ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LINEモバイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

石野純也のMobile Eye:
「LINEMO」の戦略を読み解く ヤフーとLINEの経営統合がサービス強化のカギに
ソフトバンクオンライン専用ブランドが「LINEMO」に決定した。料金も改定し、5分間の音声通話定額をオプションにすることで、最低料金を月額2480円に下げた。MVNOとして展開しているLINEモバイルを発展的に継承する形で、LINEとのサービス連携が最大の特徴になる。(2021/2/20)

ゲオの音声SIM同時購入セール 中古iPhone 7/8が1円に
ゲオは、2月19日〜2月28日に「OCN モバイル ONE」「LINEモバイル」「Y!mobile」いずれかの音声SIMと同時購入で中古端末を特別価格で販売するセールを開催。iPhone 7/8は1円、iPhone XRは1万7100円(税込み)で提供する。(2021/2/19)

菅政権の圧力で激変したモバイル業界 各社が発表した料金施策を振り返る
2020年末から2021年初頭にかけ、携帯各社の料金を巡る動きが短期間のうちに慌ただしく変化している。大手3キャリアはオンライン専用の安価な20GBプランを発表。楽天モバイルは1GB以下なら0円とし、小容量の市場を破壊。MVNOも対抗策を発表したが、通信品質の面で課題がある。(2021/2/17)

ユーザーが乗り換えたいキャリア1位は? 携帯電話会社の新料金プラン発表を受けて
docomo・SoftBank・auの新料金プラン発表を受け、ユーザーがどの携帯キャリアへ乗り換えを検討したのか意識調査。結果は?(2021/2/8)

LINEモバイルの新規受付が3月31日で終了 サービスは継続
LINEモバイルが、MVNOサービス「LINEモバイル」のオンラインでの新規申し込みを2021年3月31日11時に終了する。店舗では3月1日から順次終了する。サービスは継続するが、ドコモ回線とau回線への変更はできなくなる。(2021/1/29)

ソフトバンクが社長交代 宮川副社長が昇格 宮内氏は会長、孫氏は「創業者取締役」に
ソフトバンクが社長交代。宮内謙社長は会長に就任し、後任に宮川潤一副社長が昇格する。孫正義会長は取締役となる。Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合を見据えた施策という。(2021/1/26)

石野純也のMobile Eye:
3キャリアの値下げでMVNOに大打撃の恐れ “いびつな競争環境”は解消できるか?
大手3キャリアの料金値下げは、MVNOの経営に大きな打撃を与える可能性がある。20GB前後の中容量ではahamoやpovo、SoftBank on LINEより料金水準が高くなっている上に、MVNOが得意とする小容量プランも、UQ mobileやY!mobileの値下げにより、価格優位性がなくなりつつある。これに対し、MVNO側は速やかな解決策を求めている。(2021/1/23)

名言で振り返る、2020年のモバイル業界 楽天モバイルから5G、料金値下げまで
2020年のモバイル業界は「激動」と呼ぶにふさわしい1年でした。5Gの商用サービスや楽天モバイルの本格サービスが始まり、NTTによるドコモの完全子会社化や政府の強い要請による携帯料金値下げもありました。2020年を振り返る特別企画として、主要なトピックでキーパーソンが発した言葉を振り返っていきます。(2021/1/3)

モバイルdeワークスタイル変革:
いろいろあった2020年 モバイル/PCを駆使するライターの働き方はどう変わったか?
働き方改革に加えて新型コロナウイルスの影響でテレワークシフトが進んだ2020年。元々テレワークとの親和性の高いフリーライターである筆者にも、働き方に変化が生まれた。その一端を紹介したい。(2020/12/31)

石野純也のMobile Eye:
政府主導で進んだ料金値下げ/静かな船出も普及の兆しを見せた5G――2020年のモバイル業界を総括
コロナ以上にモバイル業界を振り回したのが、政府主導の「官製値下げ」だ。2020年は1年を通じて料金が話題を集めた。3月にMNOが3社そろって5Gのサービスを開始したのも、モバイル業界にとって大きな転換点だった。AndroidのミドルレンジモデルやiPhone 12シリーズの登場を機に、普及の勢いに弾みをつけている。(2020/12/30)

