ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「倖田來未」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「倖田來未」に関する情報が集まったページです。

倖田來未が37歳に フレッシュな容姿保ち「年齢はあくまでも、数字なのかもしれませんね」
ずっと若いルックスの倖田さん。(2019/11/14)

AWAが「アーティスト1組のみ聞き放題」の格安プランを開始 チケット先行予約など特典付きで月額270円
3組までなら通常プランよりお得。(2019/4/16)

「オネェの音楽で心をハッピーに」 misono&Nosuke夫婦、倖田來未のUSJライブに駆け付け元気な姿を見せる
みるみる元気になっているNosukeさん。(2019/4/9)

倖田來未、息子の成長にしみじみ 靴のサイズ比べ「おっきくなったなぁ、、、」
あっという間だ。(2019/4/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
罰金を科された「TikTok」は、第2のファーウェイになるのか
世界的に人気の動画共有アプリ「TikTok」の運営企業が米政府から罰金を科された。ファーウェイに続き、また中国企業が米国の目の敵にされている、と不穏な見方が浮上している。なぜTikTokに対する警戒感が広がりつつあるのか。この騒動はどこへ向かうのか。(2019/3/7)

「かわいいサイヤ人」「ラムちゃん」 倖田來未、自身の想定上回るイメチェンで異次元の魅力を放つ
どのキャラでもきっと関西弁。(2019/2/26)

「ガガちゃんに会えるなんて」 倖田來未、レディー・ガガと“日米歌姫”2ショットで再会報告
ガガ様のオーラすごい。(2019/2/8)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
たった1年で若者を魅了した「TikTok」 今さら聞けない人気の理由
若者を中心に人気のショート音楽動画共有アプリ「TikTok」(ティックトック)。なぜこれほど人気が広がったのでしょうか? 投稿のハードルの低さと、簡単に編集できること、そして重要なのが……。(2018/12/23)

「大変な時こそ、家族で支えあい」 倖田來未、夫の闘病支える妹・misonoにエール ファンに感謝の言葉も
病室以外で会うのは久々だったそうです。(2018/12/20)

18年の1位は米津玄師「Lemon」:
平成のカラオケで最も歌われた楽曲は? 歌手1位は「浜崎あゆみ」
平成で最も歌われた楽曲は? 通信カラオケ「DAM」などを展開する第一興商がまとめた結果、1位は……(2018/11/21)

「夜な夜な電話でも語り合う仲」 倖田來未、“同期”氷川きよしとの2ショットに「美人2人だと思った」と反響
ショートカットの女友達に見えた。(2018/10/19)

misono、倖田來未と“2ショットを撮らない理由”を明かす 「姉の七光り」「利用しないで」など厳しい意見を受けて
ちょっとかわいそうだな……。(2018/10/3)

「奇跡的な組み合わせ!」 中島美嘉&倖田來未の“平成の歌姫”2ショットにファン大興奮
2人が青春だった人多そう。(2018/6/28)

篠原涼子が“ケモ耳”だと? 倖田來未との仲良しショットにファン歓喜「2人とも本当に美人」
ステキな友情。(2018/5/29)

倖田來未、ファンの“15年越しの夢”を実現し「涙が止まらなかった」 激レアライブ開催に「来てくれてありがとう」の声
かっこいい。(2018/5/20)

「そーゆーの待ってた!」 倖田來未、激レアなメイク動画公開しファンから第2弾要望の声殺到
同じアイラインを買いに行く人も続出。(2018/3/12)

「少し不慣れな部分もありますが」 倖田來未が10日間限定のブログ開設、水着姿など披露
期間限定なのが逆に目が離せない。(2017/11/17)

変形可能! 元祖ロボットケータイ「フォンブレイバー 815T PB」(懐かしのケータイ)
特撮ドラマとのコラボモデルとして、劇中に登場する小型ロボットを再現したケータイ「フォンブレイバー 815T PB」。ドラマと同じように、ケータイがロボットに変形したり、持ち主と会話したりと遊び心あふれる製品でした。(2017/10/8)

misono、倖田來未とともに父親を挟んで“誓いのキス” 親子3ショットにファン「泣きそう」「にやけちゃう」
お父さん幸せそう。(2017/8/21)

「痩せたー!!ゴイスー!」 平野ノラ、結婚式へ向けダイエット中のやしろ優におったまげ
2016年11月には80キロと公言していましたが……。(2017/4/18)

