ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「橋本崇載」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「橋本崇載」に関する情報が集まったページです。

アニメ化まだですか? 藤井四段を「ヒカルの碁」風に描いた妄想イラスト「ソウタの棋」が秀逸
全将棋ファンが待ってたイラスト……!(2017/7/8)

三浦九段は「一兆%無実」「疑ってごめんなさい」 橋本崇載八段がTwitterで謝罪
「今回の騒動は、三浦さんにとってあまりにも気の毒な事件」とコメントしている。(2017/3/2)

渡辺竜王が将棋の“スマホ不正疑惑”についてブログで言及 「報道を介すことで自分の本意ではない形で世に出た」
騒動について初めて直接説明。(2016/11/2)

プロ棋士が体張りすぎだろ! カメラを意識しすぎる将棋棋士・ハッシーが世界初の将棋バラエティ番組「橋本道場」スタート
「グラビアアイドルの胸をチラ見したら駒没収」など異色の将棋対決を展開。(2016/7/19)

将棋電王戦FINAL 第5局――人類とコンピュータ、決着のとき  阿久津主税八段 VS. AWAKEの見どころは
将棋のプロ棋士とコンピュータソフトが戦う「将棋電王戦FINAL」。2勝2敗で迎えた第5局。世紀の対決、いよいよ決着のとき。(2015/4/9)

「NHK杯テレビ将棋トーナメント」準決勝でまさかの「二歩」で負け 橋本八段「準決勝で二歩打つアホがいるんですねぇ、って俺や!!!」
対局者の行方尚史八段も橋本崇載八段とともに頭を抱えました。(2015/3/9)

「将棋界の1番長い日」をニコ生はどう伝えたのか A級順位戦ネット配信の楽しみ方
アンケート機能で次の一手を予想したり、棋士の食事メニューに盛り上がったりと、ニコ生流の楽しみ方が定着しつつある。(2013/3/6)

将棋・第71期A級順位戦最終日 羽生善治三冠VS橋本崇載八段
「第71期将棋名人戦・A級順位戦」の最終戦をニコニコ生放送でライブ配信する。A級順位戦は、将棋界のトップクラス10人が総当たりで争うリーグ戦。1位の棋士が森内俊之名人への挑戦権を獲得する。ニコニコ生放送では全5局を個別にサブ番組で視聴でき、このページでは【羽生善治三冠VS橋本崇載八段】戦の盤面カメラの映像を届ける。配信は3月1日9時30分〜。(2013/2/28)

「第71期将棋名人戦・A級順位戦」最終戦をニコ生でライブ配信 羽生三冠VS“ハッシー”橋本八段も
3月1日午前9時30分から!(2013/2/20)

ネットで空前の将棋ブーム!? 竜王戦第2局、羽生三冠の解説が大人気
ハッシー事件や王座戦の△6六銀について本人の口から語られた。あの故・村山聖九段の名前も……!(2012/11/2)

棋士・橋本崇載八段がブログで怒り「お前ら一体何なんだ?」
橋本八段がブログの休止を宣言した。(2012/10/30)

偉大なエンターテイナー “ハッシー”こと橋本崇載8段のインタビューが大人気
ハッシー、マジやべぇ(2012/10/29)

ニコニコ超会議:
幕張メッセで詰むや詰まざるや ハッシー指導将棋に登場でマジやべぇ
ハッシーこと橋本崇載八段が幕張メッセの囲碁将棋ブースに登場。ハンデ戦とはいえエキシビションマッチで華麗に負けた。(2012/4/28)

橋本崇載VS岡本信彦――若手ナンバーワンの棋士と声優が夢の対決 ニコニコ超会議
ニコニコ超会議の囲碁&将棋ブースからライブ配信する。前半は“ハッシー”こと橋本崇載A級8段に、声優の岡本信彦さんが挑む。若手ナンバーワン棋士と若手ナンバーワン声優の夢の対決を見逃すな! 後半は吉原由香里5段が出演する「ニコニコ囲碁サークルSP」を配信する。配信は4月28日14時0分〜。(2012/4/24)

プロ棋士参戦スケジュールも発表――「天下一将棋会2」ロケテスト開催を開催
持ち時間5分の早指しで将棋の腕を競う「天下一将棋会」新バージョンのロケテストを神奈川・京都などで実施。期間中、橋本崇載プロなどの参戦も予定されている。(2010/9/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。