ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「半沢直樹」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「半沢直樹」に関する情報が集まったページです。

福山雅治の顔芸&アクション炸裂「集団左遷!!」 トム・クルーズばりの熱血コミカル第1回を徹底検証
「平成最後の下剋上」ドラマ、28日今夜が平成最後の75分スペシャル。(2019/4/28)

日曜劇場「集団左遷!!」福山雅治が挑む銀行陰謀ドラマを徹底予習、香川照之を筆頭に顔の濃いおじさんパワーが、いよいよ平成を終わらせる
福山雅治が日曜劇場名物「顔相撲」に参戦、香川照之との対決、きっとあるよね。(2019/4/21)

大泉洋、TBSドラマ「ノーサイド」(仮)で池井戸潤とスクラム 低迷ラグビー部を救うサラリーマンに
「TEAM NACS」の中では、大泉さんだけ池井戸作品への出演がありませんでした。(2019/2/18)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「データサイエンティスト・ラプソディ」 なぜ優秀なAI人材は転職するのか
「優秀なデータサイエンティストを採用できない」「人材が定着しない」――そう嘆く前に、まずは自分たちの組織の体制や環境を見直してみましょう。とがったAI人材を許容できる環境作りはできていますか?(2018/12/21)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【前編】:
「ドラクエ」前プロデューサーが考える組織論――切り開いた道は後進に譲り自らは荒野を歩く
「ドラクエX」と「ドラクエXI」のプロデューサーを務めたスクウェア・エニックス取締役の齊藤陽介さんは48歳の誕生日をもってオンラインゲーム「ドラクエX」のプロデューサーを引退した。なぜ「ドラクエ」のプロデューサーに若手を据え、自ら後進に道を譲ったのか。齊藤さんの組織論に迫る。(2018/12/21)

男女1100人に聞いた:
平成を代表する言葉、「ゲッツ」「僕は死にましぇん」「どげんかせんといかん」など上位 1位は……?
ミクシィが「平成を代表する言葉」に関する調査結果を発表。最近の流行語から懐かしいネタ・せりふまで多岐にわたる言葉がランクインした。各ジャンルで1位だったのは……?(2018/12/17)

「下町ロケット」日曜劇場に3年ぶり帰還、またまた新たなピンチに立ち向かう
10月スタート、阿部寛「全力で挑戦する等身大の佃航平を演じたい」。(2018/7/19)

なぜdTVは一社単独出資で映画「パンク侍、斬られて候」を製作してしまったのか パンクな狙いを聞いてみた
dTVが一番パンク説あると思います。(2018/6/29)

スピン経済の歩き方:
なぜ日大は炎上したのか? 原因は「オレはそんなこと言っていないおじさん」の存在
日大アメフト部が大炎上している。普段、大学にもアメフトにも危機管理にも関心のない人が、なぜこの問題に“参戦”しているのか。筆者の窪田順生氏は「オレはそんなこと言っていないおじさん」の存在を挙げている。どういう意味かというと……。(2018/5/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50代がもっともっと楽しくなる方法
50代はウハウハは十分手に入れた。ここから手に入れるものは、ウハウハではなく、ワクワク。(2018/3/15)

スピン経済の歩き方:
『水戸黄門』の復活が、あまりよろしくない理由
TBSが同局で42年続いているドラマ『水戸黄門』を6年ぶりに復活すると発表した。しかし、である。『水戸黄門』を放送することは、日本社会にとってあまりよくないことではないか。どういうことかというと……。(2017/3/21)

スピン経済の歩き方:
パワハラがなければテレビが成立しない理由
ダウンタウンの松本人志さんが、「パワハラは必要悪」と発言したことが物議を醸している。この発言に対して、筆者の窪田氏は「『テレビ』の本質をズバッと言い当てている」という。どういう意味かというと……。(2017/2/7)

「仕事」は4位:
今年、ビジネスパーソンが力を入れたいこと 1位は?
今年、ビジネスパーソンが力を入れたいことは?――VSN調べ。(2017/1/13)

スピン経済の歩き方:
だからトランプに負けてしまう トヨタの急所
米国のトランプ次期大統領が、トヨタ自動車にかみついた。Twitterでトヨタのメキシコ工場建設を批判したわけだが、トヨタはこの「危機」を回避できるのか。残念ながら、トヨタには不安要素がひとつある。それは……。(2017/1/10)

