ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「破損データ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「破損データ」に関する情報が集まったページです。

PR:中小企業の救世主! QNAPの最新NASキット「TS-x73A」とスイッチ「QSW-2104」の魅力に迫る
テレワークの広がりによって、就職/転職における企業選びのポイントの1つに「テレワークの快適さ」が加わりつつある。中小企業におけるテレワークの快適さを高めるための選択肢として、QNAPのNASキットNASキット「TS-x73Aシリーズ」と、アンマネージドスイッチ(ハブ)「QSW-2104シリーズ」をチェックしてみよう。(2021/8/25)

「作業データ消失」の悲劇を防ぐ 大切なPCを停電から守るリモートワークの“備え”
テレワークの最中、停電でPCがダウンして作業中のデータが吹っ飛んだ――こんな最悪の事態を防ぐ対策の一つに無停電電源装置「UPS」がある。(2021/8/23)

IaaS障害、ユーザー企業はどう対処すればいい? クラウドベンダーが教える対応法と振り返り
IaaS障害は一種の災害のようなもので、ユーザー企業側では解消できない。しかしユーザー企業のサービスは自力で復旧させる必要がある。障害発生時や収束後にユーザー企業がやるべきことをクラウドベンダーに聞いた。(2021/7/30)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(28):
データベースファイルのページの詳細情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、データベースファイルにおけるページの詳細情報の出力について解説します。(2021/7/26)

IaaS障害はどこでどうやって起きるのか? ユーザー企業が受けるサービスダウン以外の影響とは
日本では官民でIaaSの活用が進んでいるが、大手クラウドサービスの影響力が増した分、障害発生時の影響の大きさも目立ってきた。IaaS障害に対処するには、障害が発生する場所と原因、影響範囲を知り、冗長性確保や責任の明確化などを行うのが重要だ。(2021/7/16)

VMのスナップショットとバックアップの違い【後編】
仮想マシンを守る「バックアップ」の基礎 スナップショットとの違いは?
VMの停止時に復元できるようにする仕組みがバックアップだ。バックアップが適した用途と注意点、スナップショットとの違いを説明する。(2021/7/8)

PUI PUI モルカー「カロッツェリア」とコラボ、「ドラレコの選び方」プイプイ教えちゃうよ
モルカーかわいい♪(2021/6/2)

「SD-WAN」の基本から活用例まで【第1回】
「SD-WAN」の基本の基 WAN仮想化の全体像をざっくりとつかむ
テレワークの導入、クラウドサービスの利用拡大、IoTのような新たなアプリケーションの構築など、ネットワークの変更や調達が必要になる要素が多くなってきた。こうした中で「SD-WAN」が役立つ理由とは何か。(2021/6/2)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
スナップショットはバックアップには不向き? 本番データの保存に生かすには
スナップショットは元データの完全なコピーではないため、バックアップとしては信頼に欠ける面がある。ただし、他のデータ保護テクノロジーと組み合わせれば、ミッションクリティカルな本番データの保存にも、十分な役割を果たせるという。(2021/4/8)

経営管理クラウドのログラス、「経営ダッシュボード機能」の提供を開始 経営企画業務を効率化
経営管理クラウド「Loglass」を開発・提供しているログラスは、Loglassでのデータ加工とビジュアライゼーションを自動化する経営ダッシュボード機能の提供を4月1日に開始した。(2021/4/2)

リストアできなければ無意味
バックアップテストで確認すべき5つのポイント
単にデータをバックアップしているだけになっていないだろうか。いざというときに確実にリストアできなければ意味がない。リストアできることを確認するバックアップテストで確認すべき5つのポイントを紹介する。(2021/2/18)

PR:映像スタジオの悩みも解決! QNAPのソリューションで大容量データの共有も快適に!
動画コンテンツはリッチ化が進んでいる。コンテンツと同様に制作環境もリッチになる訳だが、そうなると、スタッフ間のデータのやりとりが作業上のボトルネックとなりうる。データのやりとりに悩んでいるのなら、QNAPの映像スタジオ向けのソリューションをぜひチェックしてみてほしい。(2021/1/19)

