ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「断熱」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「断熱」に関する情報が集まったページです。

3Dプリンタ:
国内初、大林組が3Dプリンタで国土交通大臣認定を取得した構造形式の建屋開発に着手
大林組は、東京都清瀬市の大林組技術研究所内で、セメント系の材料を使用し3Dプリンタにより、国内初の建築基準法に基づく国土交通大臣の認定を取得した構造形式を用いた「(仮称)3Dプリンタ実証棟」の建設を進めている。今後は、顧客の多様なニーズに応えるデジタルファブリケーション技術の1つとして、複雑なデザインや強度・耐久性を備えた構造物を実現できるセメント系材料を使用した3Dプリンタ建設の研究を進め、実用化を目指す。(2022/6/27)

ZEH:
なぜ今「2人暮らし」向けなのか?太陽光パネル無しで“ZEH”の賃貸住宅「NEW RiSE」
大東建託は2022年5月2日、2人世帯のカップルやファミリー層に向けた賃貸住宅「NEW RiSE(ニューライズ)」の販売を開始した。NEW RiSEは、断熱性能や1次エネルギー消費量がともに最高等級となっているため、太陽光パネルを設置せずとも、ZEH Orientedが実現するアパートメント。日本全体で脱炭素化のニーズが高まるなか、近年増加しつつある2人暮らし世帯に合わせて考案された、新時代仕様の集合住宅となっている。(2022/6/23)

ZEB:
国内初、大成建設が大規模商業施設でZEB Oriented認証を取得
大成建設は、三井不動産とともに、大阪府堺市で開発を進める商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと堺」で、建物の物販店舗などを対象に「ZEB Oriented」認証を大規模商業施設(延べ床面積が5万平方メートル以上)で国内で初めて取得したという。(2022/6/23)

約1万人に聞いた:
マンションに住みたい理由 2位「設備のメンテや清掃の負担が少ない」、1位は?
マイボイスコムがマンションに関する調査を実施。マンションに住みたい理由や、知っているマンションブランドなどを聞いた。(2022/6/19)

製品動向:
三井ホームがテレワークしやすい戸建て住宅の新タイプを発売、ラナイやガレージを設置
三井ホームは、環境意識の高まりや多様化する暮らしのニーズに対応する戸建て住宅のタイプ「IZM」を2022年4月27日に販売開始した。IZMの販売エリアは沖縄を除く全国で、年間売上目標は200棟。(2022/6/17)

工場ニュース:
瀬戸市にサスティナビリティを追求した新工場を建設、2024年春稼働予定
日東工業は、2024年春に稼働開始予定の愛知県瀬戸市の新工場について、その概要を発表した。100%再生可能エネルギーの環境配慮型工場としてサステナビリティに考慮するほか、DXを採用したスマートファクトリーを目指す。(2022/6/14)

仕事と遊びを両立:
ワーケーションできるトレーラーハウス発売 デザイン性と機能を両立
空間体験デザインを手がけるSpace eXperience Design(山梨県道志村)が、ワーケーションを実現できるトレーラーハウスを発売した。(2022/6/3)

材料技術:
不透明なガラス繊維強化プラスチックがクリアに、高品位なピアノブラックも可能
出光興産は、「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」(2022年5月25〜27日、パシフィコ横浜)において開発中のガラス繊維強化ポリカーボネートを展示した。量産開発にめどはついている。用途に合わせたカスタマイズにも対応できる。(2022/5/27)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県上尾市で延べ7.6万m2の高機能型物流施設が竣工、野村不動産
野村不動産は、高機能型物流施設「Landportシリーズ」の1つとして、同社が埼玉県上尾市で開発を進めていた「Landport 上尾II」が2022年5月18日に竣工したことを公表した。各フロアは、異なるカテゴリーを想定した仕様とし、温度帯保管など幅広いニーズに応える設計を実現したことで、EC、医療機器、出版、書籍などさまざまな企業の入居が決定した。(2022/5/27)

ZEH:
住友林業、賃貸集合住宅「Forest Maison」全棟でZEH-M化を推進
住友林業は、賃貸集合住宅「Forest Maison(フォレスト メゾン)」全棟でZEH-M化を推進する。BELSの最高ランクに対応する仕様を標準とし、省エネ性を高めたZEH-Mを全棟で取得する。(2022/5/26)

プロジェクト:
大阪市中央区で延べ4.6万m2の複合施設を開発、JR西日本不動産開発
JR西日本不動産開発は、ヒューリックや竹中工務店、パルコとともに、「(仮称)心斎橋プロジェクト」として、大阪府大阪市中央区で複合施設を開発している。(2022/5/26)

おひとりさま用袋麺専用鍋「シメまで美味しい『俺のラーメン鍋』」を発売 狙いは?
サンコーは、おひとりさま用袋麺専用鍋 「シメまで美味しい『俺のラーメン鍋』」を発売した。おひとりさま需要に焦点を当てている。(2022/5/24)

