ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「犯罪集団」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「犯罪集団」に関する情報が集まったページです。

松本人志「このままじゃ吉本はだめ」、東野幸治「いつからそんなに(吉本は)偉そうになったのか」と涙 岡本社長もVTR出演のワイドナショー緊急生放送を詳細レポート
ワイドナショー生放送の様子を詳しく紹介。(2019/7/21)

サイバー攻撃に圧倒される世界のIT管理者 日本の課題は
日本を含む世界12カ国で実施した調査によれば、過去1年の間にサイバーセキュリティ攻撃の被害に遭ったというIT管理者は68%。多くの企業が、人材や予算不足で対応に苦慮しているという。(2019/7/16)

専門家のイロメガネ:
テレビ局が吉本興業を出入り禁止にすべき理由
吉本興業の芸人による闇営業。この事件で最も重要なことは、事務所のあずかり知らない所で所属芸人が詐欺集団の会合に参加したことであり、芸人をマネジメントすべき吉本興業がそれを防げなかったことだ。本来研修を受けるべきは芸人ではなく、吉本興業の経営陣ではないのか。(2019/7/9)

スピン経済の歩き方:
「闇営業」の原因は、日本の芸能ビジネスの「中抜き構造」にある
ワイドショーなどで連日のように、芸人の「闇営業」問題を取り上げている。「最初に発覚したときにうそをついたことがいけなかった」などとコメントしている人が多いが、問題の本質はそこにあるのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2019/7/2)

テレビ朝日「アメトーーク!」 宮迫さん、ほぼ完全カットで放送
吉本興業から謹慎処分となっている宮迫さんがMCを務めるトークバラエティー番組「アメトーーク!」が27日夜、放送された。画面に登場する司会役は、宮迫さんとコンビを組む蛍原徹さんばかりだった。(2019/6/28)

専門家のイロメガネ:
ミニ入江は身近にいる カラテカ入江氏の闇営業トラブルに見る「紹介」の怖さ
お笑い芸人のカラテカ・入江慎也氏の「闇営業」をきっかけに、芸能界が揺れている。入江氏の勘違いは、紹介は引き合わせた双方に責任が発生する重大な仕事であるということだ。ミニ入江のようなおかしな人物も決して珍しくない。人を紹介すること、仕事を紹介すること、そしてそれを引き受けることはそれなりのリスクがある。(2019/6/28)

“アラート疲れ”に悩むEDRの運用現場から:
PR:エンドポイント対策製品の選び方──“脅威インテリジェンス”がカギとなる
重要性が増すエンドポイントのセキュリティ対策。だが、多過ぎるアラートに疲れていないだろうか? 本稿ではエンドポイント・セキュリティ対策の選び方を解説。ベンダー選びで注意をしたい3つのポイントを紹介しよう。(2019/6/27)

「おまえを軽蔑する!」「もう亮じゃない!」 ロンブー淳、謹慎処分の相方・亮を叱責 初めての“うそ”にショック隠せず
亮さんの言葉を信じていた淳さん。(2019/6/25)

宮迫、ロンブー亮ら11人が「闇営業」問題で謹慎処分 詐欺グループからの“金銭の受領”が発覚
宮迫さん「間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」。(2019/6/24)

カスタマイズされ、標的型攻撃化が進むランサムウェア プロアクティブな対策が必須に――フォーティネット、2019年第1四半期の脅威レポート
フォーティネットジャパンの調査によると、サイバー攻撃は巧妙化が進み、標的型ランサムウェアは、攻撃価値の高い標的に合わせたカスタマイズが進んでいることが分かった。攻撃者が標的とするネットワークにアクセスしやすく進化し、攻撃機会を最大化させる手口も増えている。(2019/6/20)

五輪チケット 当選通知の偽メールにご注意 組織委「詐欺の恐れ」
偽メールに書かれたURLからクレジットカードの暗証番号などが盗み取られる恐れがあり、正規の通知メールにはURLを盛り込まない方針だ。(2019/6/19)

カラテカ矢部、 “相方であり友”入江慎也の「闇営業」騒動を謝罪 コンビ名を残す決意にファン「愛情を感じました」
コンビ愛。(2019/6/9)

