ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「断熱」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「断熱」に関する情報が集まったページです。

3Dプリンタの可能性を探る:
3Dプリンタ住宅はなぜこんなに安いのか? 住宅づくり自動化の第一歩を見学
セレンディクスが2024年4月に岡山県で小規模3Dプリンタ住宅「serendix10」を施工した。現地での施工の様子を関係者や施主の声を交えながら紹介する。(2024/5/24)

リノベ:
リノベ物件で「省エネ性能ラベル」を発行 リノべると積水化学工業
リノべると積水化学工業 住宅カンパニーは、2024年度から新築住宅を対象に努力義務化された「建築物の省エネ性能表示制度」に基づく表示を、新築だけでなく既存住宅にも対象を広げる。両社が協業する全てのZEH水準リノベーション案件で「省エネ性能ラベル」を発行すると発表した。(2024/5/21)

昔ながらの畳を“ポリ製”に張り替えると…… あっという間に“和モダン”に生まれ変わるリフォームに称賛「めちゃくちゃ参考になりました」
畳だけで部屋の雰囲気が別物に。(2024/5/20)

「窓ガラスになる」太陽光パネル ENEOS、技術はクリアだが量産化に課題
ENEOSが米国の企業と組んでエネルギーの面白い未来を作ろうとしている。近い将来、ビルなどの縦置きの窓ガラスが太陽光パネルに変わり、エネルギーを生み出すかもしれない。これまでの太陽光パネルと競合しない、新しいソリューションを見てみよう。(2024/5/15)

羽田空港、第1ターミナル北サテライト施設を建設 2026年夏に開業へ
日本空港ビルデング(東京都大田区)は5月7日、羽田空港第1ターミナルの北側に、サテライト施設を建設する工事を開始した。6スポットを備えた出発・到着ゲート施設として、2026年夏頃の開業を予定している。(2024/5/11)

産業動向:
羽田空港に木造/鉄骨ハイブリッド構造のサテライト施設建設 2026年夏に供用開始へ
日本空港ビルデングは、羽田空港の第1ターミナル北側に、羽田空港では初となる木造/鉄骨ハイブリッド構造の出発/到着ゲート施設を建設する。2026年夏頃の供用開始を目指す。(2024/5/10)

研究開発の最前線:
ソルダーレジストの技術開発を加速する研究拠点を埼玉県嵐山町で開設
太陽ホールディングスは、埼玉県嵐山町の嵐山事業所内でソルダーレジストの開発を加速する技術開発センター「InnoValley(イノヴァリー)」を開設した。(2024/5/9)

ZEH:
断熱性能で最高等級7に対応した平屋をパナソニック ホームズが発売
パナソニック ホームズは、住宅性能表示制度の断熱性能で最高等級7に対応する平屋の戸建住宅を発売した。(2024/4/25)

省エネ機器:
塗布するだけで空調設備を省エネに、マクニカが遮熱断熱塗料の販売を開始
クニカが冷暖房や冷蔵、冷凍などに使用する室外機向けの遮熱断熱塗料「マクニカット」の販売を開始したと発表した。(2024/4/24)

第6回「建築物の販売・賃貸時の省エネ性能表示制度に関する検討会」:
既存住宅の省エネ性能表示に新制度、「改修等部位ラベル」が2024年秋にスタートへ
国交省では膨大なストックが存在する既存建築物においても「省エネ性能表示制度」の適用拡大を目指し、2024年秋から「改修等部位ラベル」という新たな表示スキームの導入を開始する。(2024/4/22)

製品動向:
段ボールから建物用セルロース系断熱材を製造、東急建設が米ベンチャーに出資
東急建設は、リサイクル段ボールを原料に建物用のセルロース系断熱材を製造/販売する米国のベンチャー企業CleanFiberに出資した。(2024/4/22)

脱炭素:
ゼロカーボンビルを目指す研究所管理棟で『ZEB』認証取得 大成建設
大成建設は埼玉県幸手市で建設を進める「大成建設グループ次世代技術研究所」の研究管理棟で、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)最高位の「5つ星」と『ZEB』認証を取得した。(2024/4/19)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(14):
製造業のマーケティング担当者必見、「サプライヤーの探し方と選定基準」の本音
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第14回のテーマは「メーカー開発設計者に聞いたサプライヤーの探し方と選定基準」だ。(2024/4/26)

