ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「将棋・チェス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!囲碁・将棋→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で囲碁・将棋関連の質問をチェック

Innovative Tech:
GoogleのゲームAI、“探索なし”でチェスのグランドマスターレベルを達成 大量データでの訓練のみで
Google DeepMindに所属する研究者らは、これまでの定石である探索アルゴリズムを使用せずに、AIがチェスにおいて人間のグランドマスターに匹敵するレベルに到達できることを示した研究を発表した。(2024/2/15)

ポケモンバトルに特化したAI、ポケモン社が将棋AIの会社と開発 「竜王戦」ライブ配信に活用
ポケモン社は9日、ポケモンバトルに特化したAI「Pokemon Battle Scope」(PBS)を開発したと明らかにした。(2024/2/9)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
日本将棋連盟「羽生会長」が一人二役、「羽生達人」をセルフ表彰
2023年11月25日、日本将棋連盟 羽生善治会長の一人二役“セルフ表彰”が話題になりました。将棋好きの筆者は、2024年こそは羽生九段が前人未到のタイトル通算100期を達成することを願っています。(2023/12/5)

IoTセキュリティ:
“将棋の封じ手”暗号プロトコルが量子コンピュータに対応、一方向性関数で構成
NTTは、量子コンピュータに対する安全性と通信効率を両立する「コミットメント」を、暗号理論における最も基本的な構成要素である「一方向性関数」のみを用いて世界で初めて構成したと発表した。(2023/11/7)

藤井聡太“八冠”誕生に将棋ラノベ作家「現実のほうがプロットの立て方おかしい」 『りゅうおうのおしごと!』白鳥士郎の反応に注目が集まる
事実が小説よりも奇すぎ。(2023/10/12)

将棋のプロなら最強オセロロボに勝てるのか? A級棋士・中村太地八段が「オセロの極意」を学んで挑んだ結果
オセロって奥が深いんだな……。(2023/9/1)

猛ダッシュしながらジェンガをしたら…? →即バラバラに 全力疾走でチェスやピンポンをやる姿がシュール
これは成功判定でいいのか。(2023/7/30)

水ダウで大バズリの「囲碁将棋」根建、深すぎる“シビック愛”を語る 「ノーマルで乗りたい」
本当に好きなんだな。(2023/7/14)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
羽生さんの苦悩と、藤井さんを育てた「人間の揺らぎ」
将棋は、半導体と同じくらい奥深く、味わい深い世界なんですね。(2023/7/3)

「魔法少女まどか☆マギカ」のゴージャスな「シルバー製チェスセット」登場 お値段418万円
(2023/6/25)

「AIより先に良い手を発見することある」──藤井聡太叡王と将棋AI「Ponanza」山本一成さんが対談
戦略や手筋の研究にAIを活用していることでも有名な藤井聡太叡王だが、たまに“AIを上回る一手”を見つけることさえあるという。名人をも下すAI将棋ソフト「Ponanza」開発者の山本一成さんは「これが実際あるんですよね。なかなかないと思ってたんですけど」と驚きをあらわにした。(2023/6/17)

つるの剛士、将棋の免状を公開しアマチュア四段取得へ意欲 本名の「つる」の漢字が話題になったことも
「『会長 羽生善治 名人/竜王 藤井聡太』の名前が入った四段免状が欲しい!!!」(2023/6/15)

将棋の“学生名人戦”で不正 優勝者が試合中にAI使用 学生将棋連盟が謝罪 「選手への誹謗中傷控えて」
全日本学生将棋連盟は、6月4日に開催した学生名人戦にて優勝者の不正行為が発覚したと発表した。(2023/6/9)

アタック西本が「可愛くてごめん」の替え歌「角刈りでごめん」を披露 → まさかのデカビタCのPRで「公式が迷子」と話題
将棋の「角」になった西本さんが当たるプレゼントキャンペーン動画。いったい何を目指しているんだ……。(2023/4/25)

ローソン、“将棋の駒になるチロルチョコ”の表記誤りで謝罪 角の裏が「龍」に
(2023/3/21)

将棋の駒になるチロルチョコがローソンに登場 『3月のライオン』とのコラボで実現
2枚集めると将棋盤になるクリアファイルも登場。(2023/3/19)

将棋AI作者が歩む「Tesla打倒」の道 自動運転EV開発へ “名人超え”で得た反省とは
「打倒Tesla」を掲げる自動運転EVスタートアップのTURING社。CEOの山本一成氏は、世界初の“名人超え将棋AI”開発者でもある。“自動車版ユニクロ”を目指すという同氏に、Tesla社に勝つ秘訣を聞いた。(2023/3/17)

「わかった!(わかってない)」 兎田ぺこらVS紫咲シオンの泥沼すぎるミリしら将棋バトルにリスナーたち大盛りあがり
仲良くあおり合うふたりてぇてぇ。(2023/3/12)

