ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「歌舞伎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「歌舞伎」に関する情報が集まったページです。

「ワンピース」「NARUTO」「ナウシカ」新作歌舞伎に 漫画やアニメ原作、続々 その背景は?
世界的に親しまれている日本の漫画やアニメが相次いで新作歌舞伎になり、若者を中心に新たなファン層を獲得している。「ワンピース」「NARUTO−ナルト−」「風の谷のナウシカ」も歌舞伎化。インバウンドや海外公演も視野に入れた展開に、歌舞伎の「世界戦略」も透けてみえる。(2019/6/17)

蒲田 初音鮨物語:
蒲田 初音鮨物語 利益もこだわりも捨てた鮨屋が“世界に名だたる名店”になるまで
客足もまばらで、つぶれかけていた場末の鮨屋、「蒲田 初音鮨」。それが突然、“世界中から予約が入る名店”となったのはなぜか?(2019/6/17)

「攻殻機動隊」っぽい! 文字や絵が光って浮かび上がる横断歩道がサイバーパンクでかっこいい
実際にあったら何度も横断してしまいそう。(2019/6/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「東急8000系」誕生から50年 通勤電車の“いま”を築いた、道具に徹する潔さ
東急電鉄の8000系電車が、2019年11月に誕生から50周年を迎える。画期的な技術を搭載し、それらが現在の通勤電車の標準となった。“道具”としての役割に徹した8000系の功績を書き残しておきたい。(2019/6/7)

辻希美“億チューバー”現実味? ネットでの実績は十分! 成功なら芸能界に地殻変動も
元「モーニング娘。」でタレントの辻希美(31)が、ついにYouTubeに「辻ちゃんネル」を開設して、ユーチューバーの仲間入りを果たした。たびたび炎上もしているとはいえ、SNSを駆使し、ママタレントの勝ち組でもある“辻ちゃん”のユーチューバー参入に、業界内も注目しているが、果たしてその勝算は。(2019/5/27)

歌舞伎×初音ミク「超歌舞伎」が劇場で初公演 8月に日本最古「南座」で
歌舞伎と最新デジタル技術の融合、幕張メッセから歌舞伎劇場へと飛び出す。(2019/5/24)

「超歌舞伎」南座で上演へ AR活用
NTTと松竹は23日、8月に京都市の南座で上演する「八月南座超歌舞伎」の制作発表会を開催した。NTTの現実空間に3次元の映像を重ねて表示できる「拡張現実(AR)」技術を活用し、役者の動きを読み取って、別の場所に立体的に表示させるなどの演出を取り入れる。若者や訪日客(インバウンド)などの顧客層の開拓につなげたい考えだ。(2019/5/24)

福山雅治「集団左遷!!」 気になる2つのポイント「中村アンの靴」「笑点メンバーを出す意味」
最近のドラマにしては女性の登場がちょっと少ない。「頑張る」の連発もすごい。(2019/5/5)

ロケットの和名は“大筒狸” 映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を浮世絵風に描いたイラストがカッコいい!
ハルクは横綱力士風の「豪傑張躯丸」、キャプテン・アメリカは、「米国団長」など和名もカッコいい。(2019/5/2)

令和が始まったー! けど、その前に 平成最後のコスプレを振り返る「ニコニコ超会議2019」まとめ
2日目参加のコスプレイヤーさん、お待たせしました!(2019/5/1)

Vtuberにテクノ法要にシウマイ弁当にミニ四駆の本気! 平成最後の「ニコニコ超会議2019」はやっぱりカオスだった
ホール間の移動すら楽しいイベント。(2019/4/30)

ニコニコ超会議2019、来場者は16.8万人 2020年も開催決定
過去最高となりました。(2019/4/28)

ニコニコ超会議2019:
「超歌舞伎」がさらに進化 ディープラーニングで2D映像から3Dキャラ作る“変身の術”、NTTが開発
ドワンゴが開催するリアルイベント「ニコニコ超会議2019」で、今年も「超歌舞伎」が上演された。2016年の開催から今年で4年目。(2019/4/27)

これを見ずに令和を迎えられるか! 平成最後の超会議、会場を彩るコスプレイヤーさん大特集
今回も撮り続ける……灰になるまで。(2019/4/27)

ナンパをされるほどハイレベルな女装癖の65歳「妻や娘に対する罪の意識が……」。マドモアゼル・愛が力強いアドバイス 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
妻と娘へ罪の意識もふっとばすマドモアゼル・愛。「女装のレベルを知りたいんですよ、僕」え?(2019/4/22)