インスタント袋麺がぴったり収まる専用鍋が開発される 卓上で調理可能な「シメまで美味しい『俺のラーメン鍋』」発売
鍋だけ取り外して洗える!(2022/5/19)

材料技術:
割れた自動車用ガラスを再び自動車用ガラスに、新車採用に向けて試験生産
Audi(アウディ)とReiling Glas Recycling、Saint-Gobain Glass、Saint-Gobain Sekuritは2022年4月25日、破損した自動車用ガラスを自動車用ガラスにリサイクルするパイロットラインを立ち上げたと発表した。さまざまなプロセスを経て接着剤などガラス以外の不純物を除去し、新たな自動車用板ガラスを生産する。パイロット生産が成功すれば、将来的にEV(電気自動車)「Q4 e-tron」のガラスに採用する。(2022/5/10)

リテール&ロジスティクス:
千葉県松戸市で延べ1.5万m2の物流施設が着工、シーアールイー
シーアールイーは、千葉県松戸市松飛台の松飛台工業団地内で開発を進める物流施設「ロジスクエア松戸」の地鎮祭を執り行い、2022年5月1日に着工したことを公表した。竣工は2023年5月末を予定している。(2022/5/10)

カーボンニュートラル:
住宅のライフサイクル全体でCO2収支マイナスに、BF構法を採用した住友林業の「LCCM住宅」
住友林業は、戸建て住宅のライフサイクル全般にわたり、CO2収支をマイナスにする「LCCM住宅」を全国で発売した。年間100棟の受注を目指すLCCM住宅には、オリジナルの木質梁勝ちラーメン構造「BF構法」を採用することで、0.3ヘクタールの杉林が50年間に吸収するCO2量に相当する炭素固定量が実現する。(2022/5/9)

ZEB:
「ZEB Ready」を取得した「東京都市大学世田谷キャンパス新7号館」が竣工、東急建設
東急建設は、東京都世田谷の東京都市大学世田谷キャンパスで、「東京都市大学キャンパス再整備事業」により施工を進めていた「新7号館」が竣工し、BELSの最高評価である「5スター」を獲得し、大規模大学では数少ない「ZEB Ready(一次エネルギー消費量50%以上削減)認証」も取得した。(2022/5/6)

千原ジュニアのこだわりキャンプギアと「フォード・エコノライン」がすてきすぎる
マネしたくなる!(2022/5/4)

建設現場を“可視化”する「センサー技術」の進化と建設テックへの道のり(4):
【最終回】画像認識技術の応用が建設現場を進化させる!
本連載では、日立ソリューションズの建設ICTエバンジェリストが、建設業界でのセンサー技術の可能性について、各回で技術テーマを設定して、建設テック(ConTech)実現までの道のりを分かりやすく解説していきます。最終回の第4回は、画像データを活用した画像認識技術とセンサー技術について、建設業界での活用例も交えて紹介します。(2022/4/30)

工場ニュース:
OKIの「ZEB」認定環境配慮型工場が完成、スマート工場のモデルに
OKIは2022年4月27日、本庄地区(埼玉県本庄市)の新工場「OKI本庄工場H1棟」の建設が完成し、竣工式を行った。新工場は大規模生産施設として国内初となる「ZEB(Net Zero Energy Building)」認定を取得した工場で、環境配慮を徹底していることに加えてIoT(モノのインターネット)などを活用したスマート工場のモデル工場とする。稼働は2022年6〜7月の予定としている。(2022/4/28)

新建材:
透光性と断熱性を兼ね備えたエアロゲルガラスパネルを開発、竹中工務店
竹中工務店は、新光硝子工業とともに、窓に適用することで、建物の空調と照明のエネルギーを削減する「エアロゲルガラスパネル」を開発した。エアロゲルガラスパネルは、通常のガラスと同様の方法で取り付けることが可能なことから、パネルの厚さを一般流通材と合わせることで、市場への訴求を目指す。今後は、2023年までに、従来の既製品サッシに設置できる厚みのエアロゲルガラスパネを開発する予定だ。(2022/4/28)

月会費5万5000円:
2000人が登録待ち! サブスク別荘「SANU」行って分かった人気のワケ
月会費5万5000円でセカンドホームを持てるサブスクが人気を集めている。サービス名は「SANU 2nd Home」。登録待ちは2000人を超えているそうだが、一体どんなサービスなのか。創業者を取材した。(2022/4/28)

価格や間取りを重視:
「家の広さ」または「駅からの距離」 家探しで多いのは?
家を探す際、どんなことを大事にしている人が多いのだろうか。過去1年以内に住宅購入を検討した人に聞いた。(2022/4/26)

