ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「漫画家」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「漫画家」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

若手漫画家育成プロジェクト「コルク荘」スタート 共同生活の様子が週刊コンテンツで発信されるクリエイターハウス
どんな生活と成長があり、そこからどんな作品が生まれるのか。(2020/1/18)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
ベテラン漫画家が「買って良かったもの」を格付け、納得の1位は……
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールやネットサービスを試していく、そんな連載です。(2019/12/28)

「まず自分がスライムを倒せることを確認」 漫画家ナカシマ723さん これから個人で始めたい人へのアドバイス
コミカライズ権を自ら取得し、単行本も自費出版し……でも「特別、私だけがお金を積んだからできたことっていうことは全然ない」という漫画家、ナカシマ723さん。これから個人で活動を始めたい人へのアドバイスも。(2019/12/27)

コミカライズを自ら提案、Kindleで配信。月に84万円売れました──ナカシマ723さんに聞く「だから今、やるしかないんです」
「魔王を倒すために算段をつけて、なにを準備していくか」。同じように現実も攻略すべきもの。漫画家の今を感じさせる、ナカシマ723さんのインタビュー。(2019/12/20)

「PR入れないでと指示受けた」 ステマ問題、漫画家側は知らずに関与か、PR漫画家に実情聞いた
「いざステマが問題になると、矢面に立たされるのは漫画家」と、代理店やエージェント会社の対応に不満も。(2019/12/16)

「アナ雪2」ステマ騒動、ディズニー声明後に漫画家らが初めての謝罪 「『PR表記必要ない』との説明受けた」
あらためて謝罪しました。(2019/12/11)

ハマる人続出の「リングフィットアドベンチャー」 運動不足の漫画家が1週間遊び続けた結果
Nintendo Switchでフィットネス体験ができる「リングフィットアドベンチャー」を、ゲーム好きで運動不足のサダタロー氏にやらせてみるとどうなるのか? 今回はそんなレビュー漫画をお送りします。(2019/12/11)

かわぐちかいじが語るマンガの力【前編】:
大ヒット作『空母いぶき』作者のかわぐちかいじが大病を経て得た「仕事観」
かわぐちかいじさんは1968年に21歳で漫画家デビューして以来、70年代からヒットを連発し、休むことなく作品を世に出し続けてきた日本を代表する漫画家の1人だ。12月10日発売号で最終回を迎えた『空母いぶき』作者のかわぐちかいじさんに、同作品に込めた思いやヒットの舞台裏を聞いた。前編では、『空母いぶき』というヒット作を生み出すに当たって、キャラクターや状況設定をいかにして生み出していったのかに迫る。(2019/12/10)

【レポ漫画】外国人漫画家が日本でデビューする難易度が高かった話
テラスハウスやスピリッツで活躍するペッペさんと担当編集の豆野さんに取材しました。(2019/12/10)

「伝達ミスだった」「ステマではないと認識」 アナ雪2の“ステマ疑惑”にディズニーがコメント
Twitter上で複数の漫画家がディズニー映画「アナと雪の女王2」のレビュー漫画をほぼ同時刻に投稿し、ステルスマーケティングではないかと指摘されている問題で、ウォルト・ディズニー・ジャパンは「伝達ミスがあり、広告表示がなされなかった。意図して起きたものではない」とコメントした。(2019/12/4)

ディズニー映画“アナ雪2”にステマ疑惑 「同時刻にレビュー漫画が複数投稿された」指摘が相次ぐ
Twitter上で複数の漫画家がディズニー映画「アナと雪の女王2」のレビュー漫画をほぼ同時刻に投稿し、一部のユーザーからステルスマーケティングではないかと指摘が上がっている。(2019/12/4)

電子書籍サイト「Renta!」がパートナー漫画家を募集 原稿料と印税のほかに年額100万円を支給
同社レーベルで優先的に執筆できる漫画家の方を募集しています。(2019/12/1)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
深夜に働く漫画家が「ネックスピーカー」を求める理由
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールやネットサービスを試していく、そんな連載です。(2019/11/26)

「みなさん『睡眠』って知ってますか?」 漫画家がオススメする健康法の漫画に実践希望続出
頑張りすぎてる人に教えてあげたい。(2019/11/22)

