ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「千趣会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「千趣会」に関する情報が集まったページです。

ベルメゾン「超ビッグなこたつ布団」が常軌を逸した超ビッグぶり 「部屋がこたつ」「人を吸収して成長してる」
作画ミスみたいな大きさ。(2020/10/6)

子ども向け学習グッズがオタグッズを飾る祭壇に! オタバレが怖い人でも隠せるアイデアに「天才」「即買い」の声
推しキャラごとの祭壇も作りやすい。(2019/8/5)

オタクだってオシャレに暮らしたい! 同人誌&オタクグッズと共に生きるオタ部屋テクニック
人のオタ部屋、見るだけでも楽しい……。(2019/3/23)

最多応募人数はNECで2170人:
上場企業の希望・早期退職者募集が激減 18年は過去最少に
2018年に希望・早期退職者を募った上場企業は過去最少の12社に。東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2019/1/15)

オタク女子のみなさん、2018年は何に“浪費”しましたか?
「天下一浪費女大忘年会」イベントレポート。(2018/12/28)

今日のリサーチ:
4人に1人がオンライン動画をきっかけに買い物をしたことがある──千趣会調べ
女性の購買行動に動画はどう影響しているのでしょうか。(2018/11/29)

「あったかいニャ」 冬のぽかぽか素材の寝具で猫ちゃんたちがフニャフニャに
一緒にとろけたいです。(2018/11/5)

業績不振受け大ナタ:
千趣会、280人リストラを正式発表 社長辞任、本社移転も
千趣会が希望退職者を募集すると正式発表。社長の交代と本社の移転も実施する。通期業績の下方修正と、新体制での役員報酬の減額も発表された。(2018/10/26)

株価の明暗分かれる:
「大規模リストラ」報道の千趣会が安値更新 MBO画策のワタベはストップ高に
10月25日の東京株式市場で千趣会の株価が続落し、年初来安値を更新した。前日に『日経電子版』が、大規模なリストラを行うと報じていた。一方、同誌がMBOを検討していると報じた、ワタベウェディングはストップ高まで値を上げた。(2018/10/25)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
広告からCRMまで、一連のコミュニケーションを自動化する
この連載もいよいよ最終回。「広告」「引き上げCRM」「継続CRM」と続くリピートビジネスのコミュニケーションを自動化することが容易になってきた最近の状況変化について解説します。(2018/6/28)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
「引き上げCRM」から「継続CRM」へ、お客さまを飽きさせないために何をしたらいい?
単品通販におけるCRMは、製品に納得してもらうための「引き上げCRM」と、それを通じてロイヤリティーが出来上がった顧客に行う「継続CRM」に大別されます。今回は後半部分であるこの継続CRMについて説明します。(2018/5/31)

「いざというとき武器になる」 ベルメゾン通販サイトの家具への“ひと言”が秀逸すぎてが「じわる」「大喜利の天才」と話題に
「それ言っちゃう!?」の連続。(2018/5/5)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則 :
広告で獲得したお客さまに製品の良さを納得してもらうには?
EC・通販で成功するための肝となるのが、新規獲得後のCRMです。今回は、見込み客が顧客となった後のコミュニケーションについて解説します。(2018/3/30)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。今回は、新規獲得のための広告クリエイティブについて掘り下げていきます。(2018/2/23)

衣料品縮小の一方でインテリア用品に活路:
千趣会がエディオンと協業する理由
通信販売大手の千趣会が家電量販店大手のエディオンと手を組んだ。新たな販路拡大を急ぐ。(2018/2/9)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
EC・通販における広告の基本的な考え方
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。今回は、新規獲得のための広告の考え方について述べていきます。(2018/1/25)

水曜インタビュー劇場(分析公演):
紙のカタログ通販市場は苦戦しているのに、なぜ「ラナン」は好調なのか
EC市場が拡大しているなかで、紙のカタログ通販が面白いことになっている。大手2社が苦戦している一方で、埼玉県に本社を構えるベルーナの売り上げが伸びているのだ。なかでも好調なのは、30〜40代の女性をターゲットにした「ラナン」。その背景を取材してみると……。(2018/1/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
容赦なく襲い掛かるAI化、オートメーション化――EC、通販事業は無視できない存在に
EC、通販事業における業務プロセスのほとんどの領域は、AI化や自動化によって置き換わるものが表れてきた。一方、人間でなければなせない領域としてハイタッチのコミュニケーション領域が残ることも間違いない。(2018/1/16)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
KPI設計は「販促指標」と「投資指標」の両面から考える
通販業界一筋20年以上、ダイレクトマーケティングのエキスパートとして知られる著者が、デジタル時代のマーケターに向けてEC・通販の本質を伝授します。(2017/12/28)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則:
「クロスセル」はどうすれば生まれる? 単品通販のビジネスモデルを理解する
通販業界一筋20年以上、ダイレクトマーケティングのエキスパートとして知られる著者が、デジタル時代のマーケターに向けてEC・通販の本質を伝授します。(2017/11/30)

