ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DeviceNet」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DeviceNet」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ロックウェル・オートメーション:
内部バイパスを搭載した「SMC-50スマートモーターコントローラー」を発表
米ロックウェル・オートメーションは、ソフトスタータのファミリーとなる「SMC-50スマートモーターコントローラー」を発表した。(2018/3/22)

FAニュース:
内部バイパス搭載のスマートモーターコントローラー
米ロックウェル・オートメーションは、ソフトスタータのファミリーとなる「SMC-50スマートモーターコントローラー」を発表した。内部バイパスを備えており、より正確にモーターの始動や停止を制御する。(2018/3/9)

蛇の目ミシン工業 JR3000ERT:
省スペースで正確な切断が可能な卓上基板分割ロボット
蛇の目ミシン工業は、卓上基板分割ロボットの新機種「JR3000ERT」を発売した。(2017/4/27)

FAニュース:
PC画面上で切断位置を設定できる卓上基板分割ロボット
蛇の目ミシン工業は、卓上基板分割ロボットの新機種「JR3000ERT」を発売した。USBカメラを取り付けることで、PC画面上の拡大映像から切断位置を設定できるなど、正確かつ容易な基盤切断が可能になる。(2017/4/18)

産業用ロボット:
生産ラインのロボットを一括コントロール、競合他社製品も制御可能
ヤマハ発動機は自動化生産ラインを低コスト、短期間で構築可能とし、インダストリー4.0などのIoT活用への対応力を高めた統合制御型ロボットシステムを開発。2016年12月1日から販売を開始する。(2016/10/18)

PR:生産現場のIoT化を進める現実解としての「ソフトウェアPLC」
最近では生産現場に関する話題の中でIoTやIndustry4.0で“つながる”ことの重要性が叫ばれて久しいが、その実現にはさまざま問題が横たわっている。そこでIoTやIndustry4.0の実現に近づく現実解として注目すべきがソフトウェアPLCによるコントローラーのオープン化だ。(2016/4/13)

工場用イーサネット入門(2):
工場用のイーサネットって何だろう?
インダストリー4.0や工場向けIoTなどに注目が集まっていますが、そもそも工場内のネットワーク環境は、どのように構築すべきなのでしょうか。本連載では、産業用イーサネットの導入に当たり、その基礎から設備設計の留意点などを含めて解説していきます。第2回ではイーサネットとは何かを紹介します。(2016/3/23)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(5):
6万人のメイドが“合体”!? EtherCATの通信方式
今回は、EtherCATにおける4つの通信方式を解説したいと思います。EtherCATには、マスタ(ご主人様)が、スレーブ(メイドたち)の“身上調査”を行うための「SDO通信」用に3種類、“仕事内容”を送信するための「PDO通信用」に1種類の通信方式があります。膨大な量のフレームが飛び交うEtherCAT通信の世界を、さっそくのぞいてみましょう。(2015/10/30)

FAニュース:
安川電機、ACサーボドライブΣ-7シリーズに指令オプション取り付け形を追加
既存製品のオプションモジュール「INDEXER」「DeviceNet」との組み合わせが可能。モータを従来製品と比べて約80%小型化した他、高分解能24bit(約1677万パルス/回転)エンコーダを搭載した。(2014/11/20)

FAニュース:
日本モレックス、次世代「Brad PCネットワークインタフェースカード」を発表
NIC・設定ソフトウェア・開発ライブラリ・OPCデータサーバで構成されたパッケージ製品。DCSやPLCからの移行も容易で、フィールドバス技術に精通していないユーザーでも、制御アプリケーションを効果的かつ省コストに運用できる。(2014/9/3)

FAニュース:
パナソニック デバイスSUNX、省配線システム「S-LINK V」にEtherCAT対応のゲートウェイコントローラ追加
EtherCAT側の通信速度は100Mbps、最大接続局数は4095局。入出力の最大制御点数512点、接続ノード数は256台。(2013/8/9)

進化する組み込み向け計測技術
昨今の組み込みシステムは、最先端の技術を取り込み、より高機能/高性能なものとして実現されるようになった。その開発過程では、さまざまな信号を効率良く計測/評価する必要がある。では、計測装置のメーカーや計測向けソフトウエアのメーカーは、現在、組み込みシステムの開発/試験向けに、どのような製品を展開しているのだろうか。そして、組み込み向けの計測技術は、今後どのように発展していくのだろうか。(2010/10/1)

有線通信技術 CAN:
30分で分かるCAN、設定とデザインのポイント
自動車から始まり産業機器、ライン制御にまで用途が広がったCAN。バス構造やコントローラの種別、タイミング調整まで、CAN利用に当たって必要な常識をまとめた。(2009/12/15)

CANopen入門(1):
そもそも“オープンネットワーク”とは何か?
車載ネットワーク「CAN」をべースとし、医療/産業分野などの装置・車両内のネットワーク制御に用いられている「CANopen」について詳しく解説する(2009/3/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。