ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「外国人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「外国人」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PR:鳥取市に移住した外国人「トットリー氏」によるキャンペーンサイト公開! “住みたい田舎総合2位”鳥取市は本当に住みやすいのか聞いた
“住みたい田舎”上位常連の実力とやら、見せてもらおうか……!(2020/2/28)

日本人上司もマネジメントに苦慮か:
外国人材、日本企業の認識よりずっと「職場に不満満載」――昇進の遅さネック
日本で働く外国人人材の職場への不満、調査で判明。昇進・昇格の遅さに加え孤独感を感じている人も多かった日本企業側の認識より不満をため込んでいる結果に。(2020/2/26)

FM:
施設の案内板や誘導表示が不要に、床面に映像を投影し目的地まで誘導するシステムを開発
空港や駅、商業施設で働くスタッフは、訪日外国人観光客や高齢者などの案内に多くの時間を割いており、通常業務を円滑にこなせなくなっている。三菱電機は、こういった問題の解消を目指し、床面にアニメーションを投影し目的地まで誘導するシステムを開発した。(2020/2/20)

そもそも入港拒否はできたのか ダイヤモンド・プリンセスを巡る「法的根拠」の話
「客船を日本の港で受け入れるべきだったのか」「客船に上船する外国人船客と乗員の対応は日本がしなければならないのか」などさまざまな議論がなされていますが、少し立ち止まって考えてみましょう。(2020/2/19)

JR全線、新幹線にもほぼ乗り放題 外国人旅行者向け鉄道パス「ジャパン・レール・パス」Web販売が可能に 2020年6月1日から
指定席予約にも対応。来日する海外の友人知人に教えてあげましょう。(2020/2/18)

スピン経済の歩き方:
新型コロナ感染拡大でも、日本が「中国人」を受け入れ続ける理由
日本国内でコロナウイルスの感染拡大が本格的に始まった。アメリカやオーストラリアなどは中国全土からの外国人入国拒否という対応をとったのに、なぜ日本は同じことができないのか。筆者の窪田氏は、できない理由として……。(2020/2/18)

観光地「京都」「大阪」「奈良」ガラガラ、ホテルの料金は?
新型コロナウイルスの感染拡大で、京都、大阪、奈良など日本を代表する観光地に異変が生じている。中国など訪日外国人客数が大きく減り、ホテルの宿泊料金も暴落しているというのだ。(2020/2/16)

「求人が具体的ではない」「履歴書の記入が難しい」 外国人を対象としたアンケートで浮かびあがる日本の「求人」の問題点
昇給制度や残業に対する鋭い指摘も。(2020/2/14)

中韓米、3カ国からの観光客に調査:
日本の自販機、外国人の約9割が訪日中に利用。残り1割はどうしたら使ってくれるのか、調査で判明
JR東日本ウォータービジネスが訪日外国人の自動販売機利用に関する調査結果を発表した。調査結果によると、約9割が「満足」と回答した。改善した方が良いポイントや、訪日中に自販機を使わなかった人が挙げた「もっとこうしてくれたら使ったのに」というポイントとは。(2020/2/10)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
訪日インバウンド施策はなぜうまくいかないのか
2019年は訪日外国人数が過去最多となった。2020年はオリンピックイヤーとして成長がさらに加速すると期待される。しかし、多くの企業や自治体が「訪日インバウンド」に向けて打つ施策には、何かが欠けていないか。(2020/2/7)

窓口の負担も軽減:
郵便局でキャッシュレス決済が可能に 重い腰を上げさせた意外な客層とは?
2月から郵便局でキャッシュレス決済が可能になった。若年層だけでなく外国人観光客のニーズを受けた形だ。ポストカードや日本で購入した商品を発送するのにニーズがあるという。5月には対象を拡大する予定。(2020/2/3)

外国人アルバイト、実は1カ月で多くが辞めていた 85%が上司や先輩との人間関係の不満で退職
言葉や習慣のちがいでハードな職場がよりキツく。(2020/1/22)

CES2020:
カーシェアや交通機関を外国人にも使いやすく、話者に合わせて言語を自動切換え
英語で話しかけると英語で、ドイツ語で話しかけるとドイツ語で、乗客の問いかけに答えるバスが2020年内にも走り出す。(2020/1/16)