ふにゃふにゃとろける猫たちの動画を通販サイト・ベルメゾンが公開 見ている人間までふにゃふにゃに
もうダメニャ。(2017/10/31)

最大約1596冊の同人誌が入る! ベルメゾンが大量収納可能な鍵付き同人誌ラックを販売
こういうのを待ってた……!(2017/9/23)

20秒でプリント完了:
プリンタでネイル、どうなの? 記者が体験してきた
最新ネイルプリンタを使ったジェルネイルサービス「ツメコ」。千趣会が美容サロン向けに提案を始めた。時間と手間がかかるジェルネイルが短時間で手軽にできることから、新たな女性向けサービスとして盛り上がりそうだ。実際に体験してみた。(2017/5/25)

リリース当日に海外消費者の購入も:
ナビプラス、越境ECソリューション「BuySmartJapan」をファッションブランド「KOE」の通販サイトに提供
ナビプラスは、ファッションブランド「KOE」の通販サイトに、越境ECソリューション「BuySmartJapan」を提供したと発表した。(2016/10/6)

週刊「調査のチカラ」:
2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼす影響など、今週も「調査のチカラ」から5本をピックアップしてご紹介します。(2016/8/27)

一緒に料理するにゃ? 台所に置くと便利な猫グッズ4選
台所もこれで猫まみれにゃ!(2016/8/7)

スピン経済の歩き方:
「ワキ汗」ビジネスがこの1〜2年で拡大している秘密
ここ数年、制汗剤市場が拡大している。その中でも「ワキ汗」のカテゴリーが一気に拡大しそうな気配である。「そんなのオレには関係ないよ」「興味ないなあ」と思われた男性も多いかもしれないが、筆者の窪田氏は「対岸の火事ではない」と指摘する。その理由は……。(2016/7/12)

料理手伝うにゃ「猫のキッチン調理フック」で台所を整理!
(2016/5/6)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年9月版:
サイバー攻撃から日本を守るのは、プロフェッショナルなトップガン
2015年9月には、テレビ番組にあのプロフェッショナルが登場し、セキュリティクラスター内外の反響を呼びました。(2015/10/14)

千趣会、個人情報13万件が流出か 子会社ECサイトに不正アクセス
千趣会の子会社が運営するECサイトが不正アクセスを受け、13万1096件の個人情報が流出した可能性。(2015/9/15)

千趣会子会社に不正アクセス、乳児を含む個人情報が流出か
ベルネージュダイレクトが運営する出産内祝いギフトサイトに不正アクセスがあり、顧客情報やクレジットカード情報などが漏えいした可能性がある。(2015/9/15)

千趣会、赤字転落へ 通販事業が不振 15年12月期通期
千趣会の15年12月期は最終損益が44億円の赤字に転落する見通しに。(2015/7/24)

ニフティ、利用料金が割引になる「NifMo バリュープログラム」をiOS向けに提供開始
ニフティは、提携ショッピングサイトでの買い物やおすすめアプリのダウンロードで毎月の利用料金を割引する「NifMo バリュープログラム」をiOS向けに提供開始した。(2015/4/21)

人をダメにする「うたた寝クッション」に寝袋付きタイプが登場 完全に「マジ寝クッション」だと話題に
寝る気マンマンじゃねえか!(2014/10/7)

削減効果は2300万円!〜ベルメゾンクラウド移行事例:
“サービス停止=損失”の状況下でもクラウド移行をした理由
ECサイト「ベルメゾンネット」をクラウドへ移行した千趣会。売上の屋台骨である同サイトをクラウドへ移行した理由とは? 同社に聞いた。(2014/7/31)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/11)

