ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iTunes in the Cloud」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iTunes in the Cloud」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Apple Music、3カ月後の自動更新をオフにするには? iTunes Matchとの関係は?
Apple Musicの提供が、日本でも7月1日午前0時からスタートした。初期設定で自動更新になっている有料サービスへの移行のオフ方法などについて説明する。(2015/7/1)

ビジネスニュース 企業動向:
特許訴訟で公開されたジョブズ氏のメール
現在行われているアップルとサムスン電子の特許裁判において、故スティーブ・ジョブズ氏のメールが公開された。本稿の2ページ目にその原文を掲載する。(2014/4/15)

ライフスタイルを彩る「5c」、未来を映す「5s」:
どちらも期待を裏切らない“正統進化”――林信行の「iPhone 5c/5s」徹底レビュー
カラフルな「iPhone 5c」、先進的な「iPhone 5s」。そのどちらもが「iPhone 5」を受け継ぐ“正しい進化形”だ。その魅力を林信行氏が詳細に語る。(2013/9/18)

「iTunes in the Cloud」が映画にも対応、HD映画の特別価格キャンペーンも実施
Appleが「iTunes in the Cloud」の機能を拡充し、新たに「映画」もほかのデバイスで再ダウンロードできるようになった。あわせて、映画100タイトルのHD版を1500円の特別価格で販売するキャンペーンも実施する。(2013/8/7)

快適なiOSライフを過ごすには──「初めてでも絶対わかるiCloud&iTunes」
ソフトバンククリエイティブが、iOSユーザーのためのiCloudとiTunesの活用本を発売。初心者向けの基本からワンランク上の応用まで、両サービスについて幅広く扱っている。価格は1470円。(2013/5/28)

「iTunes Store」がオープン10周年、「A DECADE OF iTunes」開設
「iTunes Store」が米国でオープンしてから10周年を迎える。Appleはこれを記念して「A DECADE OF iTunes」を開設し、10年間の歴史や毎年の人気楽曲などを紹介。現在は世界119カ国でiTunes Storeを展開し、3500万曲をそろえている。(2013/4/25)

石野卓球「おせーよ!」 小室哲哉「SME頑張って!」 iTunesでソニー邦楽“解禁”
iTunes Storeでソニー・ミュージックエンタテインメント系邦楽アーティストの楽曲配信がスタート。ファンは歓迎する一方、「なぜここまで時間がかかったのか」という声も少なくない。(2012/11/7)

3月16日発売!:
アップル、2048×1536ドット表示対応の「第3世代iPad」を発表
第3世代iPadは、高精細なRetinaディスプレイを搭載し、1080pでの動画撮影に対応する500万画素iSightカメラを内蔵。グラフィックス性能も向上した。で、製品名は……iPad?(2012/3/8)

iPhoneの音楽機能もさらに使いやすく――Apple「iTunes Store」の進化を考える
日本のiTunes Storeでも、2月22日からiTunes in the Cloudや3G環境でのダウンロード、Mastered for iTunes、Complete My Album、Ringtoneといった各種サービスの提供が始まった。これは日本のユーザーにどのような意味を持つのだろうか。(2012/3/1)

勝手に連載「R731」(2):
R731と旅に出て、「BDドライブ! そういうのもあるのか」とつぶやいた
唐突に始まった「R731を私的に使う」ミニ連載。第2回は光学ドライブとバッテリーについて考える。「Blu-ray Discドライブがあるのか、うん! そうか、そうなれば話は違う」(2012/2/23)

アップル、「iTunes in the Cloud」を日本でもスタート
日本国内で「iTunes in the Cloud」が利用できるようになった。iTunesで購入した楽曲はiCloudを経由してほかの対応端末に自動的に同期される。便利。(2012/2/22)

Apple、日本でも「iTunes in the Cloud」開始
iTunesで購入した音楽などをiCloud経由で複数のデバイスで同期できる「iTunes in the Cloud」が日本国内でも利用できるようになった。(2012/2/22)

無線LANでの同期もサポート:
Apple、iOS 5とiCloudに対応した「iTunes 10.5」
米AppleはiOS 5端末との同期とiCloudに対応した「iTunes 10.5」を公開した。無線LAN経由での同期もサポートしている。(2011/10/12)

「Apple TV」がアップデート 米国ではiCloud的機能が利用可能に
米国では、購入したTV番組をiPadやiPhoneでもダウンロードできるというiCloudのような機能も利用できるようになった。日本ではVimeoでのコンテンツ視聴に対応した。(2011/8/2)

D89クリップ(22):
【15分で体験するApple WWDC 2011 Keynote】「iCloud」が示す「こちら側」を中心とした世界観とは?
アプリケーションを通じて個々のデバイスにコンテンツが自動的に同期される「こちら側」を中心とした世界観。ソフトウェアとハードウェアを同時に扱ってきたアップルならではの「クラウド」の姿を見ていこう(2011/6/16)

Weekly Memo:
Appleが企業向けクラウドサービスに参入する日
Appleが先週発表したクラウドサービス「iCloud」は、一般ユーザー向けのみならず、企業向けのクラウド市場にも大きな影響を与えそうだ。(2011/6/13)

WWDC 2011基調講演リポート:
クラウドを中心にしたデジタルハブ――ポストPC時代の幕開け
WWDC 2011で行われた基調講演の模様を林信行氏がリポート。「Mac OS X Lion」「iOS 5」そして「iCloud」。この3つのトピックから浮かび上がる次世代のデジタルハブ構想について考える。(2011/6/7)

Appleの「iCloud」と「iTunes Match」でできること
クラウドサービス「iCloud」は、これまでMobileMeで99ドルで提供してきたサービスの一部を含み、音楽、アプリ、ドキュメントなどのバックアップ・同期をMac、iOS端末、PCで利用できる。(2011/6/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。