Windowsファイルシステムの違いを比較【後編】
いまさら聞けない「NTFS」「ReFS」の基礎 「新しい方が良い」と言い切れない?
新しい技術が、あらゆる点で過去の技術より優れているわけではない。「Windows」のファイルシステムのうち、広く使われている「NTFS」と、比較的新しい「ReFS」の基本的な特徴を整理すると、その訳が見えてくる。(2020/12/6)

フラッシュドライブの信頼性向上【前編】
SSDの信頼性検証の歴史を振り返る
物理的破損が生じない分だけHDDよりも信頼性が高いとされるSSD。しかしSSDにもデータが破損する問題が存在した。まずはSSDの課題が検証されてきた歴史を再確認しよう。(2020/9/4)

SAP製品に危険度「10.0」の重大な脆弱性、攻撃者に特権アカウントを作成される恐れ
脆弱性を悪用すれば、攻撃者が認証なしで特権を持った新規のSAPアカウントを作成できる。全てのアクセスや認証コントロールをかわして、SAPシステムを完全に制御することが可能とされ、危険度は極めて高い。(2020/7/15)

Microsoft Storeから入手可能:
Microsoft、ファイル復元ツール「Windows File Recovery」をリリース
Microsoftは、コマンドラインで使用するファイル復元ツール「Windows File Recovery」を提供開始した。(2020/7/3)

瑕疵担保責任じゃダメですか?:
「契約不適合責任」を盛り込んだ契約書作りのポイント、教えます(サンプル付き)
「ユーザーはどこまでも無限に作業を命じてくるのではないか」「受け入れ試験を真面目にやらないのではないか」――改正民法の「契約不適合責任」にまつわるベンダーの不安にお答えしましょう。(2020/6/4)

AMDがプロ向けGPU「Radeon Pro VII」を発表 デザインシミュレーション、4K/8K動画編集や高機能計算を想定
AMDが、プロ向けGPU「Radeon Pro」の新モデルを発売する。デザインシミュレーション、4K/8K動画や高機能計算(HPC)の3用途での利用を想定しているという。合わせて、デバイスドライバーやレンダリングエンジンも更新される。(2020/5/13)

積層数3桁を実現したSamsungメモリの中身【前編】
100層以上のメモリセルを搭載 Samsung第6世代「V-NAND」を構成する技術とは
Samsung Electronicsの第6世代「V-NAND」は、100層以上のメモリセルを積載した3次元NAND型フラッシュメモリだ。高速性、大容量、低消費電力をどう実現したのか。(2020/2/7)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(10):
クロックが高精度AーDコンバーターに与える影響
クロックが高精度A-Dコンバーターにどう影響するかを深く理解するために、クロック信号に関連する3つのトピックスについて考察します。トピックスとは「クロックジッタ」「クロック相互変調」「クロックに関する基板レイアウトのベストプラクティス」の3つです。(2019/12/18)

Linux基本コマンドTips(345):
【 lvreduce 】コマンド――論理ボリュームを縮小する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、LVMで論理ボリュームを縮小する「lvreduce」コマンドです。(2019/10/11)

データ改ざんや破損の検出に
「ブロックチェーン」を災害復旧(DR)に活用する2つの方法
一般的な用途ではないが、災害復旧(DR)にブロックチェーン技術を生かそうとする動きがある。ブロックチェーンがデータ保護やデータ復旧にどう役立つか解説する(2019/10/1)

復権する「ストレージ階層化」【後編】
クラウドストレージも階層化する「HSM」(階層型ストレージ管理)とは何か?
安価に導入可能なクラウドストレージにストレージ階層化の仕組みを取り入れて、効率的にデータ利用するにはどうすればいいのだろうか。その手段となり得るのが「HSM」(階層型ストレージ管理)だ。(2019/9/19)

AWS障害、どうすれば回避できた? 冗長性はどこまで? AWSのパートナー企業に聞く
思わぬ大障害に発展し、復旧に時間を要したAWS東京リージョン。その回避方法はあったのか。これからの対応の指針とすべく、AWSの最上位パートナー認定を取得している企業に話を聞いた。(2019/9/12)

