ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「MAD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「MAD」に関する情報が集まったページです。

帰ってきた「キーボードクラッシャー」 12年の沈黙を経て過去の自分を見る動画や日本人に向けたメッセージ投稿
2メートル超えのイケメンになりました。(2018/5/16)

「超兄貴」25周年記念ライブ「超兄貴祭」2018年3月開催 限定アイテムも販売予定
会場は東京都豊島区の池袋EDGE。(2017/12/22)

「昔のニコ動に戻りたい」は叶わぬ夢か 運営とユーザー“温度差”のワケ
大荒れだった「niconico(く)」の発表会。運営とユーザーに生じた“温度差”の正体は何か。(2017/12/1)

素材の宝庫じゃねえか……! 松岡修造の公式YouTubeチャンネル開設、いつでも熱くなれる応援動画満載
大量の動画を投稿した9月25日に本格的な運用を開始したとみられます。(2017/9/28)

ニコニコ超会議2017:
無修正・超リアル「SUMOU」が2年ぶりの降臨 「ニコニコ超会議」会場で波動や隕石が乱れ飛ぶ
伝説のTORIKUMI再び。(2017/4/29)

「汝、狩りごっこせんや」 エジプト壁画風けものフレンズ「カヴァン神話」に全フレンズが考古学者化
初期は無能とされた聖獣「ラッキービースト」は、後に賢者と神々を救う救世主となったそうな。(2017/4/28)

ニコニコ動画が10周年、Twitterにお祝いメッセージ続々 「出会えてよかった!」「もう10周年なんだ……」
ニコニコ動画発信で、いろいろなブームがあったなあ。(2016/12/12)

田村哲也が弐寺の名曲「Daisuke」に関する衝撃事実を明かす 「レコーディング中に『大好き』から変更した」
まさに天啓。(2016/11/15)

「手塚治虫文化祭」特別対談:
巨匠・モンキー・パンチ、“漫画の神様”手塚治虫を語る 「手塚先生がいなければ漫画家になってなかった」
「手塚治虫文化祭 〜キチムシ‘16〜」の開催を記念し、手塚るみ子さんとの対談が実現した。(2016/11/3)

「ウメハラがぁ!」の名実況はなぜ生まれたのか 裏方として格闘ゲームを支え続ける電波実況の中の人に話を聞いた
「ウメハラがぁ!」でお馴染み、ニコニコ動画の一大ジャンルに成長した電波実況はどのように生まれたのか。電波実況の中の人である「がまの油」さんに話を聞いた。(2016/10/4)

NHK「きょうの料理」、平野レミの名シーン動画を限定公開 レミ「こんな変な動画、作られちゃった」
ひょうきんなミキサーのかけ方、大胆な発言、甲高い笑い声……神MAD動画のようなレミさんの軌跡がここに。(2016/5/2)

3DアニメになったPerfumeがヌルヌル動く! メルセデス・ベンツとコラボ
アニメーション制作は貞本義行さん。(2015/11/26)

「ギャー! ウミガメだ! クジラだ! 怪物だ!」 釣れたのはマンボウなのにハイテンションすぎる海外男性が人気に
ファッキンマンボウおじさんの誕生である。(2015/9/27)

世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO」でまさかの珍プレー 勝利を確信した選手がガッツポーズ → まだ1R残っていたためボコボコにされ敗北
優勝者より有名になってむしろ良かったんじゃないか説まで浮上。(2015/7/22)

ニコニコ超会議2015:
地球割れた! 相撲界最大のタブー「リアルSUMOU」フォトリポート
最強と噂されるGYOUJIの奥義は非公開。(2015/4/25)

巨大サメと巨人が激突する超B級映画「メガ・シャークVSグレート・タイタン」が日本上陸 これどう見てもあの巨人じゃねえか!
既視感ありまくりの巨人が登場。(2015/4/22)

