ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CTCSP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CTCSP」に関する情報が集まったページです。

製造IT導入事例:
予測分析ストレージシステム導入でIOパフォーマンスが向上
伊藤忠テクノソリューションズは、同社のグループ会社シーティーシー・エスピーが、富士電機三重工場の情報システム基盤向けに、米Nimble Storageのストレージ製品を活用した仮想化共有ストレージシステムを構築したと発表した。(2016/7/26)

CTCSPがシステムを構築:
富士電機、三重工場の基盤へNimbleの仮想化ストレージ導入──I/O性能を3倍に、データ格納効率も大幅改善
富士電機三重工場は、予測分析機能を備えたフラッシュストレージ製品「Nimble Storage」を活用した仮想化共有ストレージシステムを導入した。I/O性能を3倍に拡大した他、データの圧縮や消費電力の削減にも成功したという。(2016/7/12)

富士電機、工場に「予測分析型」フラッシュストレージを導入
富士電機は仮想化環境におけるストレージのパフォーマンスの課題解決と運用管理の効率化を図るため、三重工場に予測分析フラッシュストレージを導入した。(2016/7/12)

PR:メールによる怒涛のサイバー攻撃、鳥の目・虫の目で防御する最新対策の実力とは?
ビジネスに不可欠なメールは、サイバー攻撃者にとっても魅力的な手段であるだけに、その状況はあまりに凄まじい。世界最大級の体制でメールを通じたさまざまな脅威に対峙しているのが、シスコシステムズだ。同社のセキュリティ対策の強みとは――。(2016/3/29)

AONT型秘密分散で端末データを保護する「PASERI for PC」
TCSIは、持ち出し端末などに保存されているデータを、クラウドやスマートフォンに分割、暗号化し秘密分散する製品を発表した。端末にデータがあることを前提とした紛失リスク対策に有効だという。(2015/8/6)

イベントレポート:
PR:HDDとSSD、最適なコストとパフォーマンスを追求したストレージ構成をゼロから考えるとこうなる
HDDだけではI/O性能に限界がある。かといってSSDはまだまだ高価。それぞれを組み合わせて利用するシーンが増えたいま、両者の特性を最大限に生かすアーキテクチャを持つストレージ製品が注目を集めている。本稿では、このストレージ製品の全貌を紹介するセミナーを取材、その革新性を紹介する。(2014/3/12)

特定製品への先入観を取り払う
「Hyper-VかVMwareか」の選択に役立つ移行評価ツール
ハイパーバイザーの選択は、客観的データに基づいて行われることが望ましい。選択肢のハイパーバイザーに移行した際のROI(投資利益率)とTCO(総所有コスト)を、算出するツールを紹介する。(2012/8/6)

クラウド利用のメールバックアップソリューション、CTCが提供
オンプレミスのメールサーバのデータを、クラウド環境のストレージにバックできるようにする。(2012/4/26)

CTCSPが提供する仮想化環境の統合運用管理サービス
「仮想化運用の思わぬ落とし穴」からの脱出へ
サーバ仮想化が導入企業にもたらすメリットは数多い。しかし、仮想化特有の運用上の課題が浮かび上がり、担当者はその解決に頭を悩ませている。解決策とは?(2012/5/24)

ホワイトペーパー:
早稲田大学のネットワークをP2Pトラフィック急増から救った製品とは?
ISPはもちろんのこと、近年では企業のネットワークにおいてもQoS制御が重要視されるようになってきた。そこで威力を発揮するのが、DPI(Deep Packet Inspection)技術を活用した最先端のネットワーク制御製品だ(提供:シーティーシー・エスピー)。(2011/8/23)