キンプリ高橋海人「もうずっと幸せでした!!」 11月18日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』51号で憧れの漫画家・浅野いにおと対談
ジャニーズ初の少女漫画家・高橋海人さんが“アイドル漫画家”としての葛藤などについても本音で打ち明けます。(2019/11/18)

Tor経由で児童ポルノを公開した疑い 元漫画家を逮捕
Torブラウザを使って少女のポルノ画像を公開したとして、京都府警が元漫画家を逮捕。2万点以上の画像を公開していた疑いがある。(2019/11/15)

森田まさのりの肖像【後編】:
『ろくでなしBLUES』作者・森田まさのりが語る「『べしゃり暮らし』は一生描き続ける」宣言の真意
累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』著者の森田まさのりさんが、『べしゃる漫画家』の出版イベントで、『ろくでなしBLUES』にまつわる秘話などを語った。森田さんはなぜ50歳を過ぎてから漫才コンクールの「M-1グランプリ」に出場したのか? 前後編で余すところなくお届けする。(2019/11/10)

森田まさのりの肖像【中編】:
『ろくでなしBLUES』作者・森田まさのりが50歳を過ぎてから「M-1グランプリ」に挑戦した理由
累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』著者の森田まさのりさんが、『べしゃる漫画家』の出版イベントで、『ろくでなしBLUES』にまつわる秘話などを語った。森田さんはなぜ50歳を過ぎてから漫才コンクールの「M-1グランプリ」に出場したのか? 前後編で余すところなくお届けする。(2019/11/9)

三木眞一郎、浪川大輔、石川界人、畠中祐らによる声優界初のレーシングチームが発足 「今後の情報が楽しみ!」とファンも反応
レーシングチームの公式キャラクターは漫画家の麻宮騎亜がデザイン。(2019/11/2)

「そもそも○○Payって何?」 ITオンチの漫画家がコード決済を使えるようになるまで
漫画家サダタローと編集担当Kが、「そもそも○○Payって何?」「どのサービスを使ったらいいの?」といったギモンを解消していきます。(2019/10/29)

「デビューまで半年から数年」を「最短即日デビュー」に短縮 マンガ家デビューへの道のりが変わる、LINEマンガの新たな取り組みとは
運営メンバーが魅力を感じた作品には「最短即日」でスカウトメールが届く、とのことです。(2019/10/23)

漫画家の吾妻ひでおさんが死去、享年69歳 「失踪日記」「ななこSOS」など手掛ける
ご冥福をお祈りします。(2019/10/21)

イタリア人がみんなモテると思うなよ! テラハの人気者ペッペが漫画家デビュー オタク青年の東京生活を描く
イタリア出身のイケメン漫画家がスピリッツに登場!(2019/10/12)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
腰痛に苦しむ40代漫画家、ゲーミングチェアを求めてアキバを探索
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールやネットサービスを試していく、そんな連載です。(2019/10/10)

吾妻ひでお『失踪日記』、初の電子書籍化 描けなくなった漫画家の流浪生活が生々しく
『失踪日記2 アル中病棟』と『カオスノート』も。(2019/10/2)

AIが手塚治虫の新作漫画を描く 2020年2月に披露
AIによって漫画家の故・手塚治虫さんの新作漫画を描くプロジェクトが発足。キオクシア(旧東芝メモリ)のフラッシュメモリやAI技術を駆使する。(2019/10/1)

日本漫画家協会と出版広報センター、「侵害コンテンツのダウンロード違法化」と「リーチサイト規制」について共同声明
過度な萎縮は防ぎつつも、バランスのとれた「侵害コンテンツのダウンロード違法化」を望んでいると立場を強調しました。(2019/9/25)

「バランスの良い法整備は実現可能」――海賊版サイト対策、日本漫画家協会や出版社が声明
「ダウンロード違法化」や、リーチサイト規制に関して、日本漫画家協会と出版広報センターが共同声明を発表した。海賊版サイト撲滅に向け、バランスの良い法整備を望むとしている。(2019/9/25)

「LINEマンガ」がマンガ家志望者に向けた新デビュープログラムスタート 最短即日でスカウトメール
プロマンガ家への近道となるかもしれません。(2019/9/22)

でんぱ組.incの古川未鈴と漫画家の麻生周一が結婚 清竜人が祝いのメッセージ
おめでとうございます!(2019/9/18)

