ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KAITO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「KAITO」に関する情報が集まったページです。

初来日のコロンビア人父、新幹線を見て「衝撃だよ!」と感涙し…… 少年のような反応に「こちらまで嬉しい」「日本に来てくれてありがとう」
こんなにはしゃいでくれるとは……!(2024/1/22)

初来日したコロンビア人の父、京都で初めての風景に言葉を失い…… 感動が伝わる姿に「こちらまで涙が」「お父さんの感性が素晴らしい」
日本のよさを再確認できる動画です。(2024/1/12)

初来日したコロンビア人の父 「正直美味しすぎる」と感動が止まらなかった食べ物は…… 「こちらまで嬉しくなる」と100万再生
見ているだけで幸せのおすそ分けをもらえます。(2024/1/3)

【石川界人】10月13日が誕生日 「ハイキュー!!」影山飛雄役や「僕のヒーローアカデミア」飯田天哉役【2023年】
「盾の勇者の成り上がり」岩谷尚文、「カッコウの許嫁」海野凪なども演じています。(2023/10/13)

鉄瓶の注ぎ口から虹が!? 南部鉄器工房で撮影された見事な1枚に「おとぎ話みたい」「鉄瓶の魔人、ニージー」
発想がステキ!(2023/9/22)

USJのイベント整理券、告知時間より前に配布で波紋 「何でルール『守らなかった側』に合わせに行く展開なんだ?」
渋谷で開催中のイベントで、整理券配布についての対応に苦言を呈する人が多く見られます。(2023/8/18)

飼い主と寝たい元猟犬、「ベッドに行こうよ」と甘えてきて…… すねちゃう姿に「思った以上に会話してる」「え、かわいい!」
一緒に寝たかったんだね。(2023/7/11)

昔のモスバーガー店舗の写真に懐かしさと驚きの声 「ノスタルジーを感じる」「赤色に黄色だったの!?」
周りの風景もいい雰囲気。(2023/6/3)

声優・石川界人、声帯ポリープ手術&休養発表にエール続々 「大切な喉ですから」「悪化してからの手術……お大事に」
早く良くなりますように。(2023/5/10)

上司に貸した「エビフライのシャーペン」がリアル……! 「めちゃくちゃ可愛い」「わ、これほしい」の声
上司「いやこれ使ってるところ誰にも見られたくない…………」→「なんてこと言うんすか」(2023/4/7)

ボカロそっくりの声で歌う天才がネットに降臨! 特有の機械っぽさまで見事に再現 もしかして前世ボカロ?
「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン」「KAITO」「MEIKO」など8人を見事に歌い分けます。(2022/12/31)

笠井信輔アナ、81歳で逝去した前田忠明さんとの懐かしい2ショットを公開 「懐かしいお二人の姿」とメッセージ集まる
9月28日に亡くなっていたことが明らかに。(2022/12/19)

AIに“勝利”した人現る 話題のAI「ChatGPT」としりとりをした結果に「今年一番笑った」「腹痛いw」
人間に踊らされるAIちゃん。(2022/12/5)

“すき家の1000円ガチャ企画”懐かしむ熱烈客の声に反響 「ねぎ玉牛丼+青ねぎ×5」「りんご1玉分」などカオス献立 復活の可能性を聞いた
すき家に企画の経緯などについて取材しました。(2022/11/29)

ドキッとさせないで! 「Mr.Children」櫻井和寿の長男・海音、大人の色気あふれる1枚にときめく声「ますます男前に」
21歳となった海音さん。(2022/9/24)

初音ミク×たまごっちの「初音ミクっち」登場 お世話次第で歴代の衣装にチェンジ、リン・レンら仲間たちも登場
「キュートミク」と「サイバーミク」、数量限定の「フューチャーミク」がラインアップ。(2022/7/14)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
富士山が噴火!? その時、日本は――“災害DXベンチャー”がSFで描く未来 無人航空機が果たす役割とは
もし富士山が噴火したら――こんな想定のSF小説があります。これはSFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」の実践例です。自治体の災害対策をテクノロジーで支援するテラ・ラボの事例を紹介します。(2022/6/24)

“めちゃくちゃ自己主張高いすき家”が想像の10倍激しい自己主張ぶりで人気に どうしてこうなったのかすき家に話を聞いた
実は地理的な理由がありました。(2022/6/9)

声優・土岐隼一、Twitter“非公式四天王”入り 佐藤日向から譲り受けるってなんだそれ!
「非公式四天王」とは認証バッジがもらえない4人の有名人のことである。(2022/6/1)