写真と動画で見る「PasocomMini PC-8001」(起動・終了編)
NECが「PC-8001」を発売して40年。それを記念してハル研究所が開発した「PasocomMini PC-8001」の起動と終了の方法を紹介する。(2019/8/29)

保険を掛けずに車を運転する人はいない
バックアップもITインフラ 中小企業こそバックアップに注力すべき理由
ITは企業の成長を支える重要なインフラだ。常に安定的に稼働し、不測の事態でも速やかに復旧する必要がある。だが「重要なデータを保護するインフラ」であるバックアップは、きちんと運用されているだろうか?(2019/9/4)

ドコモ、リニューアルした「あんしんパック」を7月24日に提供開始
NTTドコモは、7月24日にリニューアルした「あんしんパック」を提供開始。モバイル機器向け「あんしんパックモバイル」、家庭で使っているデジタル機器向けの「あんしんパックホーム」の2つで構成し、それぞれ3つサービスを提供する。(2019/7/16)

医療データ保管の新しい選択肢「クラウドバックアップ」【前編】
医療機関のデータ消失リスクを減らす「クラウドバックアップサービス」とは
クラウドのストレージにデータをバックアップする「クラウドバックアップサービス」は、医療機関にどのようなメリットをもたらすのか。簡潔に説明する。(2019/5/30)

壊れたスマホの画面が「エモい」と話題 液漏れする電池残量マークや走るノイズがコワかっこいい
クリエーターが作った映像みたいなクールさ。(2019/4/1)

「あなたブラクラ貼ったでしょ?」→39歳男性を書類送検 検挙男性が明かす「兵庫県警“決めつけ”捜査の実態」
検挙された男性はメディアのインタビューに初めて応じ「悔しい」と語りました。(2019/3/20)

ローカルバックアップとの併用が鍵
クラウドバックアップの長所と短所、知っておくべき主要ベンダー
利用予定であるクラウドバックアップの種類や長所と短所をあらかじめ把握しておこう。場合によっては、テープベースのローカルバックアップも役立つかもしれない。(2019/3/12)

ルネサス RZ/G2グループ:
ソフトエラー対策機能を備えた64ビットMPU
ルネサス エレクトロニクスは、高性能64ビットマイクロプロセッサ「RZ/G2」グループ4製品を発表した。ソフトエラー対策として、メモリの誤り検出、訂正機能を全製品に搭載。64ビットCPUコアの採用で、CPU処理性能が最大2.7倍に向上している。(2019/3/7)

ホワイトペーパー:
「SSD」の寿命を縮め、データ破壊を引き起こす脆弱性とは?
「SSD」の気になる脆弱性が、大学の研究で明らかになった。悪用されるとデータの破損や改ざんにつながる恐れがあるという。どのような脆弱性なのか。恐れる必要はあるのか。(2019/2/8)

SFC「ロマサガ2」RTAが2019年に入り大幅更新合戦 “人力サブフレームリセット”により20分切り目前
流し切りが完全に入ることすらなく終了。【訂正】(2019/1/23)

経営判断には正しいデータを
CIOならば「データの質は量でカバーできる」という考えを捨てよ
「質の悪いデータからでもよい分析結果が得られる」という考え方は、ビッグデータ分析には有効かもしれない。しかしCIO(最高情報責任者)であれば、このアプローチをビジネス変革に用いるのは我慢した方がよい。(2018/12/20)

長過ぎるダウンタイム問題
レプリケーションでは不十分? 多くの企業がダウンタイム短縮に課題
調査の結果、ランサムウェアなどに起因するシステムダウンの復旧に多くの企業が課題を抱えていることが分かった。バックアップと復旧の目的を見失っている可能性がある。(2018/12/4)

ソニーのミラーレス一眼「α7III」「α7RIII」に撮影データが破損する不具合? 相次ぐ報告にソニーは「事実確認中」
アマチュアだけでなく、プロカメラマンも現象発生を報告。【追記あり/タイトルの表現を一部修正しました】(2018/12/2)

