ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DTSインサイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DTSインサイト」に関する情報が集まったページです。

TECHNO-FRONTIER 2019 開催直前情報:
「モーター開発に貢献する測定器」を展示 横河計測
横河計測は、2019年4月17〜19日に千葉・幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2019」で、「モーターの開発に貢献するソリューション」をテーマに展示を行う。(2019/4/15)

組み込みソフトウェア開発:
DTSインサイト、「Arm Development Studio」の販売とテクニカルサポートを開始
DTSインサイトは、Armの国内正規販売代理店として新製品「Arm Development Studio」の販売およびテクニカルサポートを開始したことを発表した。(2019/1/23)

DTSインサイト EVRICA:
「業界最速レベル」の高速モニタリング、ARMマイコンRAM計測ツール
DTSインサイトがARMマイコンRAM計測ツール「EVRICA」を販売開始した。測定点当たり10マイクロ秒以下という「業界最速レベル」の高速モニタリングが可能で、データはPCから確認できる。(2018/3/7)

ESEC2017&IoT/M2M展:
バイナリーを対象に静的解析、派生開発に焦点を当てた「リゾルバー」
DTSインサイトは、「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」において、静的解析ツール「Re:Zolver(リゾルバー)」を展示した。コンパイルを終了した後のオブジェクトコード(バイナリー)を対象にしており、派生開発に焦点を当てた機能を特徴としている。(2017/5/18)

ESEC2017&IoT/M2M展 開催直前情報:
効率化のための「派生開発」なのに手戻りが多い理由とは?
横河ディジタルコンピュータ、アートシステム、DTSの3社の組み込み関連事業を統合して2017年4月1日にスタートしたDTSインサイトが、「第20回 組込みシステム開発技術展」に出展する。課題が多く発生する「派生開発」にフォーカスした提案を行う。(2017/5/8)

充実一途の「Azure Certified for IoT」も:
PR:「Windows 10 IoT」はなぜIoTデバイスのためのOSなのか
IoT時代に求められるデバイスOSとは何か。マイクロソフトは「第6回 IoT/M2M展」において、その答えを披露する。充実を続けるIoTデバイスの認証プログラム「Microsoft Azure Certified for IoT」の魅力にも迫る。(2017/4/26)

横河ディジタルコンピュータ RAMScope-EXG GT170シリーズ:
複数ECU間の同期計測と同期解析が可能なマルチ計測システム
横河ディジタルコンピュータが同期計測/同期解析可能なマルチ計測システム「RAMScope-EXG GT170シリーズ」の販売を開始した。既存製品とプローブ互換を持ちながらCANFD対応などの高機能化を進めた。(2017/1/10)

組み込み開発ニュース:
複数のECU間の同期計測・同期解析が可能なマルチ計測システム
横河ディジタルコンピュータは、複数のECU間の同期計測・同期解析が可能なマルチ計測システム「RAMScope-EXG GT170」シリーズを発売した。データ変化やECU周辺の通信とアナログ信号を同期化したマルチ計測に対応する。(2017/1/5)

優れたCPU/周辺回路は当たり前、問題はその先だ!:
PR:機器開発に新機軸をもたらす東芝の最新マイコン「TXZファミリー」に迫る
ユーザー目線にこだわった新しいマイコンが登場した。東芝の新マイコンファミリー「TXZファミリー」だ。その特長は、最先端技術を盛り込んだマイコンそのものにとどまらず、ユーザーの“やりたいこと”を具現化するためのソリューション/技術サポートでもこれまでのマイコンと一線を画す。あらゆる機器開発に新たな価値を提供するだろう「TXZファミリー」を紹介しよう。(2016/8/31)

横河ディジタルコンピュータ、「DTSインサイト」に
「DS-5」や「TRQer-S」などで知られる横河ディジタルコンピュータが、「DTSインサイト」に社名を変更する。(2016/1/12)

ET2015:
DTSグループの横河ディジタルコンピュータ、「ニーズを深掘りしたい」
2014年にDTSグループとなった横河ディジタルコンピュータとアートシステムが共同でブースを展開。“ハードの横河”“ソフトのアート”の相乗効果で顧客ニーズの深掘りを狙う。(2015/11/20)

システムの動きと通信データを可視化、組み込み製品の最終評価に
横河ディジタルコンピュータが、システム(ソフトウェア)の動きと通信データの流れを可視化・検証する、動的テスト/解析ツール「TRQerAM」を開発した。(2015/11/11)

組み込み開発ニュース:
3Dや複数動画処理に対応「RZ/Gシリーズ」、ルネサスがサンプル出荷
ルネサス エレクトロニクスがHMI(Human Machine Interface)アプリケーションに向けてグラフィックスやマルチメディア関連機能を強化したASSP「RZ/Gシリーズ」をサンプル出荷する。(2015/4/28)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサスが「第4次産業革命の布石」を目指すコンソーシアムの参加企業募集を開始
ルネサス エレクトロニクスは2015年1月27日、同社LSI製品を核にした産業機器制御システムや産業ネットワークシステムの開発を目指して同年2月に立ち上げる「R-INコンソーシアム」への参加企業募集を開始したと発表した。(2015/1/27)

