ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ダルビッシュ有」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダルビッシュ有」に関する情報が集まったページです。

「家族みんなで応援にいきます!」 ダルビッシュ有、NBA1巡目指名された八村塁の人柄にベタぼれ
“外出嫌い”と自称してきたダルさんが……。(2019/6/21)

美脚ハイキックがさく裂! 15歳のハーフモデル、キックボクシングデビュー戦で優勝「もっと強くなりたい」
これからが楽しみ。(2019/3/5)

「当たり前がどれだけ大切な事か」 MALIA.、元夫・山本KID死去後初のインスタ更新で命について思いをはせる
MALIA.さんと山本さんは2004年に結婚、2008年に離婚していました。(2018/9/28)

「家族として繋がられたことを誇りに」 ダルビッシュ有、義兄の山本“KID”徳郁を追悼 “初対峙”では舌戦も
ダルビッシュさん「KIDさんは本当に幸せだったんじゃないかなと思います」。(2018/9/19)

「泥棒が家の窓割ってる最中でした(笑)」 ダルビッシュ、あわや強盗被害 ライブカメラが超ファインプレー
ライブカメラさんいい仕事する。(2018/8/6)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ボコボコに打たれても、斎藤佑樹の不思議なポジティブ思考
日本ハムの斎藤佑樹投手が、また大炎上した。阪神戦に登板したものの、終始めちゃくちゃな内容で試合をぶち壊したのだ。二軍と一軍を行ったり来たりして、結果を出すことができない。プロ8年目の彼は、いつまでユニフォームを着続けるのだろうか。(2018/6/14)

「早速折ってしまいました」 ダルビッシュ有、幸運の“大谷翔平バット”を折り傷心モード突入
やっちまった。(2018/5/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清宮の体調はイマイチなのに、日本ハムが一軍にこだわる事情
早くも清宮フィーバーが風前の灯だ。オープン戦7試合に出場して、19打数連続無安打。さらにコンディションを崩して、戦線離脱を強いられることに。それでも日本ハムは清宮を開幕スタメンで起用したいようだ。その理由は……。(2018/3/16)

愛犬家ダルビッシュ、迷い犬とバーベキュー 「さすがに7匹目はキツイかなぁ」
6匹の犬と暮らしているダルビッシュさん。(2018/3/11)

モバクソ畑でつかまえて:
スタドリが仮想通貨のように使えた時代のお話
今では考えられない、ソシャゲ興隆期のちょっと面白い昔話。(2018/2/6)

「インスタ見た?」 ダルビッシュ有、前田健太と機内の隠し撮り合戦が最高にほっこり
ダルビッシュ流の心づかいかな。(2017/10/20)

「スマートスピーカー」の今と近未来(2):
「ねえGoogle、Google Homeは使いものになる?」実際に触って実力をチェック
スマートスピーカーは実際、どのような用途で価値を発揮するか。どんな人にとって便利か。ここでは、2017年10月6日に日本で発売されたばかりのGoogle Homeに焦点を当て、実際に触って、その使い勝手を独自の視点でまとめてお伝えする。(2017/10/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
40歳を超えても、イチローと上原がメジャーで活躍できるワケ
今年10月で44歳になるイチロー外野手と、4月に42歳になった上原浩治投手が、いまもメジャーリーグで活躍している。40歳を超えてても、なぜ2人は現役でプレーすることができるのだろうか。(2017/7/8)

ダルビッシュ有と山本聖子に第2子誕生 「無事に元気な男の子が産まれました! 母子共に健康です!」
Twitterには、ファンから大量のお祝いコメントが寄せられています。(2017/3/20)

メジャーリーガーのダルビッシュさん、YouTuberになる 制作してほしい動画をTwitter上で募集中
筋トレ、野球好き御用達のYouTubeチャンネルになりそう。(2017/2/22)

吉田沙保里、“筋肉痛”に敗れる 階段をゆっくりと降りる姿に「かわいい」の声
「ねえ恥ずかしいから(撮影を)やめてー」と照れる吉田さんかわいい。(2017/1/10)

シーズンオフのMVP! 日ハム・杉谷拳士、新年早々メジャー級の“落ち芸”で笑いをお届け「面白すぎです!」
帝京魂!(2017/1/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
それでも42歳の上原浩治は納得していない
日本人メジャーリーガーの上原浩治投手が、ワールドシリーズを制したシカゴ・カブスに移籍した。1年約7億円の契約を結び、中継ぎ投手として期待されている。世界一の球団に高く評価されたわけだが、上原はきっと「納得」していないことがあるだろう。それは……。(2017/1/4)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
プロ野球界の1年を振り返ると、やはり「二刀流・大谷」を避けて通ることはできない。「2018年にメジャー移籍か?」といった話で盛り上がっている一方、“スーパースターになりそこねた投手”の存在が気になる。言わずもがな、斎藤佑樹だ。(2016/12/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
早くも“銭闘”モード? 日本ハム、優勝しても素直に喜べない2人の「年俸問題」
北海道日本ハムファイターズが、パ・リーグ優勝を成し遂げた。昨晩は選手もファンも勝利の美酒に酔いしれていたと思うが、球団側にはこの優勝を素直に喜べない懸念材料があるのだ。それは……。(2016/9/29)

