ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デマ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デマ」に関する情報が集まったページです。

未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
Twitterでは「南海トラフ」がトレンド入りするなど、混乱を広げています。(2022/7/4)

「細い人は“ほぼ”肋骨取る手術やってる」ツイートが波紋 医者は「手術後、約数週間は呼吸するたびに痛み」など警鐘鳴らす
韓国のモデルは発端となったツイートに対して「デマ」だと主張しています。(2022/6/22)

憧れの腕時計ブランド人気ランキング 3位「カルティエ」、2位「オメガ」、1位は?
 アンケートサイト「ボイスノート」を運営するNEXERが、「憧れの腕時計ブランド人気ランキング」調査を実施した。(2022/6/21)

SNS中傷 厳罰化「やっと」 被害者ら抑制に期待
誹謗中傷を取り締まる侮辱罪の罰則を強化する改正刑法が成立した。SNSで実際に被害に遭った当事者らは「私たち一人一人のモラルが問われている」と記者会見で訴え、“言葉の刃”の抑制に期待を寄せた。(2022/6/15)

広がる「言葉の刃」 SNS普及で誰もが加害者、被害者に 侮辱罪厳罰化に期待
侮辱罪の厳罰化を含む改正刑法が国会で成立した。「誰もが加害者にも、被害者にもなり得る」。いわれのないデマを流され、苦しんだ経験を持つ女性は、厳罰化がこうした状況に歯止めをかける契機になることを願っている。(2022/6/14)

広がる「言葉の刃」 SNS普及で誰もが加害者、被害者に 侮辱罪厳罰化に期待
侮辱罪の厳罰化を含む改正刑法が13日、国会で成立した。SNS(交流サイト)の活用が広がる中、悪意や勘違い、安易な正義感による「言葉の刃」は、インターネット上で瞬く間に届く。「誰もが加害者にも、被害者にもなり得る」。いわれのないデマを流され、苦しんだ経験を持つ女性は、厳罰化がこうした状況に歯止めをかける契機になることを願っている。(松崎翼)(2022/6/13)

「パインアメもう売ってないってほんと?」ツイート拡散、公式が否定 「信ぴょう性のないツイートはリツイートされませんよう」
愛され続けて71年、販売中です。(2022/6/8)

ジョニー・デップDV巡る裁判勝訴に喜び「人生を取り戻してくれた」 元妻アンバーは「時代への後退」と非難
長い泥沼裁判、ついに評決。(2022/6/2)

「歯磨きを絞っておくと蚊がとれる」という謎の情報がTwitterで拡散→アース製薬「科学的根拠はない」
怪しい“お役立ち情報”には注意です。(2022/6/2)

Twitter、“緊急時のデマ”RT無効に ウクライナ問題など対象
ウクライナ問題関連のデマについて、RTを無効にする新ポリシーをTwitterが適用。(2022/5/25)

コロナ禍のトイレットペーパー不足 デマよりも注意を呼び掛けるツイートが原因だった
2020年春、コロナ禍の初期に店頭からトイレットペーパーが消えたのは、デマというより、デマを知り注意を呼び掛ける投稿が主な原因だったようだ。(2022/5/17)

小寺信良のIT大作戦:
新機能「サークル」でTwitterはどこへ向かうのか
Twitterの新機能「サークル」は現在起きている炎上問題などを解決してくれるだろうか?(2022/5/16)

SNS誹謗中傷の被害者向けサイト、女性クリエーターが目指す「被害者のよりどころ」
ネット上の誹謗中傷について裁判例や体験などを共有するサイト「TOMARIGI」を関口舞さんらが立ち上げてから約3カ月、徐々にユーザーに浸透しはじめ、被害に悩む人たちへの支援の広がりに期待がかかる。(2022/5/9)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
AIで「パニック買い」を乗り越える 繰り返される“買いだめの歴史”に終止符を 
新型コロナウイルスによるパンデミックは当初、パニックと呼べるほどの反応が人々の間で見られた。その代表的な例に「パニック買い」と呼ばれる、買いだめや買い占めが起きる現象がある。これに対して、AIを使ってを抑制しようとする動きが、世界中で進んでいる。(2022/5/2)

イーロン・マスク氏によるツイッター買収は終わりの始まりか、あるいは何かの始まりなのか
イーロン・マスク氏によるTwitter買収が世界中で波紋を起こしている。彼が目指す自由な発言の場とはどういうことか。TwitterというSNSの特性から読み解く。(2022/4/28)

『月刊ムー』が反ワクチンめぐる陰謀論に苦言 「いきなりどうされました」「ムーが真顔で説教するレベル」と話題に
びっくりした。(2022/4/27)

「Twitter有料化」がトレンド入り イーロン・マスク氏の買収でTwitter民がつぶやく“期待と不安”
4月25日(現地時間)に、米Tesla CEOで起業家のイーロン・マスク氏がTwitterを買収すると発表して以来、Twitterが今後どうなるのかに注目が集まっている。(2022/4/26)