“10万円で買った”築120年超の古民家を大胆リフォーム→モデルルーム並に大変身した寝室に「脱帽です!」
すごすぎる。(2024/4/21)

第17回「建築材料等判断基準WG」:
建材トップランナー制度の対象が拡大、大型建築物などのサッシ・複層ガラスも対象に
高機能な建材の普及を目的に、省エネ法のもとで運用されている「建材トップランナー制度」。政府では今後、中高層住宅・大中規模建築物用のサッシ・複層ガラスを建材についても、トップランナー制度の対象としていく方針だ。(2024/4/15)

「ロイヤルホームセンター」愛知県に3店舗を出店、特徴は?
ロイヤルホームセンターは愛知県に3店舗を出店する。特徴は……。(2024/4/9)

LIBリサイクルの水熱有機酸浸出プロセス開発の取り組み(2):
グリーン溶媒と水熱条件の基礎知識、LiFePO4からリチウムを回収する流通式水熱装置
本連載では東北大学大学院 工学研究科附属 超臨界溶媒工学研究センターに属する研究グループが開発を進める「リチウムイオン電池リサイクル技術の水熱有機酸浸出プロセス」を紹介する。第2回ではグリーン溶媒と水熱条件の基礎知識や著者の研究室で利用している流通式水熱装置について紹介する。(2024/4/10)

朽ちかけた家を1年掛けてリノベ → 現代的な姿に一新! 家族一丸のプロジェクトに「なんてすばらしい仕事」と称賛【仏】
1年間の大仕事を約31分のタイムラプスで。(2024/4/8)

メカ設計インタビュー:
オートデスクのプラットフォーム戦略とAI活用について日本のキーマンに聞いた
近年、オートデスクが展開を強化している「Autodesk プラットフォーム」と「Autodesk AI」の詳細について、日本のキーマンであるオートデスク 日本地域営業統括 技術営業本部 業務執行役員 本部長の加藤久喜氏に話を聞いた。(2024/4/3)

「ここまでになるとは」 使われなくなった“ボロボロの蔵”を住宅にリノベしたら…… 驚異の変身ぶりに騒然
センスいい!(2024/3/30)

ZEB:
工事現場事務所でNearly ZEB認証取得、矢作建設工業
矢作建設工業は、東海大府工事事務所で建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)のNearly ZEB認証を取得した。建設現場で快適に働けるためのウェルネスに配慮した室内空間を実現する。(2024/3/27)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
冷えた肉まんを入れておくだけで“熱々”に 電子レンジみたいな布バッグ「HO-ON」の革新性
「CES2024」でベストオブイノベーションを受賞した、持ち運べる電子レンジバッグ「WILLCOOK HO-ON」は、ものすごくイノベーティブな製品だと思うのだ。しかも開発の経緯も面白い。(2024/3/23)

極寒トイレが100均アイテムで“裸足で歩ける暖かさ”に 今すぐマネできるDIYに「これは盲点」「簡単に掃除が出来る」
これはまねしたい!(2024/3/22)

1Dモデリングの勘所(29):
フローで考える流れのモデリング(その1) 〜流れの理論と流路網解析〜
「1Dモデリング」に関する連載。連載第29回では「フローで考える流れのモデリング(その1)」と題し、流れの理論と流路網解析について取り上げる。(2024/3/13)

クーラー付き“犬小屋”を店頭でシェア アプリでカギ開閉、見守りも 御殿場のアウトレットモールで実証実験
旭化成ホームズは、冷房機能が付いた犬小屋「WanPod(ワンポッド)」の実証実験を「御殿場プレミアム・アウトレット」で3月20日から実施する。(2024/3/6)

工場ニュース:
旺盛な需要に対応、防衛機器の増産および新製品の開発に向けて新工場棟を建設
東京計器は、防衛機器を取り扱う新工場棟(名称:防衛管理棟)を、同社の那須工場の敷地内に建設する。約15億円を投じ、需要に対応する増産体制を構築して、新製品の開発と生産に十分なスペースを持つ工場を建設する。(2024/3/1)