「神じゃん」「これがある時に子育てしたかった」 液体ミルクの便利さを伝えるママのつぶやきに4万いいね
技術の進歩を実感!(2022/4/30)

「電気ケトルをヤカンと勘違いした結果」が恐ろしい 失敗報告&ドロドロに溶けたケトルの写真がTwitterに集まる
火事にならなくてよかった……。(2021/12/9)

声優事務所「プロ・フィット」が2022年3月末に業務閉鎖 岡本信彦、悠木碧らが思いつづる「また皆と現場で会えるよう励みます」
新しく事務所を立ち上げる岡本さんには激励のメッセージも。(2021/11/4)

トゲトゲびっしりな南部鉄瓶が展示され話題に 「ウニ」「ヒャッハー!」「1000年後に武器だと思われそう」
複雑な鋳型に挑んだ職人がすごい。(2021/7/29)

「初音ミク」「鏡音リン・レン」など、個人によるYouTubeでの収益化OKに 規約に明記
クリプトン・フューチャー・メディアが、VOCALOIDなどの歌声合成ソフト用音源「初音ミク」などについて、個人による「YouTubeパートナープログラム」を使った収益化を認めると発表。これまで「ニコニコ動画」での収益化や同人活動での利用などは認めていたが、YouTubeについては明文化していなかった。(2021/6/1)

「初音ミク」のYouTube収益化が解禁 クリプトンのキャラクター&歌声を利用可能に
「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」「MEIKO」「KAITO」もあわせて解禁。(2021/6/1)

部屋が静かになったと思ったら……ヒィィッ! お母さんが目撃した息子の“かくれんぼ”がホラー過ぎた
ホラー映画のワンシーンで見たことある……。(2021/3/14)

圧倒的透明感 吉岡里帆、1年半ぶりに『ar』表紙で披露した白い胸元がまぶしすぎる
インタビューで吉岡さんの“ツンデレ”観も。(2021/3/12)

耳が聞こえない人はどうやって赤ちゃんの夜泣きに対応している? 疑問に答える漫画が参考になる
みんなの子育てにも応用できそう。(2020/12/18)

ミスチル桜井の息子・Kaito、宮沢氷魚と「エール」で共演 有名ミュージシャン2世の共演に「2人共、お父様に似てますね〜」の声
父似の2人。(2020/11/25)

映画公開後に売れ行き3倍に 伝統工芸品である南部鉄器の「汽車文鎮」が売れる思わぬ『鬼滅の刃』効果
創業172年の南部鉄器工房「及富」の中の人にお話を伺いました。(2020/11/7)

金ローが視聴者リクエスト企画第3弾の募集を開始 「プロメアを地上波ノーカットで」「ぜひ映画刀剣乱舞を」など盛り上がる
リクエストした映画を見たい理由を存分に記入できます。(2020/7/31)

「ニコニコネット超会議」第1弾ネット企画を発表 初音ミク・EGOISTのオープニングライブや8日間連続ゲーム実況など
超歌舞伎・VTuber Fes・VOCALOID Fesは無観客開催に。(2020/3/25)

製造業のスマートフォン活用:
PR:日報による作業管理から脱却せよ、スマホを使った「押すだけ確認」で能率向上
ジェーエムエーシステムズ(JMAS)は、クラウドとモバイルを活用することで製造業の能率向上を可能にするソリューション「WorkReport」と「KAITOセキュアカメラ」を展開している。これらのソリューションは、工場内での利用が制限されがちだったスマートフォンを、スマート化の第一歩を踏み出すための原動力に変えてくれる。(2020/1/27)

“VOCALOIDじゃない初音ミク”登場 プロトタイプ版の先行予約スタート
クリプトン・フューチャー・メディアは、自社開発の歌声合成ソフト「Piapro Studio」と専用の音源「初音ミク NT(ニュータイプ)」を2020年8月下旬に発売すると発表した。従来とは違い、初音ミク NTはヤマハの「VOCALOID」では使えない。(2019/12/25)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年10月版:
まだまだ続くブロッキング議論、なぜ進めたいのか?
2018年10月のセキュリティクラスタは「ブロッキングの議論」「個人サービスを終了したgoogle+」「スマホアプリが個人情報を過剰に取得する問題」に注目が集まりました。(2018/11/12)