パパとママのためのプラレール構築術(4):
子どもの知育にも効果的 実在する路線や駅をプラレールで再現してみるとめっちゃ楽しい
GWのような大型連休の予定にも良さそう。(2019/4/20)

「どんだけかわいいのよ」 佐田真由美、キッズモデル時代の“奇跡の美少女”ぶりにファン&モデル仲間も驚き
逸材感がすごい。(2019/4/17)

今井美樹、56歳の美ぼうに「本当に美しい」「全く変わらずキレイ」の声 夫・布袋寅泰のバースデー投稿に反響
布袋さん「いつまでも元気で美しく」。(2019/4/16)

市川海老蔵、父・團十郎との“思い出の桜”に「ただただ感謝です」 受け継がれる家族愛が感動を呼ぶ
ウルッときた。(2019/4/5)

ごく普通の手法:
反発呼ぶ“ダウンロード規制”拡大 相互創作から2次作品が生まれる
東京・神保町にある小さな落語の定席が10周年を迎えるのを記念して、武道館で落語公演会が2月下旬に開かれた。さだまさしとのコラボレーション企画とはいえ、1万人以上収容の会場がほぼ満席だった。寄席からホール落語全盛時代となって久しいが、それでも観客数は多くとも1000人前後である。(2019/3/19)

「ステキな博多の夜でした」 藤原紀香、夫・片岡愛之助の47歳誕生日を“若旦那”ケーキで祝福
“チーム愛之助”との最高の夜を過ごしたようです。(2019/3/5)

「大河出演の方がたくさん」 海老蔵ファミリー、横綱白鳳、阿部サダヲらの“節分ショット”が福を呼びそうな豪華メンバー
長女の麗禾ちゃんが珍しく顔出し。(2019/2/3)

「読む価値なし」「全てに失礼」 市川海老蔵、中村勘九郎との不仲を報じた『女性自身』に怒りあらわ
ふむ……。(2019/1/22)

ウェアラブルニュース:
保護メガネメーカーが作ったスマートグラス、ソニーのホログラム導光板を採用
スポーツ用アイウェアや産業用保護メガネなどを手掛ける山本光学は、軽量かつデタッチャブル式のスマートグラス「Versatile(バーサタイル)」を開発したと発表した。(2019/1/15)

『クリスマスキャロル』再演の真意:
僕の足を引っ張らない社会を作る――ホリエモンが演劇をアップデートする理由
ホリエモンこと堀江貴文氏が主演を務め、現在公演中のミュージカル『クリスマスキャロル』。そもそもなぜホリエモンは芝居をやっているのだろうか? その真意を探った。(2018/12/15)

市川猿之助、包帯ぐるぐる巻きの痛々しい姿もおどけた笑顔で「無事に手術終わりました」 ファンから温かい声援
全てのプレート無事除去できますように!(2018/12/12)

「風の谷のナウシカ」が新作歌舞伎に 宮崎駿監督作品では初 ナウシカ役は尾上菊之助
トルメキア屋っ! 風の谷屋っ!(2018/12/12)

まさかの姿だった 片岡愛之助、「まんぷく」で披露した“ピエロ姿”にファン「朝から爆笑」
白塗り赤鼻メイクで万全のピエロに。(2018/12/6)

「夫婦の日だったそうですね」 片岡愛之助&藤原紀香、豪華なイルミネーション前で大人な2ショット
「思わず撮っちゃいました」と片岡さん。(2018/11/23)

RPAで始める業務自動化のススメ(8):
野良ロボットを防ぎ、安全にRPAを使うための「4つのルール」
どうやってロボットを作るか、という「開発」に目が向きがちなRPAですが、それと同等、あるいはそれ以上に重要なのは、どうやって安全に「運用」するかという視点です。今回はRPAを安全に使うためのルールを犬に例えて(!)考えます。(2018/11/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
すし屋「久兵衛」VS. ホテルオークラ 泥仕合の背後に“下剋上”への脅えと焦り
高級すし店「銀座 久兵衛」がホテルオークラともめている。背景にあるのは高級すし店とホテル業界の競争激化による地位低下だ。転落しようとしている両者が抱く焦りとは。(2018/11/20)

子ダヌキが拾ったのは美しい若武者の”生首” 不思議な黄泉がえりの物語が耽美で引き込まれる
かわいすぎ、せつなすぎ。(2018/11/18)

