々を笑顔に」をミッションに掲げ、“解体工事”に特化したB2C向けのマッチングサービスを展開している。 9期目となる2019年度は、ベンチャーキャピタル(VC)から資金調達を行い、ITを建設分野に応用する技術革新「建設テック(CON-TECH)」を目指し、スマートフォンのLINE上でユーザーと解体工事会社をダイレクトにマッチングさせ、業界の多重下請け構造を解消する新サービスの準備を進めている。(2019/9/17)

i-Construction推進コンソーシアム(第5回 企画委員会):
フィンランドのICT施工事例、建設機械のオペレーターがBIMデータを活用
国土交通省は2019年7月17日、都内で「i-Construction推進コンソーシアム(第5回 企画委員会)」を開催し、現場でのICT活用の導入状況やICT施工の海外事例としてフィンランドの鉄道工事などを説明した。(2019/9/17)

ソニーの「Crystal LED」が家庭のリビングへ 110インチでフルHD、790インチで16Kも
米Sony Electronicsが「Crystal LED」を一般家庭向けに販売すると発表した。カスタムインストーラー(工事も手がける専門業者)を介して販売する。(2019/9/13)

GIS:
工事現場データの効率的な共有と可視化を促進するクラウドサービス
福井コンピュータは、データ共有クラウドサービス「CIMPHONY Plus」の提供を2019年9月24日から開始する。工事現場の写真データや3次元データを時間軸や位置情報で管理することで、工事状況の可視化をサポートする。(2019/9/12)

CIM:
CIMに前方探査・予測解析のデータを統合、調査から維持管理まで3次元モデルで情報共有
西松建設は、山岳トンネル工事を対象に、掘削区間の変位や前方地山の地質状況をCIMモデルに一元化することで、前方地質の探査や変位予測、工事関係者間の合意形成にもつながる施工管理システムを開発した。(2019/9/12)

プロジェクト:
日本初、戸田建設が超高層の建築作業所で100%再生可能な電力を使用
戸田建設は、工事現場で使用する電力を再生可能なエネルギーに由来するものに切り替えることを推進している。(2019/9/9)

圧入工法:
“マンハッタン”の住宅街で技研の圧入工法が初採用
技研製作所が製造・販売する杭圧入引抜機「サイレントパイラー」による圧入工法が米ニューヨーク・マンハッタンの住宅街で初採用され、2019年8月17日に圧入工事が完了した。工事中に無振動かつ無騒音で、コストダウンと工期短縮が可能なことが導入の決め手となった。(2019/9/2)

山岳トンネル工事:
飛島建設がIoT開発基盤を構築、初弾で入坑管理と建機接触防止システムを実用化
飛島建設とマック、エム・シー・エスは、山岳トンネル工事向けのIoTプラットフォーム「IoT-Smart-CIP」を開発した。これにより、IoTのシステム開発がスピードアップし、これまで複数のシステムで管理されていたバラバラな情報が統合的に分析可能となるため、より合理的な現場管理やビッグデータ化に伴うAI技術を活用した生産性向上が見込める。(2019/8/29)

ディズニーシー「ジャスミンの噴水」に囲い、撮影マナーのせい? 運営元「改修の一環」
「パーク内では安全性の向上や修繕を目的として工事をさまざまな場所で行っており、今回もその一環です」とオリエンタルランド。(2019/8/26)

リニア新幹線遅れる着工 不認可の静岡県、真意は
JR東海が令和9年開通を目指すリニア中央新幹線の予定通りの開業が危ぶまれている。南アルプスを貫通するトンネル工事で重要水源である大井川の水量が減少するとのおそれに加え、JR東海の緩慢な対応への不信感から、静岡県が着工を認めていないためだ。一方、開業効果に期待する沿線他県からは……。(2019/8/19)

山岳トンネル工事:
“余掘り量”を3Dスキャンして最適な発破パターンに、清水建設が新東名に適用
清水建設は、山岳トンネルの発破掘削を効率化させるため、3Dスキャナーで発破後の切羽面を計測して、次の火薬挿入孔の削孔位置と角度を自動調整するシステムを実用化した。神奈川県内の新東名高速トンネル工事で順次適用していくという。(2019/8/21)

自然エネルギー:
水車を改修して発電量アップ、年間8600世帯分を発電
JNCは、水力発電所「目丸発電所」(熊本県上益城郡山都町)の改修工事を完成させ、新たに営業運転を開始した。改修後の最大出力は5900kWであり、一般家庭約8600戸分の年間発電量に相当する。(2019/8/16)

