ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「imeem」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「imeem」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

MySpaceのバン・ナッタCEOが退任
2009年4月にMySpaceのCEOに就任したオーウェン・バン・ナッタ氏が辞任し、後継の共同社長はNews Corp.幹部の直属となる。(2010/2/12)

MySpace、音楽SNSのimeemを買収
MySpaceは競合する音楽SNSのimeemを買収し、1600万人のユーザーを取り込む。(2009/12/10)

Google、音楽検索機能を立ち上げ
Googleが新たに立ち上げた音楽検索では、検索結果ページから直接楽曲を試聴し、購入することができる。(2009/10/29)

海外ダイジェスト(11月26日)
YouTubeのビデオ再生プレーヤーがワイド画面に、Dellの「Inspiron Mini」に新色登場、など。(2008/11/26)

EA、ゲーマー向けSNS「ThreeSF」を買収
EAがNapster創業者の3社目のベンチャー企業を買収した。(2008/6/5)

音楽SNSのimeem、P2P技術のSNOCAPを買収
合法的なファイル交換が可能なP2P技術を提供するSNOCAPの買収で、imeemはアーティストや音楽レーベル向けのサービス拡充を図る。(2008/4/8)

音楽SNSのimeem、アプリ作成用プラットフォームを公開
OpenSocialパートナーのimeemが、独自のアプリ開発プラットフォームを無料公開した。(2008/3/26)

音楽ダウンロード販売、2012年にCD抜く――Forrester予測
2011年には米国で販売される音楽のうち半分がデジタル形式になり、2012年にはCD販売を追い抜く見込みだ。(2008/2/20)

音楽SNSのimeem、Anywhere.FM買収で事業強化へ
4大レーベルと契約を結ぶなど、音楽関連サービスの強化を進めているimeemが、Web音楽プレーヤーを手掛けるAnywhere.FM買収で事業のさらなる拡大を図る。(2008/1/29)

海外記事で振り返る2007年の携帯、SNS、音楽配信
2007年に最も注目を浴びた分野を、海外記事で総括する。(2007/12/26)

Universal Music、P2P型SNSのimeemと提携
imeemはSNSでは初めて、4大レーベルのコンテンツをそろえた。(2007/12/10)

Google、SNS向け共通API「OpenSocial」を正式発表
開発者はOpenSocial APIを使って、「一度書けばすべての対応サイトで使える」ソーシャルアプリケーションを開発できる。MySpace、mixiも参加を表明した。(2007/11/2)

音楽SNSのimeem、EMIと提携
imeemユーザーは、ローリングストーンズ、ノラ・ジョーンズなどのアーティストの楽曲を無料で楽しめる。(2007/10/30)

短編連続ドラマ「Prom Queen」、続編はYouTubeやVeohなどでも配信
続編は、各エピソード2分で全15回。各ビデオ配信サイトでドラマの配信やプロモーションなどを行う。(2007/9/8)

P2P型SNSのimeem、広告付き無料音楽サービス立ち上げ
SNOCAPの音楽販売プラットフォームの採用により、ユーザーは合法的なファイルの交換が可能になった。(2007/6/22)

米国SNS市場、MySpaceが独走
首位は79.7%のシェアを占めるMySpace。また、トップ20サイトのうち、MySpaceを除く19サイトのトラフィックを調べると、トラフィックの約4分の1がMySpace経由のアクセスだった。(2007/5/23)

米国SNS市場、MySpaceがシェア80%でトップ
MySpace人気は相変わらずだが、写真共有コミュニティー「Buzznet」やP2P型SNS「iMeemが140%以上シェアを伸ばしている。(2007/3/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。