誰でも「初音ミク」のスタンプが制作・販売できるように LINEの権利者公認プロジェクト第2弾
初音ミクファンとクリエーターに朗報。(2018/9/1)

初音ミクのLINEスタンプ、誰でも制作・販売可能に 「東方Project」に続き
初音ミクなどのバーチャルシンガーを用いたLINEスタンプを、一般ユーザーが制作・販売できるようになった。権利元とコラボした「LINE Creators Collaboration」の第2弾。(2018/8/31)

ミクさんが不思議の国のアリスの世界に 「初音ミク」×「童話コスメ」コラボがかわいすぎる
アイシャドウ、チーク、リップが登場です。(2018/8/13)

事故/物件/設備調査、試作品設計、ペーパーレス化、営業活用……:
PR:スマホカメラを使った現場の業務効率化アイデアを現実のものにした7つの事例
働き方改革に向け“モバイル活用”に着目する企業は数多い。ただし、そこで課題となるのがスマートデバイスの情報漏えいリスクである。その対応なくしてはモバイル活用の現実化は望みにくいが、対策徹底はコストや手間の面で難しいのも事実である。こうした中、状況の打開に向け注目を集めているスマートデバイス向けセキュリティソリューションがある。その魅力に迫る。(2018/3/14)

あのキャラに花束を:
話題の「バーチャルYouTuber」はなぜ突然ブレークしたのか? 今、このバーチャルYouTuberを見逃すな!
バラバラに出たのに、みんなで1つに見える不思議。(2018/1/7)

ボーカロイドキーボード開発秘話インタビュー:
電子の歌姫誕生から10年 初音ミクが「キーボード」になった理由
2007年8月31日の誕生から10年。VOCALOID「初音ミク」が、キーボードになりました。(2017/11/12)

池袋ハロウィンコスプレフェス2017:
台風に負けないコスプレ熱! 「池ハロ2017」2日目を盛り上げたコスプレイヤーまとめ
あの雨風の中、キャリーバッグを引く後ろ姿かっこよすぎる。(2017/10/29)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年9月版:
Struts 2の脆弱性、三度目の正直なのか
2017年9月のセキュリティクラスタ、話題の中心は「Apache Struts 2」でした。リモートからサーバOSのコマンドが実行できる脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったのは、2017年に限っても3度目です。未成年者のネットを使った犯罪では、中学生とは思えないほど手の込んでいたチケットの販売詐欺と、メルカリを使ったウイルス情報販売が話題になりました。またBluetoothをオンにしているだけで乗っ取られるという「BlueBorne」脆弱性が公表されてAndroidユーザーを中心に騒ぎとなりました。(2017/10/11)

「次にくるマンガ大賞」第3回発表 1位はコミック部門『かぐや様は告らせたい』、Web部門『うらみちお兄さん』
次ブレイクしそうな作品を発掘する“ユーザー参加型”のマンガ賞。トップ10まで公開されました。(2017/8/24)

「ラスカル×初音ミク」コラボグッズが発売! ミクさんの服を着るラスカルと耳付きヘッドセットなミクさんがかわいい
初音ミク「マジカルミライ 2017」で先行販売されます。(2017/8/13)

「初音ミクをきっかけに、クリエイターの活躍広げる」企画職 クリプトンが人材募集中
「初音ミク」開発元のクリプトン・フューチャー・メディアが、「初音ミクたちをきっかけに、世界中のクリエイターの活躍の場を広げる」ことをミッションとする商品企画職の人材を募っている。(2017/7/11)

「コスプレイヤーにとって聖地」 池袋で開催のコスプレイベント「acosta」に行ってみた
池袋の町にコスプレイヤーがいっぱい!(2017/6/3)

週末エンプラこぼれ話:
女子情シスはリア充? 30人に聞いて分かった、仕事へのホンネ
「情シスという仕事に満足してる?」「出会いはある?」「定時に帰れる?」「将来も情シスを続けたい?」――。30人超の女子情シスに、こんな質問をぶつけてみたら予想外の結果に!(2017/3/21)

おしゃれなミクさんがかわいい 「初音ミク」とコラボしたコスメとカラーコンタクトが発売
天使なパッケージが目印!(2017/3/18)

ボーカロイドの未来はどうなる? 「つま恋」最後のボーカロイド大会リポート
今年いっぱいで営業終了となる「つま恋」リゾートでボカロファンイベント「ボーカロイド大会」が行われた。「ボカロ未来予想」が語られるなどの企画が。(2016/11/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。