ZEH:
長谷工グループが2022年度以降、全マンションを“ZEH化”
長谷工グループは、2050年のカーボンニュートラルを目指す取り組みの一環で、2022年度以降に設計に着手する新築マンションと自社で保有する賃貸マンションで完全ZEH化することを表目した。(2022/4/26)

〈5社共催〉ヒートショック対策リフォーム セミナーレポート:
高齢化社会の住まいで避けては通れない「ヒートショック」、住宅設備メーカー各社の対応製品とは?
かつてない超高齢化社会へ向いつつある我が国において、住まいに関わる重要課題として、ここ最近クローズアップされているのが、「ヒートショック」問題である。現在でも、交通事故による死者数よりも多くの人々が、ヒートショックによる家庭内事故で亡くなっているという。(2022/4/25)

社員に“マイボトル”配布、専用コーヒーマシンや自動洗浄機を設置 東京建物などリユース促進の実証実験
東京建物は18日、東京・八重洲にある本社ビルに勤務する社員に真空断熱ボトルを配布し、社内に置いたコーヒーベンダーと自動洗浄機で繰り返し利用できるマイボトル推進の実証実験を始めると発表した。(2022/4/18)

製品動向:
断熱性能を向上させリニューアルした断熱玄関引戸を全国発売、LIXIL
LIXILは、従来品よりも断熱性能を向上させ、住宅の外観と合わせやすい木目カラーをラインアップし、リニューアルした断熱玄関引戸「玄関引戸JS」の全国販売を行っている。(2022/4/18)

中古のプレハブを“趣味小屋”へと魔改造! 好きなゲームとお酒を詰め込んだ夢のリフォームが「大人の秘密基地」と憧れの的に
めっちゃうらやましい……!(2022/4/17)

導入事例:
大成建設が新型の放射式植物栽培ユニットを開発、栽培空間温度の均一化を実現
大成建設は、閉鎖型植物工場関連の栽培システムとして、放射式植物栽培ユニット「T-GreenVegeunit」を開発した。T-GreenVegeunitは、場所を選ばず取り付けられ、栽培設備の省エネルギー化と栽培空間温度の均一化により、植物の品質向上と高い生産効率を実現する。今後は、新設の植物工場だけでなく、空間の有効活用として既存倉庫や営業中のレストラン、ホテルロビー、廃校の再利用などに対して、T-GreenVegeunitの導入を提案していく。(2022/4/15)

法人課税はどう変わったか:
【経理必見】令和4年度税制改正、経理業務への影響は? ポイントを解説
「令和4年度税制改正」では所得拡大促進税制の拡充や住宅ローン減税の見直しなどが目玉となりそうです。その他、少額減価償却資産の損金算入特例の見直しなども要注目です。2021年に公表された税制改正大綱から、経理担当者が押さえておきたい改正ポイントを解説します。(2022/4/12)

リテール&ロジスティクス:
茨城県稲敷郡阿見町で延べ2万m2の物流施設が竣工、天井クレーンは最大10トンに対応
富士物流は、茨城県県南エリアでの事業拡大と顧客ニーズへの対応を目的に、2021年4月から茨城県稲敷郡阿見町で開発を進めていた物流施設「筑波物流センター」が竣工したことを公表した。(2022/4/11)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
パナソニック ハウジングシステム事業部が株式会社に、CO2排出量実質ゼロが目標
パナソニック ハウジングシステム事業部は2022年4月1日に、パナソニック ハウジングソリューションズ株式会社となった。今後は、さまざまな住まいの問題を解消する住宅設備や環境に優しい取り組みを展開し、事業の裾野を広げる。(2022/4/11)

目の前には大洗のビーチ:
180度パノラマで太平洋! 全10棟のドーム型テント「グランピング施設」が誕生
ブッキングリゾートが運営するリゾートグランピングドットコムは、メイズムランド社が茨城県大洗市に新規開業するグランピング施設「グランマーレ茨城大洗」の予約受付を開始した。(2022/4/7)

リテール&ロジスティクス:
延べ1.8万m2の物流施設が神奈川県愛甲郡愛川町で着工、シーアールイー
シーアールイーは、神奈川県愛甲郡愛川町の内陸工業団地内で、2023年3月末の竣工に向け計画を進めていた物流施設「ロジスクエア厚木I」の地鎮祭を2022年3月30日に行った。(2022/4/6)

産業動向:
LIXIL、住宅の断熱に対する意識調査
LIXILは2021年12月、全国の20〜60代の計4841人に、住まいの断熱に関するインターネット調査を実施した。住宅の「断熱」と温室効果ガスであるCO2削減を関連付けている人は32%にとどまった。(2022/4/5)