Mobile Weekly Top10:
携帯ライター・ジャーナリストが選ぶ2020年のスマホ/ソフトバンクとY!mobileが新プラン
2020年を代表するスマートフォンは何か――毎年恒例のスマートフォン・オブ・ザ・イヤーが開催されました。審査員は、何に注目してお勧め機種を選定したのでしょうか。(2020/12/29)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクは3ブランドでドコモとUQ mobileに対抗 新料金プランは「安く」「分かりやすい」
NTTドコモの料金値下げに即対抗したのはソフトバンクだった。同社はソフトバンクとY!mobile(Y!mobile)の双方を値下げすると同時に、LINEと共同運営の形を取るLINEモバイルを完全子会社化。第3のブランドとして、「SoftBank on LINE」をコンセプトにしたオンライン専用のブランドを立ち上げる。(2020/12/26)

ソフトバンクの料金プラン刷新で何が変わる? 3ブランドの特徴を整理
ソフトバンクとY!mobileはプラン内容を改定し、Y!mobileは5Gにも対応させる。LINEモバイルは新ブランドの「SoftBank on LINE(仮称)」に変更し、LINEモバイルの新規受付は終了する見通し。3ブランドの変更内容を改めて整理したい。(2020/12/22)

ソフトバンクがLINEモバイルの完全子会社化と吸収合併を検討
傘下のMVNOであるLINEモバイルの完全子会社化と吸収合併に向けて、ソフトバンクがLINEとの協議を開始した。「SoftBank on LINE(仮称)」の提供に伴う、ソフトバンクとLINEとの協業強化が狙いだ。(2020/12/22)

ソフトバンクはなぜ3ブランドで料金プランを刷新したのか? 榛葉副社長に聞く
ソフトバンクは、既存の料金体系を見直すのと同時に、LINEを生かしたオンライン専用の新ブランドを追加する。新ブランドのコンセプトは「SoftBank on LINE」。「オンライン」と「LINEで」を意味する「on LINE」のダブルミーニングの通り、契約やサポートはLINE上で提供する。新料金を一挙に発表した狙いを榛葉淳副社長に聞いた。(2020/12/22)

LINEフル活用で「ahamo」に対抗 ソフトバンクの「20GB・2980円」プランの戦略とは?
ソフトバンクが、月額料金が税別2980円で月間データ通信容量が20GBの新プランを発表。この数字はNTTドコモの新プラン「ahamo」と同じだ。では、どのようにahamoと差別化を図るのか。(2020/12/22)

LINEモバイルは新規受付停止へ 今後は「SoftBank on LINE」に一本化
ソフトバンクは、「SoftBank on LINE」の提供に合わせて「LINEモバイル」の新規受付を停止する。具体的な停止時期は未定だが、今後、LINEを軸にした通信サービスは「SoftBank on LINE」に一本化していく。(2020/12/22)

ソフトバンクがオンライン専用の新ブランド発表 月額2980円で20GB+LINE使い放題
ソフトバンクが12月22日、オンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE(仮称)」を立ち上げた。月額2980円(税別、以下同)で20GBのデータ通信を利用でき、LINEアプリがデータ容量を消費せずに使い放題となる。(2020/12/22)

ソフトバンク、ドコモ追従の2980円 LINEモバイルを吸収合併し新プラン発表へ
 ソフトバンクが来年3月にもデータ容量20ギガバイトで月額2980円(税別)の新プランの導入を検討していることが21日、分かった。傘下の仮想移動体通信事業者(MVNO)のLINEモバイル(東京・新宿)を吸収合併して、サービスを開始。実店舗を持たず、店舗オンライン手続きに特化して、コストを抑える。(2020/12/22)

「料金プラン見直して」──総務省、携帯電話契約のポータルサイトを公開
総務省が、携帯電話の料金プランを確認するよう国民に呼び掛ける「携帯電話ポータルサイト」(暫定版)を公開した。(2020/12/21)

