ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「古河電気工業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「古河電気工業」に関する情報が集まったページです。

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2021:
道路付属物の状態を動画でまとめて見られる新システム、古河電気工業
古河電気工業は、対象の道路に設置された標識やカーブミラー、照明、街路樹などの状態をまとめてチェックするのに役立つ付属物巡視支援システム「みちてんクルーズ」を2021年9月にリリースする。(2021/7/20)

産業動向:
古河電工のエネルギーインフラ事業、2020年度はコロナの影響で営業利益は19億円の損失
古河電気工業が展開するエネルギーインフラ事業の2020年度実績は、新型コロナウイルス感染症の影響や新規材料の強化費用といった特殊要因が作用し、売上高は前年度割れの1009億円にとどまり、営業利益は19億円の損失となった。(2021/6/10)

人とくるまのテクノロジー展2021:
人とくるまのテクノロジー展はオンラインのみでの開催に、会期は7月30日まで
自動車技術会は2021年5月17日、「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2021オンライン」の開催概要を発表した。オンラインでの開催は初となる。(2021/5/18)

トヨタに続き2社目:
インターステラ、古河電工から出向社員を受け入れ 「助っ人エンジニア制度」でロケット開発の加速目指す
インターステラテクノロジズ(北海道大樹町)は、企業や大学、研究機関からエンジニアを受け入れる「助っ人エンジニア制度」を活用し、古河電気工業から新たに1人のエンジニアを受け入れたと発表した。(2021/5/12)

電気自動車:
古河電工と日亜化学が電動車部品向けレーザー加工を強化、2025年に100億円見込む
古河電気工業と日亜化学工業は2021年4月26日、電池やモーター、インバーターなどの電動車の部品で必要となる銅のレーザー溶接に関して、業務提携に合意したと発表した。(2021/4/27)

宇宙開発:
古河電工が小型衛星向け電気推進機の電源を開発へ、JAXAと共創開始
古河電工とJAXAは、小型衛星向け次世代電気推進機(ホールスラスター)の軽量化、低コスト化に役立つ電源の共同開発を開始すると発表。古河電工は、2025年度の軌道上実証や2026年度以降の事業化を目指す。JAXAは、将来のJAXAミッションを支える次世代ホールスラスターへの適用可能性を探る。(2021/3/16)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
「DXの型」でコトづくり実現へ、古河電工デジタルイノベーションセンターの挑戦
古河電気工業(古河電工)は2020年4月、社内のデジタル化の取り組みの成果を社内で横串を通して広げていく部署として、研究開発本部の傘下にデジタルイノベーションセンターを設立した。センター長を務める野村剛彦氏に、同センターの設立経緯や取り組みなどについて聞いた。(2021/3/11)

知財ニュース:
10年連続革新的企業トップ100入りのパナソニックと日立、知財戦略も未来志向で
クラリベイト(Clarivate)は、保有する特許データを基に知財/特許動向を分析し、世界で最も革新的な企業100社を選出する「Clarivate Top 100 グローバル・イノベーター 2021」を発表。今回で10回目の発表となるが、会見では10年連続でトップ100に入ったパナソニックと日立の知財部門担当者が登壇し、両社の知財戦略について講演した。(2021/2/25)

インフラを企業の“足かせ”にしない KDDIが全社1万2000人に向けたゼロトラストネットワークを展開するまで
テレワークの普及に伴い、ゼロトラストの実現は企業の喫緊の課題だ。大手キャリアのKDDIは2019年12月から、約1年をかけてゼロトラストネットワークを実現し、ユーザー約1万2000人に向けて全社展開した。KDDI担当者が語る境界型のセキュリティモデルからゼロトラストを実現するまでの道のりとは。(2021/2/26)

約半数の企業がテレワーク中の委託先「対応力」に不安――IPAセキュリティ実態調査
IPAは、「ニューノーマルにおけるテレワークとITサプライチェーンのセキュリティ実態調査」のうち、企業や組織へのアンケート調査結果を公開した。IT業務委託元の企業の約半数が、セキュリティインシデント発生時の対応体制に不安を抱えていた。(2021/2/2)

太陽光:
太陽光発電の施工を20%省力化、古河電工のアルミケーブルの採用で
古河電気工業とSFCCは、製造販売を手掛けるアルミ導体CVケーブル「らくらくアルミケーブル」が、鹿児島県の太陽光発電所に採用されたと発表。発電所建設における延線工事の約20%の省力化に貢献したという。(2021/1/8)

半径300メートルのIT:
2021年にもう一度“トラスト”を考え直す 「無条件に信頼しない」3つのポイント
2021年最初のコラムは、ITセキュリティにおける「トラスト」について考えます。トラストは、セキュリティの根幹をなす重要な考え方です。本稿でトラストするものとトラストしないものをもう一度確認しましょう。(2021/1/5)

