ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「Lotus Foundations」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Lotus Foundations」に関する情報が集まったページです。

iPhoneとビジネスのミライ:
ビジネスソリューションから見る、iPhone活用のミライ
iPhoneの普及に伴い、iPhoneをビジネスで活用するためのソリューションも急激に増え始めている。iPhoneとビジネスソリューションの組み合わせで、仕事の現場はどのように変わるのか。ソリューションベンダーへのインタビューを通して見ていこう。(2010/6/9)

Lotusphere 2010 Orlando Report:
グローバル企業での活用が進むLotus
パナソニックがクラウド製品「LotusLive」を大量導入するなど、グローバル規模での評価が高いLotus。その理由とは。(2010/1/19)

Lotusphere 2010 Orlando Report:
厳しいビジネス環境、コラボレーションこそが転換のチャンス
肌寒い気候が続くフロリダ州オーランドで年次イベント「Lotusphere 2010」が開幕。Lotus事業の今後の方向性を示す内容となった。また、オープニングセッションの特別ゲストには「スタートレック」でおなじみの俳優が登場し会場を大いに沸かせた。(2010/1/19)

e-Day:
少し忘れられていたLotus Foundations ── 簡単Notesはニッポンの中小企業を変えるのか
Notesのコラボレーション機能などをパッケージ化したオールインワン型のソフトウェア製品群である「Lotus Foundations」が東京のカンファレンスで発表された。クラウド人気の陰で少し忘れられていたNotesアプライアンスはニッポンの中小企業を変えるのか。(2009/9/9)

中堅企業向けのグループウェア製品群を発表:
日本IBM、「30分で情報共有体制を構築できます」
(2009/9/8)

オールインワンサーバにUC機能も追加:
IBM、SMB向けアプライアンスサーバにVoIP機能を搭載
IBMがMicrosoftの「Windows Essential Server Solutions」対抗アプライアンス「Lotus Foundations」の新製品を発表した。(2009/7/16)

注目を集めたLotus Foundations
Lotusphere 2009の主役はSaaSとコラボレーション
IT市場専門のアナリストが、Lotusphere 2009での注目製品やLotus Notes/Domino市場の見通しについて語った。(2009/2/17)

IBM、“MSフリー”なデスクトップPC提供へ
Canonical(Ubuntu)、Novell、Red Hatと協力して、LotusとLinuxを組み合わせたパッケージを推進する。(2008/8/6)

LotusDay 2008リポート
Notesユーザーが考える最新Lotus製品のメリット/デメリット
日本アイ・ビー・エム主催のプライベートイベント「LotusDay 2008」が、7月15日、16日に都内で開催された。事前登録者は2000人近くに達し、49社のパートナー企業が出展するなど、Lotusブランドの健在ぶりを示した。(2008/7/31)

日本IBM、「LotusDay 2008」を開幕:
Lotusビジネスの90%強はパートナーとの協業の結果
(2008/7/15)

IBM、SaaSの基盤をSMB市場に提供へ
IBMはSMB分野の顧客に2つの重要な提案をしている。エクストラネット用のSaaSシステムおよび一連のターンキー型サーバを提供するというのだ。(2008/1/22)

Lotusphere 2008 Orlando Report:
管理者不要の「Lotus Foundations」発表、SaaS市場にも本格参入へ
IBMがLotusphere 2008でSMB市場をターゲットにしたオールインワンアプライアンスサーバ、「Lotus Foundations」を発表、併せてSaaSとして提供される「Bluehouse」の限定的なβサービスを開始していることも明らかにした。(2008/1/22)

Lotusphere 2008 Orlando Report:
企業に押し寄せるWeb2.0の潮流、Lotusなら選り取り見取り?
昨年、Lotus Connectionsを投入し、企業向けのソーシャルソフトウェアという新たなカテゴリーを確立したIBMは、Web2.0の流儀に合わせるべく、Lotusphere 2008でさらなるロードマップを明らかにした。(2008/1/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。