イーロン・マスクがTwitter買収→「Twitter有料化」がなぜかTwitterトレンド1位に 今のところ新しい有料プランの発表はなし
イーロン・マスク氏によるTwitter買収の余波。(2022/4/26)

アレックス・ジョーンズ氏の極右サイトInfoWarsが破産保護申請
様々なフェイクニュースで知られるアレックス・ジョーンズ氏が畝井する極右サイトInfoWarsが米連邦破産法第11条の適用を申請した。同氏はサンディフック小学校の銃撃事件の犠牲者に提訴されており、近く巨額の賠償金を請求される可能性がある。(2022/4/19)

露侵攻前にサイバー攻撃頻発 政府機関標的
ロシアがウクライナに侵攻する直前の1月から2月末にかけ、ウクライナ国内でロシアが関与したとみられるサイバー攻撃やデマの拡散が急増していたことが分かった。政府の情報を得にくくしたり、社会の混乱を引き起こしたりする攻撃が目立つ。(2022/4/19)

Go AbekawaのGo Global!〜Mr.Ben編(後):
「大丈夫」と言ってあげられることが、私の誇り
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回に引き続き、今回もセキュリティエンジニアのBen(ベン)氏にお話を伺う。セキュリティの専門家として世界の安全を守っている同氏が伝えたい「全部を知る必要はない」という言葉の意味とは。(2022/4/5)

「Web2.0」って何だったの? 「Web3」との違いは? ネットに詳しいけんすう氏に聞いてみた
「Web3」という言葉をよく耳にするようになったが、そもそもWeb3の前に提唱された「Web2.0」とは何だったのだろうか。起業家の「けんすう」こと古川健介氏と、元ITmedia NEWS記者の「ゆかたん」こと岡田有花氏に、Web2.0の振り返りと、Web3への展望について語ってもらった。(2022/3/24)

ベネッセに風評被害 「教材に反ワクチンのチラシを封入」デマ対応に追われる
「ベネッセの1年生用教材に、反ワクチンを呼び掛けるチラシが入っていた」――3月22日、こんなデマがTwitterで拡散。ベネッセが否定した。(2022/3/23)

ウクライナ侵攻の現実、3Dで伝える 東大院教授がデジタル地図で発信
東京大大学院の渡邉英徳教授らは現地の画像やデータの一部に3D加工などを施し、位置情報を加えた「デジタル地図」を作った。「(ロシアによるウクライナ侵攻の)悲惨な現状を正確に伝えたい」と渡邉教授は訴える。(2022/3/23)

戦慄かなの、“恩人”マツコ・デラックスと号泣2ショット公開 「もっと楽に生きていいんだよ」と涙の別れ
暗躍してくれていたマツコさん。(2022/3/18)

デジタル防災を始めよう:
突然の地震、起きた後でもこれだけは対策しておこう デジタル防災に必要な「3つのポイント」
3月16日午後11時30分過ぎ、福島県沖で強い地震が発生した。今からできる対策は何か、「デジタル防災」を連載中の戸津弘貴さんに急遽、まとめてもらった。(2022/3/17)

半径300メートルのIT:
まだまだ足りない「Emotet」対策 決定打がないからこそ必要なことは?
依然猛威を振るうマルウェア「Emotet」ですが、個人的にはまだまだ対策が進んでいないと感じます。「自分は関係ない」と思わず、当事者意識を持って対策を講じるにはどうすればいいのでしょうか。(2022/3/15)

ONE PIECE「ジョイボーイにDを足すとjoydboy=麦わらになる」というウワサが拡散 → そもそも「joydboy」という単語は存在せず
どこからそんな説が……。(2022/3/14)

ウクライナ侵攻、SNSが情報戦の最前線
ロシアによるウクライナ侵攻のニュースが、TwitterやFacebookといったSNSで大きな関心を集めている。過去の多くの戦争・紛争と異なり、日本をはじめ世界が「生の情報」を共有する状況を作っている。(2022/3/14)

「2022年の10大セキュリティ脅威」の手口と対策、IPAが約60ページの資料公開 「組織編」を追加
IPAが「情報セキュリティ10大脅威2022」について、ランクインした脅威の動向や対策をまとめた資料を公開。ランサムウェアや標的型攻撃といった脅威の特徴や手口を、約60ページに渡って解説している。(2022/3/11)

「実名報道はなぜ必要なのか?」「報道側の利益のためではないのか?」 日本新聞協会が回答を公開
よりよい社会のためにどうすべきなのか。(2022/3/11)

「テレビ朝日のアカウントが凍結されている」とTwitterでウワサが広がる→デマでした
テレ朝のSNS一覧にも「@tvasahi」の記載はありません。(2022/3/3)

デマや誤情報に釣られてない? ヤフー、ニュースや情報に対する判断力を測る「Yahoo!ニュース健診」公開
フェイクニュースなどに惑わされないようにするための学習コンテンツです。(2022/2/28)