コロナ禍と進む分断:
2020年の半導体業界を振り返る
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威をふるい、その影響が多方面に及んだ2020年。半導体/エレクトロニクス業界にとっては、COVID-19の他にも、米中ハイテク戦争というもう一つの懸念を抱えたままの1年となりました。この2020年を、EE Times Japanに掲載した記事とともに振り返ります。(2020/12/25)

金属加工技術:
アルミニウム合金と合金化溶融亜鉛めっき鋼板の異材接合技術を開発
ダイヘンは、レーザーアークハイブリッド溶接を用い、アルミニウム合金と合金化溶融亜鉛めっき鋼板の異材接合技術を開発した。レーザー未照射期間の入熱を抑制することで、脆弱な金属間化合物の生成を抑える。(2020/12/24)

組み込み開発 年間ランキング2020:
新しい電池はカーボンニュートラルに不可欠、“ニヤリ”おじさんが引っ掛かる
2020年に公開したMONOist組み込み開発フォーラムの記事をランキング形式で振り返る。1位に輝いたのは、多くの期待を集める新方式の二次電池の記事でした。(2020/12/21)

ITmedia エンタープライズ 2020年を振り返る〜コロナ禍編〜:
2020年、コロナ禍は組織のITをどう変えた? 注目の話題5つを振り返ろう
社会や組織が大きな変化を余儀なくされる中、組織や人、データを結び付け、その安全を守るITの新たな役割や課題が次々と明らかになってきました。その中から、2021年の参考にしたい話題を5つ取り上げます。(2020/12/18)

ITmedia Security Week 2020冬:
「ゼロトラストセキュリティ」ってどこから始めればいいの? 最初に押さえたい“基本のき”を解説
近頃セキュリティ業界で流行る言葉と言えば「ゼロトラスト」だ。いろいろな説明が飛び交うが、そこで本当に求められていることとは何なのか。そしてゼロトラストに至る道はどこにあるのか。パロンゴの林達也氏が解説した。(2020/12/17)

半年で全社のセキュリティを「ゼロトラスト」に 古河電工の情シスが語る、現場と経営陣の巻き込み方
コロナ禍で働き方が大きく変わったことをきっかけに、セキュリティを見直す組織は少なくない。数千人規模のセキュリティをゼロトラストに刷新した古河電工だが、情シスも“想定外”だったというスピード導入が成功した背景には、現場と経営陣の納得を得る、同社ならではのやり方があった。(2020/12/11)

自動車業界の1週間を振り返る:
「2030年代半ばに新車全て電動車」と聞き、前回の東京モーターショーを思い出す
みなさんこんにちは。金曜日です。1週間おつかれさまでした。12月の金曜日は、あと3回しかありません……。長いような短いような、いろいろあったような、何もなかったような、不思議な1年でしたね。この言い方だと2020年を思い返すべきところですが、私が思い出しているのは2019年の東京モーターショーです。(2020/12/4)

自然エネルギー:
家畜のふん尿が発電の原料に、LPガス化触媒を新開発
古河電気工業は2020年12月2日、家畜などのふん尿から得たバイオガスをLPガスに変換する触媒技術を開発したと発表した。今後この技術を利用した実証を進め、2030年の実用化を目指すという。(2020/12/4)

FAニュース:
電動車向けモーター用レーザー溶接機でNITTOKUと古河電工が協業
NITTOKUと古河電気工業(以下、古河電工)は2020年11月26日、協業により電動車向けモーター用レーザー溶接機を製品化したと発表した。電動化が加速し需要が高まる自動車向けモーター製造の生産効率向上に貢献する。(2020/11/27)

自動車業界の1週間を振り返る:
リコールじゃない、性能アップのためのソフトウェアアップデートが始まる
みなさんおはようございます、土曜日です。1週間、お疲れさまでした。今週は新型車が相次いで発表されましたね。(2020/11/21)

古河電工、電装エレクトロニクス材料事業:
コロナ影響「回復基調」、5Gやクルマ向け市場開拓へ
古河電気工業(古河電工)は2020年11月17日、電装エレクトロニクス材料事業の事業説明会を実施、同事業の通期予想や今後の戦略などについて説明した。(2020/11/19)

材料技術:
CASEで変わるワイヤハーネス、2024年には売上の半数がアルミハーネスに
古河電気工業は2020年11月17日、オンラインで自動車部品事業の説明会を開いた。古河電気工業 自動車部門事業部門長の阿部茂信氏が出席し、事業の現状や今後の戦略を説明した。(2020/11/18)