今日のリサーチ:
2020年の旅行市場動向 訪日外国人は3400万人に上る見通し――JTB調べ
東京2020オリンピック・パラリンピックが本番を迎える2020年、訪日外国人旅行者数は7.9%増加して3430万人になる見通しです。(2020/1/10)

地域ビジネス、ここがカギ:
動き出した1400キロのサイクリングロード 千葉から和歌山まで、壮大な計画の狙い
千葉県から太平洋岸を通り、和歌山県に至る全長約1400キロのサイクリングロードの整備が加速している。2020年を機に、サイクリング好きの外国人観光客を取り込むことが期待されているからだ。どのようなルートになるのだろうか。(2020/1/10)

ゲーセンで苦戦する外国人の女の子を見かねた男の子が…… 恋の芽生えを感じさせる漫画が甘酸っぱい
このあとどうなったのか気になる!(2020/1/7)

今注目の「IR」……日本に必要なのか? 外国のIRに勝てるのか?
増え続ける訪日外国人旅行者。それでもIRは必要?(2020/1/5)

インバウンド消費の実態は? 関東の訪日外国人1人当たりの消費額、実は減少中
(2019/12/26)

台湾で注目されている日本製品ランキング 「日清 から揚げ粉」が上昇中
訪日外国人向けのショッピングサポートアプリ「Payke」の商品接触ランキングデータと検索数を比較。台湾で人気の日本製品は?(2019/12/26)

2800万人がやってくる大阪万博 新ビジネスに虎視眈々
2025年大阪・関西万博に向け、企業の新ビジネス創出を支援する動きが相次ぎ始まっている。国内外から約2800万人が訪れる万博会場は、新技術や商品を宣伝する絶好の機会で、訪日外国人客(インバウンド)の増大で会場外でも新たな事業機会が期待される。(2019/12/24)

JR東、英語版の公式Twitter始動 列車の遅れなど英語でツイート
JR東日本が、英語版の公式Twitterアカウントの運用を始めると発表。24日の午前10時から、外国人客に向けて運行状況を英語でツイートする。管轄するエリア・路線ごとに9種類のアカウントを使い分ける予定。(2019/12/20)

ドキュメントや利用ツールの英語対応は約3割:
「日本語でビジネス会話ができない」約6割 Wovnが外国人従業員に関する調査結果を発表
Wovn Technologiesは外国人従業員に関する調査結果を発表した。外国人がいる企業の割合は34.0%。そのうち、人事や労務に関する書類やツールが英語に対応している企業は34.6%だった。(2019/12/20)

G20サミットで注目:
トップ3は関西勢が独占 外国人観光客がナビ検索した人気スポットは?
「2019ナビタイム スポット検索ランキング」によると、外国人観光客が最も検索したスポットは「大阪城天守閣」。2位は「鹿苑寺(金閣寺)」、3位は「奈良公園」となり、トップ3は関西のスポットが独占した。(2019/12/17)

グローバル人材に「合わせられない」日本の上司:
外国人部下に日本人上司の4割強「自己主張強い」「日本の常識通じない」とギャップ
外国人部下を持つ日本人上司に意識調査。4割強が「自己主張強い」「日本の常識通じない」と回答した。3割が「ノウハウ無く手探り」と、マネジメントへの苦労が浮き彫りに。(2019/12/10)

【レポ漫画】外国人漫画家が日本でデビューする難易度が高かった話
テラスハウスやスピリッツで活躍するペッペさんと担当編集の豆野さんに取材しました。(2019/12/10)

160カ国以上から来訪:
1年で230万人集客 順路なし、あえて“さまよう”美術館に外国人観光客の行列ができる理由
東京・お台場で2018年6月にオープンした美術館が、1年で約230万人が訪れる人気施設となっている。特に、外国人観光客が全体の5割を占めることが大きな特徴だ。同館を目的として東京を訪れる外国人が多いのはなぜか。施設の狙いと特徴を森ビルに聞いた。(2019/12/10)

本堂で瞑想、生マグロ料理も……外国人に人気「寺泊」
本来寺社の参拝者などが利用する「宿坊」が近年、急増する外国人観光客に日本独特のスタイルで泊まれる「寺泊(テラハク)」として人気を集めている。(2019/11/29)

業界動向:
建設業では受け入れが拡大する「外国人労働者」への依存度が高まる
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2019年11月分のマンスリーレポートを公表した。今回のトピックスでは、外国人労働者の動向をトピックスとして取り上げている。(2019/11/28)

