ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「localhost」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「localhost」に関する情報が集まったページです。

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(8):
RustとDioxusでSPAを新バージョンに対応させよう
第8回では、2024年3月末のDioxus 0.5リリースに合わせて、機能変更のポイントをWebプラットフォームに絞って紹介し、第7回で作成したアプリをバージョン0.5対応となるように修正します。(2024/5/16)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(7):
RustとDioxusで投稿アプリのSPAを作ってみよう
第7回からは、第6回で作成した投稿アプリのREST APIを利用して、UI作成フレームワークDioxusでアプリのフロントエンド部分をSPAとして開発していきます。第7回では、API呼び出し関数の実装と、その呼び出し結果をページに反映するコードを通じて、Dioxusの基本動作を理解します。(2024/4/19)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(6):
RustとActix Webで投稿アプリにREST APIを導入しよう
第6回は、第5回の続きとして、投稿アプリにREST APIを導入し、後続の回で利用できるようにします。(2024/3/15)

ビジョンモデルの実行にも対応:
オープンソースのLLMをローカルで実行できる「Ollama」Windowsプレビュー版、公開
Ollama Projectは、オープンソースの大規模言語モデルをローカル環境で実行できる「Ollama」のWindowsプレビュー版を公開した。(2024/3/12)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(215):
「Windows Admin Center 2311」がマイナービルドアップデート、更新後のAzureサインインエラーに要注意
Windows Admin Center(WAC)2311のマイナービルドアップデート「1.5.2402.08001」がリリースされました。Microsoft Updateを使用するように構成してある場合は、数週間のうちにWindows Update経由で更新されるはずですが、それを待たずに手動で更新することをお勧めします。(2024/3/1)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(5):
RustとActix Webで投稿アプリに状態管理を導入しよう
第5回は、第4回の続きとして、テンプレート化した投稿アプリにセッションによる状態管理の仕組みを導入し、それを利用した入力情報の記憶やフラッシュメッセージの実装例を紹介します。(2024/2/16)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(4):
RustとActix Webで投稿アプリにテンプレートエンジンを導入しよう
第4回は、第3回の続きとして、投稿アプリにWebアプリケーションテンプレートエンジンの「Tera」を導入し、見た目を整えていきます。(2024/1/19)

Cybersecurity Dive:
マルウェアを使わなくなった攻撃者たち 代わりに用いられる手法とは?
Huntressの調査によると、中堅・中小企業を標的とするサイバー攻撃者は従来のマルウェアを使った攻撃を実行する傾向は低くなっているという。(2023/12/23)

フルスタックフレームワーク、T3 Stack入門(3):
T3 Stackに新たなORMの選択肢Drizzleが登場、Prismaよりも先鋭的?
フロントエンドエンジニアに向けて、Webアプリケーション開発のためのフルスタックフレームワークT3 Stackを解説する本連載。第3回はT3 Stackで選択できるORM、Drizzle-ORMについて解説する。(2024/1/23)

日本、台湾、カナダ、米国などで影響:
MicrosoftがCyberLink製アプリを改変、悪用する新たなサプライチェーン攻撃を発見
Microsoft Threat Intelligenceは、北朝鮮に拠点を置くサイバー攻撃グループ「Diamond Sleet」(ZINC)によるサプライチェーン攻撃を発見した。(2023/11/30)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(2):
RustとActix Webで投稿アプリの一覧画面を開発しよう
今回から数回に分けて、RustのWebアプリフレームワークであるActix Webを紹介します。題材は、シンプルな投稿アプリです。今回は、投稿アプリの基本形を作成し、Actix Webでのルーティングやハンドラー関数の書き方を理解して一覧表示機能まで実装してみます。(2023/11/17)

「自動メモリ解放」「ディスク容量の自動クリーンアップ」など実験的機能も:
Microsoft、「Windows Subsystem for Linux」の最新版「WSL 2.0.0」公開
Microsoftは「Windows Subsystem for Linux」(WSL)の最新版となる「WSL 2.0.0」を公開した。(2023/9/22)

何に気を付けるべきなのか:
GitHubのセキュリティ研究者が「mTLS認証」にまつわる誤った実装を警告
セキュリティ研究者のマイケル・ステパンキン氏は、適切に実装されていない「mTLS認証」は認証情報が盗み出される可能性があると警告する記事をGitHubブログで公開した。(2023/9/6)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(14):
ラズパイにもセキュリティを、不良実績入力の品質管理を暗号化通信で実現
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第14回は、ラズパイのセキュリティとして暗号化通信を導入する方法を紹介します。併せて、不良実績入力の品質管理での応用も取り上げます。(2023/8/23)