金属加工技術:
EVで増える銅加工を容易に、古河電工がハイブリッドレーザー技術を製品化
古河電工は2020年11月16日、青色ダイレクトダイオードレーザー(青色DDL)と近赤外(IR)ファイバーレーザーを組み合わせたBlue-IRハイブリッドレーザー「BRACE(ブレイス)」を2021年1月18日に発売すると発表した。(2020/11/17)

太陽光:
太陽光発電のケーブル盗難防止への期待も、古河電工がアルミケーブル拡販へ
古河電気工業は同社の高機能型低圧アルミ導体CVケーブル「らくらくアルミケーブル」が山梨県内のメガソーラー発電所に採用されたと発表した。アルミ導体ケーブルの活用は、近年多発する銅線の盗難に対する防止策としても期待できるという。(2020/9/24)

東芝など12機関、盗聴不可能な暗号技術「量子暗号通信網」の共同開発へ
東芝は、NECや三菱電機、東京大学などと共同で次世代暗号技術「量子暗号通信網」の実用化に向けた研究開発を始めると発表した。総務省の委託事業で、期間は2024年度までの約5年間。初年度の予算は14億4000万円としている。(2020/7/29)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
膨大な標識の定期点検は車で走るだけでOK、古河電気工業
古河電気工業は、ゼンリンデータコムと共同で、車で道路を走るだけで、標識などの道路付属物の定期点検が行える「みちてんスナップ」を開発した。(2020/7/28)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
EE Times Japan【2020年上半期人気記事 Top5】を発表!
上位を占めたのは、あの話題。(2020/7/6)

モビリティサービス:
ドラレコ映像から道路インフラの点検表を自動作成、国交省の要領準拠で
古河電気工業とゼンリンデータコムは2020年6月25日、ドライブレコーダーの映像から道路標識や照明、カーブミラーなどの点検表を自動作成するサービス「みちてんスナップ」の提供を開始したと発表した。(2020/6/29)

製造マネジメントニュース:
融合領域でのデジタルイノベーション推進のため、グループ内の横断組織を設立
古河電気工業は、グループ内のデジタルイノベーションを推進する組織として、2020年4月1日付けで「デジタルイノベーションセンター」を設立した。デジタル技術の中核組織として、人材の確保や育成、新規事業創出などに取り組む。(2020/6/29)

蓄電・発電機器:
再エネ用蓄電池の本命か? リチウム電池を超える新型鉛電池が量産実用化へ
古河電気工業と古河電池が、実用化が困難とされてきた次世代型蓄電池「バイポーラ型蓄電池」の開発に成功。現在主流のリチウムイオン電池より低コストで安全性に優れる蓄電池として、再エネの出力変動対策など向けに量産実用化する。(2020/6/17)

材料技術:
鉛バッテリーがリチウムイオン電池を超える、古河電工がバイポーラ型蓄電池で
古河電気工業と子会社の古河電池は、鉛バッテリーをベースにした「バイポーラ型蓄電池」を共同開発したと発表した。再生可能エネルギーの発電量変動抑制に用いられる長周期向けとなっており、電力貯蔵用蓄電システムを構築する場合にリチウムイオン電池と比べてトータルコストを半減できるとする。(2020/6/10)

コストはリチウムイオン電池比2分の1以下:
実用化困難とされた「バイポーラ型蓄電池」を量産へ
古河電気工業と古河電池は2020年6月9日、長年実用化が困難とされてきた次世代型蓄電池「バイポーラ型蓄電池」を共同開発した、と発表した。リチウムイオン電池と比べトータルコスト2分の1以下を実現するといい、「電力貯蔵用電池として理想的なものだ」と説明している。2021年度中にサンプル出荷、2022年度から製品出荷を開始する予定だ。(2020/6/10)

金属加工技術:
銅溶接をスパッタレスで、青と近赤外のハイブリッドレーザー技術を開発
古河電気工業は2020年6月5日、日亜化学工業と高出力青色レーザダイオードモジュールを共同開発し、高出力青色レーザー発振器と近赤外レーザーを組み合わせたハイブリッドレーザーによる溶接ソリューションを展開すると発表した。(2020/6/8)

拡大する電動車市場を狙う:
高出力青色LDモジュールで「最高レべル」の純銅溶接
古河電気工業は2020年6月5日、純銅のレーザー溶接における「世界最高レベル」の品質、深度、加工速度を実現する新しいレーザー溶接ソリューションを開発した、と発表した。日亜化学工業と共同開発した「高出力青色レーザーダイオード(LD)モジュール」などを用いたハイブリッドレーザーによるもので、同社は、「xEV構成部品の設計自由度の向上ならびに軽量化を実現する」としている。(2020/6/8)

太陽光:
紆余曲折の480MW離島メガソーラー計画、年度内の着工へ前進
長崎県佐世保市の離島「宇久島」で計画されている超大型480MWのメガソーラープロジェクト。プロジェクトの行く末に大きな関心が集まっていたが、着工に向けて大きく前進したようだ。(2020/5/7)