ダイバーシティ工場への挑戦 ポッカサッポロが「全ラインの生産を止めてまで」社員総出のイベントを行うわけ
人手不足に悩む工場は多い。ポッカサッポロ フード&ビバレッジの群馬工場もその一つだ。そんな工場が、外国人スタッフの採用に乗り出している。異文化人材の受け入れのために意識した、マネジメントの工夫とは。(2019/11/26)

夜の道頓堀に訪日外国人を AR技術で観光地をPR
大阪には、東京と比べて夜間に町を歩く訪日観光客が少ないという課題がある。地元商店会や大阪観光局、NTTドコモ、JTBなどは夜間も楽しめるコンテンツを考える協議会を設立。AR技術などを活用して消費拡大を目指す。(2019/11/14)

店頭価格を外貨で表示 NTTコム新サービスで 
 NTTコミュニケーションズは12日、シンガポールのフィンテック関連企業と協業し、常に変動する外国為替レートを1日間固定して提供する日本初のサービスを11月下旬から始めると発表した。飲食店や小売店などが導入すれば、訪日外国人観光客の支払いの際に外貨での価格表示が可能になる。為替レートを気にせず、安心して買い物や飲食ができるようにして、店舗での売り上げ拡大につなげたい考えだ。(2019/11/12)

3年でトラブル件数は1.5倍に:
カバンのトラブル急増中? 東京メトロがキャリーバッグに関するマナー啓発活動開始
東京メトロがバックメーカーと連携してマナー向上キャンペーンを実施する。東京メトロでは2010年からキャリーバッグなど手回り品に関するマナー向上のキャンペーンを実施している。東京メトロだけでなく、鉄道各社におけるキャリーバッグに関するトラブルは年々増加傾向。背景には外国人観光客の増加もありそうだ。(2019/11/12)

サイクリストに優しい環境整備:
世界に誇る「サイクリングロード」を初指定 選ばれた3ルートはどこ?
国土交通省は、訪日外国人の誘客などに有効なサイクリングロードとして、「ナショナルサイクルルート」の第1次指定ルートを発表。「しまなみ海道サイクリングロード」「つくば霞ヶ浦りんりんロード」「ビワイチ」の3ルートが選ばれた。(2019/11/8)

キャリアニュース:
日本での仕事に「良い」印象があると在留外国人の64%が回答
「Guidable Japan」が、外国人労働者を対象とした日本国内での労働イメージ調査の結果を発表した。回答者の64%が、日本の労働システムに良い印象を持っており、職種では「技術職」や「教師」の人気が高かった。(2019/11/8)

インバウンド呼び込み 銭湯が民泊とタッグ
 銭湯が民泊と連携し訪日外国人客(インバウンド)を呼び込もうとする取り組みが、大阪で進んでいる。利用客の激減で先細りする銭湯にとっては窮余の一策だが、体験型の観光を提供できる上に浴室を清掃する手間が省けるなど、民泊にもメリットはある。さらに周辺の商店にも足を延ばしてもらおうと、割引などの特典を受けられる仕組みを考案し、年内の導入に向けて準備を進めている。(北村博子)(2019/10/31)

浴室に響いた「クール!」の声 銭湯が民泊とタッグ、外国人客取り込みへ
銭湯が民泊と連携し訪日外国人客(インバウンド)を呼び込もうとする取り組みが、大阪で進んでいる。(2019/10/31)

秋葉原の変化に戸惑う漫画「私の街 秋葉原」に共感の声 「あの電気街も今や外国人に人気の観光地」
明治までさかのぼれば青果市場ですしね……。(2019/11/1)

郵便局にキャッシュレス決済を導入 まず来年2月に65局、令和5年には全2万局
 日本郵便は来年2月に全国65カ所の郵便局でキャッシュレス決済を導入する。切手・はがきの購入や郵便料金、宅配便の運賃の支払いにクレジットカードや電子マネー、スマートフォン決済を使えるようにする。当初は各都道府県で最低1局は設け、同年5月に8477局、令和5年には簡易局を除く全2万局に広げる。東京五輪で訪日外国人の増加が見込まれることから決済の利便性を高める。(2019/10/25)