RPAで始める業務自動化のススメ(7):
せっかく作ったRPAが逆効果? 「野良ロボット」にご注意を
さまざまなITツールの中でも、RPAは導入した後に考えるべきことが特に多いソリューションと言えます。めでたく自分の業務を自動化するロボットを作れた……しかし、それが周りから迷惑がられる場合もあるのです。(2018/11/1)

本気のやつだこれ! 映画「翔んで埼玉」GACKT、二階堂ふみらの“濃すぎる”ビジュアルがついに解禁
ポスターでも全力でディスってくる。(2018/10/31)

RPAで始める業務自動化のススメ(6):
RPAを試しに使ってみたい……けど、結局どのツールを選べばいいの?
RPAを試したい、と思った人がほとんどつまずく「一体、どのツールを使えばいいのか」という問題。今回はRPA導入プロジェクトの進め方として、PoC用のツール選定の基準から、適用する業務の選び方までを解説していきます。(2018/10/25)

資生堂、伝統化粧品の生産終了を撤回 市川海老蔵など歌舞伎俳優らに喜びの声広がる
よかった!(2018/10/15)

資生堂、45年来の舞台用化粧品を生産終了 「売上が限られていたため」
愛用者から生産終了を惜しむ声が出ています。(2018/10/12)

浅野忠信、デビュー当時の写真とともに役者人生30周年を迎える 中村獅童や大森南朋からも祝いの言葉
おめでとうございます!(2018/10/11)

「遺伝子が濃すぎ」「大と小の同じお顔!」 中村獅童、頭にタオル巻いた息子との“おそろいショット”が瓜二つ
パパそっくりな陽喜くんは現在9カ月。(2018/10/1)

こ、怖い顔だな…… ベンツが次世代の商用コンセプトカー「Vision URBANETIC」公開
バスにもトラックにもなる「変身式」。(2018/9/13)

9月8日から:
半蔵門線が発車メロディー導入 歌舞伎の「てんつつ」など歴史感じる音色
東京メトロが半蔵門線に初めて発車メロディーを導入すると発表した。路線や駅に愛着を持ってもらう狙いという。歌舞伎の「てんつつ」(半蔵門駅)など、歴史を感じる音色になっている。(2018/9/6)

「イベント会場は魔物」 ドワンゴが語る、バーチャルキャラをリアルに“召喚”する方法とその注意点
ドワンゴで多くのイベントを演出したエンジニアがバーチャルキャラをリアルに“召喚”する方法を解説した。(2018/8/27)

すべては焼酎ブーム再来のため:
雑誌発行に舞台公演も!? 焼酎業界の「名プロデューサー」走る
焼酎業界で多くの名酒を生んだ「名プロデューサー」である卸会社の社長が焼酎への逆風の中でブーム復活を狙う。地道な商品開発に加え雑誌発行、舞台の制作まで挑戦。(2018/8/23)

中村獅童×初音ミクの「超歌舞伎」 きょうNHKで放送
テクノロジーと伝統芸能が融合した「超歌舞伎」がNHK・Eテレで8月17日に放送される。(2018/8/17)

「分身の術ですね」 中村獅童、4歳の自分と息子の姿が“そっくり”を超えたシンクロ率
過去には「一卵性親子」と言われたほど、似ていると話題になったことも。(2018/8/16)

カマキリ先生きたー! 香川照之が公式Twitter開設 市川海老蔵に「本物だと気づかれたい」と拡散をお願い
「香川さん」より「カマキリ先生」と呼ばれてる率が高い。(2018/8/10)

「すごい揺れました」「とりあえず安全」 インドネシアで強い地震、バリ島滞在中の海老蔵が無事報告
何事もなくて本当に良かった。(2018/8/6)

もうすぐ免許取れるのか……! 元“こども店長”の加藤清史郎、妹弟と3ショットで兄の顔
もう9年前か……。(2018/8/5)

普通の会社は「社長」なのに、なぜ銀行だけは「頭取」なのか?
特別な組織なの?(2018/7/27)

【新連載】内田恭子の「日常で触れたプロフェッショナル」:
世代を超えて愛される、かこさとしさんの絵本
自分が親になってから初めて出会う絵本が、なぜか幼い日々を思い出させてくれる。かこさとしさんの絵本は私にとってどれもそんな作品ばかりなのだ。(2018/7/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。