「大相撲 超会議場所」今年も 「攻めれば届く」──力士も楽しむネットの祭典に乗り込む意気込み、尾車親方に聞く
「ニコニコ超会議2015」で昨年に続き「大相撲 超会議場所」が開催される。普段の客層と異なる“ネットの祭典”に乗り込む意義を日本相撲協会に聞いた。(2015/2/27)

「日常」LINEスタンプ登場 はかせ号泣なんだけど
漫画家・あらゐけいいち初のスタンプ。(2015/2/26)

「ニコニコ超会議2015」、大相撲を今年も実施 ピカソの絵にパトリオット発射機、初の「超コミケ」も
4月に開催される「ニコニコ超会議」の追加企画として、昨年に続き幕内力士約250人が集う「大相撲 超会議場所」などが発表された。(2015/2/18)

フリー素材アイドルに続いて……“フリー素材インド人”をインド語学留学校が提供スタート
ゆくゆくは10万点以上のインド人素材を公開予定って、需要が間に合わないよ!(2014/12/8)

「私たち、無料です」――肖像権フリーの“フリー素材アイドル”誕生 写真や動画1000点以上
双子姉妹HIPHOPユニット「MIKA☆RIKA」が“フリー素材アイドル”宣言。商用・非商用を問わず自由に使える写真や映像素材のサイトをオープンした。(2014/11/21)

「私たち、無料です」──フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」のWebサイト公開
「肖像権にサヨナラをします」(2014/11/21)

「雨に唄えば」のジーン・ケリーを雨に唄わせなくしたら完全に不審者になった
おまわりさん、この人です。(2014/10/6)

亀の甲羅をぶつけ、犬をパンチ あの「マリオ」が悪逆非道の限りを尽くすMAD動画
マリオさんめっちゃワルですやん。(2014/9/14)

今日話題だったワードは!? ―― 「春一番 死去」「からくりTV 打ち切り」「野々村竜太郎」
野々村議員MADが増えまくり中。(2014/7/3)

週刊少年ジャンプ“公認”MAD――その取り組みはこうして生まれた
『食戟のソーマ』と『ワールドトリガー』。週刊少年ジャンプで連載中の作品を素材にした静止画MADコンテストをniconicoとのコラボで実施した週刊少年ジャンプ編集部。取り組みの狙いを両作品の担当編集に聞いた。両作品の著者からもコメントが。(2014/3/17)

スマホでいつでもどこでも相撲観戦 ドワンゴと日本相撲協会がアプリ「大相撲」リリース
幕内の全取組ムービーをリアルタイムで配信するほか、お気に入り登録した力士の取組結果を通知する。(2014/3/11)

もしもスピードスケートで「マリオカート」のアイテムが使えたら 合成が本気すぎるMAD動画が話題に
氷上大パニック。(2014/3/4)

ぎゃあああああ! 「ぼのぼの」みんなのトラウマ「しまっちゃうおじさん」が15年以上ぶりに再登場
悪い子はしまっちゃうからね〜。(2014/1/19)

大みそかの「ガキ使」再現 ラテアートで作った「ホウセイ マイ フレンド」がクオリティ高すぎ!
デデーン! 方正、アウトー。(2014/1/8)

全部やつらの仕業!? ハプニング映像とストリートファイターキャラを合わせたMAD動画が秀逸
春麗のキックでダンス中に転んだり、ブランカの電撃で修羅パンツがもがき苦しんだり……。(2014/1/8)

ニコニコで「少年ジャンプ」公認静止画MADコンテスト 「食戟のソーマ」「ワールドトリガー」で
niconicoで、週刊少年ジャンプ公認「静止画MADコンテスト」がスタート。「食戟のソーマ」「ワールドトリガー」の静止画MADを募集する。(2013/12/2)

少年ジャンプ公認の静止画MADコンテストがニコ動で 「食戟のソーマ」「ワールドトリガー」
受賞者は、週刊少年ジャンプ編集部から公式に静止画MAD作成を依頼されるかも。(2013/12/2)