吉田沙保里選手にネット上でたたえる声続々 女子レスリング53キロ級で銀メダル
まさにレジェンド。(2016/8/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
イチローが「日本人のアイデンティティー」にこだわる理由
マーリンズのイチロー外野手が「日米通算」でピート・ローズ氏の持つ歴代最多安打4256本の記録を塗り替えようとしている。2001年から大リーグでプレーし、数々の記録を塗り替えてきたイチローのモチベーションはどこにあるのか。(2016/6/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
再契約を結んだ岩隈久志にみる「メジャーリーグ・ビジネス」の世界
メジャーリーガーの岩隈久志投手がシアトル・マリナーズと再契約を結んだ。本コラムでは、メジャーリーグ特有の「マネーゲーム」を振り返り、関係者たちの思惑についても分析した。(2015/12/24)

宇宙ビジネスの新潮流:
NASAから新興宇宙ベンチャーまで テキサスは米国の宇宙史だ
古くから米国の航空宇宙産業の中心的な担い手だったテキサス州が、新たなステージに突入しようとしている。SpaceXなどの宇宙ビジネスベンチャーが集結しているのだ。(2015/8/28)

高校野球のバット回し球児に「注意処分」の報道 埼玉県高野連は否定 「あくまで注意指導」
あのヌンチャクのようなバットさばきは高野連のルールを破ったものではないとのこと。(2015/7/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
メディアに対して「見返してやる」――40歳、上原の“反骨心”
ボストン・レッドソックスの守護神として上原投手が活躍している。米メディアの間では、“ウエハラ争奪戦”がぼっ発する可能性を報じているほど。恐るべし40歳の原動力は、どこから生じているのか。(2015/7/16)

甲子園ファン必携の一冊『完全保存版 高校野球100年』発売
甲子園で活躍した名選手や、決勝・各都道府県別勝敗表などのデータ、サイドストーリーまで収録している。(2015/7/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ田中将大はメジャーでも通用しているのか
野村監督から「マー君 神の子 不思議な子」と言われた、田中将大投手が大リーグでも活躍している。昨季は途中で戦列を離れたが、ここまでしっかり結果を残している。その理由について、地元メディアは……。(2015/6/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カズ引退勧告で大炎上! “困ったOB”は張本氏だけじゃない
野球評論家の張本勲氏が、TBS系の番組内で、カズの愛称を持つサッカーの三浦知良選手に引退を促すコメントをして、物議を醸している。ネット上では大炎上となったが、プロ野球界には困ったOBがたくさんいるようで……。(2015/4/13)

「Sochi2014」「増税の瞬間のレシート」――Twitterが2014年に盛り上がったツイートのまとめを公開
多く使われたハッシュタグやバズったツイートから2014年の出来事を振り返ろう。(2014/12/10)

日本のTwitter、今年盛り上がったのは「ソチ五輪」「ワールドカップ」「いいとも最終回」「コミケ」
Twitterが2014年に多くツイートされた出来事やトピックを発表。国内ランキングはテレビ関連の話題が目立つ。(2014/12/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日米野球を行う意味はあったのか? 侍ジャパンにたちこめる暗雲
日米野球が行われたが、どうもパッとしなかった。盛り上がらなかった要因として、メジャーから「超大物」と呼べる選手が来日していなかったことも挙げられるが、問題はもっと根深いところにあるのでは……。(2014/11/20)

【速報】ダルビッシュ、Twitterでオープン交際宣言 相手は女子レスリングの山本聖子選手
おめでとうございます(∩´∀`)∩(2014/11/18)

日ハムCS進出記念――電子書店「たびのたね」で球団公認の「るるぶ」が80円に
球団の歴史や選手紹介のほか、もちろんグルメや観光情報まで押さえたガイドブック『るるぶ北海道日本ハムファイターズ』が、栗山監督の背番号を意識した「80」円で発売中。(2014/10/17)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
CSで敗退した広島カープは何を逃したのか 球団が描いていた“2つの皮算用”
プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)で、広島カープが敗退した。球団側はファンの熱い支持を受けながら23年ぶりのリーグ優勝を悲願としていたが、同時に「2つの皮算用」を目論んでいた。それは……。(2014/10/16)