産業動向:
解体分離が可能な新たな木質耐火部材、従来品と比べ耐火被覆層の材工費を30%以上削減
熊谷組は、木造建築の解体に際して、主要構造部の分離を可能とする木質耐火部材「環境配慮型λ-WOOD」を開発した。今後は、中大規模木造建築が解体される数十年後の未来を見据えて、解体分離が可能な環境配慮型λ-WOODの実用化に向けた実験を行い、大臣認定を取得していく予定だ。(2022/4/4)

「蒙古タンメン中本」初公式ブック発売! 人気メニュー紹介や社長親子の対談企画が掲載、真空断熱タンブラーも付いてくる
「真空断熱タンブラー」は中本がデザインを監修しました。(2022/3/30)

リテール&ロジスティクス:
兵庫県尼崎市で延べ10万m2のAmazon用物流施設の運営を開始、日鉄興和不動産
日鉄興和不動産は、物流施設「LOGIFRONT」シリーズの1つとして、兵庫県尼崎市で開発を進めていた「LOGIFRONT尼崎II」が2021年2月5日に竣工したことを公表した。なお、LOGIFRONT尼崎IIは、Amazonの物流施設「Amazon 尼崎フルフィルメントセンター」として利用される。(2022/3/29)

プロジェクト:
日本初、CLT造の郵便局が千葉県南房総市で誕生
住友林業は、千葉県南房総市で施工を進めていた施設「丸山郵便局」が2022年2月に竣工したことを発表した。丸山郵便局は、環境に配慮した郵便局「+(ぷらす)エコ郵便局」の第1号店舗で、国内で初めてCLT造を採用した郵便局だという。(2022/3/28)

東京電力「実際は100%超えていません」 電力使用状況“100%超え”表記の理由を聞いた
ギリギリの状況は続いています。(2022/3/22)

「エアコン1度下げれば10%の節電に」──家電の節電方法、シャープが案内 「電力需給ひっ迫警報」発令中
シャープは公式Twitterアカウント(@SHARP_JP)でエアコンや洗濯機、冷蔵庫などの節電方法を紹介した。東京電力管内では電力需給ひっ迫警報が出されており、停電が懸念されている。(2022/3/22)

「暖房は20度が目安」「カーテンで断熱」 シャープ公式Twitterが家電の節電方法を拡散、東電管内の電力ひっ迫を受け
厚着もしてしのごう……。(2022/3/22)

リテール&ロジスティクス:
物流施設「SANKEILOGI」シリーズの第1号物件が竣工、サンケイビル
サンケイビルは、物流施設「SANKEILOGI」シリーズの第1号物件として千葉県柏市で竣工した「SANKEILOGI 柏の葉」の稼働を2022年3月15日に開始した。入居テナントは既に決定している。(2022/3/22)

3Dプリンタニュース:
24時間以内で施工できる3Dプリント住宅、協業企業向けに限定予約を開始
セレンディクスは、「日本初」をうたう3Dプリンタ住宅を発表した。3Dプリンタで出力した約20トンの躯体を3時間で組み上げ、住宅施工開始から23時間12分で完成した。(2022/3/23)

ZEH:
積水ハウスが「ZEH最上位水準」を戸建て・賃貸で標準化、住宅性能表示制度の4月施行に併せ
積水ハウスは、住宅性能表示制度の断熱性能等級で、住宅の省エネ性能がZEH水準と同等の「等級5」が2022年4月に新設されることに併せ、自社の戸建てと賃貸住宅で標準化する方針を発表した。(2022/3/14)

100平米300万円で家を提供:
3Dプリンターで作った家が完成 施工は23時間12分 グランピング施設や復興住宅の需要見込む
セレンディクスは3月9日、3Dプリンターで作った住宅の1棟目が完成したと発表した。(2022/3/10)

やっぱハイエース最強〜!? レーシングドライバーの脇坂&服部が「キャンパーなハイエース」乗り比べ さすがなプロ目線を見せつける
ハイエース欲しいなーと思っている人必見です〜。(2022/3/7)

製品動向:
LIXILが熱流出を80%カットする高性能窓を発売、今ある窓を1日で取り換え可能
LIXILは、住居の改修に対応する窓「リプラス 高断熱汎用枠」とリフォーム玄関ドア「リシェント玄関ドア3 高断熱仕様 ハイグレードモデル」を全国で販売開始した。(2022/3/2)

【Amazonタイムセール祭り】サーモスのステンレス製マグカップが53%オフ 魔法瓶構造で保温&結露しにくい
結露しにくいのはうれしい。(2022/2/28)

【ワークマンの2022年キャンプ用品】780円から(!)のキャンプ飯グッズ ワークマン・アウトドア用品の実力拝見
この価格で! と話題のワークマン・アウトドア用品。4900円(!)のツーリングテントに続き、数百円台から多々用意するキャンプ調理系グッズの使い勝手をチェックしました。(2022/2/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。