LINEモバイル、iPhone SEを1万円引きのセール SB回線への変更で3300ポイント付与も
LINEモバイルは、ソフトバンクへ回線変更するとLINEポイント3300ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施。「iPhone SE(第2世代)」64GB/128GBモデルの1万円引きセールや、新たに「AQUOS sense4」の販売も開始する。(2020/12/16)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが月額2980円でオンライン限定「ahamo」を発表――KDDIの対抗馬はeSIM専業「KDDI Digital Life」か
NTTドコモが新たな料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。月間20GB使えて月額2980円は、非常にインパクトのある価格といえる。KDDIやソフトバンクも対抗策を打ってくるはずだが、その「打ち方」に注目が集まりそうだ。(2020/12/11)

IoT家電を取り扱う+Styleが“とがったSIMフリースマホ”を販売する狙い
世界各国のIoTガジェットや、自社ブランドのスマート家電など、ネットにつながる家電製品を取り扱う+Styleが、SIMロックフリースマートフォンのコーナーを新設した。ラインアップも大幅に拡充し、TCLの5Gスマートフォン「TCL 10 5G」を独占的に先行販売。同社の主力はIoTガジェットやスマート家電だが、なぜSIMロックフリースマホの販売を強化するのか。(2020/12/8)

LINEモバイル、中古の「iPhone 8」「iPhone X」を発売
LINEモバイルは、11月25日に「Aグレード(美品)」の中古iPhone 8/iPhone Xを販売開始。一括価格はiPhone 8(64GB)が2万9800円(税別)、iPhone X(64GB)が5万2800円(税別)から。(2020/11/25)

LINEモバイル、データ容量512MBを最大12カ月間プレゼントするキャンペーン
LINEモバイルは、データ容量512MBを最大12カ月間プレゼントする「データSIM限定約2倍増量キャンペーン」開催。対象はデータSIM(SMS付き)/500MBの「ベーシックプラン」を新規またはプラン変更で契約し、課金開始日を迎えたユーザー。(2020/11/13)

MVNOの満足度調査 総合は「イオンモバイル」、NPSは「mineo」がトップ
MMD研究所は、11月13日に「2020年11月MVNOの満足度調査」の結果を発表した。7ブランドのうち総合満足度1位は「イオンモバイル」、NPS1位は「mineo」となった。(2020/11/13)

「公正競争を阻害する」 KDDIやソフトバンクらが“ドコモ完全子会社化”の意見申出書を提出
電気通信事業サービスを提供する28社が11月11日、NTT(持株)のNTTドコモ完全子会社化に関する意見申出書を総務大臣に提出した。ドコモの完全子会社化は公正競争を阻害するというのが趣旨。子会社化は阻止できないが、しっかり議論をすべきと主張している。(2020/11/11)

ドコモの子会社化にKDDIなど28社が意見書 総務大臣に提出 「公正な競争を阻害する」
NTTがNTTドコモを完全子会社化すると発表したことを受け、KDDIやソフトバンクなど28社が総務省に意見書を提出。通信市場の公正な競争環境の整備などを求めている。(2020/11/11)

3万円台の5G対応SIMフリースマホ、+Styleが先行販売 格安SIMの取り扱いも開始
「+Style」はSIMフリースマホの販売を拡充し、中国TCLの5G対応スマホ「TCL 10 5G」を独占先行販売する。(2020/11/10)

プラススタイルが「SIMフリースマホコーナー」を新設 7機種を販売、格安SIMとのセットも
プラススタイルが、SIMロックフリースマートフォンを販売する「+Stye SIMフリースマホコーナー」をオープンした。ラインアップは「TCL 10 5G」「HUAWEI P40 Pro 5G」「ROG Phone 3」など7機種。LINEモバイルのエントリーパッケージも販売する。(2020/11/10)

SIMフリー「OPPO A73」登場 4眼カメラやeSIM+nanoSIM搭載、税込み約3万円
オウガ・ジャパンが11月10日、OPPO製のSIMロックフリースマートフォン「OPPO A73」を11月20日から順次発売する。レザー超に仕上げた背面やスリムなボディーが特徴的で、カラーはネービーブルーとダイナミックオレンジの2色で展開する。(2020/11/10)

