ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Play Music All Access」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Play Music All Access」に関する情報が集まったページです。

「Google Play Music」に無料版登場 広告付きでSongzaラジオがメイン
「Apple Music」スタートを目前に控え、Googleが競合サービス「Google Play Music」に広告ベースの無料サービスを追加した。Songzaチームによるキュレーテッドラジオのみでオンデマンド機能はないが、iTunesに保存してある楽曲を5万曲まで持ってこられる機能も使える。(2015/6/24)

WWDCで発表?:
AppleのBeatsベースの新音楽サービス、これまでのうわさまとめ
Appleが6月8日から開催する年次開発者会議WWDCでBeats Musicベースの新たな有料音楽ストリーミングサービスを発表するという見方が強まっている。月額料金や機能など、これまでに浮上しているうわさをまとめた。(2015/5/11)

Google Play Music、保存可能曲数がApple iTunes Matchの2倍(5万曲)に
Googleの無料のクラウド音楽サービス「Google Play Music」に保存できる楽曲数が、Appleの有料サービスiTunes Matchの2倍に当たる5万曲に増量した。(2015/2/26)

Chromecastが発売1周年 米国で「Music All Access」3カ月分無料プレゼント
Googleが、Chromecast発売1周年を記念して、米国のユーザーにサブスクリプション制音楽サービス「Google Play Music All Access」の3カ月分の無料お試しをプレゼント。(2014/7/25)

Google、Chrome OS搭載ノート「HP Chromebook 11」を279ドルで発売
Hewlett-Packard製「Chromebook 11」は厚さ17.6ミリ、重さ1.04キロと薄型軽量で、SamsungのExynos 5250を搭載する。(2013/10/9)

アップルの聴き放題サービス「iTunes Radio」は、音楽制作者を殺すのか
米アップルが発表した聴き放題の無料ストリーミングサービス「iTunes Radio」。海外向けに音楽配信事業を行っている山崎潤一郎氏に本音を聞いた。(2013/6/14)

Apple、無料ストリーミング音楽サービス「iTunes Radio」発表
Googleに続いてAppleも、ストリーミング音楽サービスを発表した。「iTunes Radio」はPandoraのような広告ベースの無料のストリーミングサービスで、Music Matchユーザーは広告なしで利用できる。(2013/6/11)

Googleのピチャイ氏、Nexus版HTC OneやiOS向けGoogle Play Musicを語る
GoogleでAndroidおよびChromeを統括するサンダル・ピチャイ上級副社長がD11カンファレンスに登場し、NexusブランドのHTC Oneを発売することや、サブスクリプション制音楽サービスのiOSアプリを数週間後に公開する計画などについて語った。(2013/5/31)

石野純也のMobile Eye(5月13日〜24日):
auの“厳選”夏モデルとエリア誤表記の関係/Google I/Oから垣間見えたメッセージ
5月20日にKDDIが新製品を発表したことで、夏商戦向けのモデルがすべて出そろった。iPhone 5の4G LTEエリアの実人口カバー率の誤記について、消費者庁から措置命令が出たことも話題を集めた。これら2つに加え、開発者向けイベント「Google I/O」について取り上げる。(2013/5/24)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Google I/O 2013」が示すGoogleの原点回帰
ウワサの絶えない新型Nexusや次期Androidが発表されないまま幕を閉じた「Google I/O 2013」。エンドユーザーにとっては面白みに欠けたかもしれないが、これはGoogleが自らの立ち位置を見直したがゆえの変化ではないだろうか。(2013/5/21)

月額9.99ドルの音楽サービスや新メッセージングサービス──Google I/Oで発表されたこと
Googleの開発者会議「Google I/O 2013」の最初の基調講演では、サブスクリプション制の音楽サービスや統合メッセージングサービス「ハングアウト」、PC向けハンズフリー検索機能などが発表された。(2013/5/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。