製品動向:
既存の窓ガラスを太陽光発電システムに転換 大成建設がリニューアル工法開発
大成建設は、ガラス交換の要領で既存窓のサッシ枠に太陽電池モジュールをはめ込み、短時間で太陽光発電システムを設置できるリニューアル工法を開発した。(2024/2/29)

ZEB:
2024年4月から始まる住宅・建築物の「省エネ性能表示制度」、そのポイントをおさらい
建築物の省エネ性能の周知を目的に、2024年4月からスタートする「建築物の販売・賃貸時の省エネ性能表示制度」。本稿では同制度の概要や、運用方法の概要などについて解説する。(2024/2/26)

猫の起源や生態から紐解く、猫にとって雪はどんなもの……? 霜焼け・凍傷など知っておきたい注意点も解説
猫が雪を嫌いな理由や注意点を解説します。(2024/2/23)

Uber Eats、“ロボットでの配送サービス”を日本で展開へ 3月から都内で提供開始
フードデリバリーサービス「Uber Eats」を提供するUber Eats Japanは、日本でロボットデリバリーサービスを展開すると発表した。これに伴い、三菱電機とロボットメーカーの米Cartkenとの業務提携する。(2024/2/21)

制震:
アエラホーム、注文住宅の制震性能を強化 地震でも気密性/断熱性を維持
アエラホームは、注文住宅の制震性能強化に乗り出す。建物に伝わる地震の衝撃を吸収し、耐震性を維持できる制震装置の導入などにより、地震が起きても住宅の気密性や断熱性を損なわず、長く住み続けられる家づくりを進める。(2024/2/21)

3Dプリンタニュース:
主原料に土を採用した3Dプリンタモデルハウスを建築
Lib Workは、建設用3Dプリンタを活用した住宅「Lib Earth Hous “modelA”」を建築した。自然由来で容易に入手できる土を主原料に採用しており、循環型経済に貢献する。(2024/2/19)

半導体市場の悪化影響を強く受け:
レゾナックの23年度通期は減収減益で純損失190億円、24年度は黒字転換へ
レゾナックの2023年度通期(2023年1〜12月)業績は、売上高が前年比7.5%減の1兆2889億円、営業利益は同655億円減で38億円の赤字、純利益は同514億円減で190億円の赤字となった。(2024/2/16)

佐倉事業所に15億円を投資:
山一電機、テストソケット/コネクターの生産拠点を拡大
山一電機は、佐倉事業所の敷地内に「佐倉事業所第2棟」を新設した。テストソケットやコネクターの生産拠点として、2024年3月から順次稼働を開始する。(2024/2/13)

施工:
木造ハイブリッド構造の賃貸マンションを開発、第一生命グループ初
第一生命グループの相互住宅は、神奈川県横浜市に木造ハイブリッド構造の賃貸マンション「フレンシア青葉台」を新設した。柱などの構造体の一部の他、内装/外装の仕上げ材の一部に木材を採用し、合計約27.2立方メートルを木質化した。CO2固定量は約15.3トン。(2024/2/13)

製造マネジメントニュース:
AGCの2023年通期業績は減収減益、塩ビ販売価格下落や製造原価の悪化が影響
AGCは2023年12月期通期(1〜12月)決算と2024年12月期通期業績の見通しを発表した。2023年通期の売上高は前年同期比0.8%減の2兆193億円で、営業利益は同29.6%減の1288億円となった。塩化ビニールの販売価格の下落やライフサイエンスセグメントの受託売上減少、製造原価の悪化などで減収減益を記録した。(2024/2/9)

電子ブックレット(製造マネジメント):
いつ芽吹くか、2023年に発表された「イノベーションの芽」たち
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、新しい製品ジャンルや市場に挑戦した「2023年に発表された『イノベーションの芽』たち」をお送りします。(2024/2/8)

材料技術:
古河電工が植物由来ポリエチレンを100%使用した環境配慮型発泡シートを開発
古河電気工業は、植物由来ポリエチレンを100%使用した、環境配慮型発泡シートを開発した。植物由来のポリエチレンを適用することで、バイオマス度を75%以上に高めている。(2024/2/8)

キャンパー妻が夫と一緒に中古ハイエースを“家”にDIYしたら…… 総額160万円で完成したロマンあふれる車内に「安く収まりましたよね」「嫉妬してしまいました」
お邪魔してみたい。(2024/2/6)