ケータイ向け「着うた」「着うたフル」が12月15日いっぱいで終了 「嗚呼、青春の日々の終わり」と公式
15年分のランキングのアーティスト1位はEXILE、楽曲1位はGReeeeNの「キセキ」。(2016/12/13)

倖田來未、芦田愛菜、浜崎あゆみがアッポーペン! やしろ優のものまねメドレー「PPAP」がクセになるウザさ
アイハヴァペ〜〜〜ン。(2016/11/12)

21世紀に仮面を売ってやっていけるのか 仮面専門店「仮面屋おもて」が東京にオープン、店主の意図は
東京都墨田区に日本で唯一と思しき仮面専門店がオープン。仮面で生計は立てられるのか取材してきた。(2016/5/14)

休日にイッキ見しよう! 1000円以下で見放題のおすすめ動画サービス5選
スマホやタブレットで気軽に動画を見られる時代。1000円以下で見放題の動画サービスを紹介する。(2016/4/10)

倖田來未さん初の47都道府県ツアー、インフルエンザのため初日から延期に
お大事に。(2016/3/29)

タイアップアーティストが超豪華! サンリオピューロランドの新パレード、ヒャダインさん、水樹奈々さんら起用
開園25周年を記念したもので、ダンスの振付はMIKIKOさん、SHUNさん、アートディレクターは増田セバスチャンさんが担当。(2015/11/6)

オンライン動画サービス特集:
音楽プレーヤーとしても便利! ソフトバンクの「UULA」ならワンコインで映画と音楽を楽しめる
ソフトバンクが提供する定額制動画配信サービス「UULA」は、月額500円以下の安さが魅力。その実力はいかに?(2015/8/31)

「モンスターの胃の中」がコンセプト 増田セバスチャンプロデュースのカフェ「KAWAII MONSTER CAFE」がオープン
毒々しくてかわいい。(2015/7/25)

ふなっしーがモデルデビュー! 専用ドレス製作、押切もえさんらとの共演など、AneCanが本気すぎる
ふなっしーが「AneCan」表紙を飾る! 付録はふなっしーのクリアファイル。(2015/4/6)

倖田來未、Oculus Riftで体験する世界初のVRミュージックビデオ制作
倖田來未さんの新曲がOculus Riftで楽しめる世界初のVRミュージックビデオになった。(2014/10/22)

YouTubeがゴールデンウィークに「YouTube MUSIC WEEK」 AKB48、やくしまるえつこさんなど16組参加
「YouTube MUSIC WEEK」では、アーティスト16組のライブの生配信、ライブ映像の期間限定公開、オリジナル音楽番組などの音楽コンテンツを提供する。(2013/4/18)

音楽も映画も“おすすめ見放題”で楽しむ――月額490円の「UULA」を堪能する
月額490円でミュージックビデオや映画、ドラマ、アニメが見放題となる「UULA」。同じようなサービスはいろいろあるが、UULAの面白みはどこにあるのか。実際に体験してみた。(2013/3/8)

KDDI、「LISMO Store」でビデオクリップを配信開始
KDDIが、スマートフォン向け楽曲配信サービス「LISMO Store」にて、映像付きの楽曲が楽しめるビデオクリップを配信開始する。利用にはアプリのVer.4.5へのバージョンアップが必要だ。(2013/2/27)

石野純也のMobile Eye(2月4日〜15日):
音楽で差別化を図る「UULA」/「LINEマストバイ」とは?/MNP抑止のカギを握るドコモショップ
キャリアの発表が一段落したここ2週間は、コンテンツやサービスの発表が続いた。今回はソフトバンクとエイベックスの動画視聴サービス「UULA」とLINEのマーケティングに関する新しい取り組み、そしてドコモの「ショップスタッフ対応コンテスト」について取り上げる。(2013/2/16)

月額490円で6万コンテンツが見放題 「UULA」2月14日サービス開始
エイベックス・エンタテインメントとソフトバンクの合弁会社、UULA(ウーラ)が2月14日から、ソフトバンクモバイルのXシリーズをのぞくAndroidスマートフォンとiPhone/iPad向けに、月額490円の映像配信サービスを開始する。追加料金なしですべてのコンテンツが楽しめる。(2013/2/13)

今すぐ使えるスマホレシピ:
第12回 作品数や料金は? マルチデバイス対応?―――スマホ向け動画配信サービスまとめ
スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第12回ではスマホで利用できる動画配信サービスを紹介しよう。(2012/12/19)