キャリアニュース:
外国人と一緒に働いたことが「ある」と58%が回答
求人サイト「エンバイト」が「外国人と一緒に働くこと」に関するアンケート調査の結果を発表した。外国人と一緒に働いたことが「ある」と58%が回答し、一緒に働く上での効果的な工夫は、「分かりやすい日本語で話す」が最も多かった。(2019/10/24)

現場管理:
飛島建設とロゼッタ、建設業界向け多機能ハンズフリーシステムの開発に着手
飛島建設とロゼッタグループは、建設業界向けの多機能ハンズフリーシステム「T-4PO」の製品化に向けて共同開発に着手した。より多くの外国人とのコミュニケーションの実現と、安全性の向上を図る。(2019/10/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(145):
Windows 10に潜む、変な日本語
いま日本では、急増する外国人観光客向けにさまざまな言語に対応した案内表示が増えています。その中に「この先の段差に注意」が「この先の格差社会に注意」という意味の変な中国語になっていて話題になっているというニュースを見ました。Windowsは多言語対応をうたっていますが、皆さん、使っていて変な日本語に出会ったことはありませんか。(2019/10/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
「外国人が働きたい国」で日本が33カ国中32位――この国の“真に深刻な問題”とは
「外国人が働きたい国」で日本が33カ国中32位に。賃金やワークライフバランスで高評価な国が上位となった。一方、全項目で評価の低い日本の本質的な問題とは?(2019/9/27)

日本独特の「年功序列」が影響?:
日本企業の約2割で外国人正社員の方が給与低く 平均月収4.6万円の「格差」も
外国人正社員がいる日本企業の約2割で日本人より給与が低い結果に。平均月収で4.6万円の「格差」も出た。年功序列的な賃金運用が影響か。(2019/9/12)

日本の都市特性評価:
国内主要72都市と東京23区の"都市総合力"ランキング発表 トップ3は変わらず
森記念財団が、主要72都市と東京23区を対象に特性評価を発表した。主要都市の首位は2年連続で京都市だった。23区を対象とした評価でも、トップ3は変わらず。携帯電話の位置情報を基に行った外国人観光客の動向調査も同時発表。(2019/9/10)

海外在住のバツイチ外国人彼氏が離婚していなかった! 明らかにダメな恋愛を吹っ切れない相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
単純に遊ばれたってことですよね?(2019/9/9)

一蘭がとんこつ不使用ラーメン? ラーメン人気高まるイスラム圏に熱視線
今や日本の国民食となったラーメン。大阪や東京など都市部のラーメン店には訪日外国人客(インバウンド)の姿も目立ち、外国語のメニューを常備する店も増えている。そんな中、豚骨ラーメン専門店「一蘭」が売り出しているのが「100%とんこつ不使用ラーメン」。(2019/9/3)

防災:
丸の内エリアで自動走行可能な警備ロボット「SQ-2」を初活用し防災訓練、三菱地所
三菱地所は、自動走行可能な警備ロボット「SQ-2」を東京・丸の内エリアの防災訓練で初活用した。訓練では他に、VR防災体験車を用いた地震の疑似体験の他、訪日旅行客や外国人労働者に対する災害時の対応を想定した訓練を行った。(2019/8/31)

JR東日本とhi Japan、訪日外国人向け「JR-EAST Train Info」「Welcome Suica」利用促進トライアルを実施
JR東日本とhi Japanは、宿泊施設客室備え付けスマートフォン「handy」を活用した訪日外国人旅行者向け利用促進トライアルを実施。アプリ「JR-EAST Train Info」をあらかじめインストールし、「Welcome Suica」購入者にプレゼントキャンペーンも行う。(2019/8/27)

サグラダファミリアは3000円、日本のお寺は400円 日本は安い旅行先なのか?
訪日外国人という”量”は増えているが、来日で支払った額は必ずしも増えていない。安い国ではなく、価値ある国になるためには、適切な価格設定によって売り上げ増を果たすことが重要だ。ホテル向けにAIを使って最適な料金設定を提示する空と、レベニューシェアで観光地向けのオーディオガイドを製作するON THE TRIPの例から。(2019/8/19)

LINE Pay、WeChat Payと連携開始 訪日外国人向け
LINE Payは8月9日、中国コード決済サービス「WeChat Pay」との連携を開始した。WeChat Payユーザーは日本国内のLINE Pay加盟店に掲示されたQRコードをWeChat Payで読み込むことで決済ができるようになった。LINE Payはインバウンド対応をさらに強化する狙いだ。(2019/8/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。