3大サーバレスを試してみよう(4):
3大サーバレスを実践する――Google Cloud Functionsを使ってみよう!
3大サーバレスを紹介する本連載もいよいよ最終回です。その最終回として、Google Cloud Functionsを紹介します。(2023/8/18)

フルスタックフレームワーク、T3 Stack入門(2):
T3 Stackの要、tRPCとは? tRPC、Zod、TanStack Queryについて解説
フロントエンドエンジニアに向けて、Webアプリケーション開発のためのフルスタックフレームワークT3 Stackを解説する本連載。第2回はT3 Stackの要となる要素であるtRPCと、tRPCに含まれて連動しているZod、TanStack Queryについて解説する。(2023/7/6)

3大サーバレスを試してみよう(3):
Azure Functionsを使ってみよう!
前回は、3大サーバレスを実践する初回として、AWS Lambdaを紹介しました。今回は、Azure Functionsを紹介します。(2023/6/23)

「MOVEit」に権限昇格につながる脆弱性「直ちに緩和策を」 米連邦機関に既に影響
Progressのファイル転送サービス「MOVEit」に権限昇格につながる脆弱性が発見された。米連邦政府当局は複数の機関がサイバー攻撃を受けたと発表。Progressはユーザーに「直ちに緩和策を」と強く勧めた。(2023/6/16)

スキマ時間にこっそり学ぶ「gRPC」入門(終):
Goとgrpc-gatewayでリバースプロキシを開発する――gRPCサービスのRESTful API化
第8回は、gRPCをサポートしないWebブラウザなどのクライアントからgRPCサービスを利用するためのリバースプロキシgrpc-gatewayを紹介します。プログラミング言語はGoです。(2023/6/9)

ITワード365:
【クイズ】「TCP/IPネットワークで自分自身を表す特別なホスト名」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/5/25)

いろんな言語で試す、WebAssembly入門(6):
GoでWebAssembly――Go標準のWebAssemblyサポートを体験する
第6回は、Go言語における開発事例を紹介します。GoからのJavaScript関数呼び出し、JavaScriptからのGo関数の呼び出しについても紹介します。(2023/5/19)

Cloud Nativeチートシート(27):
ブルーグリーンデプロイとカナリアリリースを理解したいならOSSの「Argo Rollouts」で実践しよう
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、代表的なデプロイ戦略の「ブルーグリーンデプロイ」と「カナリアリリース」について「Argo Rollouts」で実践する。(2023/5/15)

スキマ時間にこっそり学ぶ「gRPC」入門(7):
SwiftとiOSでgRPCクライアントを開発する――gRPCサービスの相互運用
第7回は、第4回で実装したサーバサイドストリーミングgRPCサービスを利用するモバイルアプリケーションを、iOS用にSwiftで開発します。前回と同様に、gRPCとモバイルアプリケーションの相性などを理解し、異なるプラットフォームとプログラミング言語で構成されるサービスを問題なく利用できることを理解します。(2023/5/12)

フルスタックフレームワーク、T3 Stack入門(1):
TypeScriptベースのフルスタックフレームワーク「T3 Stack」で極上の開発体験を 何がすごいのか?
フロントエンドエンジニアに向けて、Webアプリケーション開発のためのフルスタックフレームワークT3 Stackを解説する本連載。第1回はT3 Stackの概要とTodoアプリ作成を例にしたチュートリアルを紹介する。(2023/5/11)

AWSの主要サービスをローカルでエミュレートする「LocalStack 2.0」リリース 性能などさらに向上
AWSの主要なサービスのAPIをローカルマシン上でエミュレートする機能を提供する「LocalStack」のバージョン2.0が正式リリース。無料で使えるオープンソース版では、Amazon S3やDynamoDB、AWS Lambdaなどが利用できる。(2023/4/18)

いろんな言語で試す、WebAssembly入門(5):
RustでWebAssembly――「Rust and WebAssembly」を体験する
第5回は、WebAssemblyにおいて最も人気があるとされるRustにおける開発例を紹介します。RustとJavaScriptの関数を相互に呼び出す事例を紹介します。(2023/4/14)

スキマ時間にこっそり学ぶ「Ansible」入門(終):
AnsibleとTerraformを連携させてAWS環境の構築を自動化してみよう
Ansibleのユースケースを紹介しながら、Ansibleの魅力をお伝えする本連載。最終回はAnsibleとTerraform を連携させてAWS環境の構築を自動化する方法を紹介します。(2023/3/28)

AWSのインフラ構成は複雑だ:
ITインフラをコードではなくSQLとして管理する「IaSQL」のβ版が公開
OSSの「IaSQL」(Infrastructure as SQL)プロジェクトは2023年2月16日、IaSQLのβ版をリリースした。IaSQLを使用すると、開発者はクラウドにあるITインフラを「PostgreSQL」のSQLとして管理できる。(2023/3/14)

