ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ヘッドハンターの視点」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヘッドハンターの視点」に関する情報が集まったページです。

ヘッドハンターの視点:
レファレンスで大切なこと「誰」と「温度」
レファレンスはエグゼクティブ採用の重要な判断材料の1つで、候補者に対する興味レベルや評価に大きな影響を及ぼすことも少なくありません。(2011/7/29)

ヘッドハンターの視点:
レジメのポイントと、レジメを書くと見えるかもしれないこと
ヘッドハンターがレジメを書いてくれると思っている人がいるようですが、基本的にヘッドハンターはレジメを書いてはくれません。(2011/6/6)

ヘッドハンターの視点:
焦る気持ちと覚悟の笑顔
職務経歴に空白期間があることはプラスに捉えられることはあまりありませんが、すべてのケースでマイナスとされるわけではありません。(2011/4/8)

ヘッドハンターの視点:
溢れる噂と事実の奥に潜む真実
数字上ではビジネスが順調に見える右肩上がりの成長企業でも、実は社員が歯車と化し疲弊しているケースもあります。(2011/4/1)

ヘッドハンターの視点:
見返り?お返し?それとも……
ヘッドハンターを続けられた大きな理由の一つは、無責任なようですが、「自分がいつも正しい訳ではない」という当たり前のことに気付いたからでした。(2011/3/25)

ヘッドハンターの視点:
クセモノ “On-Target Earnings”
前年同期比で約15%売上を伸ばしたにもかかわらず、その数字は今期売上目標の70%にしかならず、Dさんにはボーナスがほとんど出ないというのです。(2011/3/11)

ヘッドハンターの視点:
米国人のCOOが「日本人は分からない」と言った理由
少々嫌な予感がしたので「同席しましょうか?」と尋ねると「僕は世界中で役員クラスを採用してきたから大丈夫!任せなさい!」と自信満々でした。(2011/3/4)

ヘッドハンターの視点:
「この企業の人を採用したい」と言われる条件
クライアントからヘッドハンティング依頼を頂く際、一通り話を聞いた後、「『是非この企業の人を採用したい』という企業はありますか?」と質問します。(2011/2/25)

ヘッドハンターの視点:
候補者とヘッドハンターの微妙な関係
 「オファーが出ます」というグッドニュースを喜んでもらいたくて、すぐにBさんに電話しました。ところが、Bさんはそれまでとは少し違うトーンで・・・・・・。(2011/2/4)

ヘッドハンターの視点:
「ヘッドハントされた」が自慢になるという勘違い
「転職して2年くらいたつとヘッドハンターのBさんがいつも声をかけてきてくれて、『そろそろ飽きたでしょ。Aさんのためにいいポジション探してきましたよ』と僕をヘッドハントするんです」と自慢げに話してくれました。(2011/1/28)

ヘッドハンターの視点:
社長交代劇の裏側とその後
会社は数か月前には社長の解雇を決定していて、ヘッドハンターに次期社長探しの依頼をします。「現職の社長には極秘で次期社長を探してほしい」というのです。(2011/1/21)

ヘッドハンターの視点:
求む「失敗したことある人」
少々皮肉なようですが “タフ”な会社に勤務していた人は実は転職市場では人気が高いという事実もあります。(2011/1/14)

ヘッドハンターの視点:
「あの人はきっとダメだよね」という周囲の期待に応えない方法
「転職するなら今より上の役職で」というのは当たり前のようですが、ある程度の経験を持った人の転職は必ずしもそれがいいとは限りません。(2011/1/7)

ヘッドハンターの視点:
“ハンター”ではできないこと
わたしは一通り彼(本社人事役員)の話を聞いた後で「あなたは御社の日本法人が日本でどう言われているか知っていますか?」と聞きました。(2010/12/24)

ヘッドハンターの視点:
“社名”と“タイトル”が意味すること
地位には権限(と、忘れちゃいけない“責任”)はついてきますが、信頼や尊敬は血の通った“人”にしかついてこないのです。(2010/12/17)

ヘッドハンターの視点:
絶対なりたくないポジション、それは……
ヘッドハンターだった15年の間にたくさんの採用プロジェクトを担当しました。自分だったら絶対やりたくないポジションとは……。(2010/12/10)

ヘッドハンターの視点:
「いい人」は悪評とともに
近年の劇的なビジネス環境の変化に対応すべく、現在多くの企業は大規模な改革の真っ最中です。改革の最大の壁は過去の成功体験です。(2010/12/3)

ヘッドハンターの視点:
守る40代、攻める50代――エグゼクティブ転職の意外な実情
ここ数年間、わたしが携わった案件で転職した方の平均年齢はいくつだと思いますか。(2010/11/26)

ヘッドハンターの視点:
クライアントにとっての「特別な誰か」を求めて
「スパイみたいでかっこいいよね」などと、よく言われましたが、ヘッドハンターはそんな “かっこいい”職業ではありません。(2010/11/19)

ヘッドハンターの視点:
IT系エグゼクティブのしごと事情
ITの業界の中でも今後はハイブリッドな人材が求められる傾向が強まると予想されます。彼らの活躍が、グローバルでの日本の競争力強化に少なからず貢献することを期待して、今後も業界動向をウォッチします。(2010/11/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。