AIに相談だ!:
ChatGPTとBingに将棋をさせてみた ルール無用の対局が実現!
AIチャットbot「ChatGPT」「新しいBing」に、人間には答えにくい質問や、答えのない問い、ひっかけ問題を尋ねてみたらどんな反応を見せるのか。それぞれの反応からAIの可能性、テクノロジーの奥深さ、AIが人間に与える“示唆”を感じ取ってほしい。(2023/3/9)

成ったらどうなるの? 将棋に新キャラを追加した妄想イラストが話題 予想外のニューカマーにジワる人続出
誰もが知っている人気ゲームのお話です(2023/2/18)

ビジネストレンドを先取り「SaaS EXPO」開幕:
目指すは「Tesla超え」――将棋AI作者にして自動運転EVベンチャー創業、山本一成CEOが見る景色
「Tesla超え」を目指すのが、自動運転EVスタートアップのTURING社だ。CEOの山本一成氏は、世界で初めて現役名人に勝った将棋AIの作者でもある。将棋AIからなぜ自動運転EV開発を目指すに至ったのか。山本CEOに話を聞いた。(2023/1/25)

プロ棋士が試験官の「将棋選考」、不動産投資サイト運営会社が導入 対局結果で採用までのフローに変化
不動産投資サイト「楽待」を運営するファーストロジックは、プロ棋士が試験官を務める「将棋選考」を導入すると発表した。プロ棋士と対局することで、その結果によっては選考フローを一部ショートカットできるという。(2023/1/11)

新成人500人にアンケート:
応援したい今年の新成人 3位「なにわ男子・道枝駿佑」、2位「Ado」、1位は?
マクロミル(東京都港区)は2023年に成人式に参加する500人を対象に「新成人に関する調査」を実施した。「今年の新成人(有名人)のうち、活躍を期待・応援している人」の1位は将棋棋士の「藤井聡太」さんだった。(2023/1/9)

チェスの駒がなぜかマッチョになっちゃった! “本物のマッチョ”のポージングを再現したカプセルトイ登場
チェスのピース(駒)がマッチョ仕様に!(2022/12/22)

あの会社が使うバックオフィスSaaS:
HEROZ編:将棋AI開発の上場企業はどんなバックオフィスSaaSを使っている?
今回は「将棋ウォーズ」をはじめとする、将棋関連のゲームやプラットフォームを開発するAI開発企業、HEROZに、バックオフィスで活用しているSaaSについて聞いた。(2022/12/14)

AMD、藤井聡太五冠にPC提供 CPUは100万円超えの「Ryzen Threadripper PRO 5995WX」
米AMDの日本法人であるAMD Japanは、藤井聡太五冠に「AMD Ryzen Threadripper PRO」を搭載したPCを提供したと発表した。藤井五冠は8月、同社のブランド広告に出演。自身もAMDユーザーであり、PCを使い将棋研究に取り組んでいることを明かしていた。(2022/12/13)

【隠し絵クイズ】この中に「ネズミ」が隠れています 将棋を楽しむ猫に見つかる前に助けてあげよう!
なんという真剣な猫さんたち。(2022/11/6)

橋本崇載八段、日本将棋連盟からの退会を報告 「やっと棋士の呪縛から逃れられた」「皆さまあざまーす!」
長い間人気棋士として活躍した橋本八段。(2022/11/3)

彼女がデートの感想を将棋で例えてくる 将棋を知らない彼氏と将棋マニアな彼女のラブコメ漫画がじわじわくる
(2022/10/14)

ハンドルはチェス盤と駒!? 超高級車「リンカーン」100周年記念のコンセプトカー「モデル L100」発表
クルマの操作はチェス盤と駒を模したセンターコンソールで行うそうです。(2022/9/20)

将棋の駒の“内角の和”は? 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【算数・多角形の内角編】
大人になって解いてみると、意外と難しい。(2022/8/30)

プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む!:
広瀬八段、将棋AIマシンで研究スタート 早速優勝も ソフト設定から広瀬流の研究方法まで
プロの将棋棋士が研究に使える、“最強の将棋AIマシン”を組むべく記者が奔走する本連載。今回はソフトウェアの設定から、実際に広瀬章人八段にマシンをお届けし、使ってもらったファーストインプレッションまでをお届けする。(2022/6/25)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
“壮大なるチェス盤”の再構築と高まるスタグフレーションリスク
世界の秩序が再定義され、スタグフレーションリスクが高まっています。フィデリティ・インターナショナルの運用チームが4〜6月期に重要になると考える3つのテーマと各資産クラスへの影響についてご紹介します。(2022/5/27)