製品動向:
画像から厚さを自動算出、2024年度に建設現場へ本格導入
長谷工コーポレーションはNHK財団が保有する映像処理技術を活用した「厚さ計測システム」を開発した。施工前後に撮影した画像データを解析して厚さを自動算出する。今後、建設現場のさまざまな施工工程でシステムの検証を進め、2024年度中の本格導入を目指す。(2024/2/5)

Building Together Japan 2023:
明大 生田新校舎で挑戦した日建設計の設計BIM 基本計画から実施設計まで「BIMで考える、BIMと考える」
日建設計の茂住勇至氏は、明治大学 生田キャンパスの新校舎設計で、プロポーザル段階から、基本設計、実施設計に至るまで、BIMソフトウェア「Archicad」を活用した。設計業務では、基本計画の大学側との合意形成や日影シミュレーション、100分の1の詳細度でBIM作成などの新たな設計BIMの試みに挑んだという。(2024/2/13)

Apple PayのPASMOのみ“ダブルチャンス”あり:
LINEプリペ(Visa)を「モバイルPASMO」「Apple PayのPASMO」で使うと最大1000円分還元 6月30日まで
LINE Payとパスモが、「モバイルPASMO」「Apple PayのPASMO」のコラボキャンペーンを実施する。LINEプリペ(Visa)こと「Visa LINE Payプリペイドカード」を使ってチャージしたり定期券を買ったりすると、最大で1000円分の「LINE Pay残高」が贈呈される。(2024/2/1)

ZEH:
一般地の戸建住宅で「断熱等級6仕様」を標準化、積水化学
積水化学工業は、一般地(省エネ地域区分5〜7地域)で展開する平屋2階建ての戸建全商品(鉄骨系セキスイハイム/木質系ツーユーホーム)で、断熱等性能等級6仕様を標準化する。(2024/1/30)

省エネ住宅:
高性能住宅のメリットを光熱費などで可視化、ビルダーや工務店の営業支援を強化
パナソニック アーキスケルトンデザインは、協力関係にあるビルダーや工務店の営業活動支援を目的に、高性能住宅のメリットを可視化するサービスを拡充した。パッシブ設計手法を用いた3種類のシミュレーションメニューを提供し、住宅の省エネ性能と提案の質を高める。(2024/1/26)

女性がたった一人で作った家の建築場所はまさかの…… 145万再生された究極のDIYに国内外から絶賛の声「スゴイ」「素敵すぎる」
すごすぎる……!(2024/1/25)

ZEB:
ブラザー東京ビルの改修が完了 グループ初「ZEB Ready」認証を取得
東京都中央区京橋の「ブラザー東京ビル」の改修工事が完了した。改修に伴って使用電力の最適化や再エネ化を行い、ブラザーグループの拠点として初めて「ZEB Ready」認証を取得した。(2024/1/23)

BLUETTI、飲み物や食材も冷やせるポータブル電源「SwapSolar」発売 製氷機能も搭載
BLUETTIは、ポータブル冷凍冷蔵庫「MultiCooler」とポータブル電源「AC180T」を組み合わせた「SwapSolar」を発売。AC180Tのプラグイン式バッテリーパックも利用できる。(2024/1/22)

AI:
AIが断熱弱点の特定と最適部材の選定で改修提案、住友林業ホームテック
住友林業ホームテックは、AIを用いた「断熱改修工事提案システム」を開発した。AIは、改修で向上する断熱性能の見込み値を、改修前の熱損失係数に加えてスコア化し、顧客の求める性能やコストなどに適合した断熱改修工事を提示する。(2024/1/22)

フォルクスワーゲンの大型バンを大改造→キャンピングカーにしたら……? 驚きの大変貌に「信じられない!」
高級感のあるインテリアに仕上がりました。(2024/1/21)

メイドインジャパンの現場力:
新型冷蔵庫は整理整頓の促進で省エネ貢献、三菱電機 静岡製作所のモノづくり
三菱電機では静岡製作所において報道陣に冷蔵庫の新製品を発表するとともに、静岡製作所の冷蔵庫の生産ラインを公開した。(2024/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。