踊ってるばっさーが1番! 本田翼、笑顔はじける「桃太郎ダンス」でかわいさが限界突破する
踊ってるばっさーが1番かわいいのよ。(2020/11/6)

ソフトバンクが5Gで無制限プランを提供へ 政府の値下げ要請はY!mobileでカバー
ソフトバンクは政府の値下げ要請に対して、20GBで4480円(税別)のプランをY!mobileで提供。3ブランドで小容量から大容量までをそろえているが、隙間だった20GBのプランを提供することでニーズに応えているとの認識だ。ソフトバンク本体で直接の値下げは想定していないようだが、5Gでの無制限プランを提供することを予定している。(2020/11/4)

ソフトバンク、5Gの「容量無制限プラン」提供へ 「後日きちんと発表」と宮内社長
ソフトバンクが近く、5Gの「容量無制限プラン」を提供する。宮内謙社長が決算会見で「後日きちんと発表する」と明らかにした。コロナ禍の影響で上半期の消費者向け通信事業は減収だったが、立て直しを目指す。(2020/11/4)

MVNOに聞く:
プラン刷新でiPhone SEも実質0円から 新生「J:COM MOBILE」の戦略を石川社長に聞く
ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」が料金プランを刷新した。J:COM MOBILEでは高年齢層のユーザーが集中していたが、若年層にも広げるのが狙いだ。iPhoneの取り扱いからオンライン強化、政府の値下げ要請の影響まで、石川雄三社長に幅広く聞いた。(2020/11/2)

LINEモバイルが「iPhone SE(第2世代)」を発売 4万6800円(税別)から
LINEモバイルが10月28日、「iPhone SE(第2世代)」の取り扱いを開始した。価格(税別)は64GBが4万6800円、128GBが5万1800円。ソフトバンク回線でのみ購入できる。(2020/10/28)

iPhone 12/12 Proは格安SIM(MVNOサービス)で使える? 検証結果まとめ
iPhoneとしては初めて5Gに対応した「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」が発売された。LTE(4G)でサービスを提供するMVNOサービス(格安SIM)で通信できるのだろうか。各社が行った検証結果をまとめた。(2020/10/23)

石野純也のMobile Eye:
完全子会社化で変わる前提 ドコモが“大容量プランの値下げ”に踏み切ると考える理由
NTTがドコモを完全子会社化する効果がすぐに出るわけではないが、経営体制が強化されるメリットが大きい。ユーザーから短期的に期待されているのは、ドコモの料金値下げだ。筆者は大容量プランの値下げが有力だと考える。12月に社長が交代するタイミングで何らかの動きがあるかもしれない。(2020/10/10)

携帯料金 A to Z:
最新SIMフリースマホの価格は? 主要なMVNOで比較(2020年夏編)
2020年夏のSIMロックフリースマートフォンは、多くの端末が税込み2万〜4万円台に収まる。中でも中国メーカーの端末が多くを占める。販路の広さでは、「OPPO Reno3 A」や、「HUAWEI nova lite 3+」、モトローラ「moto g8/g8 Power」あたりが目立つ。(2020/8/30)

iPhoneを安く手に入れる方法 iPhone SE/7、CPO/中古品の価格を比較した
iPhoneを安く手に入れるには、どんな方法があるかをまとめてみた。大手キャリアが扱うモデルから中古まで、2万円から4万円台で購入できるモデルを中心に調べた。サブブランドが扱うiPhone SE(第2世代)やiPhone 7、MVNOが扱うCPO品や中古品などが狙い目だ。(2020/8/28)

LINEモバイル、音声通話+データ3GBが3カ月500円になるキャンペーン開催
LINEモバイルは「ベーシックプラン(音声通話SIM・3GB)」と「LINEデータフリー」の申し込みで利用料金が3カ月間月額500円(税別)になるキャンペーンを開催。「LINEスタンプ プレミアム」での実質2カ月無料や格安スマホSALEも開催する。(2020/8/26)