キーワードは「イレージャーコーディング」
ストレージのRAID離れ オブジェクトストレージの人気が高まる理由は?
RAIDは定評のあるストレージテクノロジーで、信頼性と安全性の高さで知られているが、データ量の増加に伴い、より柔軟性が高く、効率性に優れた手段が注目されている。(2018/9/20)

無料/低予算で利用できる
個性が光るメールクライアント4製品比較、脱「Outlook」には何がいい?
「Outlook」は代表的なメールクライアントだが、企業によってはOutlook以外の選択肢を検討したい場合もあるだろう。十分な機能を備えた4つの代替製品について、長所と短所を比較してみた。(2018/9/15)

「テラステーションWSS」の一部に非対応HDDが混入 リビルドできない不具合
2017年8月〜2018年6月ごろに販売された機種が対象。(2018/8/24)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(42):
【トレースフラグ 3023】──バックアップ時のチェックサムを有効にする
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用している管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ3023の詳細と使い方」を解説します。(2018/8/24)

Windowsドライバの開発効率と保守性を高める:
Microsoft、Windowsドライバ開発者向けのオープンソースフレームワーク「Driver Module Framework(DMF)」を公開
Microsoftは、Windowsデバイスドライバの開発者向けに、オープンソースフレームワーク「Driver Module Framework(DMF)」を公開した。DMFを使うことで、Windows Driver Framework(WDF)ドライバを簡単に開発できるだけでなく、ドライバ間でコードを共有できる。(2018/8/17)

管理の一元化が大きなメリット
Windows Server 2016のHCI向け新機能、「記憶域スペースダイレクト」はどう使う?
「Windows Server 2016」には新機能が搭載されている。IT部門はその機能を利用して、ソフトウェア定義のハイパーコンバージドインフラ(HCI)を設定できる。(2018/7/26)

プロバイダーの選定からエンドポイント管理まで
クラウドの脆弱性に潜む9つの脅威、対策は?
クラウドコンピューティングは業務効率を向上させたが、セキュリティが課題であることは変わっていない。本稿では、クラウドの脆弱(ぜいじゃく)性に潜む9つの脅威と、そのセキュリティ対策について取り上げる。(2018/6/1)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(55):
サーバ事業者さん。契約は結んでいませんが、あなたを訴えます
クラウドサービスベンダーに預けたプログラムが、HDDの故障で消失した。「さあ、訴えてやる!」。でも、誰を?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「クラウド上のデータの責任の所在」を考える。(2018/5/8)

カーネギーメロン大学が報告
「SSD」の寿命を縮め、データを壊すセキュリティの脆弱性とは
SSDは慎重に扱わないと、思わぬリスクを招く恐れがある。データの安全性を確保するために、知っておくべきことを取り上げる。(2018/5/1)

「ロマサガ2」TASが約20分の大幅更新で4分37秒クリア 流し斬りシーンすら出てこない超速データ改ざん攻略
ワープに次ぐワープ、デバッグルームからまたワープ。〜そして合体事故へ〜(2018/4/5)

小さな怪物サーバ登場!!:
PR:世界が「真のリアルタイム」を手にする日
稼働率99.999%を実現するミッションクリティカルサーバであり、最大896コア/48TBメモリを1つのOSから利用できるスケーラビリティを誇る「HPE Superdome Flex」。4人のキーパーソンにその強みを聞いた。(2018/1/26)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(15):
Windows Defender Application Guardで実現するセキュアなブラウジング環境――Windows 10の新しいセキュリティ機能(その2)
前回は、間もなく企業向け(半期チャネル)に配布が始まるWindows 10 Fall Creators Updateに搭載された新しいセキュリティ機能「Exploit Protection」を紹介しました。今回は、もう1つのセキュリティ機能「Windows Defender Application Guard(WDAG)」が提供する安全なWebブラウジング環境を紹介します。(2018/1/15)

Webブラウザやデータベースに組み込み可能:
NICT、量子コンピュータ時代に向けた新暗号技術を開発
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)のサイバーセキュリティ研究所セキュリティ基盤研究室は、格子理論に基づく新暗号方式「LOTUS」を開発した。「量子コンピュータにとっての解読のしにくさ」と「正確な暗号の復号チェック機能」を備えている。(2018/1/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。