ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「藤井聡太」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「藤井聡太」に関する情報が集まったページです。

大阪でも行列の北九州「資さんうどん」 社長はどんな人?
北九州市のソウルフードとして親しまれている「資さんうどん」が大阪に出店して半年あまり。舌の肥えた大阪人を満足させて今も行列ができる人気ぶりだ。(2024/6/14)

藤井聡太八冠とおそろい着物のピカチュウぬいぐるみ、日本将棋連盟クラファン返礼品に 「かわいい」「ほしい」と人気
(2024/5/18)

受験生に人気でSNSで話題に、売り切れも 「inゼリー」ブドウ糖、売れ行きや反響は?
2020年に登場し、今年は特に話題に。(2024/3/5)

「杉本昌隆八段と対局」「河崎実監督がオリジナルSF映画を製作」 日本橋三越の「抽選で当たる福袋」が夢のプランすぎる
抽選で「お買い上げ権利」をゲットした人だけが購入できます。(2023/12/16)

館内イベントも:
日本橋三越本店の福袋は「最大495万円」、内容は?
日本橋三越本店は2024年1月2〜4日、初売り「新春祭」を開催。話題のダンスチームによる特別パフォーマンスや箱根駅伝の特別トークショーのほか、「とっておきの体験」を提供する福袋を販売する。(2023/12/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪の新店舗が大盛況! 資さんうどんが乗り越えてきた、各地の「うどん文化」
福岡に地盤を持つ資さんうどんが、徐々に勢力圏を広げている。11月、大阪市に新店舗をオープンした。今後、どのような戦略をとっていくのか。同チェーンの人気メニューや各地のうどん事情を基に解説する。(2023/12/10)

2023年のSNS流行語ランキング 2位「アイドル・推しの子」、1位は?
SNSマネージャー有資格者への調査に基づいた、2023年のSNS流行語ランキングが発表された。(2023/12/8)

Yahoo!検索大賞2023、大賞は「大谷翔平」 アニメ&楽曲部門は【推しの子】と主題歌が!
「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」「君たちはどう生きるか」もそれぞれの部門で1位に!(2023/12/5)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
日本将棋連盟「羽生会長」が一人二役、「羽生達人」をセルフ表彰
2023年11月25日、日本将棋連盟 羽生善治会長の一人二役“セルフ表彰”が話題になりました。将棋好きの筆者は、2024年こそは羽生九段が前人未到のタイトル通算100期を達成することを願っています。(2023/12/5)

株式会社フラッグシステム提供ホワイトペーパー:
PR:準備から当日対応まで活用、セミナー運営を楽にするソリューションの実力とは
セミナーやイベントの運営は、参加者の公正な抽選から通知メールの送信、決済、受付対応まで幅広い業務があり、担当者の業務負荷が高いことが問題となりがちだ。業務を効率化するためには、何をすべきなのだろうか。解決策を解説する。(2023/11/20)

北九州のソウルフード「資さんうどん」が全国区に? 社長が関西で感じた“手応え”
(2023/11/9)

「ピクミン」や「あつ森」の「ラッピング×エコバッグ」発売 プレゼントのラッピングにもエコバッグにもなるアイテム
マリオやスプラトゥーン3のデザインも。(2023/10/21)

この絵、額縁が折れてるけど……? “額まで作品”なフレームアートがうなる秀逸さ
既成概念を打ち破るアート。(2023/10/21)

ガンダムメタバースからガンプラの3Dデータ流出の指摘 バンナム「調査を行っております」
バンナムは原因を追究し対策を講じるとしています。(2023/10/20)

ロイヤルホスト、英国フェアで人気の「フィッシュアンドチップス」などグランドメニューに
「洋食小皿」リニューアルも。(2023/10/20)

YouTubeに「長押しで倍速再生」などの新機能導入へ 視聴中の誤タップ防ぐ機能も
YouTubeにちょっと便利になる複数の新機能が段階的に導入されます。(2023/10/20)

「世界で一番辛い唐辛子」ギネス記録更新 キャロライナ・リーパーの1.6倍辛い「Pepper X」
その名も「Pepper X」。(2023/10/19)

自動運転タクシーサービス、2026年に日本で開始へ ホンダとGMが提携
指定場所まで迎えに来るところから、目的地に到達するまで全て自動運転のサービスになります。(2023/10/19)

「東海オンエア」騒動、所属事務所のUUUMが謝罪 「コンプライアンス上問題」「多くの皆様に不快な思い」
「このたび、当社クリエイターにより、SNSでのコンプライアンス上問題のある発言や動画の投稿が行われました」として謝罪しています。(2023/10/19)