CTCSP災害対策ソリューション「Double-Take」
データ損失とダウンタイムを最小化 事業継続に効くレプリケーションツール
事業継続を支援するソリューションは数多くあるが、コスト面から実際の導入に踏み切れない企業も多い。そんな中、データ損失やダウンタイムの最小化を手軽に実現するツールが注目されている。(2011/6/20)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
ビジネスを止めないBCP(事業継続計画)作成の手引き
未曾有の事態に備えて企業が策定しておくべき事項として、システムのバックアップ/ディザスタリカバリ、在宅勤務の導入など、各項目別に成功のためのノウハウを紹介する。(2011/7/19)

ネットワーク帯域制御装置「NetEnforcer」
早稲田大学のネットワーク課題を救った次世代ネットワーク管理アプライアンス
P2P通信による学内ネットワークの集中が課題になっていた早稲田大学。この課題に対する製品として同校が選んだのが、帯域制御アプライアンス「NetEnforcer AC-3000シリーズ」だった。(2011/3/31)

アプライアンス型メールサーバ「Mirapoint Message Server」
クラウドvsオンプレミス、TCO比較と実績で見る“本当に選択すべき”メールシステム
運用管理が容易でTCOが削減できるならば、メールシステムは社内に置きたい――クラウド移行を踏みとどまる企業へ最適なアプライアンス型メールサーバ(専用機)を提案する。(2011/1/17)

強い企業が進めるITインフラ変革
クラウドという言葉が嫌いな人のためのITインフラ最適化術
「クラウド」という言葉がIT業界を席巻している中、企業のIT部門がITインフラについてどう考え、行動していくべきか。今後に向けた指針からデータセンターの変革の可能性まで、企業ITが目指すべきものを探る。(2010/12/21)

シーティーシー・エスピー「Stratus Avanceソフトウェア」
3分の1のコストでクラスタシステムを凌駕する可用性99.99%以上を実現
高価な製品、スキルの高い管理者を配置すれば高信頼性システムは構築できる。しかしそれを3分の1のコストで容易に構築できるとしたら?(2010/12/8)

リアルタイムバックアップソフト「Double-Take Backup」
「バックアップは定期で」を覆すリアルタイムバックアップの効果
複数のサーバの集中バックアップにレプリケーションが使われるようになっている。膨大なデータを短時間にバックアップし、かつ任意の時点の内容で復旧したいという声に応えるソリューションが登場した。(2010/4/26)

NEWS
CTCSP、サーバ仮想化・リアルタイム複製に対応したレプリケーションソフトウェアの最新版
CTCSPは、レプリケーションソフトウェアの最新版「新世代Double-Take」を発売した。物理/仮想サーバ移行作業、サーバシステムやデータのリアルタイム複製をサポートする。(2010/2/8)

NEWS
CTCSPとノベル、OS混在環境でサーバ仮想化を支援する新サービス
CTCSPとノベルは、CTCSPのデータ保護サービス体系「Smart Zero-One」でノベルの仮想化関連製品「PlateSpin Recon」「PlateSpin Migrate」「PlateSpin Protect」を提供する新サービスを発表した。(2010/2/2)

NEWS
CTCSP、データ保護システムの構築リスクゼロを目指すワンストップサービスを提供開始
シーティーシー・エスピーがワンストップ、低リスク、定額かつ低価格のシステム構築をうたったサービス「Smart Zero-One」を発表。その第一弾として「データ・システム保護復旧サービス」の提供を開始した。(2009/10/22)

NEWS
最小限のダウンタイムでマイグレーションを実現する新ソリューション、CTCSP
CTCSPは、レプリケーションソフトウェア「Double-Take」の機能をマイグレーション用途に特化したライセンスモデル「Double-Take Move」を発表。マイグレーションに付き物のシステム停止時間を極小化できるという。(2009/8/28)

マイグレーション専用ソリューション「Double-Take Move」
避けて通れないマイグレーションを「軽く」済ませる新手法
企業システムのマイグレーションは、一般的にコストもリスクも高いと思われているが、システムを運用し続けていく以上、避けて通ることもできない。どうすれば効率的なマイグレーションを実現できるのだろうか?(2009/9/7)