素早い「熊」や「千里馬」に負けないために:
感染から被害発生までわずか18分――CrowdStrikeが「1分で検知し、10分で調査を進め、60分で脅威から修復」を推奨
CrowdStrikeは「2019年版CrowdStrike グローバル脅威レポート」で、2018年に対応、阻止した約3万件の侵害事件を基に、侵入の糸口となる端末にマルウェアが感染してからシステム内で横展開が成功するまでの時間を「ブレークアウトタイム」と定義し、攻撃者グループの国ごとに比較した。(2019/6/6)

旅行中の公共Wi-Fi接続に注意――IBMが旅先でのセキュリティに警鐘
旅行者が多くが旅先で公共のWi-Fiに接続するといった危険性の高い行動を取り、自分の情報をリスクにさらしていることが、IBMの実態調査で分かった。(2019/5/31)

サーバ5万台に仮想通貨採掘マルウェア、安易なパスワードが最大の弱点に
「それほど高い能力を持たない犯罪集団も、今や簡単に高度なツールを利用できるようになった」とセキュリティ企業は指摘する。(2019/5/30)

出金限度額引き下げも詐欺被害やまず AI活用のATM投入
特殊詐欺の被害防止をめぐり、金融機関の窓口やATM(現金自動預払機)での高額引き出しの対応が課題となっている。そのような中、人工知能(AI)を活用したATMが開発されるなど各方面で、水際での被害防止に向けた取り組みの模索が続く。(2019/5/20)

マルウェア被害を防ぐには
マルウェア「Mirai」摘発の舞台裏 FBI捜査官が語る
2016年の大規模DDoS攻撃に使われたマルウェア「Mirai」。米連邦捜査局(FBI)でMiraiの摘発に関わった捜査官が、捜査の舞台裏とマルウェア被害を防ぐ方法について語った。(2019/3/20)

Citrixのネットワークに不正アクセス、国家が絡むサイバースパイか FBIが捜査
FBIは国際サイバー犯罪集団による不正アクセスと見て捜査している。攻撃には、弱いパスワードを突く「パスワードスプレー」と呼ばれる手口が使われた公算が大きい。(2019/3/12)

セキュリティはプロセスであって、製品ではない
「AIセキュリティ製品」を万能だと思ってはいけない、これだけの理由
ITリーダーはセキュリティレベルを引き上げる手段として、AI技術に注目している。AI技術はどの程度のセキュリティを提供できるのか。AIセキュリティ製品の利点と、現状の限界について解説する。(2019/3/8)

「完全な対策」は存在しない
iPhone、Androidを狙うクリプトジャッキング、実行されるとどうなる?
ほとんどのモバイルOSはモバイルクリプトジャッキングを防ぐために何らかのセキュリティ対策を実装している。IT部門はクリプトジャッキングのリスクを認識し、攻撃に対抗する手順を知っておく必要がある。(2019/2/17)

狙われる日本:
訪日外国人による「偽造クレカ」犯罪 その巧妙な手口とは……
インバウンド(訪日外国人客)による消費が増加する日本国内で、偽造クレジットカードで高級ブランド品などを購入する事件が相次いでいる。偽造対策が遅れている日本を外国人犯罪グループが標的にしており、摘発される外国人は急増。偽造カードの持ち込みやブランド品購入などの役割を細分化するなど、手口は巧妙化している。(2019/2/15)

求められる新たな対策:
銀行強盗は「割に合わない犯罪」 これからは“特殊詐欺”
国内の金融機関が被害に遭う強盗が過去最多だった平成13年の237件から、29年には26件と9分の1以下に激減していることが分かった。金融機関側の防犯態勢が整ってきたほか、検挙率が高いことも要因とみられ、犯罪心理に詳しい専門家は「割に合わない犯罪になっている」と指摘する。一方で特殊詐欺や電話で資産状況を聞き出してから襲う「アポ電強盗」など高齢者を狙った犯罪は増加傾向にあり、新たな対策が求められている。(秋山紀浩、野々山暢)(2019/2/13)

AI技術を取り入れた脅威対策
EMMのセキュリティを高める「モバイル脅威防御」(MTD) 主要製品や機能を紹介
「モバイル脅威防御」(MTD)はモバイルデバイス管理で一歩先を行くための手法だ。今後導入が広がると予想されるMTD製品とEMM製品を連携させたセキュリティ対策について解説する。(2018/12/26)