実写ドラマ「弱虫ペダル」続編が早くも制作決定! 1年目のインハイ戦描く
主演の小越勇輝さんは「更にペダルを回し、熱く」と気合十分。(2016/12/15)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
世界一の満足度を誇る“社員向け”サポートデスクがあるオフィス!
「打ち合わせ場所がたくさんあるのにナゼか隣同士の声が気にならない」「全世界200拠点に“同じ会議室”がある」内山信二が不思議なオフィスで初体験!(2016/7/23)

ドラマ「弱虫ペダル」製作会見レポート:
BSスカパー!が、大人気漫画「弱虫ペダル」の“実写化”でこだわったこと
人気漫画の実写版となる、連続ドラマ「弱虫ペダル」が、8月26日からBSスカパー!で放映される。7月5日には、キャスト陣と監督が作品を語る記者会見が都内で開かれた。ファンが多い「弱虫ペダル」のドラマ化でBSスカパー!がこだわったこととは?(2016/7/5)

「都知事になってほしいキャラクター」1位は島耕作 女性スキャンダルに不安の声も
漫画や小説のキャラクターで都知事になってほしいのは? BookLive!調べ。(2016/6/27)

“ダメ男を見抜くゲーム”はなぜ生まれた? 恋愛アプリで売上106億円・ボルテージの新機軸
ターゲットを女性に絞った“恋愛ドラマアプリ”で成長を続け、売上高100億円を突破したボルテージ。そんな同社をけん引する一風変わったゲーム「ダウト〜嘘つき男は誰?〜」は、証拠を集めて“ダメ男”のうそを暴くゲームだ。本作は何を目指して生まれたのか、担当者に聞いた。(2016/6/24)

「弱虫ペダル」実写ドラマ化っショ! 8月からBSスカパーで
実写化は期待と不安が入り混じる。(2016/5/26)

日曜劇場「下町ロケット」第8話視聴率20.4% 同作最高視聴率に
最終回に向けて、さらに記録を更新しそう。(2015/12/7)

「下町ロケット2」連載スタート! ドラマ化と単行本出版が同時進行するプロジェクトが始動
朝日新聞、TBS、小学館のコラボプロジェクト。(2015/10/8)

「クレヨンしんちゃん」園長先生役に声優の森田順平さん 10月9日放送回で初登場
昨年11月に亡くなった納谷六朗さんの後任として。(2015/10/8)

PR:スクープ満載! 週刊文春9月17日号の主なラインアップ
政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載の売り上げNo.1(日本雑誌協会発表)の総合週刊誌、今週の注目記事はこれ!(2015/9/10)

TBS、池井戸潤の「下町ロケット」テレビドラマ化 阿部寛・土屋太鳳出演で10月開始
ドラマ後半は10月から連載される「下町ロケット2」と同時進行する異例の試み。(2015/8/19)

小さなお友達ポカーンだろ! 映画「妖怪ウォッチ」前売券CMが通販番組風で何かがおかしい
※個人の感想です。(2015/7/6)

4Kも10Mbpsから:
「NETFLIX」を支える“小さなイノベーション”の数々
Netflixは、この秋に日本国内で開始する定額制動画配信サービス「NETFLIX」の技術や戦略を説明した。サービス開始時にはiOS/Android用の視聴アプリも用意する。(2015/6/18)

本屋大賞『鹿の王』を抑えて1位になったのは? hontoの4月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2015/5/13)

「この人誰だっけ?」で脳を活性化 人物思い出しトレーニングとは?
(2015/4/7)

衰退する“地方”に希望を照らすドラマ原作の続編が登場!
反町隆史さん主演のドラマ『限界集落株式会社』の続編小説が登場。(2015/2/10)

フジ月9に池井戸潤さん原作「ようこそ、わが家へ」 嵐の相葉雅紀さん主演
「ストーカー」と「会社の不正」に立ち向かう家族の絆を描く。(2015/2/2)

hontoの年間総合ランキングが発表――honto総合書店長のコメントも
ジャンル別、男女別、年代別のランキングも掲載。(2014/12/19)

Appleが「Best of 2014」を発表 スタッフが選んだ2014年のベスト小説・マンガは?
マンガ部門では、12月9日に発売された『進撃の巨人』第15巻が3位にランクイン。(2014/12/9)

『進撃の巨人』が2連覇達成――eBookJapanの2014年電子書籍ランキング
文芸ランキングでは、TOP10の半数以上を池井戸作品が占めた。(2014/12/3)