ビジネスニュース 企業動向:
産業用イーサネット対応機器開発を支援、ルネサスがコンソーシアム立ち上げ
ルネサス エレクトロニクスは、産業用イーサネットに対応する機器の開発を支援する目的で「R-IN(Renesas’s Platform for Industry)コンソーシアム」を設立することを明らかにした。2015年4月より活動を始める。(2014/9/2)

車載半導体/車載ソフトウェア:
これが次世代車載ネットワークの本命!? 「CAN FD」は普及するのか
制御系システムの車載LAN規格として広く利用されているCAN。次世代規格として期待されたFlexRayの採用が広がらない中、CANをベースにより高速のデータ伝送を可能とする車載LAN規格「CAN FD」が登場した。このCAN FDの普及に向けて、対応製品も発表され始めている。(2014/6/6)

人とくるまのテクノロジー展2014:
横河ディジタルのCANフラッシュプラグラマ&ロガーがWi-Fi対応、サイズも半減
横河ディジタルコンピュータは、「人とくるまのテクノロジー展2014」において、車載ネットワークであるCANを経由してECU(電子制御ユニット)のプログラム書き込みとデータロギングを行えるCANフラッシュプラグラマ&ロガーの新製品「NETIMPRESS air」を参考出展した。(2014/5/26)

「そろそろARMかな」というマイコンユーザー必見!:
PR:演習で学ぶ ARMマイコン移行のチェックポイント
「ARMコア搭載のFMファミリに移行したいが、どうしたらうまくいくのか?」。このような質問が急増している。スパンションやARM、横河ディジタルコンピュータが連携して行っているマイコン開発キットを用いた「ハンズオンセミナー」から、課題解決のヒントになりそうなチェックポイントをいくつか紹介する。(2014/3/19)

企業動向:
DTSが横河ディジタルコンピュータの発行済み株式の90%を横河電機から取得
横河ディジタルコンピュータは、親会社である横河電機が所有する横河ディジタルコンピュータの株式を、DTSに譲渡する契約を締結したと発表。これにより横河ディジタルコンピュータは2014年4月からDTSの子会社となる。(2014/2/28)

車載ソフトウェア:
日産とタタコンサルが共同開発した静的解析ツール、横河ディジタルが国内販売へ
日産自動車とタタ コンサルタンシー サービシズ(タタコンサル)が共同開発した静的解析ツールを、タタコンサルが「TCS ECA」として一般販売する。国内販売は横河ディジタルコンピュータが行う。(2014/1/21)

プログラマブルロジック:
全周囲監視や高速伝送――ARMコア搭載プログラマブルSoC「Zynq」がHD映像の高速処理を実現
東京エレクトロン デバイスは、「Zynq-7000 All Programmable SoCセミナ2013」を開催した。会場内ではXilinx製ICチップ「Zynq-7000 All Programmable SoC」に関連した技術講演に加えて、パートナー企業がZynq-7000 All Programmable SoCを応用したハイビジョン映像の画像処理システムや開発支援ツールなどのデモ展示を行った。(2013/10/21)

Embedded Technology 2013:
変革が迫られる組み込み業界の覚悟を示す!――ET 2013開催概要
国内最大級の組み込み関連イベント「組込み総合技術展 Embedded Technology 2013」の開催概要が発表された。今回の開催テーマは、“Be Connected with ET”。ネットワークやクラウドサービスとつながることで大きな進化を遂げつつある組み込み技術をET 2013を通じて国内外にアピールする。(2013/8/29)

ET2012:
横河ディジタル、フラッシュオンボードプログラマの最新版「NETIMPRESS next」を初披露
横河ディジタルコンピュータは「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展」において、生産ライン向け汎用フラッシュオンボードプログラマの最新版「NETIMPRESS next AF430」を披露した。自動車分野の他、白物家電分野での展開を狙う。(2012/11/16)

ET2012 開催直前情報:
Windows Embeddedで実現するインテリジェント システムの優位性をアピール
「Embedded Technology 2012」における日本マイクロソフトのテーマは「インテリジェント システム」だ。多くのパートナー各社とともにWindows Embeddedで構築されたインテリジェント システムを訴求する。さらに、Windows 8搭載デバイスの展示や講演/セミナーにも注目したい。(2012/11/2)

ET2012 開催直前情報:
性能計測やデバッグで困っているならその場でお試し、横河ディジタルコンピュータ
横河ディジタルコンピュータは「Embedded Technology 2012」において「エンジニアが抱える開発環境課題への解決ソリューションを実感ください」というスローガンを掲げた。ブースでは、Linux開発環境やAndroid/マルチコア環境、ARM開発環境など、現在注目されている各種ソリューションを取りそろえ、実機に触れてもらいながら技術スタッフが説明する。(2012/10/30)

