ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「Kantara Initiative」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Kantara Initiative」に関する情報が集まったページです。

「第6回OpenAMコンソーシアムセミナー」リポート:
認証の最新動向と、OpenAMの適用事例を探る
2014年11月21日に開催された第6回OpenAMコンソーシアムセミナーでは「認証関連の社会動向とOpenAMの適用事例」というテーマで、認証技術のトレンドやOpenAMの最新機能、導入事例などが紹介された。その様子をリポートしよう。(2014/12/15)

デジタル・アイデンティティ技術最新動向(8):
ユーザー中心のアクセス管理の実現を目指すUser Managed Access
今回は、ユーザー中心のアクセス管理やサービスを超えたデータ共有の実現を目指して策定が進むアクセス管理プロトコル、「User Managed Access」について紹介します。(2013/5/8)

ID連携で異なるサービスを利用する可能性と課題――推進団体が報告
認証基盤の連携によるサービスの可能性と課題について、認証基盤連携フォーラムが実証実験の結果を報告した。(2010/3/26)

共通IDを利用できる認証基盤の連携を、国内で実証実験
24の民間企業や団体などが参加する「認証基盤連携フォーラム」が、異なるネットサービスを共通IDで利用できること目指した実証実験を始める。(2009/12/21)

Weekly Memo:
ライバルも協調! クラウド時代のID管理
異なるID管理技術の相互運用を目指す国際団体がこのほど発足した。注目されるのは、IT業界のライバル同士が協調姿勢を示している点だ。呉越同舟か、それとも必然か。(2009/6/29)

IDの相互運用の実現がゴール、Kantara Initiativeが方針説明
アイデンティティ管理技術の相互運用を目指すKantara Initiativeの国内活動について、関係者らが説明した。(2009/6/23)

アイデンティティ管理の新団体「Kantara Initiative」が発足
OAuthやOpenID、SAML 2.0といったアイデンティティ標準の相互運用の実現を目指す新団体が発足した。(2009/6/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。