スキマ時間にこっそり学ぶ「gRPC」入門(5):
Node.jsでgRPCサービスを開発する――クライアントサイドストリーミングとは?
第5回は、Node.jsでストリーミング型のgRPCサービスを開発してみます。ここでは、ストリーミング型のうちクライアントからの複数リクエストとなるクライアントサイドストリーミングを実装してみます。(2023/3/10)

いろんな言語で試す、WebAssembly入門(3):
.NETとC#でWebAssembly――「Blazor WebAssembly」を体験する
第3回では、.NETにおけるWebAssemblyアプリケーション開発のためのフレームワークである、Blazor WebAssemblyを紹介します。フロントエンド開発専用となりますが、C#を使うことができるので、.NETに慣れ親しんでいる開発者には有効な選択肢でしょう。(2023/2/17)

スキマ時間にこっそり学ぶ「gRPC」入門(4):
PythonでgRPCサービスを開発する――サーバサイドストリーミングとは?
第4回は、Pythonでストリーミング型のgRPCサービスを開発してみます。ここでは、幾つかあるストリーミング型のうち、サーバからの複数レスポンスとなるサーバサイドストリーミングを実装してみます。(2023/2/10)

3大サーバレスを試してみよう(1):
サーバレスとは何か?――3大サービスを一挙比較!
商用サーバレスサービスとしてAWS Lambdaがリリースされてから8年以上が経過しました。その間、MicrosoftからはAzure Functions、GoogleからはGoogle Cloud Functionsがリリースされ、3大クラウドベンダーそれぞれがサーバレスをサービスとして展開しています。本連載では、4回にわたって、この3大クラウドベンダーのサーバレスサービスを比較していきます。連載1回目は、そもそもサーバレスサービスとはどのようなものなのか、3大クラウドベンダーのサーバレスのそれぞれの特徴を概観するとともに、本連載で実行させる関数を、ローカルで実行させるところまで紹介します。(2023/2/3)

Cloud Nativeチートシート(24):
「OpenTelemetry」とは――「Observability」(可観測性:オブザーバビリティ)とテレメトリーの基礎知識
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、ObservabilityとOpenTelemetryについて、概要や使い方を簡単に紹介する。(2023/2/6)

スキマ時間にこっそり学ぶ「Ansible」入門(3):
Ansibleを使って複数サーバのセキュリティチェックと脆弱性対応を進める方法
自動化ツールの一つである「Ansible」について、これから学ぼうという方、使っていきたい方を対象に、導入方法から実用例までを簡単に紹介していきます。第3回は複数のシステムに対するバージョンチェックや脆弱性対策を一度に実行する方法を解説します。(2023/1/26)

いろんな言語で試す、WebAssembly入門(2):
スクリプト言語TypeScriptでWebAssembly――「AssemblyScript」を体験する
第2回では、TypeScriptでWebAssemblyプログラムを開発できるAssemblyScriptを紹介します。差異こそありますがTypeScriptの構文を使ってコードを書けるので、フロントエンドに慣れた開発者にとってはWebAssemblyのための入りやすい選択肢と言えます。(2023/1/20)

スキマ時間にこっそり学ぶ「gRPC」入門(3):
C#でgRPCクライアントを開発する――.NETのgRPCクライアントサポート
第3回は、連載第2回で作成したシンプルな既定のサーバアプリケーションに具体的なサービスを実装し、それにアクセスするクライアントアプリケーションを作成します。サーバアプリケーションと同じくC#と.NET 6で開発していきます。プロトコル定義ファイルはサーバとクライアントで共有できること、クライアントは手続きの呼び出しのみに集中すればよいことなどを紹介します。(2023/1/13)

ギフト券に誤って「http://localhost:3000」を印字 誰もアクセスできず 提供元がミス
ギフト券の企画や販売を行うソウ・エクスペリエンスは、ギフト券「バーガーチケット」の一部に、アクセスできない誤ったURLを印刷したことが発覚したと発表した。(2023/1/6)

スキマ時間にこっそり学ぶ「gRPC」入門(2):
C#でgRPCサービスを開発する――.NETとgRPCクライアントEvans
第2回からは、共通の機能を持ったgRPCサービスの開発を通じ、各種のプラットフォームとプログラミング言語によるサービス実装、クライアントからの呼び出し方法の基本について紹介していきます。第2回は、C#と.NETにおけるgRPCサーバの開発手順を紹介し、その動作検証に使える汎用のgRPCクライアントも紹介します。(2022/12/9)