セイコー、クロノグラフ搭載の第二世代「アストロン8Xシリーズ」
(2014/9/26)

PR:カレンダーで世界中のサービスをつなげていく――カレンダーアプリ「ジョルテ」が世界で人気の理由
予定を管理できるスマートフォン向けアプリは、さまざまなものが提供されているが、皆さんはどんなアプリをお使いだろうか? 今回紹介する「ジョルテ」は、ただのスケジューラーアプリとはひと味違う。開発陣の声とともに、その全容を紹介しよう。(2014/8/20)

オールスター戦選出の田中将大選手とダルビッシュ有選手がいちゃいちゃしてる
おめでとうございます。(2014/7/7)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
米球界で失敗した二人のサムライから、私たちが学ぶこと
マー君やダルビッシュが活躍する裏で、期待される活躍ができずに米国で迷走する二人の現役日本人プレーヤーがいる。アスレチックスの中島内野手、カブスの藤川投手。この二人の現状を知り、改めて私たちビジネスパーソンに通じる教訓としよう。(2014/5/29)

社員が自律的に成長し続ける組織の創り方:
「育てる」から「育つ」へ
成長とはなんだろうか。ミスなく仕事ができる、業務知識が増えることだろうか? 仕事から得られる最高の報酬は決して失われることのない「人間としての成長」である。(2014/2/19)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
プロスポーツ選手の活躍を陰で支える通訳という存在
セリエAのACミランに入団した本田圭佑選手についてチーム幹部は「ホンダは専属通訳を付けない」と語った。世界で活躍するプロスポーツ選手にとって専属通訳の存在意義とは?(2014/1/9)

ゲームの可能性を広げるための「Kickstarter」という選択 「ロックマン」の生みの親、稲船敬二氏へのロングインタビュー[3/3]
「Kickstarterは、ファンとつながりながら一緒にゴールを目指すという非常に良い仕組み」――稲船敬二氏はこう語る。(2013/9/23)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
灼熱の甲子園に似合うのは「完投の美学」? それとも「球数制限」?
必死に白球を追う高校球児の姿は素晴らしい。だが、気温35度に迫るような炎天下、1試合150球近くの「投げ込み」は野球人としてのキャリアにどう影響するのだろうか?(2013/8/22)

急上昇した人は? 最も好きなスポーツ選手ランキング
最も好きなスポーツ選手は誰ですか? 20歳以上の男女に聞いたところ「イチロー」が9年連続でトップ。では昨年の結果から急上昇した人は? 中央調査社調べ。(2013/8/21)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
楽天・田中将大の「10倍返し」――常に意識するのは『超向上心』
プロ野球史上3人目となる開幕15連勝を果たした楽天・田中将大投手。「全試合で全球種を完ぺきに投げ分ける」と高い評価を得ている今季のマー君に何があったのか?(2013/8/8)

石野純也のMobile Eye(7月22日〜8月2日):
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの決算会見を振り返る――今後の高速通信サービスは?
7月27日にドコモ、30日にKDDIとソフトバンクが決算会見を開き、今後の戦略も語られた。今回は3社の決算会見を振り返るとともに、ここで明らかになった重要なトピックを取り上げていく。(2013/8/3)

仕事をしたら“最年少上場”だった(前編):
なぜリブセンスにできて、リクルートでできなかったのか――成果報酬型のビジネス
ネット上にアルバイト情報はたくさんあるが、ここ数年「ジョブセンス」に注目が集まっている。なぜ企業はこのサイトに広告を出し、ユーザーは応募するのか。サイトを運営している最年少上場社長・村上氏に、ビジネスモデルなどを聞いた。(2013/5/29)

地震が起きたら、まず:
BIGLOBE、4月のTwitterの話題動向を発表――4月の話題は「地震」関係が最多
前月比97%とやや減ったものの、春休み最後の日曜日だった4月7日のツイート数は7346万人で歴代1位を記録。また投稿元は、スマートフォンが全体の65.6%、PCが14.4%と、スマートフォンからの利用が圧倒的に多い。曜日別書き込み件数では、日曜日が最多だという。(2013/5/15)

ダルビッシュ選手の完全試合を阻止したゴンザレス選手、Wikipediaを荒らされる
現在は落ち着きを取り戻しています。(2013/4/3)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
糸井は本当に「メジャー志望」が強くてトレードされたのか?
2013年シーズンのキャンプイン直前に日ハムとオリックスの間で決まった大型トレード。日ハムの中心選手、糸井の電撃移籍の背景には何があったのか?(2013/2/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。