ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キヌガサ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キヌガサ」に関する情報が集まったページです。

マストドンつまみ食い日記:
horiedonがアクセス不能に 4月スタートのインスタンスはSSL証明書有効期限切れに注意
マストドンで広く使われているLet's Encryptサービスには90日の有効期限設定がある。4月にスタートしたインスタンスはそろそろ期限切れ。大手インスタンスのhoriedonは現在、その問題でアクセス不能状態にある。(2017/7/16)

マストドンつまみ食い日記:
Pawooに「エッチなコンテンツ」の警告文が入り、.cloudにフランス国旗が揚がる
Mastodon連載第3回は岡田有花がお送りします。(2017/4/17)

マストドンつまみ食い日記:
Mastodon開発者とpixivのPawoo、ロリ絵対策について議論する
Mastodonの情報をつまみ食いする連載の第2回。まだまだ話題豊富なので、後で追記するかもです。(2017/4/16)

2次元美少女に囲まれるiPhoneアプリ「ハーレムアラーム」
4人の美少女が部屋にやってきたような気分を味わえるぞ。(2012/6/2)

社長がなぜ、クワガタに!? paperboy&co.のいま
JASDAQ上場企業paperboy&co.の社長が、クワガタ姿でほぼ毎晩、Ustreamに登場する。なぜだ、なぜなんだ。(2010/3/5)

ペパボのSNS「キヌガサ」終了 採算合わず
paperboy&co.は、SNS「キヌガサ」のサービスを終了する。採算が合わなかったため。(2009/10/14)

「SNSで出会った人に実際会った」は23%
SNSユーザーの2割以上が、SNSで出会った人に実際会ったことがある――インターワイヤードが2月20日に発表したSNSに関する調査で、こんな結果が出た。(2007/2/20)

5分でネットがわかるシリーズ(7):
2006年のネット界を席巻したSNS
 三井住友銀行グループのSMBCコンサルティングが12月4日に発表した、「2006年のヒット商品番付」に、日本最大のSNS「mixi」が西の大関にランクインし、話題を呼びました。今年は「Web2.0」という言葉を筆頭に、新しいWebサービスが登場し、ネット界を席巻(せっけん)しました。が、一番話題になったサービスはmixiを代表とする「SNS」でしょう。そこで今回は「SNS」について取り上げてみます。(2006/12/13)

ITは、いま:
ひきこもりからIT社長に “paperboy”の軌跡
27歳にして売上高8億円のIT企業の社長だが、高校時代はひきこもっていた。大学もあきらめ、サラリーマンになり、ネットで出会った妻と暮らした。つつましく生きていければ、それでいいと思っていた。(2006/3/20)

「Grouptube」でオリジナルSNS構築が可能に
paperboy&co.は、オリジナルSNSを構築・運用することができるASPサービス「Grouptube」の提供を、3月8日より開始した。(2006/3/8)

オリジナルSNSを月額1050円で ペパボがASP
(2006/3/8)

SNSユーザー、1人月間400ページ閲覧
(2006/1/12)

GMOがアフィリエイト新会社 ID統一でブランド強化へ
GMOとバリューコマースが共同で、アフィリエイト事業を行う新会社を設立。GMOはブランドの強化を図り、グループ各サイトでバラバラだったユーザーIDを統一する。(2005/4/25)

「キヌガサ」が携帯に対応
(2004/12/13)

SNS「キヌガサ」にビッダーズの出品情報表示機能
(2004/10/19)

“ビジネスありき”のソーシャルネット「uume」
ソーシャルネット専門企業がスタートした「uume」。コミュニティをベースにしたビジネスモデルで、確実に収益を上げる計画だ。(2004/8/20)

“ウケ狙い”のソーシャルネット「キヌガサ」の可能性
ログインページは「キルビル」風。サイト内にもクスリと笑えるネタ満載の「キヌガサ」。「GREE」や「mixi」よりも儲からないモデルを敢えて採っているが……。(2004/8/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。