勝負の時に飲みたいお茶:
サントリー、藤井聡太が監修した「伊右衛門」発売 特徴は?
サントリー食品インターナショナルは4月19日、将棋棋士の藤井聡太さんが監修した「伊右衛門 心冴える勝負の緑茶」を数量限定で発売した。(2022/4/19)

プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む!:
“最強PC”を組めるヤツに会いに行く そして生まれた怪物のスペックは
プロの将棋棋士が研究に使える、“最強の将棋AIマシン”を組むべく記者が奔走する本連載。今回は「CPUもGPUも強いマシンを使ってみたい!」と自作PC専門家に相談し、実際にブツを組み上げるまでのお話。(2022/4/6)

プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む!:
「CPU最強 vs. GPU最強」──進化する将棋AIのいま プロに勝利した「Ponanza」から「水匠」「dlshogi」まで
将棋のプロ棋士である広瀬章人八段向けに「最強の将棋AIマシン」を組むべく奔走する本連載。今回注目するのは、「CPU計算による将棋ソフト」と「GPU計算による将棋ソフト」のいまの実力と、それにつながる技術的な変遷についてだ。(2022/3/28)

棋士専用ノートPC「GALLERIA碁・将棋MASTER」発売 「LeelaZero」「elmo」などAI搭載
サードウェーブが囲碁・将棋の棋士向けノートPC「GALLERIA碁・将棋MASTER」を発売した。AI囲碁・将棋ソフトをプリインストールし、戦略の研究分析に使えるとしている。価格は23万9800円。(2022/2/21)

サードウェーブ、ゲーミングPC「GALLERIA」にAI囲碁/将棋ソフト導入済みの対局研究用ノートPC
サードウェーブは、AI囲碁ソフト/AI将棋ソフト計4種類を標準で導入した検討用ノートPC「GALLERIA碁・将棋MASTER」を発売した。(2022/2/21)

集中力なさすぎだろ…… 対局中に雑念で頭がいっぱいになってしまうプロ棋士を描いた創作漫画に反響 コミカルな展開にほのぼの
これは新感覚の将棋漫画。(2022/2/19)

「HUNTER×HUNTER」の“軍儀”に早くも必勝法? 将棋AI開発者の投稿が話題 開発元「まだ全てのルールは明かしていない」
漫画「HUNTER×HUNTER」内に登場する架空のボードゲーム「軍儀」の商品化が話題になったが、それからわずか1日で「必勝法を見つけた」という人が現れた。(2022/2/18)

「HUNTER×HUNTER」に登場する架空のゲーム「軍儀」を商品化 EC専売で
ユニバーサル ミュージックは14日、まんが「HUNTER×HUNTER」に登場する将棋のようなゲーム「軍儀」を再現して商品化すると発表した。「UNIVERSAL MUSIC STORE」専売商品として販売する。(2022/2/14)

電子辞書の“バグった将棋”が一目で分かるバグりっぷりで人気 「王の軍勢」「最強か最弱のどちらか」
威圧感がすごい。(2022/1/23)

新連載:
プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む! ある相談から全てが始まった
「ディープラーニング系の将棋ソフトを使いたい」──広瀬章人八段のこんな相談から、ITmedia NEWSの新しい連載が始まった。(2021/12/29)

錯視オブザイヤー2021は「幻のクイーン」に決定! 鏡の中だけに姿を見せる謎のチェス駒
あるはずなのに映らない。(2021/12/24)

カップヌードルを将棋のコマに 王将は原点にして頂点で納得としてチリトマトが歩兵?
将棋は歩から!(2021/12/5)

パワーを溜めて駒を吹っ飛ばす物理演算将棋ゲーム「超将棋」がリリース初日から人気呼ぶ カオスなプレイ動画続々
駒の扱いがデリケートで、ゴルフゲームのような感覚も。(2021/11/10)

ひふみんも「注文したいのです!」 将棋とケーキが合体した「いちごの将トケー棋」がかわいくておいしそう
白い盤面がお皿みたい。(2021/10/29)

対局に勝てば最終面接、AIベンチャーで「将棋採用」 「強い人はプログラミングに向いている」
AIベンチャーのトリプルアイズは、人材採用の選考フローに将棋を組み込んだ「将棋採用」を始めると発表した。同社の将棋部所属で、アマチュア有段者の社員と対局し、勝てば最終面接へと進める。(2021/10/13)

「ダイの大冒険」大魔王バーンのチェスセットが商品化 シルバー製でお値段たったの330万円
さすがにオリハルコン製ではなかった。(2021/9/13)

BURROW:
将棋盤の会社が「樽型サウナ」発売 国産ヒノキで地産地消に貢献
碁盤や将棋盤を生産する茨城木工は9月10日、小屋とサウナを手掛けるブランド「BURROW(バロウ)」を立ち上げたと発表した。(2021/9/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。