Snapdragon Summit 2022:
Qualcommが“ARグラス専用プロセッサ”を開発した理由 スマホ連携がカギに
Qualcommが、ARグラスに特化した専用プロセッサ「Snapdragon AR2 Gen 1」を発表した。XR向けのデバイスはスタンドアロン型ではなく、スマホなどのデバイスと連携するローカルホスト型を採用。AR対応アプリやコンテンツの動作を保証するプラットフォーム「Snapdragon Spaces」も推進していく。(2022/11/25)

midPointで学ぶIDガバナンス&管理(IGA)の基礎(2):
「全社認証基盤を持つエンタープライズ企業の情シスとしてIGAを試す」環境をmidPoint、Docker Composeで構築
「IDガバナンス&管理」(IGA)についてOSS「midPoint」を利用したハンズオンで学ぶ連載。今回は、IGAを実現するハンズオン環境をmidPointで作ります。(2022/11/15)

スキマ時間にこっそり学ぶ「Ansible」入門(1):
さらば煩雑な手作業、運用負荷――Ansibleで「インフラ自動化」を始めよう
自動化ツールの一つである「Ansible」について、これから学ぼうという方、使っていきたい方を対象に、導入方法から実用例までを簡単に紹介していきます。初回は、Ansibleの概要と基本的な使い方、導入方法を解説します。(2022/11/15)

Cloud Nativeチートシート(20):
Kubernetes 1.25からのスタンダード「Pod Security Admission」でPod/コンテナのセキュリティを強化しよう
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。2022年8月23日にKubernetes v1.25がリリースされました。このバージョンでは「Pod Security Policy」が削除され、「Pod Security Admission」がGAになり、Podセキュリティのデファクトスタンダートがバトンタッチされました。今回は、このPod Security Admissionについて詳解します。(2022/8/30)

AWSチートシート:
「Amazon DynamoDB」開発初心者に最適、無料のJava版「DynamoDB Local」とは
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回はJava版「DynamoDB Local」の概要とメリット/デメリット、セットアップ手順、注意点などを紹介する。(2022/8/25)

Cloud Nativeチートシート(19):
Kubernetesでもデータベースを本格運用――「PostgreSQL Operator PGO」を使い倒す
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Operatorを利用して、Kubernetes上でデータベースを動作させる方法とその利点を紹介します。(2022/8/10)

Rustで始めるWebアプリケーション(2):
RustのWebフレームワーク「axum」でSNSアプリのAPIサーバを作る――Web開発での記述性、要素技術を解説
RustでWebアプリケーションを開発する際に基礎となる要素技術からRustの応用まで、Rustに関するあれこれを解説する本連載。第2回ではAPIサーバを構築し、SNSアプリを簡易実装することでRustを使ったWeb開発での記述性や要素技術を解説する。(2022/8/9)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(212):
Windows Server 2022のSMTPサーバが構成不能に! さあどうしましょう
Windows Serverの「SMTPサーバ」機能は、Windows Server 2012で開発終了扱いとなり、将来削除される可能性があるため使用が非推奨になりました。最新のWindows Server 2022ではまだ削除されていないので、使用は可能です。しかし、この機能を構成可能な(おそらく)唯一のユーザーインタフェース「IISマネージャー」がエラーになり、事実上、設定を構成できないという問題があります。(2022/6/15)

Rustで始めるWebアプリケーション(1):
【サンプルコードあり】Rustで作るWebアプリケーション――データベース利用と自動テストの基本事項を押さえる
RustでWebアプリケーションを開発する際に基礎となる要素技術からRustの応用まで、Rustに関するあれこれを解説する本連載。第1回ではRustを使ったWebアプリケーション開発におけるデータベースと自動テストの位置付けとコード例を紹介する。(2022/5/26)

Windows 11で“本物のLinux”を体験:
「Ubuntu on WSL 2 on Windows 11」でコンテナ環境を構築してみよう
WindowsでLinuxを利用できる「WSL」に注目が集まっています。Windows 11のWSL 2に用意したUbuntuでコンテナを利用する開発環境を構築する方法を紹介します。(2022/3/8)

IPアドレス「0.0.0.0」とは何か【後編】
“謎”のIPアドレス「0.0.0.0」と「127.0.0.0」の違いとは?
“特別なIPアドレス”である「0.0.0.0」。混同しやすい「127.0.0.0」とはどう違うのか、「ループバック」とは何かといった質問を軸に、0.0.0.0の知識を深めよう。(2021/12/10)

AutoML OSS入門(6):
最小限のPythonコードでAutoMLを実現するローコード機械学習ライブラリ「PyCaret」
AutoML OSSを紹介する本連載第6回は、ローコード機械学習ライブラリ「PyCaret」を解説します。さまざまな機械学習ライブラリのラッパーであるPyCaretは、データ分析のあらゆる工程でコードの行数を削減します。(2021/11/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。