仕事はドラマだ! 「与信管理」にスポット当てたビジネスノベル、第2弾登場
「与信管理」を仕事とする主人公が活躍する小説を読むことで、新たな視野が開けるかも。(2014/10/9)

1位はあの人気シリーズ最新作――hontoの8月月間ランキング
ランキングは紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成したもの。(2014/9/8)

モバイル、クラウド、女性向けで市場活性化:
「PIXUS」と「MAXIFY」――“2つのインクジェット”でシェア1位を狙うキヤノン
成熟市場と言われるプリンタだが、キヤノンは家庭向けでモバイル/クラウド連携および女性ユーザー層の新規獲得、ビジネス向けで新ブランド立ち上げによる拡販を図る。(2014/8/29)

仕事をしたら“動物”のことが分かってきた(前編):
なぜ世の中に悪い人は少なく、いい人が多いのか
「また騙された。正直者がバカをみる世の中はおかしい」と感じたことがある人も多いのでは。トクをするのであれば悪い人が増えそうだが、この世はいい人のほうが多い。なぜか? そこで動物の行動に詳しい、竹内久美子さんに人間の生き方を聞いた。(2014/8/13)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年7月第2週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。7月第2週は紀伊國屋書店・高井昌史社長の講演が注目されました。(2014/7/14)

窪田順生の時事日想:
安倍さんの成長戦略を潰そうとしているのは誰か 犯人は“医療ムラ”
サプリメントの規制緩和をめぐって、消費者庁が揺れている。安倍政権がチカラを入れている成長戦略を骨抜きにしよう、という動きがあるのだ。具体的にはどんなことが……。(2014/6/24)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年6月第2週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。6月第2週は集英社の決算発表のほか、「デジタル・オンデマンド出版センター」の設立などが発表されています。(2014/6/16)

一生食える「強み」のつくり方:
一生を1社、1仕事で終えるのがマイノリティになる時代
これまでプチスキルの実際の選び方や学び方などを紹介してきましたが、プチスキルをかけ算して強みをつくるにあたり、会社とどう付き合うかは重要な問題です。変化が激しい時代における「会社」との付き合い方を考えていきましょう。(2014/5/21)

「話のおもしろい人」の法則:
相手が何を望んでいるかを考える
相手が何を求めているかは、あくまで相手の中にしか存在しません。その会話を通じて、何を望んでいるかを正確につかむことこそが、僕が考える会話の本質です。望まれてもいないのに結論を言うのは、大きなお世話なのです。(2014/5/13)

「話のおもしろい人」の法則:
自分の話し方を「客観的」に研究する
話し方を改善するには、自分の話が相手にどう聞こえているかを客観的に検証する必要があります。そのために有効な方法は、自分の会話を録音して聞き返すことです。(2014/5/9)

楽天Kobo2014年4月度月間ランキングを発表――総合1位は『進撃の巨人』
「楽天Koboイーブックストア」の日本国内販売電子ブックコンテンツに関するランキングが発表。総合1位は『進撃の巨人』。そのほか文芸作家別、自伝・伝記、旅行関連本の各ランキングも公開している。(2014/5/2)

「話のおもしろい人」の法則:
マンガ『こち亀』に学ぶネタの盛り方
人気マンガ『こち亀』がいつ読んでも楽しいのはなぜでしょうか? それは、おもしろくなる舞台設定と、お決まりのツッコませどころがそろっているからなのです。(2014/5/2)

ひろゆき、土俵に立つ!――異様な熱気の「大相撲超会議場所」1日目密着リポート
すごい光景だった。(2014/4/26)

「話のおもしろい人」の法則:
訪問先にサプライズ! 「ガリガリ君」を○○代わりに使ってみる
僕は、相手の意表をついたりびっくりさせたりすることをいつも考えています。なぜなら、そうすることが相手の心を和ませ、気持ちを開いてくれる最高のおもてなしだと考えているからです。(2014/4/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
仕事の9割は話。だったらおもしろいほうがいいじゃないか!
スイッチを変えて「実行する」。既成の概念を捨て取り組んでみよう。ガリガリ君は食べるだけではありません。さてあなたのアイディアは?(2014/4/24)

「話のおもしろい人」の法則:
「半沢直樹」に「ルパン三世」――相手に合わせた架空のキャラクターになりきる
あるときは「半沢直樹」、またあるときは「ルパン三世」……。相手に合わせて架空のキャラクターを演じ分けることで、誰でも自分を「おもしろい人」と印象付けられるのです。(2014/4/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。