25%の企業はノーガード:
「企業のセキュリティ検知能力が低い」と警告、CrowdStrikeが調査報告書を公開
CrowdStrikeが公開したサイバーセキュリティの侵害調査報告書によると、企業のセキュリティ侵害検知能力が低いという。セキュリティ侵害はどの企業にも起こり得るビジネスリスクであるため、早急に取り組むべき課題として捉える必要があるという。(2018/12/13)

米司法省、国際広告詐欺グループを摘発 民間の協力でbotネット解体
デジタル広告の仕組みを悪用して多額をだまし取っていたとされるグループが摘発され、犯行に使われていたbotネットが解体された。(2018/11/29)

ネット広告収入をだまし取る新手の手口、GoogleがAndroidアプリ削除などの対策
Androidアプリなどを使った新手の広告詐欺の手口が発覚し、Googleが不正利用されていたアプリを削除するなどの対策を講じた。(2018/10/24)

国家による攻撃を個人がまねる:
標的となるのはテクノロジー企業や専門サービス、CrowdStrikeが攻撃者のシステム侵入活動の傾向を発表
CrowdStrikeがまとめたサイバーセキュリティに関するレポートによれば、スキルが未熟なサイバー犯罪者と、洗練された国家犯罪グループが用いる攻撃手口に違いがなくなってきたという。侵入の標的となりやすい分野は、テクノロジー企業や専門サービス、サービス業、政府や防衛、NGOだった。(2018/10/15)

サイバー犯罪に利用される公開ツール、5カ国のセキュリティ機関が注意喚起
報告書では広く流通している5種類のツールにスポットを当て、それぞれの機能や対策などを紹介して警戒を促している。(2018/10/12)

FBIのサイバー犯罪捜査に協力:
IoTマルウェア「Mirai」に関与の若者3人、司法取引で保護観察処分に
3人は司法取引に基づいてFBIの捜査に協力し、複雑なサイバー犯罪の捜査に貢献した功績が評価された。1人はサイバーセキュリティ企業に採用されたという。(2018/9/20)

PR:ネット番組だから許され……るのか!? 地上波で放送できなかった企画に挑む「カリギュラ」の衝撃
ある意味、究極の社会派番組。(2018/9/10)

Windowsタスクスケジューラに発覚した脆弱性、たった2日で悪用マルウェアが出回る
この脆弱性を突くコンセプト実証コードのソースコードも公開されていて、誰でもこれに手を加え、自分のコードに取り込むことができてしまう状態にあるという。(2018/9/6)

PR:バラエティってレベルじゃねえ! 地上波で放送できなかった企画に挑む番組「カリギュラ」がもっと評価されるべき理由
ある意味、究極の社会派番組。(2018/8/31)

仮想事例で学ぶ
「ビジネスメール詐欺」(BEC)の被害はこうして生まれる
「ビジネスメール詐欺」(BEC)の被害が国内外に広がっている。その背景には、攻撃を成功させるための巧妙な仕掛けがあった。具体的な攻撃手法と、その対策を解説する。(2018/8/21)

クリプトジャッキングの抑止につながるか
GoogleがChromeでの「クリプトマイニング」を全面禁止 その理由は?
GoogleはWebブラウザ「Chrome」向け拡張機能で、仮想通貨を採掘する「クリプトマイニング」の全面的な禁止に踏み切った。禁止措置の目的とは何か。(2018/7/25)

「GitHub」で2018年2月に一般公開
iOSを起動させる「iBoot」のソースコード流出はなぜ起きた? セキュリティへの影響を解説
iOSデバイスが搭載する「iBoot」のソースコードが2018年2月、「GitHub」で一般公開された。そのいきさつとiOSのセキュリティに及ぼす影響を解説する。(2018/6/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本人が知らない「ゴッドファーザー」の世界 末裔が語る“マフィアの掟”
映画『ゴッドファーザー』のモデルになったマフィアのボス。その末裔が日本でイタリア料理店を経営している。彼が自身の人生をまとめた著書を出版した。そこから、現代のマフィア事情が見えてくる。(2018/6/21)