ヤフー、デマや誤情報にだまされない力を測る「Yahoo! ニュース健診」公開
ヤフーが、デマや誤情報などにだまされない力を測る「Yahoo! ニュース健診」を無償公開した。具体的な記事例を提示し、不審点や記事を見たときの対処法などについて尋ねる。(2022/2/28)

2021年もネット上のマナー向上が続くも女性の置かれている状況は厳しい――Microsoftの年次調査から
米Microsoftが、ネット上のマナーに関する2021年調査の年次報告書を発表した。この調査は2016年から続いており、今回で6回目だ。(2022/2/22)

「市役所での死亡届が予約制」情報はデマ 今治市が全面否定 「全く根拠がない誤った情報」
今治市が正式に否定しました。(2022/2/10)

SNSトラブルで悩む人に役立つサイト「TOMARIGI(トマリギ)」公開 トラブル対処法や裁判事例集を掲載
つらい体験を投稿できる掲示版は、批判的な返信や質問ができない仕様。(2022/2/9)

誹謗中傷されたらどうすればいい? SNSトラブルの対処法・裁判事例をまとめたサイト カヤックが公開
カヤックが起業家の関口舞さんと共同で、誹謗中傷などのSNSを巡るトラブル事例や裁判例をまとめたWebサイト「TOMARIGI」を公開した。(2022/2/8)

Innovative Tech:
コロナ禍にTwitter上で拡散したデマツイート、東大と和歌山大が調査 社会や個人への影響度を分析
東京大学と和歌山大学の研究チームは、新型コロナウイルス感染症で起こったパンデミック時にTwitterに投稿された流言を収集し分析した。(2022/2/8)

「ヤフトピ」2年連続文字数拡大 「より正確に理解されるため」
ヤフトピの見出が2年連続で拡大。「ニュースの見出しは、より正確に理解されるように発信することが重要」なためという。(2022/1/28)

IPAの「情報セキュリティ10大脅威2022」 “Log4j”影響でゼロデイ攻撃が浮上
情報処理推進機構(IPA)が、2021年に起きた情報セキュリティ事案の影響の大きさを示すランキング「情報セキュリティ10大脅威2022」を発表した。組織部門では新たに「修正プログラムの公開前を狙う攻撃」(ゼロデイ攻撃)が7位にランクインした。(2022/1/27)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
ソーシャルメディアはパンデミックにとって毒か薬か 若者の4割がコロナ関連情報をシェアする姿勢の是非
パンデミック下のソーシャルメディアでは、デマやフェイクニュースなどが拡散し問題となった。その一方で、科学的な最新情報を自身のSNSで発信する専門家や、それらの情報を積極的にシェアする若者など、コロナ対策に利用する人々もいる。コロナ禍における、SNSの功罪を論じる。(2022/1/11)

PR:スパイダーマンを1ミリも知らない人たちに勘だけで『スパイダーマン』の物語を考えてもらったらこうなりました
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を見る前に知識ゼロの人でミリしらをやってみたら謎のマルチバースの扉が開きました。(2022/1/7)

「高級時計人気ブランド」ランキング SEIKO、OMEGAを抑えた1位は?
Chrono24は、2021年の高級時計人気ブランドランキングおよび人気モデルランキングの速報を発表した。人気ブランドランキングは、3位「SEIKO」、2位「OMEGA」という結果に。1位は? また、人気モデルランキングも発表する。(2021/12/23)

「【デマ注意】男性へのクリスマスプレゼントはネクタイがいいというデマが散見されます」→ 本当に欲しいもの大喜利が流行 「井戸です」「防音室です」「ガンプラです」
な、なんだってー!!(2021/12/17)

デジタル防災を始めよう:
立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」
頻発する地震が気になっている人も多いだろう。それをきっかけに、災害対策を考えてみよう。(2021/12/13)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(16)STEM教育(4):
GIGAスクール構想だけでは足りない、「IT×OT×リーガルマインド」のすすめ
今回は、全国の小中学生に1人1台のコンピュータと高速ネットワークを整備する文部科学省の取り組みである「GIGAスクール構想」と、その課題から、“江端流GIGAスクール構想”を提案してみました。(2021/11/30)

どうしてデマが流れるんだ! 山本高広、“声優転身”の誤報道が広がり大迷惑 「営業妨害だよ!!」
いい迷惑だ。(2021/11/16)

「柏木由紀は一晩500万円」「全盛期からかなり下がった」 SNSのデマ情報に本人が激怒「はぁぁぁ!?」「腹が立つ」
一般人への被害も懸念しています。(2021/11/10)

世界を「数字」で回してみよう(68)番外編:
「コロナワクチン接種拒否」に寄り添うための7つの質問
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、必要回数のワクチン接種が完了した割合が70%を超えた日本。今回は、テーマをこれまでとは180度転換し、「コロナのワクチン接種を拒否することが、理論的か否か」について語ってみたいと思います。ワクチン接種を拒否する人も、肯定する人も、お互いの立場に立って、ワクチン接種について考えてみたいのです。今回もおなじみ、“轢断のシバタ先生”が、超大作の「シバタレポート」を執筆してくださいました。(2021/11/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。