耐震:
竹中工務店の“火気を使用しないグッドカム工法”が三菱電機稲沢製作所で適用
竹中工務店が、火気を使用しない耐震補強工事が可能となる「グッドカム工法」を開発し、三菱電機 稲沢製作所の耐震補強工事に適用した。火気養生や火気使用時の監視などの付随作業が不要となり、耐震補強工事における工期短縮と省人化が期待できる。(2019/8/9)

フィット感がすごい……! 工事業者が怖くて部屋の隅に埋まった猫ちゃんが目撃される
顔を壁に押しつけてるのがかわいすぎた……。(2019/8/9)

「屋外劇場」も現れる:
新宿ミラノ座跡地の225メートル再開発ビル、東急が着工 観光に強い“エンタメの街”はどう変わる?
東京・新宿歌舞伎町で進む再開発計画。東急電鉄などが、約225メートルの高層複合施設の新築工事に8月から着工する。古くからエンターテインメントの街として発展してきたエリアは、どのように変わるのだろうか。(2019/8/8)

現場管理:
東洋建設とアイフォーコム、海洋工事作業者の見守りシステムを開発
東洋建設とIoT、AIシステムの開発を手掛けるアイフォーコム・スマートエコロジーが、海洋工事現場作業者の労働環境と行動を把握する「みまもりサービス Sea Rescue」を開発した。(2019/8/7)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019:
1956年の有楽町ピカデリー撤去はハンマーとノミで?解体工事の変遷を振り返る
全国解体工事業団体連合会は、解体工法の歴史やさまざまな工法を用いたコンクリート解体の実証試験の普及に努めている。(2019/8/8)

産業動向:
長谷工は5年で約3割の従業員増、労働生産性は戸田建設がトップ
ヒューマンタッチ総研は、建設関連6業種別の主要上場企業10社の従業員数および1人当たり売上高の推移をまとめた。従業員数は6業種全てで大幅に増加した他、管工事業、住宅建設業、電気設備工事業、ゼネコンの4業種で1人当たりの売上高が増えたと判明した。(2019/8/7)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019:
OKIの“マルチホップ無線”で危険車両の侵入を警報、技術転用で現場の安全管理も
OKIは、自社のマルチホップ無線を活用して、高速道路の工事で車線規制をする際に危険を知らせるシステムを開発した。(2019/8/6)

組み込み開発ニュース:
バッテリーレスの漏水センサー、漏水で発電して無線で知らせる
エイブリックは、CLEAN-Boost技術を搭載した「バッテリーレス漏水センサー」のサンプル販売を開始した。漏水を利用して発電し、無線で水漏れを知らせるセンサーで、バッテリーや電源、通信配線の敷設工事が不要だ。(2019/7/31)

建設業の人材動向レポート(11):
主要統計から見る建設業の市場動向、「出来高」は54.5兆円に増加
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。今回は、国土交通省の「建設総合統計」「建設工事受注動態統計調査」「建設工事施工統計調査」をリサーチした。(2019/7/31)

山岳トンネル工事:
トンネル切羽地質を安全かつ簡易に測定できる走行・傾斜システム
鉄建建設とマックは、山岳トンネル工事で顕在化した節理や層理など不連続面において、地質の走行や傾斜の状況を自動でデータ化する「走行・傾斜測定システム」を開発し、特許申請した。(2019/7/29)

山岳トンネル工事:
山岳トンネル工事のロックボルト打設を完全自動化、鹿島建設
(2019/7/23)

バックホウによる土砂の積み込み作業を自動化 熟練技能者の操縦ノウハウを高精度に再現――大林組、NEC、大裕が共同開発
大林組、大裕、NECは、土木工事現場などにおける土砂の掘削と積み込み作業を自動化する「バックホウ自律運転システム」を開発。掘削位置のセンシングで積み込む土砂の量を判断して掘削し、旋回してダンプトラックに積み込む作業を自律的に行う。大林組では、2019年12月に土木工事現場に適用する。(2019/7/23)

山岳トンネル工事:
山岳トンネル工事で切羽のコンクリート吹付を遠隔操作
大成建設は、山岳トンネル工事で、切羽(掘削面)のコンクリート吹付を遠隔化する「T-iROBO Remote Shotcreting」を開発した。(2019/7/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。