ビットコインで「おくりびと」も出現:
仮想通貨が新たなシノギに 溝口敦が斬る「3つの山口組」
現在、山口組は「六代目山口組」、「神戸山口組」、「任侠山口組」の3派に分裂し、臨戦態勢にある。仮想通貨が新たなシノギになるなど、カネの稼ぎ方も変わった。暴力団取材の第一人者が、3つの山口組の実相を斬る――。(2018/6/13)

FBI、ビジネスメール詐欺で74人逮捕 不正送金された約15億円を回収
FBIは米政府機関や各国の捜査当局と連携して「Wire Wire作戦」を展開、不正送金にかかわったとして米国やナイジェリアで74人を逮捕した。(2018/6/12)

Microsoftなど34社が「セキュリティ協定」、国家によるサイバー攻撃支援せず
「攻撃の動機に関係なく、世界の全てのユーザーを守る」「政府が仕掛けるサイバー攻撃は支援しない」などの基本原則を打ち出した。(2018/4/18)

イタリア人の犯罪集団:
税務当局装うメールで総額100万ユーロ詐取、容疑者20人逮捕
犯罪集団は税務当局を装ったメールで被害者をだまし、詐欺サイトからオンラインバンキングのログイン情報などを入力させて、不正に現金を引き出していた。(2018/3/30)

ATMを遠隔操作で現金引き出し:
世界40カ国の銀行にマルウェア、被害総額1000億円以上 欧州で犯罪集団摘発
ATMにマルウェアを仕込む手口では、遠隔操作で現金を引き出させて、犯罪組織のメンバーに回収させていた。(2018/3/27)

「NotPetya攻撃はロシア政府が関与」、英政府が公式見解
英外務省は、2017年の大規模サイバー攻撃にロシア軍が関与したことはほぼ確実だとの見解を示し、ロシア政府を非難した。(2018/2/16)

メッセージアプリ「Telegram」の脆弱性突く攻撃、「右から左」に読むテキスト表示機能を悪用
例えば「gnp.js」というマルウェアのファイル名を逆向きに表示すれば、「sj.png」という画像ファイルに見せかけることができてしまう。(2018/2/15)

インターネットの大規模犯罪集団、各国の連携で摘発 被害総額は5億3000万ドル以上
多国籍企業さながらの組織運営で盗まれた個人情報やクレジットカード情報の売買や、メンバー向けサービスの提供を行っていた国際犯罪集団が摘発され、36人が訴追された。(2018/2/8)

イタリアのIT企業が開発?:
新手のAndroidスパイウェア「Skygofree」、ユーザー監視の高度な機能を実装
Kaspersky Labによると、新手のAndroidスパイウェア「Skygofree」は、端末の情報を盗み出すほか、特定の場所で周辺の音声を記録したり、不正なWi-Fiに接続させたりする機能を実装していた。(2018/1/17)

ダークWebで大量の認証情報を発見
大規模流出事件から専門家が悟った「パスワードはもう時代遅れ」
膨大な認証情報が盗まれた。ダークWebで発見されたそのデータは不正利用するための特別な機能も備えていた。(2018/1/15)

史上初のWスーパー戦隊! 「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」2018年2月放送開始
「ゴーカイジャー」や「特捜戦隊デカレンジャー」も参戦するユニバースになりますように。(2017/12/26)

「ひとりCSIRT」へのエール、企業にはセキュリティの管理系人材が欠かせない
金融ISACの鎌田専務理事は、もはやIT部門だけに頼るサイバーセキュリティは限界があると警鐘を鳴らす。体系的、網羅的な視野で対策を企画し、非常時には司令塔となる管理系人材はアウトソースが難しく、企業にとっては欠かせない存在だ。(2017/12/19)

「だまされたふり」で逆にだまされる 巧妙化するオレオレ詐欺、最新の手口を解説
終わらないいたちごっこ。(2017/10/10)

なぜ拘置所は特定の商店だけを“差し入れ屋”に指定するのか 法務省と拘置所の見解、そして差し入れ代行業者が語る「利用者の実態」(後編)
差し入れ代行業者「差し入れはしたいけど、自分の名前は出したくない人は一定数いる」(2017/8/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。