2020年晩秋には「5G祭り」:
「スマホ3000万契約」「5G比率6割」――ソフトバンク宮内社長が2023年度までの目標を示す 達成は今後のiPhone次第?
ソフトバンクが2020年度第1四半期決算の発表に合わせて、2023年度に「営業利益1兆円企業」を目指す計画を改めて発表した。この記事では、5Gに関連する取り組みを抜粋してお伝えする。(2020/8/4)

「サブブランド」「楽天対抗」をする考えはなし ドコモ吉澤社長があらためて表明
ドコモの吉澤和弘社長が、「サブブランド」展開の可能性について、「今時点でもやる考えはない」と話した。自社のプランですみ分けを図ればいいと考えているため。当面は楽天モバイルへの対抗策を打ち出す予定がないことも示した。(2020/7/10)

5Gの契約数は2万 PHSの契約数は残り162万――総務省が2020年3月末時点の「電気通信サービスの契約数とシェアに関する四半期データ」を公表
総務省が四半期ごとにまとめている「電気通信サービスの契約数とシェアに関する四半期データ」の最新版が公表された。5Gの契約数が初めて公表され、全キャリア合わせて「2万契約」であることが判明し、新型コロナウイルスの影響でサービス終了が延期されたPHSは162万契約が残存していることが分かった。(2020/6/30)

「ソフトバンクはコロナの影響下でも成長できる」 宮内社長が株主総会で宣言
ソフトバンクが6月24日、第34回定時株主総会をオンラインで開催した。宮内謙社長は、1年前に約束した「業績の成長」と「高配当」を達成できたと胸を張る。通信事業では、ソフトバンク、Y!mobile、LINEモバイルの3ブランド体制を継続して他社への流出を防ぐ。(2020/6/24)

「OPPO Reno3 A」が6月25日発売 4眼カメラ、おサイフ+防水対応で3万円台
オッポジャパンが、SIMロックフリースマートフォンの新製品「OPPO Reno3 A」を6月25日に発売する。メーカー希望小売価格は税別で3万6182円、税込みで3万9800円。日本市場でニーズの高い防水・防塵(じん)(IP68)とおサイフケータイに対応しながら、カメラを進化させ、急速充電にも対応させた。(2020/6/16)

LINEモバイル、ソフトバンク回線への変更を再開 9月15日まで手数料3000円が無料
LINEモバイルは、2019年12月から申し込みを停止していたNTTドコモ回線・au回線からソフトバンク回線への変更を再開。9月15日まで通常時3000円(税別)の手数料が無料になるキャンペーンを実施する。(2020/6/15)

石野純也のMobile Eye:
火花散らすHuaweiとXiaomi 王者不在のSIMフリー市場で“下克上”が起きるか?
6月2日に、HuaweiとXiaomiが日本で販売するSIMロックフリースマートフォンを発表した。Huaweiはフラグシップモデルの「HUAWEI P40 Pro 5G」や、ミドルレンジモデルの「HUAWEI P40 lite 5G」「HUAWEI P40 lite E」を投入する。対するXiaomiは「Mi Note 10 Lite」に加え、コスパを追求した「Redmi Note 9S」を投入する。(2020/6/6)

LINEモバイル、最大1万円相当を還元するキャンペーン 対象プランの申し込みで
LINEモバイルは、6月3日に最大1万円相当の「LINE Pay残高」「LINEポイント」がもらえる「最大10,000円相当!夏のWプレゼントキャンペーン」を開催。iPhone 7やOPPO/Huawei端末の値引きセールも同時開催する。(2020/6/3)

Xiaomi「Redmi Note 9S」は2万4800円(税込み)から “驚異的な価格”でライバルに勝利宣言
Xiaomiが6月2日、日本での発売を予告していたスマートフォン「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」の詳細を発表した。価格(税込み)はMi Note 10 Liteが3万9800円から、Redmi Note 9Sが2万4800円から。東アジア担当ゼネラルマネージャーのスティーブン・ワン氏は、日本で販売されている競合製品に対する優位性をアピールした。(2020/6/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。