ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GANTZ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GANTZ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

平成最後のコミケ終幕! 熱気あふれまくりのコミックマーケット95コスプレ写真総まとめ(そして新時代へ)
燃え尽きるほどヒート!(2018/12/31)

「気に入らなかったらコメント書かないよ」 漫画家・久保帯人、直筆で「BLEACH」実写映画化への思いを明かす
久保先生が言うなら観に行くしかねぇな……!(2018/7/14)

河北麻友子が人生初のショートヘア 胸元まであった髪をばっさりカット
短いのもあり。(2018/6/28)

なっが! パンダ宮司で話題の有鹿神社、今度は禰宜(ねぎ)がネギのかぶりもので登場 予想外の長さで度肝抜く
諸事情により、パンダ宮司とネギの禰宜さんは同時に出現できないそうです(察し)。(2018/4/28)

新しい「ZOZOSUIT」、全身水玉に悲嘆の声 「未来感消えた」「ダサい」「不二家レモンスカッシュ」
一方で「着て歩かないのだから見た目はどうでもいい」という意見も。(2018/4/27)

木梨憲武を1000円でレンタル 映画「いぬやしき」とコラボした「おっさんレンタル」に犬屋敷壱郎が登場
なお、レンタルできるのは機械化前の壱郎です。(2018/3/27)

10年ぶりのホワイトコミケ! コミックマーケット93コスプレ写真まとめ(そして伝説へ)
今年も皆さんありがとうございます!(2017/12/31)

木梨憲武、新宿を飛ぶ! 実写「いぬやしき」特報が解禁 アニメ最終回では1回限りの特別映像
テレビアニメ最終回は12月21日25時25分から。(2017/12/21)

なんぞ? 奥浩哉『GANTZ』が初舞台化! 玄野計役に百名ヒロキ
意識の外から発表された。(2017/11/17)

池袋ハロウィンコスプレフェス2017:
台風に負けないコスプレ熱! 「池ハロ2017」2日目を盛り上げたコスプレイヤーまとめ
あの雨風の中、キャリーバッグを引く後ろ姿かっこよすぎる。(2017/10/29)

ガッチャマン鷲尾健の昭和的熱さがいい! 「Infini-T Force」のメインPVが公開
主題歌はflumpoolの「To be continued...」に決定。(2017/9/6)

プロレスラー高山善廣、首から下が全く動かない「頚髄完全損傷」に 支援団体TAKAYAMANIA設立
頚髄完全損傷、回復の見込みなしと診断。(2017/9/4)

「てめえ達はこの方をフォローしてくだちい」 『GANTZ』の黒い球体を学研の教材で再現するアイデアが秀逸
学習用ディスプレイを映像演出に使おうと購入者の勝手です。という理屈なわけだす。(2017/8/29)

コミックマーケット92:
夏を彩るコスプレイヤーたちを激写! 笑顔がまぶしい、コミケ92コスプレ写真まとめVol.1
縦撮りの写真をまとめました。(2017/8/11)

コミックマーケット92:
コスプレイヤー、縦で見るか? 横で見るか? それが問題だ コミケ92コスプレ写真まとめVol.2
横撮りでの写真をまとめました。(2017/8/11)

PR:『アカギ』が始まってもう25年だと……? 漫画の発売年で歴史を振り返る「まんがの大博覧会」が思い出の宝箱
漫画の歴史をジャンルごとに年表に。(2017/7/18)

「BLEACH」実写映画のビジュアル公開 福士蒼汰が“死神”の姿に
公開は2018年夏。(2017/7/7)

アニメ「Infini-T Force」のキャラデザ解禁、めちゃかっこいいやつだこれ!
これはタツノコの本気……!(2017/6/10)

シン・ゴジラのスクリプターが語るiPad Pro&Apple Pencil仕事術
iPad ProとApple Pencilを使ったプロの仕事術を紹介。(2017/3/30)

奥浩哉原作の実写映画「いぬやしき」キャスト発表 木梨憲武と佐藤健がサイボーグ戦で激突する!
映画は2018年に公開。(2017/3/17)

ガッチャマン、テッカマンなどタツノコヒーロー集合アニメ「Infini-T Force」10月放送開始 ガッチャマン・鷲尾健役に関智一
ガッチャマン、テッカマン、ポリマー、キャシャーンが夢の共演。(2017/3/1)

奥浩哉「いぬやしき」がアニメ化決定 実写映画化も
アニメは2017年10月から「ノイタミナ」枠などで放送。(2016/12/15)

パチンコ業界でVR?:
「GANTZ:O」のVRコンテンツを産んだ京楽に聞く、映像表現のこれから
2016年はさまざまなコンテンツプロバイダーがVRに参入し始めている。「GANTZ:O_VR」を手がけた岩野氏に話を聞いた。(2016/12/16)

「メチャメチャ汗をかきながら」 声優・早見沙織、レイカ視点で振り返る「GANTZ:O」の魅力
早見さんが「怖っ!」と思ったというシーンは?(2016/10/23)

実写ドラマ「ラブホの上野さん」主演に本郷奏多! サディスティックに恋愛テクニックを伝授してくれるだと……?
期待しかない。(2016/10/20)