組み込み開発ニュース:
電界共振結合方式を用いて4.7kWのワイヤレス電力伝送に成功
古河電気工業は、同社の自動車・エレクトロニクス研究所で開発している電界共振結合方式を用いて、13.56MHzで4.7kWの電力を95mmの距離でワイヤレス電力伝送することに成功した。(2020/2/17)

FAニュース:
アルミニウムと鋼板を接合できる溶接システム、ランニングコスト抑制に貢献
ダイヘンと古河電気工業は、アルミニウム合金と亜鉛メッキ鋼板の異材接合が可能なレーザー・アークハイブリッド溶接システムを共同開発した。現状の溶接ライン設備が流用でき、特殊な材料も不要なため、ランニングコストが抑えられる。(2019/12/27)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019:
自治体に標識の施設台帳が無い?ドラレコ映像からAIで自動作成
古河電工は、AIを活用してドライブレコーダーで撮影した映像から、道路上の道路標識や照明などを判定し、施設台帳を自動で作成して、そのデータを基にARで現場点検を行うシステムを2019年度内の提供開始を目指して開発を進めている。これまでに日光市で試験導入したところ、作業時間が10分の1以下に短縮されたという。(2019/8/8)

FAニュース:
アルミニウム合金の溶接欠陥を大幅に削減するファイバーレーザー溶接技術
古河電気工業は、自動車用アルミニウム合金の溶接欠陥を大幅に抑制するファイバーレーザー溶接技術を開発した。(2019/7/1)

FAニュース:
レーザーアークハイブリッド溶接によるアルミと鋼板の新接合技術を開発
ダイヘンは、溶融接合が困難なアルミニウム合金と亜鉛メッキ鋼板の異材接合法において、品質・信頼性が高いレーザーアークハイブリッド溶接による接合技術を開発した。2019年度内に製品化する。(2019/6/13)

人とくるまのテクノロジー展2019:
全領域で優れた検知性能を実現、古河ASが新型車載レーダーをアピール
古河電工グループは「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)に出展し、古河ASが開発する準ミリ波帯車載レーダーの次世代機プロトタイプを初めて公開した。同レーダーは従来製品から検知性能を大きく伸ばすとともに40%の小型化を両立したことが特徴だ。(2019/5/23)

19コア一括光増幅器を開発:
NICTら、毎秒715Tビット信号を約2000km伝送
情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所と古河電気工業は、新たに開発したC帯とL帯の通信周波数帯に対応する19コア一括光増幅器を用い、毎秒715T(テラ)ビットの大容量光信号を増幅し、2009kmの長距離伝送に成功した。(2019/4/1)

知財ニュース:
イノベーションは特許活用がカギ、ホンダが知財戦略を語る
クラリベイト・アナリティクス(Clarivate Analytics)は2019年1月23日、世界で最も革新的な企業100社「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2018-19」を選出したと発表した。8回目となる今回は日本企業が39社受賞し、前回に続き日本が世界最多受賞国となった。(2019/1/24)

ギルドデザイン、iPhone XS/X向け新色&iPhone XS Max向けバンパーを発売
ギルドデザインは、10月26日にiPhone XS/X向けジュラルミンのケース新色「Signature Gold」と「ソリッドバンパー for iPhone XS MAX」の予約を開始した。(2018/10/26)

早めに帰りづらい部署も:
鉄鋼・金属業界の「残業が少ない企業」ランキング 2位は古河電工 1位は……
鉄鋼・金属業界の中で残業が最も少ない企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位は古河電気工業で月24.8時間だった。1位は……(2018/10/26)

神戸製鋼所もランクイン:
「鉄鋼・金属業界の平均年収」ランキング 2位は住友電気工業 1位は……?
鉄鋼・金属業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位は住友電気工業(589万円)だった。1位は……?(2018/9/12)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018:
“無電柱化”による多条配管をコンパクトにする「角型エフレックス」、古河電気工業
無電柱化の足かせとなっている埋設スペースと膨大な工事費用。これらの解決策として、ケーブル保護管のトップメーカーである古河電気工業が、地中の多条配管をコンパクトにする新製品「角型エフレックス」の本格的な販売を開始した。(2018/8/9)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018:
AR技術による道路標識や街路灯の点検支援システム、古河産業
古河産業は、各自治体が対応を急ぐ、道路標識や街路灯といった「小規模附属物」の点検を効率化し、現場での一括処理も実現したタブレット端末向けアプリの販売をスタートする。同製品は、2018年7月18日〜20日に東京ビッグサイトで行われたメンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018内の「第10回インフラ検査・維持管理展」にて披露された。(2018/7/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。