Embedded Technology 2012:
組み込みの変化点を見極める6つの成長分野――ET 2012開催概要
国内最大級の組み込み関連イベント「組込み総合技術展 Embedded Technology 2012」の開催概要説明会が都内で実施。組み込みの新しい変化点を見極めるためにET 2012でフォーカスされる6つのターゲットテーマとは?(2012/8/30)

製品リリース/デバッガー:
Atom E600番台対応の動的解析ツール「adviceLUNA システムマクロトレース」登場
横河ディジタルコンピュータは、組み込み機器開発者向け動的解析ツール「adviceLUNA システムマクロトレース」のインテル Atom プロセッサ E600番台対応モデルを発表した。(2012/4/23)

ESEC2012 スペシャル・プレビュー:
PR:インテルが提唱する「インテリジェント・システム」で実現できるもの
インテルが提唱している「インテリジェント・システム」のことをご存じだろうか。その概念を理解しているつもりでも、実際にそれがどのような価値を生み出すものなのか、具体的に説明するのは難しい。そのヒントを、インテルは「第15回 組込みシステム開発技術展(ESEC2012)」で提示する。インテリジェント・システムにより得られる新しい価値、そのアウトプットを最新の展示デモで体感してほしい。(2012/4/17)

【ET2011特集】OPEN記念企画記事:
「スマートエネルギー」「機能安全」「グローバル」――実行委員長が教えるET2011の“3つの注目キーワード”
下半期最大規模の組み込み関連イベント「Embedded Technology 2011/組込み総合技術展」の開催に向け、「@IT MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」の3メディアによる特集ページがオープンした。本稿はそのオープニング記念記事として、9月に行われた事前説明会で、ET2011 実行委員会 委員長が明かした“見どころポイント”を紹介する。(2011/10/17)

プロジェクト管理ツール紹介:横河ディジタルコンピュータ編
組み込み開発のプロセス最適化も支援する計画・進ちょく管理ツール「microEPS」
短納期・多品種、同時並行開発が主流である組み込みソフトウェア開発。そのプロジェクトを効率的に管理する上で求められる管理ツールの要件とは一体何だろうか?(2010/8/11)

プロジェクト管理ツール紹介
プロジェクトの失敗が企業経営上の問題にもなる現在、プロジェクトを成功に導くためには、その適切な管理が重要なカギとなる。本連載ではプロジェクト管理を支援する主要な製品を紹介していく。(2009/12/8)

ホワイトペーパーレビュー
プロセス改善に役立つ「プロジェクト管理」が分かる3つのホワイトペーパー
2009年からIT業界にも適用された「工事進行基準」への対応を含めて、より正確性が求められるプロジェクト管理。本稿では、プロジェクト管理に関する3つのホワイトペーパーを紹介する。(2009/11/2)

ESEC 2009:
見えてきた!? ケータイ以外でのAndroidの適用例
組み込み関連の展示会「ESEC2009」で、来場者の興味を引き付けていたのが「Android」の存在だ。話題の携帯電話向けのソフトウェア・プラットフォームだが、いま“非ケータイ分野”でもその可能性に大きな期待が寄せられている。(2009/5/21)

次世代の制御系車載LAN規格が本格採用へ:
始動するFlexRay
次世代の車載LAN規格として注目を集めてきたFlexRay。その本格採用が、間もなく始まろうとしている。同規格は欧州を中心として策定されてきたが、その最終仕様が2009年末までに発表される見込みだ。この最終仕様には、日本の自動車メーカーの意見も取り入れられており、2010年以降は、日米欧で FlexRayを採用した新車開発が本格化する。(2009/4/1)

横河ディジタル、DVD品質のビデオコーデックをWin CE開発キットに実装
横河ディジタルのWindows Embedded CEデベロッパーズキットに、アクトイマジンのソフトウェアビデオコーデックが実装された。(2007/9/10)

新たにカーネルを設計したEmbedded CE 6.0が出荷開始
11月13日、マイクロソフトは組み込み機器向けOSである「Windows Embedded CE 6.0」の国内出荷開始を発表した。カーネルの再設計によるハイパフォーマンス化や通信面の強化、Visual Studio 2005との完全統合などを実現している。(2006/11/13)

シンビアン、Symbian OS開発者向けトレーニングセミナーを開催
12月11日、東京・港区のグランドハイアット東京にて、Symbian OS開発者向けのトレーニングセミナー「Symbian Cooking School 2006」が開催される。(2006/11/8)

ホワイトペーパー:
組み込みシステム向けプロセス管理ソフトで「プロセス改善」
WBSなどを用いたプロジェクト管理手法は重要だと言われながらも、工数増を嫌って導入に二の足を踏む企業は多い。横河ディジタルコンピュータの「microEPS」を使えばスムーズに導入できるようになる。(2006/4/12)

LSI共通プラットフォームで製品開発を効率化 NECエレが構築
(2005/6/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。