ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM MCCS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

マネージド・クラウド・コンピューティング・サービス
-こちらもご覧ください-
日本IBMが今度はパブリッククラウドサービス、動的容量追加が特徴 − @IT

削減効果は2300万円!〜ベルメゾンクラウド移行事例:
“サービス停止=損失”の状況下でもクラウド移行をした理由
ECサイト「ベルメゾンネット」をクラウドへ移行した千趣会。売上の屋台骨である同サイトをクラウドへ移行した理由とは? 同社に聞いた。(2014/7/31)

フジテレビ系列28社の共通基盤に クラウド化したテレビ局の基幹システム
他の系列に先駆けて、フジテレビをはじめとするFNSは、テレビ局の業務基幹システムといえる「営放システム」をクラウドで利用できる環境を構築。その背景や現状を取材した。(2013/11/29)

千趣会と日本IBMがアウトソーシング契約を更改
情報システムのアウトソーシング契約を2020年まで延長したことを、千趣会と日本IBMが発表した。(2012/6/25)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第7回】
豊富な仮想マシンイメージと低価格が魅力のIBMのパブリッククラウド
IBMが提供する3つのパブリッククラウドから、オンデマンド&セルフサービス型IaaSの魅力と課題を紹介する。IBMクオリティの豊富な仮想マシンイメージ、Amazon EC2と肩を並べる低価格なインスタンスが売りだ。(2012/2/16)

福井銀行、財務経理や総務などの分散系システムにクラウドを利用
福井銀行では日本IBMのクラウドサービスで提供される分散系システムの利用を決めた。(2011/8/5)

NEWS
日本IBMなど3社が合弁、IBM基盤のクラウドサービスをフジテレビ系列に提供
放送業界向けのクラウドサービス環境が立ち上がる。クラウド基盤には日本IBMの従量課金型サーバホスティングサービス「IBM マネージド・クラウド・コンピューティング・サービス」を活用する。(2011/4/20)

Weekly Memo:
SIerが進むべきクラウドビジネスの方向性
このところ相次いでさまざまなクラウドサービスが登場しているが、これまで顧客のシステムを構築してきたSIerはクラウドビジネスにどう取り組めばよいのか。(2009/8/3)

日本IBM、従量課金の新パブリッククラウドサービスを開始
日本IBMが、IT資源をネットワーク経由で提供するパブリッククラウドの新サービスを始める、CPU使用量に基づく従量課金とし、顧客はIT資産を自前で持つ必要がなくなる。(2009/7/31)

日本IBM、運用サービス込みのパブリッククラウドを展開へ
日本IBMは10月中旬に、サーバやストレージなどのITリソースをネットワーク経由で提供するクラウドサービスを提供する。(2009/7/30)

HDMI/DVIへの変換の仕組みはどうあるべきなのか:
DisplayPort活用の肝は「ブリッジ機能」の実現
高速デジタル映像信号規格であるDisplayPortが普及しようとしている。同種の既存規格であるHDMIやDVIなどとの共存は避けられない状況だ。これらの規格を効率良く共存させる設計技術が必要となる。(2008/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。