30年勝ち抜いてきた作家:
『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』の漫画家・小畑健の個展が9月14日から新潟で開催! 原画約500点を展示した東京会場の様子は……
『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』など、『週刊少年ジャンプ』のメガヒット作品を手掛けてきた漫画家・小畑健さんの個展が9月14日から新潟で始まる――。(2019/9/13)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
クリスタ使いの漫画家、左手デバイスに興奮 どこが気に入った?
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールやネットサービスを試していく、そんな連載です。(2019/9/10)

「あたし大腸が無いの」 難病の漫画家がギャグ満載で描く闘病エッセイ漫画『腸よ鼻よ』単行本化
作者は「入院回数23回、手術10回」。(2019/9/10)

「eスポーツ」という言葉の違和感 理想的な“スポーツ”の形とは(後編)
eスポーツを勝ち負け以外で盛り上げていくにはどうしたらいいのか? 元スポーツ社会学専攻で漫画家のサダタロー氏が提案します。(2019/8/31)

漫画家の園田小波さん逝去 『りぼん』で15年『チョコミミ』を連載
乳がんのため4日に亡くなりました。(2019/8/19)

「面白くなくても必ず完成させること」 描き上げられない漫画家志望へのベテラン先生の言葉にハッとする漫画
作品を完成させるのって本当に大変なんですよね。(2019/8/10)

「表現の不自由展・その後」の中止をめぐり日本漫画家協会が声明文 表現の自由の大切さ強調
3日に「表現の不自由展・その後」の中止が発表されていました。(2019/8/6)

クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第1回 浅田弘幸:
漫画を描いていない時も漫画家は漫画家
『I’ll〜アイル〜』『テガミバチ』などの浅田弘幸さんにインタビュー。(2019/7/29)

オタクが博物館漫画の魅力を聞いたレポ漫画
漫画家・早良朋さんと声優・斉藤朱夏さんの対談をレポします。(2019/7/28)

自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実
やっぱりそうなのか……と思ってしまう部分も。(2019/7/23)

「いつの間にかこの世界で一番大切なものになっていました」――大事なことに気付かせてくれるおっさん漫画家と3本足ワンコの物語
待望の単行本化です。(2019/7/15)

「15時間後に締め切りが迫った漫画家の修羅場」描いた漫画 リアルさに震え、友情の奥深さに引き込まれる
夢をかなえた漫画家と、諦めた友達の関係がぐっとくる。(2019/7/9)

有名作家に絵柄似せるよう新人漫画家を誘導、「花とゆめ」編集部が謝罪 「酷似」と騒動
白泉社の少女漫画雑誌「花とゆめ」編集部はこのほど、同誌に掲載した読み切り作品の絵柄が、著名漫画家の絵柄に酷似しているとネットで騒動になっていた件について、「編集部が率先して、既存の先生の絵柄に近しい方向へ誘導した」ことを明らかにし、謝罪した。(2019/7/8)

「eスポーツ」という言葉の違和感 理想的な“スポーツ”の形とは(前編)
スポーツ学を8年間学んでいた漫画家サダタロー氏が持つ、「eスポーツ」という言葉の違和感。スポーツとは何かを考えます。(2019/7/7)

その漫画はなぜAVの歴史を変えると言われるのか――野々原なずな×クジラックス特別対談
自伝漫画を描く現役セクシー女優が敬愛してやまない漫画家、クジラックスさんを招いて対談。(2019/7/5)

『愛してるぜベイべ★★』槙ようこが漫画家引退を発表 りぼんっ子「青春でした」
今年でデビュー20周年を迎えていました。(2019/7/3)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
「アニメ塗りって何?」 アラフォーのデジタル漫画家が「塗り」を学ぶ
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールやネットサービスを試していく、そんな連載です。(2019/6/26)

「100円で300円の牛丼食べたい」と言うようなもの 漫画家への無茶な依頼を牛丼屋に例えた漫画が分かりやすい
欲しいものには適正な対価を払うべし。(2019/6/18)

東京都美術館、トラブルへの対応について謝罪 漫画家・峰なゆかさんが殴られたとツイート
峰なゆかさんが車いすの男性に急に殴られたと報告していた件について、美術館側の対応に批判が集まっていました。(2019/6/17)

「原稿が……入れ替わってる〜!?」 漫画家目指すフランス人が不慣れな日本でヒロインを探す短編映画が話題に
フランス人から見た日本の美しさ。(2019/6/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。