ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GALAXY Beam」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GALAXY Beam」に関する情報が集まったページです。

Mobile World Congress 2012:
Samsung、「GALAXY Note 10.1」やプロジェクター端末「GALAXY Beam」を披露
Samsung電子は、例年恒例となっていた新製品発表会「Samsung Unpacked」の開催を見合わせたものの、Mobile World Congress 2012開催に合わせて2つの新製品を発表した。(2012/2/29)

海外モバイルニュースピックアップ:
NokiaのWindows Phone新モデル「Lumia 610」は若者向け
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。Nokiaの新モデルや、プロジェクター搭載スマホ「GALAXY Beam」など、Mobile World Congressに関連したトピックをいくつかまとめました。(2012/2/28)

Mobile World Congress 2012:
「Mobile World Congress 2012」開幕、新型スマートフォンも続々登場
スペインのバルセロナで「Mobile World Congress 2012」が開幕した。通信事業者、端末メーカー、インフラベンダー、チップセットベンダー、コンテンツプロバイダーなど約1400の企業が最新製品や技術を披露する。(2012/2/27)

Samsung、プロジェクター搭載Androidスマートフォン「GALAXY Beam」発表
Samsungが、最大50インチの画像/映像を映せるプロジェクター搭載のGingerbread端末「GALAXY Beam」を発表した。(2012/2/26)

「Wave」「GALAXY」日本投入の可能性は――Samsung電子のスマートフォン戦略
Android端末やWindows phone、そして独自開発したOS「bada」搭載モデルなど、積極的にスマートフォンを展開しているSamsung電子。同社が4月23日に開催した説明会で、グローバル端末のラインアップを披露した。(2010/4/23)

“フルタッチ”と“プレミアム”で全セグメントの勝者に――Samsung電子の戦略
今、携帯電話の世界市場で勢力を伸ばしているメーカーがSamsung電子だ。同社がさらに勢いを加速させるための方策とは。そして「まだギャップがある」日本市場で存在感を高めるために必要なものとは何か。(2009/7/17)

韓国携帯事情:
Nokiaが再参入、カシオは独自端末を投入――個性派ぞろいの2009年韓国ケータイ春モデル
韓国を代表するタッチ端末シリーズ「Haptic」が高スペック化する一方、シンプルケータイも遊び心あるユニークな機能を搭載。再参入したNokiaやLGTとタッグを組んだカシオ計算機など海外勢の端末も注目を集めている。(2009/4/9)

Mobile World Congress 2009:
SamsungとTI、「DLP Pico」搭載のプロジェクターケータイをデモ
Mobile World Congress 2009のSamsungブースとTexas Instrumentsブースでは、Samsungが開発したプロジェクターケータイ「I7410」の実機デモを行なっている。TIが開発した「DLP Pico」モジュールを採用し、最大50インチまでのスクリーン投影が可能。(2009/2/19)

Mobile World Congress 2009:
携帯電話で50インチ以上の映像投影 プロジェクター内蔵型がSamsungから
50インチ以上の映像を投影できるというプロジェクター内蔵携帯を、Samsungが発売する。(2009/2/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。