ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小林弘人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小林弘人」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

50歳、今が一番“強い”です――インフォバーン代表 小林弘人さん
各界で活躍し「周りが放っておかない人」に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回登場していただいたのは、5年前から格闘技を始めたという小林弘人さんです。(2015/6/3)

妄想ウェアラブルの午後:
“肉体というセンサー”をだます装置――「Oculus Rift」
ゴーグルをかけるだけで仮想世界を訪れることができる、仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Rift」。このSFのような技術は、ただ単にエンターテインメントとして使われるのに留まらない。現実世界の常識をも変えてしまうパワーを持つのだ。(2015/1/21)

100年に一度の変革期――メディアの“今”を知るために読むべき本5選
メディアの変革期を生き残るために必読の5冊を紹介!(2014/8/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/15)

広告以外の選択肢:
なぜいまオウンドメディアマーケティングなのか――インフォバーン 代表取締役 CEO 小林弘人氏
ビルコムとインフォバーンは7月3日、「広告依存からの脱却を目指せ PR×コンテンツマーケティングで、生活者を惹きつける!」と題して、企業のマーケティング担当者向けに、新しいマーケティング手法を模索するセミナーを開催した。(2013/7/5)

情報システム用語事典:
ウッフィー(うっふぃー)
whuffie(2010/8/3)

夏野剛VS. 小林弘人が語る:
どうなる? 日本人とメディアの関係
米国人や英国人と違って、日本人はメディアとどのように関わっているのだろうか。景気悪化などの影響を受け、もがき苦しんでいるメディアが多い中、夏野剛氏と小林弘人氏が日本のメディア事情について語り合った。(2010/4/21)

Twitterとテレビの“力”、その違い 津田大介さんなど議論
テレビはマスに届くが、Twitterはじわじわ広がる――津田大介さんやフジテレビの福原伸治さんなどが、Twitterと他メディアの関係などについて議論した。(2010/2/24)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(10):
20XX年……大手新聞は生き残っているのか
多くの新聞社が、広告料の低迷と購読部数の減少に苦しんでいる。こうした状況に対し、大手新聞社を中心に新たな戦略を打ち出しているが、果たして成功するのだろうか。この問題に対し、上杉氏と小林氏が語った。(2010/2/5)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(9):
大手新聞の有料Web版への動きは、“正しい”ことなのか
2010年春、日本経済新聞社は有料のWeb版をスタートさせる。しかしこうした動きは“正しい”ことなのだろうか。業界関係者の間からは「デジタルの世界で自殺するようなものだ」といった声も出ている。(2010/2/3)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(8):
“つぶやいて”はいけない……日本の公職選挙法ってヘン
2008年12月にスタートしたNHKのオンデマンド放送。2009年度の事業収入は約23億円を見込んでいるが、2009年11月末時点で2億円ちょっと。不振の原因について、インフォバーンの小林弘人CEOが語った。(2010/2/1)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(7):
新聞社や出版社で働く人は、なぜ“原理主義者”が多いのか
「新聞社は高コスト体質」といった指摘があるが、どのようにすれば記事コストを下げることができるのだろうか。この点について、小林氏は「アマチュアからジャーナリストを育てれば、自分たちの商売も楽になるのでは?」と提言している。(2010/1/29)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(6):
“フリー”の中から生まれる、新たな出版革命とは
ジャーナリスト・上杉隆氏をホストとする対談連載6回目。ネットメディアの“仕掛け人”ともいえるインフォバーンの小林弘人CEOが、米国のメディア事情について語った。(2010/1/27)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(5):
メディアはどのように変化するのか? 米国の最新事例
購読部数や広告費の減少などにより、逆風が吹き荒れているメディア業界。深刻な状況に追い込まれている米国では、新たなメディアも生まれてきている。それは……?(2010/1/26)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(4):
私が、テレビや新聞に“呼ばれなくなった”ワケ
「記者クラブを開放せよ」と、10年以上訴え続けているジャーナリストの上杉隆氏。しかしここにきて、目に見える形で“圧力”がかかってくるという。彼に圧力をかけてくる人物とは、一体誰なのだろうか。(2010/1/22)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(3):
「記者クラブを開放せよ」と言ってきたが……何が変わったのか?
「メディアを存続させることは難しいぞ」と訴え続けてきた小林弘人氏。「記者クラブを開放せよ」と言い続けてきた上杉隆氏。2人がこう語ることで、周囲の人はどのような反応を見せたのだろうか。(2010/1/20)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(2):
なぜ紙メディアは“四苦八苦”しているのだろうか
新聞や雑誌の部数低迷が続いているが、その背景には何があるのだろうか。紙メディアのビジネスモデルについて、ジャーナリストの上杉隆氏とインフォバーンの小林弘人CEOが語り合った。(2010/1/15)

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(1):
もう引き返すことはできないのか? ネットとメディアの関係
ジャーナリスト・上杉隆氏をホストとする対談連載1回目。ネットメディアの“仕掛け人”ともいえる、インフォバーンの小林弘人CEOを招き、主要メディアの現状などについて語り合った。(2010/1/12)

FREEMIUM HACKS!!:
なぜユーザーは「お金を払いたがる」のか――どうなる無料ビジネスの「陣取り合戦」
基本的なサービスは無料で提供し、追加機能で課金する「フリーミアム戦略」。フリーミアムと相性がいい「最大化戦略」や、お金を“払いたがる”ユーザー心理とはどのようなものなのだろうか。(2009/11/25)

FREEMIUM HACKS!!:
なぜ“無料”だと最高品質になり得るのか――国内ネットビジネスのフリーミアム戦略とは
「ロングテール理論」を世に知らしめたクリス・アンダーソン氏の新刊『フリー <無料>からお金を生みだす新戦略』。出版記念イベントで「無料ビジネス」のからくりと今後の展望について聞いてきた。(2009/11/24)

書籍発売前に全編を無料公開 NHK出版「フリー」で初の試み
無料ビジネスの勃興を描いて話題になった「フリー」の邦訳版が、発売前にネットで全文公開される。内容にちなみ、NHK出版が初の試みとして実施する。(2009/11/13)

エグゼクティブ会員の横顔:
「プロジェクト成功の秘けつは、早期名付けにあり」――ソニー銀行・河原塚氏
プロジェクトの進行や管理に頭を悩ませるプロジェクトマネジャーは多い。参加者を1つにまとめ上げ成功に導くには、初期段階で明確なコンセプトを共有させることが重要だという。(2009/9/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。