ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「i4i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「i4i」に関する情報が集まったページです。

Microsoft対i4i訴訟、米最高裁がMicrosoftに約3億ドルの賠償金支払いを命令
MicrosoftがWordによる特許侵害でi4iに訴えられていた訴訟で、最高裁がMicrosoftの訴えを棄却し、i4iへの賠償金支払いが確定した。(2011/6/13)

Microsoftはコンシューマーを呼び戻せるか
Microsoftが“暗黒時代”以後に生み出したBingやAzure、Project Natalといった製品の成否が、同社の将来を占う鍵であるとアナリストはみている。(2010/4/6)

Microsoft対i4i訴訟、米連邦巡回控訴裁が再度i4iに有利な判決を支持
連邦巡回控訴裁は大法廷での再審理を検討しており、Wordの販売差し止めと約3億ドルの賠償金支払いが懸かった訴訟の行方はいまだ定まらない。(2010/3/12)

Microsoft、XML特許問題でWordを修正 訴訟は継続
特許訴訟でWordの販売停止を命じられていたMicrosoftが、問題の特許技術を回避する修正を施した。同時に、訴訟の見直しを判事に求めている。(2010/1/12)

Microsoft、i4iとの特許訴訟で敗訴 Wordから該当機能削除へ
Microsoft対i4iの特許訴訟で、Microsoftに対し2億9000万ドルの支払いとWordの販売差し止め命令がくだされた。Microsoftは問題となっている機能の削除版を販売する。(2009/12/24)

Microsoft、Word差し止め命令に控訴 DellとHPも加勢
DellとHewlett-PackardがMicrosoftに味方し、Word販売差し止めは公共の利益を損なうと主張しているという。(2009/8/28)

オープンソースコミュニティーにも脅威に:
Microsoft Word販売差し止め判決、ODFに悪影響を及ぼす可能性も
Microsoftがi4iの「カスタムXML」関連特許を侵害したとする米地裁の判決は、オープンソースフォーマット「ODF」の採用に悪影響を及ぼすかもしれない。(2009/8/17)

特許侵害で:
Microsoft、米地裁から「Microsoft Word」販売差し止め命令
カナダのi4iのXML関連特許を侵害したとして、約3億ドルの賠償金支払いと米国内でのWord販売差し止め命令判決が下された。(2009/8/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。