ChatGPTのライバル、チャットAI「Claude」が日本で利用できるように
チャットAI「Claude」は、米OpenAIの元メンバーが設立した米Anthropicが開発。(2023/10/19)

“チョコミント味だらけのアイス自販機”が目撃されSNSで驚きの声 ビックリする光景、その理由は?
15枠中13枠がチョコミントのアイス自販機、設置元になぜなのか聞きました。(2023/10/19)

AIで“90年代アメリカの卒アル風”に加工した写真がSNSで流行 なんだかノスタルジックな写真続々
「SNOW」の開発元が提供しているAI写真編集アプリ「EPIK」の機能を使用しています。(2023/10/18)

東京メトロ、小学生向けに100円で乗り放題の「東京探検! 24時間こどもきっぷ」 数量限定販売
300円の東京メトロ24時間券(小児用)より200円お得。(2023/10/18)

ディスカウントスーパー「オーケー」が東京・銀座にオープン
銀座店限定の商品も。(2023/10/18)

X(Twitter)が投稿やリプライに年間1ドルを課す新プログラム ニュージーランドとフィリピンでテスト
ニュージーランドとフィリピンで新規アカウントを対象にテスト。(2023/10/18)

藤井聡太“八冠”誕生に将棋ラノベ作家「現実のほうがプロットの立て方おかしい」 『りゅうおうのおしごと!』白鳥士郎の反応に注目が集まる
事実が小説よりも奇すぎ。(2023/10/12)

株式会社フラッグシステム提供ホワイトペーパー:
PR:申込者の途中離脱を回避、イベントの質と効率を高める“成功の決め手”とは?
告知から申込フォームの作成、当日の受付・入退場管理に至るまで、イベントの開催には多岐にわたる関連業務が発生する。どれか1つでも不備があれば申込者の途中離脱を招きかねないため、担当者の負担を軽減する施策が求められている。(2023/10/12)

藤井聡太竜王・名人が八大タイトル全冠制覇 関連ワードが多数トレンド入りする盛り上がり
「藤井八冠」「王座戦」「八冠制覇」などがトレンド入り。(2023/10/11)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
羽生さんの苦悩と、藤井さんを育てた「人間の揺らぎ」
将棋は、半導体と同じくらい奥深く、味わい深い世界なんですね。(2023/7/3)

藤井聡太七冠と羽生善治九段の対局、YouTubeでライブ配信 午前10時から終了まで
テレビ愛知は28日に行われる「第71期王座戦挑戦者決定トーナメント」の準決勝をYouTubeなどでライブ配信すると発表した。(2023/6/26)

NEWS Weekly Top10:
AIで同人誌を作ってみたら……AIと人間の境界がなくなった?
生成AIをフル活用した同人誌「絶望の居酒屋」を作ってみた。ChatGPTにあり得ない居酒屋メニューを考案してもらい、画像生成AIで絵を生成して、居酒屋メニュー風に編集する……つもりだったのだが、この作業、想像以上に“人力”だった。(2023/6/26)

「AIより先に良い手を発見することある」──藤井聡太叡王と将棋AI「Ponanza」山本一成さんが対談
戦略や手筋の研究にAIを活用していることでも有名な藤井聡太叡王だが、たまに“AIを上回る一手”を見つけることさえあるという。名人をも下すAI将棋ソフト「Ponanza」開発者の山本一成さんは「これが実際あるんですよね。なかなかないと思ってたんですけど」と驚きをあらわにした。(2023/6/17)

つるの剛士、将棋の免状を公開しアマチュア四段取得へ意欲 本名の「つる」の漢字が話題になったことも
「『会長 羽生善治 名人/竜王 藤井聡太』の名前が入った四段免状が欲しい!!!」(2023/6/15)

Stable Diffusionを手元で動かしたい! 画像生成AIを動かすならどんなPCを選んだらいい?
どんなPCがあれば、Stable Diffusionのような画像生成AIを動かせるのか? 画像生成用にPCを選ぶなら、何に注意したらいいのか? そんなことを、マウスコンピューターに聞いた。(2023/5/29)

働き方の見取り図:
AIは人間の仕事をどこまで奪う? 共存はできる? ChatGPTから返ってきた6項目の回答
人間の仕事は、このままAIに奪われてしまうのか――。機械が代替できる仕事とできない仕事の境界線は、これまで人間が人間自身の役に立つために何を行ってきたかを掘り下げることで見えてくる。仕事にまつわる3つの要素「実務」「価値」「責任」にフォーカスし考察する。(2023/5/23)