Teradata PARTNERS 2013 Report:
Hadoopはブラックホール? ビッグデータ分析基盤には「実験室」が欠かせないとTeradata
「Teradata PARTNERS 2013」がダラスで開幕した。Teradata、ディスカバリープラットフォームのAster、そしてHadoopという3種類の並列処理型データベースをシームレスに連携できる「Unified Data Architecture」を採用し、ビッグデータ分析基盤を構築する企業が50社を超える。(2013/10/22)

導入事例:
千趣会、Teradataによるビッグデータ分析基盤を採用
千趣会は、データウェアハウス用アプライアンスの「Teradata 2700」とビッグデータ分析の「Teradata Aster」を導入した。(2013/7/9)

Adobe Digital Marketing Forum 2013:
方法論――まずは仮説検証結果の数字を共有し、モチベーションを高める、千趣会の事例から
「Adobe Digital Marketing Forum 2013」から「デジタルマーケティングによる先進ターゲティング事例」として千趣会のセッションを取り上げる。(2013/6/26)

折りたためる扇風機 ベルメゾンから
オフシーズンの収納に便利な「折りたためる扇風機」がベルメゾンネットに登場。(2013/6/10)

Weekly Memo:
日本IBMが始めた地域イベント“第2弾”への意気込み
日本IBMが先週、福岡でプライベートイベントを開いた。昨年来、全国地域での営業展開に力を入れる同社の新たな取り組みに注目してみた。(2013/4/30)

「見つけて、比べて、楽しむ」体験:
構造計画研究所、店舗で品物を選べる楽しさを再現したレコメンドシステムを千趣会に導入
構造計画研究所は3月21日、ペタビットと共同開発したレコメンドシステム「ビジュアル・ナビ・レコメンド」を、千趣会が運営するECサイト「ベルメゾン ムービング サーチ」上で開始したと発表した。(2013/3/22)

IBM CMO+CIO Leadership Forum Report:
CMO/CIO/CEO、それぞれのマーケティング
2013年3月6日にIBMが開催した「CMO+CIO Leadership Forum」では、日産自動車、千趣会、ジョンソンのCMO、CIO、CEOがパネリストとしてセッションに登壇し、自社のマーケティング活動の取り組みと課題、今後の展望について議論した。異なる立場でありながら「今後もデジタルとマーケティングの融合は進む」との見解が一致、こうした中で見えてきた課題は何か。(2013/3/15)

Weekly Memo:
IBMが「CMO」に注目する理由
日本IBMが先週、国内大手企業のCMOとCIOを対象としたプライベートイベントを開いた。IBMがとくにCMOに注目するのはなぜか。そこから見えてきたものは——。(2013/3/11)

女性スマホユーザーに活用術を提案――NECカシオら4社が「スマホステキ女子部」発足
一般ユーザーへのスマートフォンの浸透が進む中、女性のスマホユーザーに役立つ活用術を提案するコミュニティがオープン。NECカシオ、KDDI子会社のmedibaら4社が提供する。(2012/8/22)

Facebookと連携:
誕生日の友達にデジタルギフトカードを手軽に送信――「Bappy!」
Facebookと連動した、誕生日特化型のソーシャルギフトサービス「Bappy!」がPCとスマートフォン向けに提供された。誕生日の友達に手軽にデジタルギフトカードを送信できる。(2012/8/20)

千趣会と日本IBMがアウトソーシング契約を更改
情報システムのアウトソーシング契約を2020年まで延長したことを、千趣会と日本IBMが発表した。(2012/6/25)

BI製品紹介:日本ユニシス
顧客分析や需要予測に効果を発揮する国産データマイニング「MiningPro21」
大量のデータに潜む相関ルールや頻出パターンを自動的に分類・解析することで、隠れた有用な関係性を抽出するデータマイニング。日本ユニシスは20年以上前からその有効性を訴えてきた。(2012/5/18)

チラシの中身を動画でチェック――千趣会が“ARチラシ”配布
千趣会は、スマートフォンをかざすと動画を再生できるチラシを全国で配布する。商品の特徴や使用感などをユーザーに「より詳しく訴求」するのが狙いだ。(2012/5/8)

今までは募金、今後は“応援消費”――どんな被災地支援をしていますか?
東日本大震災から2カ月。個人としての被災地支援では、ネットや街頭などで募金をしていた人が多かったが、今後は被災地の物を買って応援する“応援消費”を増えそうだ。千趣会調べ。(2011/5/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。