ミラポイント、クラスタ対応のメールサーバパッケージを発売
ミラポイントは、クラスタ化が可能なメールサーバで構成する中堅企業向けのパッケージを発売した。(2009/7/22)

メールアーカイブ用アプライアンス「Mirapoint RazorSafe」
必要だけど高価なメールアーカイブ、どうすれば今の予算で導入できる?
新規サーバ構築やネットワーク構成変更を伴うメールアーカイブは、Microsoft Exchange Serverのユーザー企業にとって極めてコスト高となる。高品質かつ「身軽」なことがこれからのメールアーカイブの条件だ。(2009/7/21)

エコの見える化:
川崎市産業振興財団事業推進課、プリンタ環境改善ソフトウェア導入
プリンタ使用におけるコスト削減は、「無意識のムダ」削減が決め手になる。(2009/5/18)

メール環境刷新:
三井ホームがPOPサーバの強化とメールアーカイブの安定運用を両立
メールアカウント数の急増とメール流量の増大で、POPサーバの障害やアーカイブのキャパシティ超過に苦慮していた三井ホームは、老朽化したメールシステムを全面刷新した。(2009/2/24)

ホワイトペーパー:
三井ホームがメールサーバ、アーカイブをアプライアンスで刷新!
メールサーバへの負荷増大や膨れ上がるメールアーカイブに悩む大手住宅メーカー。これらを一挙に解決すべく、同社はメール環境の前面刷新を決断した(提供:シーティーシー・エスピー)。(2009/2/12)

200万円台のミッドレンジNASで攻勢へ:
EMCの新NAS製品は“Windowsファイルサーバの卒業生用”
(2008/10/1)

NEWS
CTCSP、データレプリケーションソフトウェア「Double-Take」のLinux版を発売
Windows環境のサーバシステムに特化したアプリケーション用データレプリケーションソフトウェア「Double-Take」がLinuxに対応(2008/1/25)

特選事例:
能力の限界超える危機を克服――サーバ増設に替わる解決策
メール流量の飛躍的な増加に対応するための基本的な目標地点は、「ポテンシャル増強とコスト削減」。これらの両立こそ抜本的な解決策といえる。(2007/10/22)

ホワイトペーパー:
内部統制対応――メールアーカイブ構築の手間を省く
メールアーカイブが注目される理由として、新会社法や日本版SOX法の施行が挙げられる。電子メールは訴訟の際の提出資料としても使われるようになり、内部統制の実施にメールアーカイブは必須だ。ここでは、メールアーカイブの対策法を解説する。(2007/3/30)

エンドユーザーによる受信前のスパムメール管理が可能に――ミラポイントのアンチスパム製品新機能
ミラポイント ジャパンは、アンチスパム製品「Razor Gate」に新機能を追加。Razor Gate上に隔離したスパムメールの最終判断をエンドユーザーに委ねることで、誤判定による正常メールの喪失を防止する。(2005/6/8)

EMCジャパン、中小企業に向けて「ストレージをシンプルに」
EMCジャパンは5月19日、中堅・中小企業向けのストレージソリューションパッケージと、アーカイビング用のストレージシステムを発表した。大企業に強い同社だが、中小企業市場への戦略を強化している。(2005/5/19)

EMC、中堅中小向けネットワークストレージでCTCSPと提携
EMCジャパンとCTCSPは、EMCのネットワークストレージ「CLARiX AX100」シリーズの販売で提携したと発表した。(2004/12/9)

CTCSPとEMCジャパン、ネットワークストレージ製品の販売で提携
CTCSPとEMCジャパンは、「CLARiX AX100シリーズ」に関して販売提携を結んだ。(2004/12/9)

ミラポイント、スパムを98%除去する大規模向け電子メールセキュリティ製品
ミラポイントは、電子メールセキュリティアプライアンス「RazorGate 450」を発売する。5000人以上の大規模のユーザー向け製品だ。(2004/9/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。