20歳が選ぶ「ドライブ中にかけたいアーティスト」 2位「Official髭男dism」「Mrs. GREEN APPLE」、1位は?
ソニー損害保険は、20歳の男女1000人を対象に「20歳のカーライフ意識調査」を実施した。(2023/2/28)

新成人500人にアンケート:
応援したい今年の新成人 3位「なにわ男子・道枝駿佑」、2位「Ado」、1位は?
マクロミル(東京都港区)は2023年に成人式に参加する500人を対象に「新成人に関する調査」を実施した。「今年の新成人(有名人)のうち、活躍を期待・応援している人」の1位は将棋棋士の「藤井聡太」さんだった。(2023/1/9)

ガンダム「水星の魔女」12話が強烈過ぎてトレンドほぼ制圧 唯一ガンダム以外でトレンドに残ったのは「羽生善治九段」
羽生さん強い。(2023/1/8)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
毎年4万人を奪い合い!?――“優秀な人材”について考える
皆さんの考える「優秀な人材」についてご意見や採用基準がありましたら、コメントやSNSで共有していただければと存じます。(2022/12/27)

国産AIはなぜ炎上する? 「mimic」開発元に反省点を聞いた 海外産AIは平常運転、待つのは“日本1人負け”か
2022年、画像生成AIが大きな注目を集めた。「Midjourney」など海外産AIの多くは受け入れられた一方、「mimic」や「クリスタ」では炎上し、停止に追い込まれる事態が続いた。なぜこのような事態になってしまったのか? 画像生成AIと2022年を振り返る。(2022/12/26)

AMD、藤井聡太五冠にPC提供 CPUは100万円超えの「Ryzen Threadripper PRO 5995WX」
米AMDの日本法人であるAMD Japanは、藤井聡太五冠に「AMD Ryzen Threadripper PRO」を搭載したPCを提供したと発表した。藤井五冠は8月、同社のブランド広告に出演。自身もAMDユーザーであり、PCを使い将棋研究に取り組んでいることを明かしていた。(2022/12/13)

「藤井聡太」特集号以来2年ぶりに3刷:
スポーツ誌「Number」の『ウマ娘』コラボ号、売り切れ続出 発売1週間で14万部完売→3万部増刷へ
文藝春秋はCygamesが手掛けるスマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(ウマ娘)とコラボしたスポーツ総合雑誌「Number」(10月20日発売号)が、発売1週間で14万部を完売したと発表した。売り切れ店舗が続出し、3万部増刷する。(2022/10/27)

NYで幼稚園教諭に転身の久保純子アナ、初めての“卒園式”で感極まる 涙する園児の姿に「ジーン」
久保さん「小学校でも幸せな時間を過ごしてね」(2022/6/17)

名古屋限定スイーツ「ぴよりん」がかわいいぬいぐるみポーチに 初の付録つき公式ブック『ぴよりん ぬいぐるみポーチBOOK』発売
もふもふでかわいい!(2022/5/31)

勝負の時に飲みたいお茶:
サントリー、藤井聡太が監修した「伊右衛門」発売 特徴は?
サントリー食品インターナショナルは4月19日、将棋棋士の藤井聡太さんが監修した「伊右衛門 心冴える勝負の緑茶」を数量限定で発売した。(2022/4/19)

プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む!:
“最強PC”を組めるヤツに会いに行く そして生まれた怪物のスペックは
プロの将棋棋士が研究に使える、“最強の将棋AIマシン”を組むべく記者が奔走する本連載。今回は「CPUもGPUも強いマシンを使ってみたい!」と自作PC専門家に相談し、実際にブツを組み上げるまでのお話。(2022/4/6)

羽生善治九段がTwitterアカウントを開設→「羽生さん」がトレンド入り 「エイプリルフールではないですよね!!」「大感動、大感激です」
これからの投稿が楽しみ。(2022/4/2)

「イーロン・マスクになる可能性がある」:
サイバーエージェント藤田晋社長が、ホリエモンの宇宙ビジネスに出資した理由
サイバーエージェントがインターステラテクノロジズに出資を決めた理由を藤田晋社長がホリエモンに明かす。(2022/2/15)

新連載:
プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む! ある相談から全てが始まった
「ディープラーニング系の将棋ソフトを使いたい」──広瀬章人八段のこんな相談から、ITmedia NEWSの新しい連載が始まった。(2021/12/29)

布川敏和、個人的な“今年の漢字”は「育」 初孫にメロメロで「すくすくと育ってるのが 嬉しい爺だからネ」
初孫の夕結ちゃんをでき愛している布川さん。(2021/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。