いったい何が始まるんです?:
週刊少年ジャンプ公認 niconicoで静止画MADコンテスト開催
週刊少年ジャンプ公認で「食戟のソーマ」「ワールドトリガー」の静止画MADコンテストが始まった。(2013/12/2)

アニメ「進撃の巨人」集中放送決定 年末年始を捧げよ!
全25話を放送します。(2013/11/25)

久本雅美「頭がパーン」動画で創価学会が情報開示請求
こ、越えちゃいけないライン……。(2013/10/24)

ニコ動「頭がパーン」MADアップロード主の情報、地裁が開示命令 創価学会の請求認める
タレントの久本雅美さんが出演するビデオを使ったMADをニコ動にアップロードされ著作権を侵害されたとして創価学会が発信者情報の開示を求め、東京地裁がこれを認めた。(2013/10/24)

“泣ける艦これ”MADがニコ動で話題に
艦娘たちを擬艦化して再現。艦艇→擬人化→擬艦化と一周することで、新しい視点を切り開く……!(2013/9/27)

アニメ「進撃の巨人」MADがニコ動で削除→復活 レアケースにファン2度びっくり
その裏には、アニメ制作者側のMADに寛容な姿勢があるようです。(2013/7/22)

「ブラよろ」公式MAD作品アワード開催 佐藤秀峰さん「パロディや模倣から新しい作品生まれる」
漫画「ブラックジャックによろしく」の素材を使ったMAD動画/画像を募集するアワードが始まった。(2013/6/21)

「いつ投げるか? 今でしょ!」 東進ハイスクール・林先生がロッテ―楽天戦で始球式登板
林先生の進撃が止まらない。(2013/4/19)

任天堂ファンによるクイーンの替え歌MAD「ニンテンドヘミアン・ラプソディ」がスゴ面白い
任天堂への愛……それは美しい。(2012/11/6)

ニコニコ動画にAKB48など無断投稿 男性を逮捕
「MAD動画」もNGなのか? という点についても聞いてみた。(2012/11/2)

iOSの純正地図アプリに総統閣下もお怒り そして海外でも……
お怒り、ごもっともです。(2012/9/25)

ネット流行語大賞2011、金賞は「ポポポポ〜ン」 「いいね!」「ダァシエリイェス!!」も
ネットユーザーが選んだ流行語大賞は、魔法の言葉「ポポポポ〜ン」が金賞。キュゥベエ先生発の「僕と契約して、◯◯になってよ!」もトップ10入り。(2011/12/1)

「HPがPC事業を分離したらCompaq?」――Dell CEOがTwitterで“口撃”
HPがPC事業分離を検討しているというニュースに、ライバルのDellのCEOが「グッバイHP」とチクリ。(2011/8/22)

笑ったら負け! 斜め上すぎるネコの逃走動画が話題に
ビクッとしたままの体勢で走り出したネコ。その姿が面白すぎるとYouTubeで話題になっている。どうしてそうなった!(2011/8/4)

ねっと知ったかぶりβ版(7/11〜7/15) スマートフォンの時代が見えてきた
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はスマートフォン関連の記事が目立ちました。(2011/7/15)

日々是遊戯:
ゲーム化も遠くない……? 「侵略! イカ娘」がゲーム業界も侵略中!
筆者の周りでも人気沸騰中のアニメ「侵略! イカ娘」。今回は「ニコニコ動画」から、ゲームと関係ありそうな「イカ娘」ネタをいくつか集めてみました。(2010/12/10)

ねとらぼ:
「アイマス2」Amazonレビューが大炎上 ニコ動に“激怒MAD”も
ゲームショウで発表された「アイマス2」の内容に、一部のファンががっかりしているようで、Amazonに酷評レビューが殺到。ニコ動には落胆を表現するMAD動画が投稿され、支持を集めている。(2010/9/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。