“遊技機”から“メディア”へ、『ぱちんこAKB48』が示した可能性
人気コンテンツの版権者に版権料を払って、機種を開発しているパチンコ・パチスロ産業。しかし今、版権を単に使うというだけでなく、新曲発表のメディアとして使われた『ぱちんこAKB48』に代表されるように、単なる“遊技機”から“メディア”としての役割も持つようになっているという。(2012/12/19)

おあずかりサービスにも対応:
レコチョク、初のiPhone向け音楽配信サービスを開始
レコチョクが7月2日、AndroidとiPhone向けにWebサイトの音楽配信サービスを開始。iPhone向けとしては同社初の配信サービスとなる。過去にダウンロードした楽曲の引き継ぎもアプリ経由で行える。(2012/7/2)

14日間で約5.3万ユーザー獲得:
ユードー、iPhone向け「KARAOKE PARTY」の国内版を終了――第2弾を今秋日米同時配信
ユードーは、iPhone向けカラオケアプリ「KARAOKE PARTY」の第1弾となる「国内版」を6月1日に終了。今秋、バージョンアップした全世界版を日米同時リリースする。(2012/6/1)

倖田來未さんが解説 新アルバム「JAPONESQUE」を全曲紹介
歌手の倖田來未さんの新アルバム「JAPONESQUE」を全曲紹介する番組。倖田さんがVTRで出演し、曲を解説する。1時間の本編を3回ループ再生する予定。3回すべて見るも良し、好きな時間から見るも良し。配信は1月26日19時0分〜。(2012/1/24)

「夜中の1時にドン・キホーテへ行け」――ユードー南雲氏に聞く ヒットアプリの作り方
「PianoMan」「Aero Guitar」「斉藤さん」「pompa」など個性豊かなアプリを開発しているユードー。同社のアプリは累計1000万ダウンロードを超え、着実に支持を集めている。売れるアプリを作る秘訣とは? 同社代表取締役の南雲玲生氏に聞いた。(2011/12/9)

レコチョク、Androidスマートフォン向けに「着うた」サービス
レコチョクが、Androidスマートフォンの着信音に好みの楽曲を設定できる「着うた」サービスの提供を開始した。レコチョクのAndroidアプリで楽曲を購入することで利用できる。(2011/7/20)

AndroidにEdyとiDがやってきた――キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイを利用することで得られるちょっとした“おトク”。そんなおトク情報をまとめて紹介するのが「おサイフケータイでトクをする」だ。今回は、ついにその真価を発揮するときが来た、おサイフケータイ対応Android端末に注目したい。(2011/2/9)

パチンコになったアニメから、私たちは何を学ぶべきか?
ピーク時には30兆円だったパチンコ市場は、衰退の一途をたどっている。貸金業法の改正により個人の借入総額は低く抑えられ、さらに中小ホールは淘汰されている。その衰退の陰で売り上げを伸ばしているのは、パチンコ店と一心同体の遊技メーカーである。(2011/1/25)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
3Dの“鉄則” シャープ編
注目の4原色技術で“明るい3D”をうたうシャープの「AQUOSクアトロン3D」。その映像は“画質の鬼”こと麻倉怜士氏の目にどう映ったのか。詳しく語ってもらった。(2010/8/25)

App Town ゲーム:
弾幕系シューティング「怒首領蜂大復活」がiPhone/iPod touch向けに配信決定
ケイブは、iPhone/iPod touch向け「怒首領蜂大復活」を、8月26日(木)より配信する。なお、配信記念として4日間限定で600円で提供される。(2010/8/23)

Live動画ピックアップ:
倖田來未さんの24時間×5日間Ust配信中 本人出演も
倖田來未さんのライブ映像やミュージックビデオなどを5日間にわたって流す番組が配信中。本人が生で登場する場面も。(2010/7/8)

2009年のカラオケ一番人気はGReeeeN『キセキ』
(2009/12/4)

レビュー:
一緒に歌えるウォークマン、新「S」シリーズを楽しむ
ソニーがウォークマン「S」の新モデルに、“カラオケ”を搭載してきた。ノイズキャンセリング機能を搭載する上位モデル「NW-S740シリーズ」を試用した。(2009/10/27)

異性受けする音楽はコレ
(2009/8/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。