ギョーンギョーン! GANTZの“あの銃”が1/1スケールモデルに こいつ……動くぞ!
よし次はスーツだな。(2016/10/12)

「君の名は。」を酷評した漫画家・江川達也が炎上 同業の奥浩哉が「この人、なんのプロなんだろう…」と批判
江川さんに対し「完敗」「老害」との声も。(2016/10/8)

手塚治虫キャラクターをリメイクしたカードゲームだと! 奥浩哉、ヒロアキ、須田剛一、松山洋らが参加
ゲーム業界人がたくさん!(2016/8/23)

人気漫画「BLEACH」実写映画化決定 福士蒼汰、死神を代行!
実写映画化……だと……!(2016/8/19)

GANTZのセクシーな扉絵を決める投票企画がスタート 運営「GANTZ:X史上最も盛り上がってる」
投票してくだちい。(2016/7/20)

「GANTZ」「いぬやしき」の奥浩哉先生が原稿に墨をぶちまける ファンからも「あちゃー」と悲鳴
「もったいないので、ボツ原稿をプレゼントしてほしい」との声も。(2016/7/17)

GANTZ!?とネット騒然 京大付近の交差点で巨大な黒い玉が出現、コロコロする事案発生
黒い玉を起因とする事故は発生しませんでした。よかった!(2016/6/9)

ハガレン実写化、エンヴィー役の本郷奏多に期待の声 「本郷奏多はアリ」「ちょっとしたHOT LIMIT状態」
「原作のイメージを大切にしながら丁寧に演じたい」(本郷さん)(2016/5/24)

フル3DCG映画「GANTZ:O」10月14日公開、原作者・奥浩哉のお気に入りシーンをTwitterで先行公開
転送中の加藤クンらしき新ビジュアルも公開されました。(2016/4/28)

奥浩哉の最新作「いぬやしき」から“リアル獅子神”が登場! 実写の獅子神が渋谷で光を放つ
コミックス最新6巻が4月22日に発売されました。(2016/4/22)

再演舞台「ダンガンロンパ」制作発表、本郷奏多「作品を好きな人が絶対に嫌いにならない」
南海キャンディーズ・しずちゃんのドハマリ大神さくらだけでもすでに成功の予感。(2016/2/29)

実写映画版「アイアムアヒーロー」 2016年4月23日公開決定! 主演・大泉洋さんのビジュアルも解禁
この再現度は……!!(2015/11/30)

まじかあああああ! 「GANTZ」のフル3DCGアニメが来年公開! ミラクルジャンプでは奥浩哉先生原作のスピンオフ「GANTZ:G」がスタート
謎の情報サイト「GANTZ:X」もチェックしてみてくだちい。(2015/11/17)

実写映画「DEATH NOTE」の続編、2016年公開予定 原作にのみ登場する「6冊ルール」を導入
「夜神月」「L」の意志を継ぐ新たな人物が登場します。監督は佐藤信介さん。(2015/9/13)

アイドル・プロレスファンの聖地「書泉ブックマート」が9月30日に閉店
昨年に女子向け店舗としてリニューアルしていました。(2015/9/1)

アニメ見られてゲームもできちゃう展覧会「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展開幕 計130作品……なにこの俺たちのためのパラダイス
「太鼓の達人」のアーケード版で遊べたり「アイカツ!」のカードダス機で普通にカード買えたり「板野サーカス」体感できたり、なんかもう年パス的なの欲しい。(2015/6/24)

dブックで『ワカコ酒』『GANTZ』など47作品が無料連載
閲覧に専用のアプリや会員登録などは不要。(2015/5/28)

ウテナ、アイカツ!、うたプリなども 国立新美術館「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展」が完全に俺たちのための展覧会
手塚治虫さんが没してから四半世紀の社会を、日本のマンガ、アニメ、ゲームから見つめる大規模な企画展。(2015/4/23)

目の前で女性消えた? 泉大津駅で奇妙な飛び込み事故 → リアル「GANTZ」だとネット騒然
いったい真相は……?(2014/11/17)

ゾンビパニック漫画「アイアムアヒーロー」実写映画化 主役は大泉洋さん
ヒロインは有村架純さんが演じる。(2014/6/3)

やたらかっこいい次世代ビークル 未来の東京で走っているかも?
マンガに出てきそう。(2014/5/27)

創刊35周年記念:
『週刊ヤングジャンプ』24号のデジタル版が紙と同時配信
創刊35周年の記念号となる『週刊ヤングジャンプ』24号が、紙と電子書籍で5月15日に同時発売。あわせて連載作品の第1話を収録した「ヤンジャン連載1話激盛!」、長編漫画の入門本「STARTER BOOK」も配信する。(2014/5/8)

「週刊ヤングジャンプ」創刊35周年記念号を紙とデジタル同日発売
記念企画として連載作品の第1話を集めた「ヤンジャン連載1話激盛!」を無料配信する。(2014/5/8)

電子書店完全ガイド2013:
「iBooks Store」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年度版の第9回目は「iBooks Store」を紹介する。(2014/3/12)

いつでも書店、年間ランキング2013発表
2013年もあとわずか。毎週風変わりな特集を開催する「いつでも書店」が年間ランキングを発表した。ランキングにも風変わりなジャンルのあるのが特徴だ。(2013/12/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。